2018年5月27日 (日)

明日のコーディネート

明日のコーディネートといっても、着物でお出かけするわけじゃないんですけどね。たんに自宅で自装の稽古をするだけ。でも着物を触っているだけで、気持ちが落ち着くのです。仕事のストレスも和らげてくれます。

先日手に入れた水色の付下げ(単衣)に八つ橋の塩瀬帯。



または、藍大島紬(袷)に紅型の帯。



どちらかを着てみます。気分的には大島かな。

久々に予定が入ってない休みなので、明日はのんびり無為に過ごします♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年5月25日 (金)

「万引き家族」が観たい

是枝監督の「万引き家族」が第71回カンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞しましたね。おめでとうございます。

カンヌ受賞のニュースをテレビで見た母が「おもしろそう。この映画観たいわ」と言ったので、しめしめ。実は私もかなり前から観に行きたいと思ってたんだよね。



私は安藤サクラさんを観に行きたいんです。デビュー二作目「愛のむきだし」あたりからずっと拝見しています。どちらかというとマイナー路線、名バイプレイヤーとして自ら好んで傍流を突き進んでいた彼女が、あっという間にメジャーの主役に担ぎ出されて。なんだか痛快。秋からの朝ドラも楽しみです。

ちょっと淋しげな和顔で、端正な紬がよくお似合いです。(お写真は所属事務所のホームページより)



そうそう、「万引き家族」にはアンティーク着物の女王・樹木希林さんも出演されていて、そちらも楽しみです。お二人とも、この作品では着物をお召しになってないと思いますけどね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年5月23日 (水)

帯締めのフサ対策 私もやってみました♪

突然降って湧いたように着物が4枚増えて、しかも今までワードローブになかった付下げなので、どうしたらいいかわかりません。なんだか手持ちの帯の全てが合わないような気がしてきました。うろたえております(笑)

6連勤中で気忙しくもあり、身体と気持ちを落ち着かせてから、じっくりコーデを考えてみたいと思います。

さて、おかんさんの記事を読んで、さっそく私もやってみましたよ。(リンクさせていただきます)

"帯締めのフサ対策!"をリブログしました

そう!そう!これこれ。この結び方を私は知りたかったのです。以前通っていた着付け教室で着物の片付けを手伝ってくださった方が、このやり方で帯締めを結んでくださり(いいな〜)と思いました。しまった、やり方を聞いとけばよかったと。

はい、ではやってみましょう。元はこんな感じ(恥ずかしい)です。雑然としてフサもバラバラだった帯締めたちが、



素晴らしい。フサがピシッと整って、収納までコンパクトになって、選びやすくなりました。



自分では帯締めをたくさん持ってるつもりでしたが、たんに「てんこもり」だっただけで、実は大したことなかった(笑)

スッキリしました。齊木さん、おかんさん、ありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2018年5月21日 (月)

母が付下げを買ってくれた

久しぶりに着物好きのお友達と3人で古布の店を訪問してきました。まず自分のサイズはないだろうし、着物の数を増やさないつもりだったので、見せていただくだけにしようと思っていたのですが。

はああ〜、なんということでしょう!裄も身丈も身幅もぴったりのマイサイズの付下げに出合ってしまいました。かねてから自分には、オーソドックスなパステルカラーの付下げが一枚もないと自覚してました。持っているのは紬と江戸小紋、強い色の訪問着のみ。無地場の多い柔らかものの付下げが一枚でもあればと思ったことはありますが、自分には縁がないとハナから諦めていました。

灰桜色、源氏香と松、袷。



水色、遠山、単衣。



ペパーミントグリーン、古都の風景、駒絽。



玉子色、白樺、袷。



おもわず身悶えして鼻血が出そうになりました。4枚とも握りしめたまま離したくない!ええ、離してなるものか!(笑)着物のミニマリストになりたいという宣言はどこへやら?

自宅に帰って、母に怒られること覚悟でドキドキしながら着物を見せました。「仕事もっと頑張るから、今回だけ許してね」とおそるおそる言ったら、なんと母がこう言ってくれたんです。

「そんなに着物が好きなんやねぇ。なら、お母さんが買ってあげるよ。毎日ご飯を作ってくれたり、病院やお風呂に連れていってくれるお礼。いつもありがとう」

そして、

「今は母の世話ばかりで着物を着て出かけられなくて、ごめんね。いつか自由になったら、たくさん着てね。その時、少しでいいから母のことを思いだして」

ありがとうお母さん。涙、涙です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年5月19日 (土)

帯留めに興味なかった私が買った帯留め

八つ橋の手描き塩瀬帯を持っているので、6月に締めたらいいよな〜と思っております。妖怪の一反木綿にも見えますけどね。とにかくとても好きな帯なんです。



しかしですよ。八つ橋の文様といえば、杜若と流水がセットになっているはず。この帯には、杜若と流水の着物を合わせないことにはコーデが完成しないのではなかろうか。

好きな歌舞伎の演目「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」でも、花魁の八ツ橋が「八つ橋、杜若、流水」の俎板帯を締めています。

松竹シネマ歌舞伎の解説より
「かごつるべ」は八ツ橋の衣裳に注目!



ね、八つ橋と杜若と流水がセットになってますでしょ。

うわぁー無理だ。この帯に合わせて杜若の着物をつくるなんて、私の財力では到底無理ざんす。うーん困ったな。いっそ妖怪一反木綿の帯ということにしとく?(笑)

なんとかこの八つ橋の帯をコーデする方策はないかしらん、と頭をひねっていてひらめきました。そうだ、杜若と流水の帯留めを探そう!インターネットで画像検索しながら探した結果、名古屋のきもの茶寮 月見草さんで、めちゃくちゃ気に入った漆の帯留めを見つけてしまいました。

可愛いなぁ。帯留めの小さな空間に、杜若と流水がきっちり描かれてます。



帯に載せてみました。おおお、完璧だ。八つ橋、杜若、流水の水無月三点セットが完成しました。これは締めるのが楽しみです。



今まで帯留めはそんなに興味なかったのですが、これは特別。満足のお買い物です。月見草さんは現在実店舗のみで着物や小物を販売なさっているようですが、女性オーナーの高木さんに問い合わせしたら快く通販してくださいました。とても感じのいい方で嬉しかったです。名古屋に行ったら、ぜひともお訪ねしたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2018年5月17日 (木)

プロの撮影技いただき!

梅田からたった一駅とは思えぬ昭和レトロな街並みの中崎町に行ってまいりました。

民家のなかにフォトジェニックなお店が点在しています。



路地に入ると、ますます昭和色が濃くなってきて楽しい。



いいですね、ふだん着物で散策したい街。



生パスタの山根屋でランチして、



カフェ太陽の塔で喉を潤し、



向かった先は高架下のギャラリー。



前職の先輩が定年退職され、フォトグラファーとして本格的に始動なさる記念すべき第一回の写真展に伺いました。



もともとは新聞社カメラマン、報道記者だった方ですので、一見、市井の人たちを撮ったほんわかしたお写真だけど、やはりキャッチーなんですよ。新聞の第一面に掲載されそうな。



新聞社から吉本興業に転職されてからも、芸人さんからカメラの腕前を見込まれて、さまざまなポスターや宣材写真を撮影なさってました。

今回の写真展では、来場御礼ということで記念撮影までしてくださいました。なんと小道具として、野菜を用意されていて「好きな野菜をひとつ選んで手に持ってね」と言われて、ハイポーズ!



なるほど、これはいただき!野菜を持たされることによってクスッとなり、緊張感もほぐれて自然な表情になりますね。それに小道具を持ったほうがポーズもつけやすい。ちょっとしたことだけど、さすがプロの撮影技だと感心しました。

着物姿で写真を撮ってもらうとき、手の持っていき方に悩んだら、お扇子とか持てばいいかも!

ちなみに初日に来場なさっていた美女四人組のお写真もお借りしたのでアップさせていただきます。こちらは被写体も全員プロだから、当然素晴らしい。so cool !



左から桂あやめさん、内海英華さん、めぐまりこさん、こっこさん。そして中央が今回の主役、フォトグラファーの一二三泰正さんです。


■前吉本興業スカタン社員の写真展 DEARS
日時:5月16日(水曜日)~21日(月曜日)正午~午後8時(21日は午後6時まで)
場所:イロリムラ[89]画廊 展示室1(大阪市北区中崎町1-4-15)
問い合わせ:イロリムラ 電話06-6376-0593

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村












2018年5月16日 (水)

コーリン和装締め

着付けのとき、相変わらず衣紋が抜けなくて困っています。これは体型のせい(上半身に厚みがなく貧弱、首の後ろが短い)では? あるいは着物の寸法・繰越とやらが実は自分に合ってないのでは? こんな感じで自分の技術不足を棚に上げてほざいております(笑)

これはもう、着物巧者の方々が便利よーと絶賛なさっている、美容襟やうそつき襟に私もチャレンジしようかなぁ。でもね、できたら私は長襦袢派でいたいのです。せっかくあるのにもったいないもん(← ケチ)

ところがですよ。ちょうど一年前に少しだけ通っていた着付け教室で撮った写真を見ていたら、いちおうちゃんと衣紋が抜けてるじゃないか!(帯結びはあかんが)

今よりもっと下手っぴいのはずの一年前に、なぜ???



ああ、思い出した。こちらの着付け教室では長襦袢を着るときに、指定のコーリンベルトを使わないといけなかったんです。その名も「コーリン和装締め」。通常のコーリンベルトとちょっと違います。

コーリン和装締めのことを詳しく書いてらっしゃるお方の記事をリンクさせていただきますね。

きものトコモノ 超便利な着付小物【コーリン和装締め】

下手くそなのに変なところで頑固な私。便利グッズや器具に頼らず素で綺麗に着られるようになりたい!と頑なになっていました。もう少し、頭を柔らかくしよう。

茅ヶ崎のhanauta*先生も、コーリン和装締めを使ってらっしゃいますね。(リンクさせていただきます)

夏の着付け紐類をhanauta*流にジャッジ!

よし!次の着付け稽古で私も使ってみよう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村










«女ふたりの暮らし

ランキング参加してます♪

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ