2019年2月15日 (金)

着物の収納 大名だたみ

先日、箪笥に収納していた帯揚げが、窓ガラスの結露でじっとり湿っているのを発見して、背筋が寒くなってしまいました。その日以来、着物の収納が気になって仕方ない!


今は実家に居候している身ですので、なるべく場所を取らないようにと、着物からたとう紙をはずして丸裸で箪笥に収納しているものの。湿気から守るために、やっぱりたとう紙に入れようと思っています。


この際せっかくだから、すべての着物を皆さんがおすすめの米田進栄堂のたとう紙で揃えようと思います。着物枕も乾燥剤も買おう。うん、そうしよう、そうしよう。次に京都に行く時、必ず行こうと思います。


ところで、米田進栄堂さんのホームページに「着物収納の仕方」が載っていて、一般的な本だたみの他に「大名だたみ」というたたみ方があることを初めて知りました。


米田進栄堂「着物収納の仕方」


知らんかった、留袖や振袖は大名だたみにするらしいです。もちろん大名だたみ用のたとう紙も米田進栄堂さんで売っています。「あ、そうか。大名だたみのほうがサイズ的にコンパクトに収納できるかもしれない」と考えた私、さっそく手持ちの着物を大名だたみにしてみました。





大名だたみのメリット → 安定感のある大きさ、たたみシワが最小限になる


大名だたみのデメリット → たたむ時に場所をとる、コンパクトにたたむと袖の途中を折らなくてはならない

うーん、どうしよう。大名だたみのたとう紙のサイズ、具合良さそうで気に入ったんだけどな。悩むところですが、お店で相談させてもらおう。


ちなみに七緒のオンラインショップにも、米田進栄堂さんのたとう紙が出てます。こちらは紐なし仕様です。紐なしもいいね♪


こまものや七緒オンラインショップ「米田進栄堂 無地紐なし畳紙」


京都の実店舗には着物収納にまつわる小物が揃っていて、薄紙一枚から買えるようです。今から買い物を楽しみにしています。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2019年2月13日 (水)

佳つ乃さんの結婚

佳つ乃さん。着物好きの女性なら、一度は憧憬、羨望といった感情をかきたてられた経験を持つと思います。本当に幾つになっても、この世のものとは思えぬ透明感のある美しいお着物姿。いつもうっとり拝見しています。


昨年末に、佳つ乃さんのアメブロを読んでいて、おや?と思いました。パートナーの男性とご結婚なさったんですね。それまでも、そのパートナーらしき方が隣にいるお写真をちょくちょくアップされてましたが、急にその男性がお顔出しされたのでビックリ。お二人がとても仲睦まじくお幸せそうで、本当に良かったですね。


といっても私はお写真でしか佳つ乃さんを見たことがないのです。どういう気質の方か存じ上げないので、ミステリアスでした。まるで京人形のように艶然と微笑んでいる印象しかなくて。


で、なんとなく2015年から2016年にかけてのアメブロを続けて読んでみたんです。佳つ乃さんが拠点を東京に移して銀座にお店を出店なさって奮闘していた時代の記事でした。東京でも変わらず美しくて、たくさんの人に囲まれて、豪華なお店で食事して、海外にも出かけて・・・めくるめくきらびやかな日々なんですよ。にもかかわらず、彼女の孤独が伝わってきて、読んでいて不覚にも泣いてしまいました。


女一人で知らない土地で、みんなを引っ張っていかないといけないプレッシャー。表には出さないけれど、どれだけ心細かったことかと思います。それゆえに、今の佳つ乃さんの「お互いに心から信頼し支え合える生涯のパートナーに出会えて幸せどす」という言葉には重みがあり、心に響きました。


ところで、佳つ乃さんのブログを読んでいると、外食三昧で毎日のように高級なお店で豪華なお食事をされているような印象を受けますが、いやいや、ちゃんと読むと、人一倍節制されているのがよ〜くわかりました。夜に会食が入っている日は昼はミネストローネだけ。またフレンチやイタリアンなどカロリーが高い食事を摂ったあとは、3日連続で夕食はブロッコリーとヨーグルトのみ、というように、しっかりと体重管理をなさっています。そしてコンスタントにジムに通って身体を鍛えておられます。努力の人です。


美しい着姿は不断の努力の積み重ねの賜物なんですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







2019年2月11日 (月)

増えすぎた着物を精査

お寒うございます。今日の午前中は大阪でも雪が降りました。私が住む地域では今シーズン初の雪だと思います。


先日、コーデを考えるため、箪笥の引き出しに入れている帯揚げを選んでいました。なんとなく帯揚げがじっとり湿っている感じがしたので、すべてを取り出してみて驚愕!ゲゲゲ! 帯揚げが全部濡れてるやん。特にシボが強い縮緬帯揚げの湿り方がひどくて、カビが生える寸前かと思われました。


原因は結露です。箪笥の横に窓があって、帯揚げを入れてる引き出しがもっとも窓寄りだったんですね。どうやら窓ガラスの結露が引き出しの中まで侵食してきたようです。ショック。冬は空気が乾燥するから安心だと思いこんでたけど、結露という大敵があったのね!


大急ぎで、温風ヒーターに帯揚げを1枚1枚かざしながら、乾かしました(火災に注意)が、洗濯乾燥機に入れても良かったかな? トホホ、一度全部洗わないといけないかもです。


帯揚げ結露事件を受けて、つくづく痛感しました。こまめじゃない私には、たくさんの着物を管理するのはとてもじゃないけど難しいみたいです。今年に入ってから、一気に着物を増やしてしまいましたからね〜。そこで増やした分だけ減らせるよう、手持ちを精査してみました。


<着物 袷>

・訪問着 辻が花
・江戸小紋 萌葱
・色無地 珊瑚
・大島紬 白
・大島紬 藍
・大島紬 茶(手放す)
・真綿結城紬 クリーム色 梅柄
・真綿結城紬 黒
・付下げ 灰桜色(手放す)
・付下げ 香色 白樺
・色無地 黄色
・総柄小紋 茶色
結城縮 黒 NEW





<単衣>

・濱紬 生成色
・十日町紬 青
・十日町紬 利休茶
・江戸小紋 濃鼠
・付下げ 水色(手放す)
本塩澤 白 NEW
結城縮 焦げ茶(仕立て直し中)NEW
結城紬 赤に白のつぼたれ NEW





<夏物>

・本麻 白
・ポリエステル小紋 白地小花柄
・駒絽付下げ 薄緑(手放す)
・紗 付下げ 濃紺
駒絽小紋 黒 NEW





<羽織物>

・白大島の道行
・朱色の道行
・横段の道行 NEW
・黒の長羽織 袷
・黒の長羽織 単衣





<未仕立て>

・雨コート反物 茶色
・ポリの反物ブルーストライプ(手放す)
・黒の紗の羽尺(手放す)
・クリーム色の羽織 仮絵羽
・グリーンの振袖 仮絵羽(手放す)
・黄色&グレーの着尺
・刺繍の白生地(手放す)
・横双の白大島
・ボタニカル柄の着尺
・グレーホワイトの着尺
・モスグリーンの着尺 NEW





結果、8枚減らして7枚増やした勘定となります。なんだか「三歩進んで二歩退がる」の歌みたいです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

«結城縮とビタミンカラー

ランキング参加中♪

  • ランキング参加中♪
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ