« 続・真夜中のボヤキ | トップページ | うらやましい「紙の月」の原田知世 »

2014年1月31日 (金)

横尾忠則の昭和NIPPON

原稿を提出してホッとひといき。ようやく自由な時間ができたので、横尾忠則現代美術館で開催の「横尾忠則の昭和NIPPON~反復・連鎖・転移」を見てきました。三回目の訪問です。

最初に見たときは、油絵に写真をコラージュしているという手法に違和感があったのですが、回を重ねてようやく腑に落ちました。ストンと落ちた。横尾忠則=ポップアートというイメージがなんとなくあると思いますが、全然ちがいます。重いです。ずっしりきます。

饒舌なメッセージに感動しました。

Photo

美術鑑賞のあとは市営バスに乗って三宮へ。いつもは元町まで行ってしまうのですが、今日はひさびさに三宮でお買い物を楽しみました。

Dscf7230_2

海も山もあって開放感ある都会の神戸がとても好きです。来週また神戸に行くので本当に楽しみです。

« 続・真夜中のボヤキ | トップページ | うらやましい「紙の月」の原田知世 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/55490772

この記事へのトラックバック一覧です: 横尾忠則の昭和NIPPON:

« 続・真夜中のボヤキ | トップページ | うらやましい「紙の月」の原田知世 »

ランキング参加してます♪

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ