« 痛い私? | トップページ | 4時まで女 4時から女 »

2014年1月21日 (火)

置かれた場所で咲きなさい

シスター渡辺和子さんの珠玉の言葉が散りばめられた本。ものすごい人気で、やっとの思いで図書館から借りて読みました。

時間の使い方は、そのままいのちの使い方。置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。「こんなはずじゃなかった」と思う時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。

咲けない日があります。その時は根を下へ下へと降ろしましょう。

説得力のある言葉の数々に感銘を受けます。

5537_2

圧巻は、渡辺和子さんが9歳のときに亡くなられた父上への思いを綴ったページです。渡辺さんのお父さんは、二・二六事件で命を落とされた旭川第七師団長で教育総監の渡辺錠太郎氏。事件当日、銃弾の飛び交うなか、渡辺さんをかくまって座卓の陰に隠してくれたそうです。父親の死を目の当りにした幼い渡辺さんの気持ちを思うと、胸がつまります。

ぜひ続編の『面倒だから、しよう』も読みたいと思います。

« 痛い私? | トップページ | 4時まで女 4時から女 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/55490575

この記事へのトラックバック一覧です: 置かれた場所で咲きなさい:

« 痛い私? | トップページ | 4時まで女 4時から女 »

ランキング参加してます♪

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ