« 雑誌を定期購読 | トップページ | 一級の日傘 二級の日傘 »

2014年5月 9日 (金)

変わった仕事の依頼

ライター業のちいさな看板をあげていると、ときどき「えっ?」と驚くような珍しい仕事をいただくことがあります。今日、依頼されたのは、

なんと「弔辞の代筆」です。

友人の告別式で弔辞を読むことになった方が、「文章を考えてほしい」と切羽詰まった様子で依頼してこられました。弔辞を考えるのは私も初めてです。大きな式場で故人を盛大に送りたいので、なんとしても心のこもった練り上げた弔辞を捧げたいとのご希望です。

「故人との思い出は?」「最後に会った日は?」「あなたにとってどういう存在だった?」などヒアリングしたうえで、遺影に向かって語りかけ口調にするか、オーソドックスなスピーチにするか、打ち合わせしてきました。

やったことないけど・・・・・・とりあえず今から作ってみます。本番は二日後なのでね。事が事だけに時間がない!

« 雑誌を定期購読 | トップページ | 一級の日傘 二級の日傘 »

コメント

うわ~そういう依頼もあるのですねー!
確かに突然の訃報とかで、頼まれたりしたら、なかなか
うまく言葉を表わせないかもしれないですねぇ。
なるほどぉ。。。。

☆チョコレーゼさま

突然のことで悲しみにくれているところに、
弔辞をのべる大役を任されると、大変だな~と思いました。
しかも他のイベントと違って、準備する時間もありませんしね。

私も勉強させていただきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/56131294

この記事へのトラックバック一覧です: 変わった仕事の依頼:

« 雑誌を定期購読 | トップページ | 一級の日傘 二級の日傘 »

ランキング参加してます♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ