« フランク三浦の腕時計 | トップページ | 琵琶湖畔で盆踊り »

2014年8月31日 (日)

欲と収納

群ようこ著『欲と収納』を読み、心底恐ろしくなりました。

何が恐ろしかったかというと、年老いたお母様の着物を大量に(ドラムセットが入る巨大段ボール4箱分)引き取ることになった顛末が書かれているのです。

袷と夏物の訪問着、留袖、単衣の作家物の紬の訪問着、手描きの紬など百万円単位のおびただしい数の着物、帯、道行。群さんが一枚一枚、畳紙をめくって中味を確認したら・・・。

「げええええ」

そこにはびっしりと白カビが!どれもこれも、ほとんどの着物がカビで真っ白け!!!

Yokutosyuunou_2

これを読んでつくづく、箪笥の中身は増やしたくないと痛切に感じました。齢を重ねてメンテナンスと手入れをする体力や気力が衰えたときでも、なんとか自分自身で管理できる数に絞っておきたいものです。

この本『欲と収納』は、収納整理のテクニックやコツが書かれてあるわけではなし、群さんが断捨離に成功した体験が綴られているわけでもありません。でも、とても効きます。これから物を整理したいと思っている人は、怖くなってモチベーションが上がるので、読まれるといいでしょう。

« フランク三浦の腕時計 | トップページ | 琵琶湖畔で盆踊り »

コメント

test

コメントが入らないというお声がありましたので、お友達にテストしてもらいました。コメント入るはずなんですが、不具合ですかね。せっかく書いてくださった方にお詫び申し上げます。

まだ読んでないですが、この紹介文だけで、末恐ろしいと思わされました。
カビだらけの着物や帯などを想像しただけでも。。。

仕事柄、色々な着物や帯に遭遇しますが、それぞれに物語がありますね。
それにしても、怖い!

☆はごろもさま

お仕事柄、膨大な数のお着物を扱ってらっしゃるので、お手入れやメンテナンスの
重要性を何よりもご存じだと思います。

本を読んでいただけるとわかりますが、結局、まだ大丈夫そうな着物は洗い張りに
出されて、作家ものの訪問着が買えるお値段だったそうです。

こわいですね~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/57231944

この記事へのトラックバック一覧です: 欲と収納:

« フランク三浦の腕時計 | トップページ | 琵琶湖畔で盆踊り »

ランキング参加してます♪

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ