« ファッショニスタ | トップページ | 激安スーパーがオープン »

2014年4月12日 (土)

デパートのエレベーターでの出来事

今日は大阪市内のデパートに行きました。14階から階下に降りる満員のエレベーターに乗っていたときの出来事です。

201404121949000_3

それは「ベビーカー優先エレベーター」でした。同乗の案内嬢があらかじめ「もしもベビーカーのお客様が乗ってこられたら、お譲りくださいませ」と乗客にアナウンスしていました。案の定、次の階でドアが開きベビーカーを押した若い夫婦が立っていたので、ドア付近の手前にいた乗客3人が譲って出ていきました。

そして次の階では、二組のベビーカーを押した夫婦が待っていたので、今度は5人が譲るため出ていきました。 

そして次の階にもなんとベビーカーを押した女性が。今度は2人降りて、入れ替わりにベビーカーが入ってきました。大きなエレベーターとはいえ、ベビーカー4台+満員の乗客の車内は圧迫感があり、誰もが無言で耐えていたとき、一人の老婦人がこうつぶやいたんです。   

「昔は抱っこしたものですけどねぇ」

この一言でベビーカー組は凍りつき、それ以外の乗客は溜飲を下げた……といった空気が漂いました。実はJガールも気になっていたのは、各階で乗り込んできたベビーカー組が誰一人として譲るため出ていった人達にお礼を言わなかったからです。かなり感じ悪く映りました。   

しかしこれはベビーカー組はちっとも悪くないんですよね。だってベビーカー優先エレベーターなのだから。それに「自分のために降りてくれている」とは知る由もありません。知ってたらきっと「すいません」って一言かけるはずですよね。

悪くないにもかかわらず、非ベビーカー組から見たら、いけしゃあしゃあと権利をふりかざす礼儀知らずという「誤解」を生んで憎悪の対象になってしまってるんですよね。怖いことです。 

ちょうど社会問題にもなってることを目の当たりにしたので、書きました。こういう場合、どうしたら全ての人がいやな思いをせずに済むのだろうか。

« ファッショニスタ | トップページ | 激安スーパーがオープン »

コメント

優先エレベーターなんだから悪くはないけれど
やっぱり『ありがとうございます』じゃないかなと思います。
こういうところから幼子の躾って始まるんじゃないかな~
躾って書くと大袈裟かな。

実は私の住む住宅内に観光道路が通っています。観光バスを通す為なのか歩道は昔側溝だった所を、蓋してる部分だけで、人が一人通るのがやっとです。通行中の高齢者や、子供連れがいれば、当然道を譲ります。譲り合うんです。
「ありがとう」「お先に」など一言あれば
こちらも「どういたしまして~」と笑顔になれますが、譲って当たり前だろォの顔されると
なんか納得いかないです。譲り合いは当たり前!同時に挨拶も当たり前になれば、もっと気持ち良いんですけどね。会釈でもいいんです。ようはキモチなんですけどね。

☆takachanさま

仰せのとおり、譲ってもらったら、「ありがとう」の一声が欲しいところですよね!

この場合、ややこしいのは、ベビーカー側から見たら、「たまたま偶然降りてきた人たち」
に見えるんですよね。

エレベータ案内嬢が「この方が譲ってくれました」とでも言わないとわからない状況です。

いっそ、土日祝だけでも「ベビーカー優先」ではなく、「ベビーカー専用」にしたほうがいいかもしれないと思いました。車椅子の方も乗れるように。

☆イコさま

本当にちょっとした一言があれば、もめなくて済むことがたくさんありますね。
特に若い人はおとなしいし、言葉足らずのことがあるから、
そのへんのことは大人が教えてあげないとあかんでしょうね。

挨拶は本当に大事!挨拶を交わす地域は空き巣が狙わないそうです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/55752181

この記事へのトラックバック一覧です: デパートのエレベーターでの出来事:

« ファッショニスタ | トップページ | 激安スーパーがオープン »

ランキング参加してます♪

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ