« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

広末涼子の「聖女」

今夜、6話の放送でした。

ドラマを録画してまで観ないので、連ドラを全話欠かさず観ることは少ないのですが、今回は唯一観られない回が特番で順延になったのが幸いして、全話観ています。

今日の6話、緊迫感があって本当によかった。第1話と第6話、それに5話が良いと思いました。やはり、嫉妬という人間の業がからんでくると、物語にぐっと凄みが出てきますね。

そして今夜の広末涼子も凄かった。ラストシーン、タクシーで号泣しているカットのあと、カメラがズームして、泣き顔から一転して勝ち誇ったような笑みを浮かべる唇が大写しになり、心臓が止まりそうになりました。素晴らしい演出と広末涼子さんに拍手です!

そして、蓮佛美沙子さんの演技もとてもいいですね。

これは名作ドラマ。来週が最終回です。

いよいよ明日からダイエット

10月1日から、秘策ダイエットをスタートさせると予告しましたが、いよいよ明日からです!

トホホ、大袈裟に「秘策」と書きましたが、なんてことない、10月と11月の2ヵ月間、毎日体重を計って記録するだけのレコードダイエットです。職場の健保組合が展開する健康キャンペーンの一環です。

家にある体重計が古くて数値の信ぴょう性が怪しいので、新しい体重計まで購入しました。けっこう張り切っています(笑)。

最後の自由な夜ということで、おもいぞんぶんチョコレートを食べています。名糖の5種類のナッツチョコレート、オイシイワア~♪ピーナツ、マカダミア、アーモンド、ココナツクリスプ、ヘーゼルクランチをローテーションで食っとります(笑)。

Meito

ということで、デブッて明日は最悪の数値でしょうね(泣)。

2014年9月29日 (月)

タイトル買い

昨日バスに乗ってたら、お芝居のフライヤーの束を持ってるオジサマがいました。おそらく兵庫県立西宮文化センターで観劇した際にもらってきたのでしょう。

そのオジサマが持っていたフライヤーに、

『夫が多すぎて』

というハッとするタイトルを見つけて、バスのなかで速攻検索(笑)。大地真央さん、石田純一さん、中村梅雀さん、水野久美さん、徳井優さん。うーん、おもしろそうな組み合わせだ!サマセット・モームが戯曲のコメディだそうです。

Ottogaoosugite_2

関西公演は12月。帰宅してから、速攻チケットを取りました♪

これも出合いですね。『夫が多すぎて』というタイトルが、とても良いと思いました。もし「夫がたくさん」とか「夫でいっぱい」という普通のタイトルだったら、ひょっとしたら買ってなかったかもしれません。

そう考えると、タイトルやキャッチって本当に大事ですよね。あなどれない。

2014年9月28日 (日)

お金持ちの教科書

まだ前半しか読んでませんが、知られざるお金持ち特有の思考パターンや行動原理がわかりやすく書かれていて、とても勉強になります。

加谷珪一著「お金持ちの教科書」によりますと、

お金持ちの入口は1億円。
本当の大金持ちは資産3億円以上。
価値観が変わるのは5000万円から。
年収1000万円はお金持ちではない。

ということだそうです。なぜそう定義するのか、理由もよく理解できました。

Okanemoti_3

他に「お金持ちが電車やバスに乗らない理由」とか「お金持ちは常に恐怖に怯えている」とか「1日24時間は誰にでも平等の嘘」など、庶民にはうかがいしれないお金持ちの実態が書かれていて興味深かったです。

あと、実感として深く同意したのが、

「お金持ちは感謝しない。お礼をするのだ」

という一文で、私はかなり当たっていると思うのですが、どうでしょう。

2014年9月27日 (土)

タオル一枚で家じゅう掃除

実家の母はきれい好きで、しょっちゅう拭き掃除ばかりしているんですが(こういう人を大阪弁で「癇性病み=かんしょやみ」と呼びます)、娘の私は全然!一週間ぐらい掃除しなくても全然気にならないです・・・・・それも問題か(笑)。

で、最終的にさんざん散らかった部屋を見て「キーーーーーーーーッ!」とヒステリーを起こし、10日に1度ぐらいの頻度でプチ大掃除をするって感じなんです。

私の掃除のやり方はこうです。

まず家全体に掃除機をかけてから拭き掃除をします。掃除グッズをたくさん揃えている実家と違って、私は古いタオル一枚とバケツだけ。タオルを濡らして絞ってから、まず台所まわりをピカピカに磨きます。

その後、机や家具や照明器具などを拭いて、窓ガラスを拭いて、床を拭いて、最後にトイレまわりといった順番。もちろん何度もタオルを折り返して拭き、途中何度もバケツで洗い、一枚のタオルを徹底的に使いきります。

最後は真っ黒になったタオルをしみじみ眺めて、満足(笑)。

掃除グッズを揃えなくてもタオル一枚で充分!と書いてあった本に感銘を受けて以来、私はそうしてます。昔ながらの掃除法かもしれませんね。「どうしてクイックルワイパーを使わないの?買いなさい。便利だから」とワーワー言ってくる母のほうが、今風なのかもしれません。

2014年9月26日 (金)

初めての道頓堀はり重

先日、大阪松竹座で「道頓堀パラダイス」を観劇してきました。池田政之さんの脚本、わかぎゑふさんの演出。OSK日本歌劇団の前身「松竹楽劇団」の草創期を描いた華やかな作品で、松竹の歴史もよく理解できました。

終演後、山田スミ子さんの楽屋に友達とうかがい、そのまま松竹座の隣にある道頓堀はり重にご一緒しました。

Data121109150939_2

20年もミナミで働いていたのに、なんと私は初めて入りました。有名すぎるお店だからか、なぜか行く機会がなくって。すき焼き、しゃぶしゃぶだけの高級和牛店と思い込んでいましたが、日本料理、グリル、カレーショップの三店舗に分かれてるんですね。

グリルでも、カレーをいただくことができます。

創業100年の老舗のカレーライスが600円って、そんなに良心的だったとは!味もボリュームも大満足です。

初訪問の私が言うのもアレですが、カレーショップよりもグリルのほうが落ちついた雰囲気なので、グリルで一品と共にカレーをオーダーするのがおすすめ!

2014年9月25日 (木)

まちかど情報室でウォーミングアップ

毎朝6時すぎに家を出ています。

「おはよう日本」を見ながら仕事に行く支度をしているのですが、5時台後半に放送される「まちかど情報室」というアイデアグッズを紹介するコーナーが好きで、毎朝手を止めて見入っています。

何が興味深いかって、アナウンサー同士の会話の応酬合戦。先日もこんな感じでスタートしてました。

二宮アナウンサー「まちかど情報室です。今朝の担当は、アナウンサー怪獣かしまモンです」

07_ninomiya

鹿島アナウンサー「ふふふ。最初はギョッとするけど、だんだん愛嬌が出てくるでしょ」

09_kashima

といったNHKニュースらしからぬ軽妙な感じ。この日、なぜこんなやりとりから始まったかというと、前のニュースコーナーで、最初はギョッとするけど見ているうちに愛嬌を感じられる怪獣のおもちゃを紹介していたことを受けてるからなんですよね。

NHKの名物女子アナ・鹿島綾乃さんの歯に衣きせない辛口トークに、戦々恐々とアドリブで応酬する二宮アナをはじめとする若手男性アナウンサーの図式。まるで会社の先輩女子と後輩男子のオフのやりとり。毎朝、お茶の間にちょっとした緊張感をもたらします。

「NHKニュースらしくない」「オフィスの給湯室の会話」という意見も目にしたけど、給湯室の会話!大いに結構だと思います!

(ああ〜仕事行くのいややなあ〜、休みたいな〜)と寝ぼけた頭を、この給湯室の辛口トークが一気に覚醒させてくれます。会社の人間模様や空気感を彷彿とさせて、おかげで仕事モードにスイッチが入るという思わぬ効用があることを発見しました(笑)。

写真はNHK番組サイトより。

iPhone6 Plus を予約した

たまたまドコモショップの前を歩いているとき、iPhone6 Plusの大きさってどのぐらいなんだろうと疑問に思ったので、中に入ってみました。店内でモックアップを手にとっていると「どうぞどうぞ」とカウンターに案内され、ひととおり説明を受けて、あれよあれよとそのまま予約してしまいました。

今、使っているガラケーで充分満足しているけれど、コンデジのほうは買い換えたいと考えていた矢先のことです。

Iphone62

アナログ派のJガールもとうとうスマホデビューってことやね。

ショップのおねえさんが説明してくれているとき、「ワイファイ」がなんちゃらかんちゃらと言うので、

(ひょっとして、Wi-Fi のこと? そうか、Wi-Fiってワイファイと発音するんや~!)

と心の中で驚いていました。私はてっきり、

「ウィーフィー」

と思い込んでおりましたもので。実際、ウィーフィーと声に出して発音してました。

どおりで会社で「ウィーフィーが~」と話したとき、同僚が変な顔していたはずやわ。あちらこちらで「ウィーフィー、ウィーフィー」言うとった(笑)。

こんな私が、iPhoneを使いこなせるのだろうか・・・・・。

2014年9月24日 (水)

低いところに合わせない

関西を代表する放送作家・増山実さんと東野ひろあきさんの対談を聴きに行ってまいりました。

会場のさばのゆ大学は20人も入れば一杯になる大人の寺子屋。ポップカルチャー、サブカル色がほとばしる楽しくて知的な勉強部屋といった感じです。

多数のヒット番組を手がけてきた増山さんと東野さんの対談ということで、さすがにギャラリーは業界人ばかり。現役の業界人の方々、これから業界人になりたい人々、そして元・業界人の女が二人(笑)。

懐かしいテレビ番組の映像を観ながら、昔と今の番組の違いを検証するというテーマでした。「あの素晴らしい番組をもう一度」というタイトルですが、けっして「昔はよかった」という懐古趣味ではなく、客観的にクールに分析していて、なるほどな~とうなずくことばかりでした。

生き馬の目を抜くような放送、芸能の世界で、作家として今も活躍し続けているお二人は、この道ひと筋でやってきた矜持と風格に満ちていて素敵でした。

それから聴衆におもねることなく、手加減せず、一貫して難易度の高いお話をされる姿勢がすごく気持ちよかったです。聴いてる私たちも、話に付いていくのがとても楽しかった。低いところに合わせるとお互いにだめなんだな、ということに気付かされました。

2014年9月23日 (火)

創作ブログの特徴

昨日会った友達とは2年ぶりぐらいでしたが、会わないときも私のブログを読んでくださってたそうです。

「それで本当のところはどう過ごしてたん」と彼女が訊くので、なんでかな〜と思ってたら、なんと私がブログに書いてること、一部「創作」だと思ってたんですって!

ええええええーっ!まさか。創作なら、もう少し見栄はります(笑)。あ、でもちょっと嬉しいかも。私が(これは創作だな)と感じるブログの三大特徴として、

○毎回めくるめくように興味をそそる事件が起き、次はどうなるかハラハラさせる。

○文章がうまい。うますぎる。不思議なことに、わざと下手に書くことができないみたいですね、うまいからバレる(笑)

○ブログの扱いに慣れている、こなれている感じ。

あと、彗星の如く現れて、いきなり上位にランクインとか。うらやましいわ!(笑)

私も単純だから、どれだけ創作ブログに騙されてきたか(笑)。でも創作を決して否定はしません。よく出来た面白い読み物は人生の機微をいろいろと教えてくれますから。

2014年9月22日 (月)

マイブームにしたい♪

よく学び、よくしゃべり、よく食べて、よく笑った意義ある休日でした。

友達と一緒によく歩いたのも良かった。難波から福島まで五駅分ほど歩きながらしゃべったのだけど、喫茶店で対峙するより、気持ちがどんどん晴れやかに変化していくのがいい。

陽光の眩しさと水面の煌めき、ビュンビュン吹く風に、ネガティブな言葉を発するのがアホらしくなるんですよね。時間があって天気のいい日は歩きながら会話のやりとりをする……運動した達成感もあるし、交通費も節約できたりするよね。これはぜひマイブームにしたいです!

2014年9月21日 (日)

醜い体型に忸怩たる思い

とても9月とは思えぬ朝夕の冷え込み、秋の装いの準備もままならず気持ちが追いつかない!毎日何を着たらよいか戸惑っております。

ある朝、あまりにも冷えるのでおもいきってダウンベストを着てみたら、なかなか具合が良かったのですよ!薄手のシャツと組み合わせたら温度調節もしやすくて。9月にダウンなんて早過ぎですが、考えてみたら本格的に寒くなれば逆にダウンベストではおぼつかないので、中途半端な季節にこそ活躍するアイテムかも!

本当は全身のコーディネートを撮影したのですが、あまりに醜い自分の体型に忸怩たる思い。なので思いっきり寄りの写真です(笑)。

これから季節が深みを増して本格的にお洒落が楽しめるというのに、下半身デブの醜い自分の体型にガッカリだよ!天然肉じゅばんを履いてるような。

もはや腹筋だけでは間に合わない!……そこで10月1日より、秘策ダイエットをスタートすることに決定しました!フッフッフッ、早く10月にならないかな〜。(なぜ今日からしないんだ?)

2014年9月20日 (土)

運が良いのか悪いのか

詳しく書けませんが、今日は朝から仕事でとてつもなく大きな失敗をやらかしてしまいました。一瞬にして血の気が引くような大ミス。(落ち着け落ち着け)と自分に言い聞かせても頭のなかはミスったことで一杯。すっかり動揺してしまい、他のことが手につかない状態でした。

何か代替案、挽回策は無いか、全力で思い巡らせてみたのですが、どう考えても無理!これはもう正直に上司に報告するしかないという結論に達しました。罵倒されること覚悟で。

どのタイミングで報告するか様子を伺っているうちにズルズルと時間が過ぎていき……そろそろ言わないといけないと腹をくくったその瞬間、なんと上司が私のところにやってきたのです。

「あの件、どうなったんか?」と上司。まさしく私がミスしている案件のこと。正直に謝ろうと私が口を開いた瞬間、上司の言葉が重なりました。「すまないね。実はこちらのミスでできなくなったんや。迷惑かけて申し訳ない。ほんまにごめんな」

えええーっ!本当にビックリ!なんと上司のレベルですでにNGになっていたとは!逆に私に謝りに来たのでした。緊張の糸が切れて、へなへなになってしまった。

怒られなかったのは良かった。でもミスはミスだから仕事的には良くないよね。ラッキーかアンラッキーか……こういう顛末、私にはとても珍しい出来事なので、ブログネタに。失敗自体は珍しくないんだけどね(笑)。

2014年9月19日 (金)

秋の旅行計画

11月に鎌倉までライブを聴きに行く予定です。(誰のライブかは言うまでもありません 笑)せっかくだから鎌倉観光もしようと思って、今日発売されたばかりの「ブルーガイドムック鎌倉おさんぽマップ」を購入しました。

以前もこのシリーズのガイドブックを購入し、わかりやすくて軽いので、たいそう気に入っております。

他にもこんなのがありました。世界遺産富岡製糸場&群馬。行く予定ないけど、後学のために買っておこうかな。

9784408031934

灯台下暗し。地元のガイドブックも読んでおきたいな。だって兵庫県民になって二年あまり、いまだに周囲のクルマが神戸ナンバーばかりという状況に戸惑ってるぐらいだから(笑)。

9784408031903

番外編。こんなガイドまであるんですね。お友達のために載せとこ。

9784408031774

旅の下調べはパソコンでいくらでもできるけど、私は紙じゃないとあかんのです。あ、ガイトブック買わなくても、観光協会に問い合わて資料をもらうという手もありますよね。

2014年9月18日 (木)

「Jガールさんですか?」

今夜はビルボード大阪にて南佳孝さんのライブが開催中ですが、残念ながら諸般の事情で伺うことが叶わず。なので泣きながらこのブログを書いております(涙)。

しかしながら、嬉しく思ったことがありましたのでご報告!

昨日、仕事を終えて私服に着替えてから、サービスカウンターで包装作業をしておりましたら、女性のお客さまからお声を掛けていただいたのです。

「間違いだったらすみません。ひょっとしてブログを書いてるJガールさんですか?」

びっくりして、「はい、そうです。Jガールという名前で書いてます」と答えました。

「うわ~!ブログ読んでます。実は私も南佳孝さんのファンなんですよ!私も昨年のビルボードの1STステージに行ってました!」とその方。

「ええっ、そうなんですか!お会いできて嬉しいです!」と私。

ネットの力ってすごいですね。よくぞお声をかけてくださったなあ~、嬉しいなあ~と思いました。ありがとうございます!それにしてもライブ会場とかではなく、大阪の郊外のスーパーの片隅での出来事で驚きです。

(ひょっとしてJガールさんかも・・・)と確信なさった決め手は私が着ていた古着シャツの柄だそうです。もろ昭和レトロポップですよね。今どきこんな柄、着てるのは私ぐらいしかおらんわけで(笑)。

まだ見ぬ南さんのファンがあちこちにいらっしゃることを再認識した次第です。

2014年9月17日 (水)

コンバースのハイカット 白

空前のスニーカーブームらしいのですが、そういった流行とは無関係にラクチンだから履いているJガールです。今はブーツもパンプスもサンダルも全然欲しいと思わなくて、スニーカーばかりに目がいってしまいます。

そんななか、ずーっと探していたこのタイプのコンバースの白。実店舗でもネットでも自分のサイズが見つからなかったのですが、近所のABCマートで再度探してもらったら、広島に一足在庫があることが判明!

現在、取り寄せ中です♪

52362300012

2014年SPRING/SUMMERシーズンコレクションで、ヒールタブとパッチがトリコロールカラー。アイレットはゴールドです。春夏モデルだけど秋冬も履けるのかな~。履いちゃおう~!

52362300015_2

しかし、コンバースのバッシュの人気は永遠に不滅ですよね。私の学生時代、35年前にもコンバースのハイカットが一世を風靡したことを今も鮮烈に覚えています。

直輸入だったので今より希少価値が高くて、なかなか手に入らなかったのです。欲しがっていた友達に付き合って探しまわり、神戸の高架下商店街で最後の一足・ハイカットの黒をみつけた時は涙ものでした。

お値段は9800円でした。買ってしまうと帰りの交通費がなくなってしまうので、渋い顔する靴屋のおじさんに拝みたおして電車賃分まけてもらいましたっけ。三宮から芦屋までの運賃ですから、おそらく200円ぐらいだったと思いますが、なにせ大人気商品でしたから、おじさんがなかなか首を縦にふってくれなくて・・・・。二人で一時間近くねばって、やっと交渉成立!懐かしい青春のひとこまです。

2014年9月16日 (火)

南佳孝ライブ@逗子surfers

逗子海岸が一望できる海の家・逗子surfersでの南佳孝さんのライブ。観光をしくじったおかげで(笑)3時間前に着いてしまいましたが、青い空と青い海、夏の終わりのひんやりした潮風が心地よく、ちっとも退屈しませんでした。時間が止まってほしかった・・・。

Blog6260_2Blog6261

Blog6265_2Blog6267

いよいよ黄昏れてきました。リハーサル風景なども観ることができて、嬉しかったです。

Blog6269

海を臨むステージで午後6時よりライブスタート。湘南に住まれて20年の南さん、地元でのライブとあってリラックスしたムード&ノリノリ。ステージと客席が一体になって成熟した大人のくつろいだ雰囲気を醸しだしていて、かっこいいライブでした♪

Blog6271

セットリスト

1.素顔のままで
2.月に向かって
3.ソバカスのある少女
4.星影のステラ
5.プールサイド
6.日付変更線
7.Estate
8.Scotch and Rain
9.スローなブギにしてくれ
10.遥かなディスタンス
11.夜間飛行
12.スターダスト
13.Midnight Love Call
14.スタンダードナンバー
15.サンクチュアリ
16.モンローウォーク
17.Don't Let Me Down(アンコール)
18.Tristeza(アンコール)
19.上を向いて歩こう(アンコール)
20.カーニバルの朝(アンコール)

Blog6270

20曲もやってくださり感激!でもあっという間。ご本人も「海辺でやってるとなかなか終われないんだよ」とおっしゃってましたが、本当に名残惜しかったです。

夏の終わりに夏の余韻を楽しめる素敵な思い出ができたし、私も南さんや、南さんを慕っている人々のようにかっこいい大人になりたいと触発されました。このライブ、ぜひ来年もやってほしいです!次は泊まりで行く!(笑)

2014年9月15日 (月)

仕事に直行~ふらふらです

昨日9月14日(日)は逗子サーファーズという海の家で開催された南佳孝さんのライブに参戦してまいりました♪以下行程です。

新大阪 → 小田原 (東海道新幹線ひかり号)
小田原 → 大船 (東海道本線)
大船 → 鎌倉 (横須賀線)

鎌倉 → 逗子マリーナ (バス)
小坪バス停 → 新宿バス停(バス)

新宿バス停 → 逗子サーファーズ(徒歩40分)

JRで逗子まで行ってタクシーでお店に行けばスムーズだったのでしょうが、せっかくだから観光しようと思い、鎌倉で下車して逗子マリーナに寄り道したのが、珍道中の原因です。マリーナの海を一望できる高級イタリアンでランチする予定がオーダーストップを10分過ぎてしまいアウト。周囲のお店も軒並みアイドルタイムで入れず。

流しのタクシーが走っているはずもなく、とりあえず路線バスで目的地周辺のバス停まで行き、そこから「海」を目指して住宅街の細い道と国道134号線を放浪。空腹でふらふらになりながら。

やっとのことで、ライブ会場の逗子サーファーズにたどりつき、午後3時を過ぎているのにランチを食べさせてもらったときは涙が出そうでした。私の計画におつきあいくださった佳孝さんファンの京都のマダムにえらいめに合わせてしまいました(笑)。

オーシャンビューの絶景ロケーションの会場で至福の時間を過ごしてまいりました。ライブも最高!

ライブ終了後は、鎌倉発の夜行バスに乗って大阪に帰ってきました。午前6時半に大阪駅に到着し、そのまま仕事へ直行ーーーーーくううう~、つらかった(泣)。

予想より夜行バスは快適で良かったのですが、何がつらいかというと、つい数時間前まで至福の時間を過ごしていたのに余韻にひたる間もなく、すぐに現実(仕事)って!自分のなかでスイッチが切り替えられず、往生しました。

でもライブに行けるのも、仕事して給料もらえるからだ!と思い直し、今日一日がんばりました(笑)。

さすがに今日はふらふらなので、大事なライブの記事は明日書きます。

2014年9月14日 (日)

弾丸旅行

弾丸で湘南に来ています。ものすごく良いお天気!

なぜ来たのかは、また明日!(笑)

2014年9月13日 (土)

宝塚 ルマンのサンドイッチ

観劇のお伴にと、宝塚南口駅そばにあるルマンのサンドイッチを買いにいきました。タカラジェンヌへの楽屋お見舞い御用達のお店でもあります。

Dscf9036_3

創業40年の老舗らしいレトロモダンな箱でものすごく好み♪

Dscf9039

有名なのはたまごサンドですが、今日はいろいろ種類が入っているものを選びました。

Dscf9040

幕間に客席でいただきましたが、ふわふわのパンにフレッシュな具のサンドはどれもこれもすんごい美味しい!特にたまごサンドときゅうりサンドがボリューミィで驚かされます。

観劇じゃなくても、わざわざ買いに行きたいと思いました(笑)。

宝塚歌劇花組公演「エリザベート」

秋晴れのさわやかな連休初日に宝塚大劇場に行ってきました。

武庫川の対岸にそびえるのが大劇場です。

Dscf9038

宝塚歌劇100周年記念公演の花組「エリザベート」を観劇しましたが、「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」と並ぶ人気公演とあって客席は超満員。舞台と客席ともにすごい熱気であふれかえってました。

Dscf9042

「エリザベート」は初めてで、予備知識を持たないまま観たのですが、死と生を描いた深みのあるテーマで本当に素晴らしかった!音楽の完成度も高く、今まで観たミュージカルのなかで一番好きだと思いました。

トート役の明日海りおさんの花組トップ就任お披露目公演でもあり、エリザベート役の蘭乃はなさんの退団公演でもあります。来月は東京公演なんですね。もう一度観たいな、これは・・・。

観劇をご一緒したまさよさんが「孫に観せたい」と思ったそうですが、私も「母に観せたら喜ぶだろうな」と考えていました。今回、チケットを譲ってくださったお友達・ききちゃんに心から感謝します。

2014年9月12日 (金)

青い灯

私の住まいの隣のブロックの街路灯が、防犯のため青色なんです。この青い灯は、空き巣などの犯罪を抑制する効果があるらしいのですが、見るたびに、

「こえええ〜」

と震えあがっております。いまにもゾンビが出てきそう。犯罪者だけじゃなく、一般人だってこわいわ!(笑)

今年は残暑もなく、すぐに秋の風情に移ってしまいました。陽が沈むのも早くなり、なんだか焦る〜!

昔は夜型人間だったJガール、夜9時頃電話がかかってきて「今から呑みに行こ♪」と誘われたらホイホイ出かけていましたが、完全朝昼型の今はとんでもないって感じ。お芝居を観るのも以前はソワレ派でしたが、今はマチネじゃないと逆に損した気分になる。

今は太陽の動きに合わせた生活リズムなので健康的この上なし!

あ、でも、長い夜をヒリヒリした気持ちで愉しんでいたあの頃が、愛おしい気も致します。

2014年9月11日 (木)

竹内まりやに生まれたかったよ

竹内まりやさんの7年ぶりのアルバム「トラッド」を聴いています。初回限定盤には35分間のDVD特典がついていて、2000年に行われたsouvenirライブでの「カムフラージュ」「駅」「不思議なピーチパイ」「September」などの映像を見ることができます。

このDVD、心を込めて作られているのが伝わってきて本当に良かったです!故郷の「八雲立つ出雲」の風景も美しいし、まりやさんのトラッドファッションも素敵です。

CDは2008年以降に発表したシングル曲、他のシンガーへの提供曲のセルフカバーなど全15曲。どれもこれもテレビ、映画、CMとのタイアップ曲で、どこかで聞いた馴染みのあるメロディーばかりです。

Jガール、20年前から思ってました。生まれ変わるなら、竹内まりやになりたい!

すごいと思いませんか?メディアにもめったに出ないし、コンサートもキャンペーンも何年もしないのに、今も音楽シーンの第一線で輝いてるなんて!

ご本人も子育て中は「シンガーソング専業主婦」とおっしゃってたみたいですが、楽曲が次々とドラマやCMのタイアップソングに起用されるから、家におりながら現役感が保たれるんでしょうね。うらやましいビジネスモデルです。

才能ある夫が才能ある妻を全面的にサポートしているところも、うらやましすぎ。

みずみずしい10代の感性も併せ持っているので、いまだにアイドルに楽曲を提供してるし。もちろん大人の女性のしっとりとした曲も得意だし。

それでもって、スタイルよくて、おしゃれで、可愛くて。とてもアラカンには見えません。

高学歴で英語もできてかしこそうだしね。

知れば知るほど神のようなすごい女性だと思うんだけど。

ま、うらやましがってばかりいないで、もう一度アルバムを聴こう(笑)。

2014年9月10日 (水)

キップパイロール

スーパーで調理の仕事もしています。幸い、やけどや大きなケガをしたことはまだありませんが、軽度のすり傷、切傷、痛みはしょっちゅう。今日、薬局でキップパイロールを見つけたので買いました。調理師の友達のブログを思い出したからです。

プロの料理人御用達の軟膏。缶のデザインも可愛いです♪

話は変わりますが、先日、そのお友達と仕事について話しているとき、

「調理のときに私はボウルをひとつしか使わないよ」

と言ったので驚きました。一度に何十食作ろうが、作る料理が何種類もあろうが、たったひとつのボウルを使いまわすのだそうです。ひとつのボウルを段取りよく駆使しながら、あらゆる作業を同時進行でこなし、調理の完了と同時に洗い物も終了。プロですよね。

彼女いわく「へたっぴいほど、ボウルをたくさん使う」とのこと。Jガールのことだね(笑)。初めて、この仕事をしたとき、確かボウルを10個以上使ってました。私の洗い場は汚れたボウルでテンコモリ状態で、他の担当者から「ボウル足らない、返せ」とブーイングの嵐でしたわ。

今でこそ4~5個ぐらいに減りましたけど、そのお友達に触発されて、今週はなるべくボウルの数を増やさないよう意識して作業しています。今のところ、3個かな。

少ないボウルでやりくりするにはこまめに片付けながら調理をしないとできないので、おかげで最後の洗い物と掃除の時間が格段に減りました。前はシッチャカメッチャカ状態で40分ぐらいかかっていたのが、今は10分!やればできる!(笑)

あわて者なのでキップパイロールのお世話にならないようにしなきゃ・・・・・。

中井貴一さんに注目

9月20日公開の「柘榴坂の仇討」(ざくろざかのあだうち)の試写会に行ってまいりました。

上映前のスクリーンにて、東京・丸の内ピカデリーからの舞台挨拶が生中継され、中井貴一さん、阿部寛さん、広末涼子さん、真飛聖さん、そして若松節朗監督、原作者の浅田次郎さんが登壇。舞台挨拶とマスコミ向けのフォトセッションの様子が映し出されていました。

桜田門外の変にまつわる、お侍さんの物語です。

Zakuro_2

舞台挨拶とフォトセッションが終了し、出演者全員が一列に並んでぞろぞろと舞台裏に退場するシーンを見て、Jガールは感心しました。

主演の中井貴一さんの後ろに浅田次郎さんがいて、浅田さんが最後尾でしたが、舞台裏に入る直前、中井さんが「お先にどうぞ」といった感じで浅田さんに列を譲ったんです。そして最後尾になった中井さんがあらためて客席に向かって深く一礼をされました。この一連の所作がとてもさりげなく、紳士的ですごくかっこいいなと思いましたね。

簡単に見えますが、こういう気遣いができる俳優さんはあまりいないと思います。誰もそこまで教えてくれないから。二枚目俳優だった父上のDNAを受けついでいるのか、本物の育ちの良さを感じました。

中井貴一さんといえば、「サラメシ」のナレーションもびっくりするほど上手で、注目しています。

2014年9月 8日 (月)

モモコさんのキャラ弁当

食育研修でキャラクター弁当作りを習ったことがありますが、可愛く工夫して作るの、私にはとても無理やと思いました。今の時代の若いおかあさんはたいへんなんですねえ。 

子どものキャラ弁作りが苦手で頭を悩ます方もいると思いますが、そんな憂鬱を吹き飛ばしてくれるのが、ハイヒールモモコさんが11歳のさとねちゃんのために作ったキャラ弁当。

料理が不得意なモモコさんが愛娘のために「命がけ」で作ったという女の子のキャラ弁。タラコは洋服、キュウリはハンドバッグらしい。さとねちゃんが学校で弁当の蓋を開けたとたん、教室が騒然となったそうです。

「バラバラ死体や〜っ!!!」って(笑)。

Img_0

これに懲りて、キャラ弁作りはもう止めたかと思いきや、今度は・・・・。

モモコさんのお友達の小川菜摘さんの弁。

「うんうん、わかるよ。くまモンだよね・・・・・くまモンだけどさ・・・・・熊の焼死体が棺桶に入って見えるのは私だけ? 周りに入れたおかずが、棺桶に思い出の品を入れた様に見えてしまいます。おかずは冷凍食品らしいです・・・・・逆にあんしん」

Img_1
こんな「バラバラ死体」や「熊の焼死体」のお弁当を持たされても、さとねちゃんは、

「目をつぶって食べたら、美味しかった・・・・・ママ、あたし、グレへんよ!」

と、けなげに母の愛情をまっすぐ受け止めているというから、泣けてきます。

Upfile_1409652064_3

ちなみに、さとねちゃんは家族が何よりも大好きで、お習字の時間にも「家族が一番」と書いているほど、家族思いの女の子だそうです。

笑えるお弁当ですが、いい話なので書きました。

2014年9月 7日 (日)

少し不幸なぐらいでちょうどいい

普段は仕事が終わったら自宅に直帰の地味なJガールですが、なぜか今月はたまたま、お芝居、歌劇、ライヴ、トークイベント、映画鑑賞の予定がたくさん入っていて、毎日が文化祭状態になっています。

パアーッと華やかな場に行けるし、おいしいものも食べたりして、充実感はありますよ、楽しい。

ですが、落ち着かない(笑)。

こんなに来る日も来る日も、楽しいことばかり続いていて大丈夫なのか・・・・と不安になります。しんどいこと、つらいことに慣れてしまっているので。

人生楽ありゃ苦もあるさ~という歌がありますが、ほとんど苦のなかでわずかな楽があるからがんばれるといった感じで私は毎日を過ごしてきました。

なのに今月は楽が続いていて、かえって居心地が悪いのです。来月以降の反動がおそろしい~!

今のうちに負の先回りをしておこう。明日は自らに苦行を課して、バランスをとろうと思います、いやマジで。

味園キャバレーユニバース

大阪にBMC(ビルマニアカフェ)というレトロな建物を追求している団体があって、そちらが毎年夏に主催しておられるイベント「トロピカルビルパラダイス2014」に行ってまいりました。 

場所は千日前のレジャービル味園・キャバレーユニバースです。マニアックなイベントと思いきや、若いひとたちで足の踏み場もないほどの大盛況!ステージのトリは菊水丸師匠の河内音頭で老いも若きもBON DANCEをダンシングです!

写真はまさよさんからお借りしました・・・・・さすが菊水丸さんばかり。もちろん師匠が出演されるので行ったのですが、にしても、味園ビルの外観とかキャバレーの店内写真は?(笑)

F0055930_23343818

こんな建物です。キャバレーのほかにホテルやバーなどがひしめいていて、最近は若い人に人気の異次元のオシャレスポットです。

Index_img01

楽しい夜を過ごしました。まさにフィーバーね。ミラーボールにレーザービーム。80年代ディスコブームの熱気を思い出します。

別れてもシェキな人~ニガイナミダを忘れ編

心斎橋BIG CATの「別れてもシェキな人 ニガイナミダを忘れ編」を観てまいりました。めぐまりこさん、大西ユカリさん、NON STYLE石田明さんの3人が織りなす「うたげき」です。

めぐまりこさんの渾身のお芝居、大西ユカリさんのソウルフルな歌、石田明さんの絶妙な間合い、そして仁義なき小林バンドのジャジーな演奏。すべてが過不足なく、これ以上ないと思われるほど綺麗に組み合わされていて、文句なし!

お写真、お借りしました。

Img_0_2

大阪色全開なんですけど、けっしてコテコテにはならず、垢抜けた雰囲気。脚本・演出の東野さんの面目躍如だと思いました。

来年以降も年一回のペースで新作を上演されるみたいで、ぜひ次回も拝見したいと思います!

横浜ローザ~赤い靴の娼婦の伝説

アップが遅くなりましたが、先月、横浜赤レンガ倉庫1号館で上演された「横浜ローザ 赤い靴の娼婦の伝説」を観劇してきました。

横浜に実在した横浜ローザことハマのマリーを五大路子さんが演じるひとり芝居です。18年目ということで、もうライフワークのお芝居ですよね。来年4月はニューヨーク公演も行うそうです。

Dscf9011_2

第二次世界大戦に翻弄された女性の一生を描いているので、シリアスで胸が苦しくなるお芝居かもしれないと思ってましたが、溌剌とした五大さんの持ち味が発揮されて全然暗くなかったです。

とはいえ、ラスト、いよいよ老いた横浜ローザが白塗りの化粧に背中を丸めながら街を歩くシーンは衝撃的でした。まさにローザが五大さんに憑依していて、鳥肌がたちました。そして、

(将来、私もあんなふうに街をさまよってたら、どうしよう)

とマジで心配しました。おひとりさまなもので。自宅に戻ると「ねんきん定期便」が届いていたので、初めて真剣に読みました(笑)。

いろいろ考えさせられるお芝居です。ますますのご活躍をお祈りしています。

2014年9月 5日 (金)

河内音頭記念館でトークイベント

大阪府八尾市の河内音頭記念館で開催の「第16回河内音頭セミナー〜シーズン大詰め 続・河内音頭噺」にお招きいただき、館長の河内家菊水丸師匠と対談をしてきました。

お題は、7年前(平成19年)に吉本興業が製作した短編映画『田中徳三監督 少年河内音頭物語』について。私がプロデュース、脚本を担当していたので、当時の制作秘話、いきさつ、エピソードなどを、本篇上映をはさんで、菊水丸師匠と語り合いました。

なにせ河内音頭記念館のお膝元・八尾の常光寺近辺で撮影したものだから、当時エキストラで参加した方も多数来てくださりました。こちらの記念館を運営されている山口レコード店さんも映画に登場します。映画を観て語り合ううちに記憶がよみがえり、こみあげるものがあり感無量でした。

裏方なのでこういったイベントでお話するのは逃げ回ってきたほうで、うまく話せるかドキドキしていたのですが、師匠のリードが抜群で、当時のおもしろエピソードなども披露することができました。

あらためて感じたことは、苦労したけど頑張って映画を作ってよかったなということ。それと今回のイベントで菊水丸師匠の話術の巧みさに感服しました。音頭、節芸の師匠ですが、「話芸」も一級品なのだと今更ながら気付いた次第です。

イベント終了のち、師匠と客席に来てくれた友達のまさよさんと。

三田屋の打ち上げにも参加させてもらい、記念館の山川博子さん、石田隆則さん、染谷英伸さん、石田裕二さんとの楽しいひとときを過ごしてきました。

素敵な方ともお目にかかり嬉しい夜でした。ありがとうございました。


2014年9月 2日 (火)

ご陽気なイベント

天王寺からJR線に乗って小旅行気分で奈良県香芝市にGOGO!なんと友達がお弁当を作ってくれて、車中でパクパク。ひとつひとつ味付けが工夫された凝ったお弁当でめちゃ美味しかったです!

目的地は香芝市ふたかみホール。このたび桂あやめさんが同ホールの名誉館長に就任されたので、お披露目のイベント「ウチら陽気なカシバし娘」が開催されました。香芝市だからカシバし娘です。

女性芸人大集合の華やかな顔ぶれ!落語、ものまね、女道楽、マジック、浪曲、漫才、トークショーと密度の濃い舞台を楽しんできました。

うちの実家の近くでもやってくださらないかな〜、両親に見せたいと思いました。

20140704093523_2

そして出演者のひとり、めぐまりこさんのイベント「別れてもシェキな人 ニガイナミダを忘れ編」が9月5日(金)に心斎橋BIG CATであります。こちらも行ってきます〜♪

Sheki

大西ユカリさん、NON STYLE石田くんと一緒に「うたげき」をされるそうですが、どんな感じになるのでしょうか。東野ひろあきさんの脚本・演出も楽しみです。

夜の部は完売ですが、昼の部(15時開演)なら若干お席があるかもしれません。チケットよしもと予約問い合わせダイヤル 0570−550−100(受付時間10:00〜19:00)まで、お問い合わせください。

2014年9月 1日 (月)

琵琶湖畔で盆踊り

いよいよ夏も終わり。琵琶湖畔にあるスパリゾート雄琴あがりゃんせの盆踊りに参加。河内家菊水丸師匠の音頭で踊りました。

河内音頭の踊りは、有名なのが「流し」と「マメカチ」の2種類で、私はピョンピョン飛び跳ねてダイナミックに踊るマメカチのほうが好きなんですが、なにせ久しぶりなものでステップがおぼつかず(笑)。自由に楽しく踊ってきました。

F0055930_16583070

比叡山から吹く風もひんやりと。青い琵琶湖を眺めながら、過ぎゆく夏を惜しみました。

今日から9月。信じられないけど、今年もあと4ヵ月しかないんですね。あっという間に正月が来て、春になって、気が付いたらまた一年過ぎていた・・・という感じでしょうね。

光陰矢のごとし。一日一日をたいせつに過ごしていければと思います。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

ランキング参加してます♪

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ