« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

恋に落ちるのは一瞬

とある快晴の日、宝塚大劇場にお誘いいただきました。朝から晩まで原稿書きで引きこもっていた私に友達がお声をかけてくださったのです。ひさしぶりにメイクして出掛けました♪ 

おお、麗しき乙女の殿堂!いつ来ても心ときめきますわ。写ってないけど千人ぐらい人がいてます。

大好物のルマンのサンドイッチ。友達のセレクトで「たまご」「エビかつ」「フルーツ」をチョイスするのが通なのだと知りました。

観劇したのは、宙組の「白夜の誓い~グスタフ三世 誇り高き王の戦い」でございます。なんと誘ってくださった友達は、六月の宙組公演「ベルばら」を観て、アンドレ役の朝夏まなとさんに一目惚れしてしまったんだって!それまでほとんど宝塚に興味なかったのに、朝夏まなとさんを好きになってしまい、今公演も10回ぐらい観るそうです。

私も「ベルばら」は観ましたが、確かに「アンドレ役が良かったネ」とそのとき言うてました。朝夏さんは次期宙組のトップになられるので、これからますます楽しみですね。

Ntitled_2

お友達を見て、つくづく思いました。

「恋に落ちるのは一瞬なんだな」と。

人を好きになるって、初めて会って、何度も繰り返して会って、少しづつ、徐々に好きになるものだと思い込んでいた私には、忘れかけていた新鮮な感覚でした。人生の醍醐味を教えてもらいました。友達に感謝します。

2014年11月29日 (土)

大阪には売ってない

カバンが重くなるのがいやで、極力、折り畳み傘を持たないのですが、そのせいで散々な目に遭ってきました。

昔、東京で購入した超軽量折り畳み傘(なんと98グラム)は、カバンに入れてることも忘れるぐらい軽くって、実際に軽すぎてどこかへ忘れてきてしまいました(笑)。

この超軽量傘、首都圏の駅ナカにある雑貨屋さんならたいてい売られているのに、大阪では見たことないんだよね。大阪では一番軽くても190グラム。

「東京に行ったら買おう」と思いつつ何度も失念していたですが、先日、鎌倉の小町通りのショップで見つけたので三本も購入しました。またイロチ買い(笑)。

ちなみにネットでも買えますよ。色の種類もたくさん!→

2014年11月28日 (金)

レストランランチョンと學士會舘

前職でお世話になった方が本を出版されたので東京で久しぶりにお目にかかりました。新聞、週刊誌の書評でも取り上げられ、大評判になり、今も売れ続けています。全国から講演会のオファーで引っ張りだこでいらっしゃいます。

Book_4

ロングセラーのお祝いをさせていただくつもりが、逆にごちそうしてくださり恐縮しました。ありがとうございます。

神保町の明治四十二年創業の老舗ビアレストラン・ランチョンにて。格式がありながらリラックスできる素敵なお店で、お料理もとても美味しい。

12

34

私が神保町は初めてということで、近くの學士會舘に案内してくださいました。 こちらも昭和初期に創業。東京大学発祥の地で、フレンチ、中国料理、割烹、ワインバーなどの他に結婚式場、ホテルもあります。すべてがクラシックかつノスタルジックで格調高く、敷居も高い(笑)。

バーで一杯ひっかけて帰りました。

5_2

旧帝国大学、昔の国立一期校出身者のためのアカデミックなコミュニティの場ということで、主に利用しているのは、北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大の卒業生のようです。会員向けの夕食会、午餐会、講演会、クリスマス家族会などが定期的に開催されているとのこと。(レストランやホテルは一般の人も利用できます)

はあああ~、若い頃勉強に励んでいた人たちには、大人になってから、こんな特権が用意されていたのですね。知らんかった。もっと勉強したらよかったよ(笑)。

またイロチ買いしてしまった

何もかも仕事がうまくいったので(珍しい)すっかり気分が良くなり、帰りに服を買ってしまいました。

前からいいな~と思っていたイエローのダウンベストのお値段が少し下がっていたので購入。ひやかしで試着したオレンジも捨てがたく、こちらも購入。またイロチ買いしてしまった(>_<)

いわゆるビタミンカラーというヤツデスネ。どちらも裏地と同じ色のセーターを持っているのでコーディネートしてみたら、とてもいい感じです。

五十代になってから便利でハマっているのがダウンベスト。だって温度調節たいへんやもん(笑)。他に黒、ベージュ、青×茶を持ってますが、明るい挿し色が欲しかったので嬉しいです。

明日は暖かいようなので、アウターをやめてどちらか着てみよう。

2014年11月27日 (木)

日本橋三越本店の店内ツアー

ゆっくり優雅に買い物できるので、日本橋三越本店が好きです。毎月第2土曜日に店内ツアー(要予約、無料)が開催されているので、参加してきました。日本初の百貨店でルネッサンス式建築の現在の建物は昭和十年に完成。

Dscf8976

本館正面玄関にすわっている一対のライオン像前がツアーの出発地です。ロンドンのトラファルガー広場のライオン像を模した青銅製。

Photo

約一時間の店内ツアーを案内してくださった方。お太鼓に昔の日本橋三越(越後屋)の風景が描かれています。

Mi4

 

Mi3_3

 

歴史的建造物なので、みどころ満載です。圧巻は本館一階中央ホールにそびえる天女像。佐藤玄々作、昭和35年建立。

Mi2_2

裏もすごいです。50年前に一億五千万で製作され、現在の価値は五十億円だとか。前衛すぎて当時は理解されなかったとか。

Mi5

越後屋の歴史を学び、東京メトロ「三越前駅」が出来た経緯、大理石の内装に出現しているアンモナイト、アールヌーボー調の三越劇場、バルコニーのパイプオルガンなど、知らなかったことをいっぱい教えてもらいました。

そしてさすが越後屋さん。最後に特選呉服売り場にも案内していただき、お着物を見せていただきました。奥が京友禅、手前が加賀友禅。

Mi6

呉服売り場の隣には着物関連の書籍コーナーが。手にとって自由に読めます。このツアー、着物おでかけツアーとして良いかもね。ある程度、人数が集まれば、第2土曜以外でも案内してもらえるようです。

Mi7

さて今回ご一緒してくださったのが、チョコレーゼさん。この日初めてお会いしました。実は三越店内ツアーの前に日本橋の天丼店・金子半之助でお昼ごはんを一緒にいただいたのですが、なんと待ち合わせは行列にて。人気店で開店前からすごい行列だったのでわかるかしらん……と心配だったのですが、お互い目が合い一秒でわかりました(笑)。

Mi1

チョコレーゼさんのことはブログを拝読しているのである程度のことは存じあげてましたが、本当に幸せオーラ満開、富貴なお方でした。びっくりするようなハッピーで縁起の良いお話をたくさん聞かせてくださり、感動しまくりでした。

あやかりたい!三越のライオン像の足をさわると願いごとが叶うらしいのですが、ライオンそっちのけでチョコレーゼさんの身体をベタベタさわる(笑)。幸福オーラが私にも伝染するように、あおぎまくりました。

三越店内ツアーのこともこちらで詳しくお書きになっています。http://4travel.jp/travelogue/10950953

2014年11月26日 (水)

南佳孝さんライヴ~笹りんどうと秋の空

江ノ電で鎌倉まで行き、小町通り、鶴岡八幡宮を散策し、いざ歐林洞へ。洋菓子のお店で二階はギャラリーサロンになっています。

南佳孝さんは年に二回ぐらいこちらでライヴをなさっていて、遠いけど一度行ってみたかったのですヨ。「笹りんどうと秋の空」というサブタイトルも素敵で、これはもう行くっきゃないっしょ♪

会場はこんな感じ。全国的に同年代の女性が多いなあ~と今回あらためて思いました。私ってコアなファン層、ド真ん中だったんだとしみじみ思う。南佳孝さんのファンはきれいな女性が多いというのが通説なんですが、私は×××~ほんとうに恥ずかしい。もっとちゃんとしなくては(笑)。

もちろん男性ファンも多いです。

ライヴはソロ。「ソバカスのある少女」「マエストロ」「遥かなディスタンス」「天文台」に、「夜間飛行」「日付変更線」「プールサイド」に、ボサノバ、ジャズ、ラテン。もちろん「スローなブギにしてくれ」「モンローウォーク」も。あと、今オンエアされているミサワホームのCMソングとか。

ピアノとギターを奏でながら気の赴くままに……というコンセプトでもあり、構想中の曲も披露してくださったり、めちゃ得した気分。地元ならではのリラックスムードですネ。

終演後は一階でパウンドケーキと紅茶を頂きました。ワインもありましたが、すでにライヴで酔ってました(笑)。

アフターライヴは初めて東京のファンの皆様とご一緒させていただき、小町通りでお鮨を食べて、オシャレなバーに連れていってもらいました。

すっごく楽しかった秋の一日、旅もライヴも満喫したのでした。

2014年11月25日 (火)

80年代のワンピース

同年代の友達がOL時代に着ていたワンピースを処分すると知り、「ちょうだいちょうだいちょうだい!」とお願いして貰ってきました。

私は70年代のポリエステル製のワンピースをコレクションしているのですが、このワンピースは80年代の物みたいです。同色の縄ベルトが付いているので、ウエストシェイプしても着られます。

Photo_2

胸に縫い付けられているアップリケ。一瞬、ビミョーでとったほうがいいかなあ~と思ったんですが、いやいや、これこそ80年代らしさの象徴!このアップリケがあるからクールなんだわと考え直す。

Photo_3

ほかにもどうぞと、三十年前の二時間ドラマで神保美喜さんが着てそうな巨大な肩バッドが入ったワンピースドレスもお持ちくださったのですが、着こなせる自信がなかったのでお返ししました。残念。

それにしても、いい服ばかりだったな~。当時、大手都市銀行の本店に勤務していた友達のイケイケぶりを彷彿とさせるような迫力でした(笑)。

2014年11月24日 (月)

湘南で一番よかったのは

先日、鎌倉までライブを聴きに行ってきたのですが、その前に江の島周辺を歩いてきました。

Photo

あえて江ノ電に乗らず、東浜海岸~腰越海岸~七里ガ浜沿いを散歩。途中、良さそうなお店があったので、名物のしらす丼でランチ。素朴で美味しかったです。

Photo_2Photo_8

鎌倉高校前からは江ノ電に乗車。ドラマや旅番組でよく目にするけれど、私は初めてだったので嬉しかったわあ~。

Photo_4Photo_5

鎌倉高校前駅の横にある踏切。うう、『おれは男だ』を思い出すなぁ~、森田健作が剣道着で走っていたよな~、さらば~涙と言おう~♪

懐かしくてウルウル感激してました。

この踏切、なぜか台湾系の若者にも人気みたいで、キャーキャー言いながら記念写真を撮っているので、(きっと台湾で『おれは男だ』が再放送されて人気なんだろうな。四十年前のドラマなのにスゴイよね!)とすっかり私は思い込んでいたのですが。

………ちゃうねん。アニメ『スラムダンク』のオープニングシーンやってんて。子どもの頃にアニメを見た台湾の若者が思い出の場所として訪ねてくるのだそうです。ジェネレーションギャップを感じたヨ(笑)。

Photo_6

さて、初めての江の島体験でJガールが一番良かったのは、江ノ電ではなく、大船駅から湘南江の島駅まで乗った「湘南モノレール」。たんに移動手段として乗ったのでまったく期待してなかったにもかかわらず、すごくビックリして楽しかったんです!!!

Photo_7

何がビックリしたかというと、モノレールなのに高度が「低い」んです。民家の二階と同じぐらいの高さを走行するので、窓から外を見ると部屋の中まで丸見え。勉強部屋で参考書ひらいてウンウンうなっている小学生のお兄ちゃんの姿が、いきなり目に飛び込んできたので仰天してました(笑)。

とにかく低い!そしてガタンゴトンカクッカクッと立っていられないほどの大揺れ!遊園地か!

それもそのはず。東京モノレールや大阪モノレールみたいな跨座式ではなく、線路の下にぶらさがってる懸垂式なんですよね。初めて乗りました。

旅行者が乗るとこんなにおもしろいのに駅舎もプレハブでそっけなく、「観光資源」の自覚ゼロ(笑)。気に入りました。また乗ろう!

2014年11月23日 (日)

ユニクロ三十周年感謝祭の凄さ

今日からブログ再開します。

仕事に集中するはずが、リクレーションタイムも結構あったので良い充電期間になりました。休んでいる間の出来事は、追い追いアップしていきたいと思います。

ところで一昨日、「ユニクロ30周年大感謝祭」の初日をのぞいてきました。仕事場の近くの店舗でヒートテックのインナーとウォームイージースカートのダークグリーン期間限定特価1290円(写真)を手にとってレジに並ぼうとしたら……。

58_128868_model_2

会計を待つ列の最後尾が全然わからんな~と見回してみたら………驚愕!!!

店内の外周に沿うように「とぐろ」を巻いているではありませんか!しかも一周どころか、二周半ぐらい!ざっと見て五百人は並んでいる模様。おまけに一人あたりカゴに五着は入れている。フル稼働してるといえどもレジはたった六台。瞬時に「こりゃ一時間ぐらいかかるわい」と判断、

「えーい!やめじゃやめじゃ!お金をもらえるなら並ぶけど、お金を払うためになんで一時間も並ぶの?」(笑)

おそろしーっ!いったいミスター柳井はなんぼ儲けるつもりじゃい!

ネットでも買えるのにね。でも並んでいる人たちのお顔を見たら、みんなすっごく楽しそう!そっかー、これはお祭りなんだな~。ネットショッピングでは味わえないお祭りの臨場感や高揚感をみんなで共有してるんだと理解。

その後、梅田に行ったので大きな店舗をのぞいたら、さっきの店舗には山ほど積んであったウォームイージースカートのダークグリーンだけ売り切れ!あせりました(笑)。

結局、自宅に戻る途中の山奥の店舗に最後の一枚が残っていて、ひったくるように買いました(笑)。

ネットでも買えるのにね。柳井さんにまんまとやられた感満載です。

2014年11月 3日 (月)

ブログお休みします♪

いつも「永遠のJガール」を読んでくださり、ありがとうございます。

仕事に集中するため、しばらくの間、当ブログをお休みさせていただきます。

といっても、途中で旅に出たり、ライブに行ったりはするので、そのことは再開してから追々書きたいと思っております。

紅葉の美しい季節がやってきます。朝晩だけでなく、昼間も気温が低くなってきました。くれぐれも体調を崩されないよう、ご自愛ください。

再開する日を心待ちにして、日々精進します。ごきげんよう!

2014年11月 2日 (日)

ウドウロク 有働録

NHK「あさイチ」キャスターで今年も紅白歌合戦の総合司会をつとめる有働由美子さんの初めての本を読みました。

講演会を聴きに行ったこともあるし、局内ですれ違ったこともあるし、プライベートで歩いてらっしゃるところも目撃したことありますが、いずれの印象も、

「垢抜けて洗練されている。細くてスタイルが抜群。神々しく輝いている」

オーラがすごくて、本当に綺麗な女性だとため息が出たものです。

Untitled

「どうして君が大阪のような大きい局に来たんだね。もっと上手で綺麗な、相応しいアナウンサーが沢山いるのに」

新人時代に言われた先輩デスクの言葉をきっかけに、大勢の中での自分の「個性」というものを模索したそうです。真面目に不器用に、やめずに頑張ってきた結果、つかみとった勝利のオーラですね。

それでも行く

私は、がんばって会社に行く。
行きたくない、イキタクナイ。
それでも会社に行く。
がんばって行く。

言いたいことはいっぱいある。
理不尽なことがいっぱいある。
辞める理由がいっぱいある。
それでも、私は行く。

なんとか行く。
それだけでえらいんだと、
夜ひとりつぶやく。

タイトルの「ウドウロク」(有働録)をさかさまに読むと「クロウドウ」(苦労道、黒有働)。自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけあるシロい部分も包み隠さず書いてみました~とキャッチにあるように、45歳現在の有働さんのありったけが書かれていて、これからもますます活躍が楽しみな女性だと思いました。

2014年11月 1日 (土)

市立図書館で恥じたこと

テープ起こしの作業は自宅では全然はかどらなくて・・・・・途中ですぐにキッチンに行ってしまうし、ネットやメールを見て遊んでしまう。実は最近よく実家に帰っているのも、環境を変えて作業をするためでもあります

今日は実家ではなく、バスに乗って市立図書館に行ってみました。自習室で4時間ほどやってみたのですが、これがまた大正解!集中できて予想以上にはかどりました。

自習室そのものも静かで快適な上に、同じ机で勉強や調べ物に没頭している人たちの集中力のオーラにも助けられました。それぞれやってることは違うんだけど、互いに影響しあってるというか、私も負けられないぞと思う。孤独な作業なんだけど連帯感があって、安心して集中できる感じ。

周囲が蔵書だらけという圧迫感もいい。もはや、さぼれないところに来てしまった、と観念するしかありません(笑)。

あと意外だったのは若い子だけでなく、60代とか70代の方が結構来ていて、分厚い参考書にラインマーカーを引いて、本格的に勉強している姿を何人も見たことです。難しそうな本で、何かの資格試験に向けての勉強みたいでした。

ええ~っ!そんな高齢でもまだ勉強するわけ?資格にチャレンジするの?

本当にびっくりしました。と同時に、(もう50代だし、今まで苦労してきたから、しんどいことはこのへんでいいや)と楽なほうへ流れようとしていた自分が恥ずかしくなりました。

まだまだ、ホントまだまだです。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

ランキング参加してます♪

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ