2017年11月21日 (火)

単衣のほうがハードル高し

単衣の着物を一枚しか持ってないので、家にある反物を仕立てるときは、絶対に単衣にしようと考えていたのですが。

よこその大島紬。


産地不明の小紋。


よく考えてみたら、どちらも重量が軽い反物なので、単衣に仕立てたらペランペランになるのではなかろうか? なんとなく単衣向きじゃないような気がする。

袷より、単衣のほうが「簡単」なイメージがあるけど、実は単衣のほうが反物選びが難しいのでは?ということに最近ようやく気付きましたよ。落ち感があって、裾さばきが良くて、裏地が見えてもサマになるもの。うーん、難易度高いわ〜。

お仕立てにしても、実は袷より単衣のほうが手間暇かかるんですよね? 敷居当てもつけたほうがいいみたいだし。

袷を減らして単衣にシフト

これからは単衣を増やそうと単純に考えていたけど、一筋縄ではいかぬようです。だから着物は面白いんだよな〜。簡単じゃないから好きだ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年11月20日 (月)

伊達静の帯を締めてみました

先日購入した伊達静の爪掻本綴織帯で、着付の稽古をしました。



瑠璃色というんですか? 目が醒めるほど鮮烈な青です。他にも青い帯はいくつか持っていますが、どの青よりも青が深し。海の底をのぞいているような奥行があります。



無地のぼかしなのにすごい存在感。地味に沈みがちな利休茶の十日町紬を、一気に華やかに押し上げてくれました。



見るのも手にとるのも初めての爪掻綴で、今まで知らなかった感触に感心しました。トルソーの前に自分の胴にも巻いてみましたが、変幻自在で吸い付くような印象を受けました。生きてる感じ、呼吸してる感じ。

私は、帯周りにあせもが出来やすいのですが、おそらくこの帯なら出来ないような気が致します。



柔らかいのに張りがあり、締めやすく、かりに帯結びをしくじってもカタチになるので失敗が目立たないと思いました。



ある程度重みがあるのに、畳むと本当に薄く小さくなります。どこをどう畳んでも折り皺が付かないんです。扱いやすくコンパクトなのに高級感があり、旅行に持っていくと良いと思いました。いつか着物で旅するときが来たら、ぜひこの帯をトランクに入れたいです。



長襦袢は白地の鳥獣戯画。帯揚げはオフホワイトの丹後ちりめん、帯締めは海老茶の道明冠組。

自分的には満足なコーデ。着物でお出かけしたいと思いました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村








2017年11月19日 (日)

プロに撮影してもらうすすめ

はあああ〜、おかんさんのお写真のポージングの記事、すごく勉強になりました。素晴らしい。(リンクさせていただきます)

おかんさんのブログ
恥ずかしながらビフォーアフター

おかんさんの記事に触発されて、恥ずかしながら私も思いきって出します。

実は9月に、プロのカメラマンのスタジオで写真を撮ってもらう機会がありました。オーディション写真を撮影する若い友人の付き添いでした。カメラマンさんから「せっかくだから撮りましょうか」と言ってもらい、記念だと思って少しだけ撮っていただいたのですが、たいへん良い経験になりました。

生まれて初めて白バックの前に立つ。視線の向こうには姿見(鏡)があるので、自分のポージングや表情が確認できるようになっています。(そんな余裕なかったけど)

1枚目。直立不動です。1枚撮るごとに目の前にセットされているパソコンで、写真を確認できます。あー、なんじゃこりゃー、棒立ちやん。



2枚目。サイドの髪が重くて顔が大きく見えるので、両耳にかけてみました。「少し笑いましょうか」と言われて笑うも、ひきつり笑い。



5枚目。ポージングに挑戦。「顔は正面、身体は斜めにしてください」「こうですか? 」「はいはい、いいですよ」



10枚目。「手を腰に当てて。はい、顔だけ正面。そうそう笑って笑って」



プロのカメラマンさんがポージングを教えてくれるのと、パソコン画像で1枚撮るごとに写真を確認しながら、あ〜でもないこ〜でもないと試行錯誤しているうちに、ベストショットで写るコツが掴めてきます。(逆にワーストショットに写ってしまう表情、角度、ポーズもよ〜くわかります。あちゃ〜!)と同時に、気に入っていたこのワンピースの色がさほど似合ってないことにも気付かされました。

精神的なものも大きいと思いました。(私は写真映り悪いから)と気持ちが引いてしまったら、それなりになってしまうといいますか。嘘でもいいから(私は素晴らしい。かかってこんか〜い)とカメラに立ち向かう気持ちが大事ではないかと(笑)

あと、やっぱり場数をこなすと、どんどん写り方が上手くなります。1枚目と10枚目、全然違いますよね。もちろんカメラマンさんの腕前と照明に助けられてます。

思いがけずプロに撮っていただいて、貴重な良い経験になりました。一度、着物で撮ってもらおうかな。昔ながらの写真館で肖像写真を撮るのもいいけど、最近は気軽にオーディション写真や宣材写真をリーズナブルに撮ってくれるスタジオがあるみたいです。己を知ることができて、おすすめです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







2017年11月17日 (金)

伊達静の爪掻本綴織帯

着物ブログを書くようになり、他のブロガーさんの記事を拝読し、初めて知ったのが、爪掻本綴織(つめかきほんつづれおり)という西陣の帯の存在です。職人さんの手の爪をノコギリのようにギザギザにカットし、横糸を爪で織りこんでいく手織りなので、一日に数センチしか織れないそう。柔らかくしなやかなのに張りがあり、一度締めると緩まず、身体にフィットするらしい。まるで帯が呼吸してるみたいに快適な締め心地だそうです。

当然、稀少なので私には高嶺の花。爪掻本綴織の帯って、どんな手触りなんだろう。一度でいいから、この目で見てみたい、触ってみたいと願っておりました。

そんなときに、Motochiyoriさんのサイト「きものを着たい!」を読んでおりますと、伊達静の爪掻本綴織の帯のことを書いてらっしゃいました。

無地の綴れ帯 〜小合友之助と伊達静


(へぇ〜、伊達静さんって女性やったんやねぇ。一度でいいから、帯を触ってみたいなぁ。それにしてもMotochiyoriさん、伊達静の帯たくさん持ってはって凄いわ。羨ましすぎるわ!)

と、ため息をつきながらスマホを閉じて、もう一度スマホを開けたら・・・。

画面にヤフオクの広告が出てきたんです。ズラーッと帯の写真が並んでいて、なんとその中の一枚が伊達静の帯ではないか!

えええっ⁈ と驚いて、画面を開いてみたら、私にも買える即決価格で設定されていたので、勝手に指が動いておもわずポチ!その間たった15秒。なんだこの漫画みたいな展開は(笑)



そして本日、伊達静の爪掻本綴織帯が届きました。きれいなブルーで嬉しいです。こんな私に縁があって、天から降ってきてくれたんでしょうか。

どんな締め心地か、さっそく次の着付稽古で体感してみたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年11月16日 (木)

椎名林檎が楽しみな紅白

大晦日の紅白歌合戦の司会者と出場歌手が発表になりました。知らない歌手ばかりやん!とは言いますまい。私が知らないだけなのだから。

年末の紅白歌合戦は、その年の日本のエンタティンメント界の最高峰、最前線、最新の技術を集めた歌番組だと私は信じています。構成、演出、振付、舞台装置、装飾、音響、効果、照明、撮影などの裏方。演奏、コーラス、ダンサーなどのサポート出演者。何百人、いえ千人以上、もっとか? おびただしい人数のプロフェッショナルがプライドと緊張感を持って関わっているし、予算も莫大で潤沢です。こんな贅沢なショーを茶の間で無料で見られるのだから、一瞬たりとも見逃したくないと思っています。

もちろん出場歌手の人たちも、新人、ベテラン問わず、自分史上最高のパフォーマンスが出来るように当日のぞんでくることは間違いない。メイクや髪型、衣装を決めるためにプロジェクトチームが組まれるぐらい、紅白の舞台に立つことは歌手にとっても特別なこと。

そんななかで、私が特に楽しみにしているのが、椎名林檎さんのお衣装とパフォーマンスです。

昨年は、喪服のような黒無地の着物で東京都庁から中継でした。

椎名林檎の黒無地

今年も、度肝を抜くような卓越したステージを見せてくれるのでしょうか。楽しみです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年11月15日 (水)

初めて知って驚いたこと

日に日に冬の気配が濃くなってきました。とりどりの落ち葉を踏みしめながら、去りゆく秋を惜しんでいます。



今日は父の肌着を買いに、母と二人で買い物に行きました。ひととおり必要な品を選びレジに行こうとしたら、「ついでにあなたも肌着を買ったらどう?」と母に言われ、パンツ(ショーツ)をすべて新調することに。親からパンツを買ってもらうなんて、子どものとき以来で、なんか嬉しかったですね。小学生に戻ったみたいで(笑)

パンツといえば、先日放送の「あさイチ」を見て、初めて知って驚いたことがあります。ご覧になった方も多いと思いますが、女性が用を足したあとの正しいトイレットペーパーの使い方です。

前から拭くか、後ろから拭くか、ではありません。

すべて性ホルモンのせいだった!〜女性ホルモン〜編

本当に驚き!全然知りませんでした。てか、こんな肝心なこと、50過ぎてから知るって遅いわ!って感じです。子どもの頃に知りたかったわ。

今さら遅いよと嘆きつつ、やらないよりやったほうがいいので、さっそく実行しています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







2017年11月14日 (火)

上手に着ているように見せる

愛読しているMotochiyoriさんのサイトに、こんな記事が載っていました。(リンクさせていただきます)

Motochiyoriさんのサイト「きものを着たい!」
きものを上手に着ているように見せるコツ

お着物歴の長いMotochiyoriさんが、他人の着物姿を見るときに目が行くのが、

①帯揚の整え方
②背中のシワの処理

なんだそうです。

「この2つがうまくいっていると全体がすっきり見えるような気がします」とお書きになっています。

逆に、着ている本人がヒヤヒヤしていることが多い衿元や打ち合わせにかんしては、Motochiyoriさんはさほど気にならないそうです。

「衿元は個性。半衿が左右対称でなくとも…」
「衿元や打ち合わせ部分が緩んでいても…」
「昔の日本人はもっと自然で、崩れた着方の人もたくさんいたので、年齢や体型に応じてゆったり着れば良いと思っています」

とのこと。なるほど、ガチガチに完璧な着付けを目指さなくても、ポイントさえ押さえておけば、全体の印象が整って見えるみたいですね。



背中のシワ・・・あのね、トルソーには肩甲骨がないもんね。たまには自装してチェックしてみなきゃ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




«羽織を脱いだらおしゃれだった

ランキング参加してます♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ