« 叶匠寿庵の寿長生の郷へ | トップページ | プチ模様替え »

2014年12月 6日 (土)

成りあがりマダム お金の教え

大阪の洋菓子店マダムシンコを経営するマダム信子さんの本『成りあがりマダム お金の教え 55歳どん底から大成功した超お金哲学』を読みました。

マダムシンコといえば、バームクーヘンのマダムブリュレが大ヒット。ご近所さんということもあり、お店がオープンした当初より口にすることが多く、なんとなく親近感を抱いていたのですが、オーナーの信子さんについては、

「元銀座のママ。豹柄とショッキングピンクのド派手な大阪のおばちゃん的キャラだけど、見た目はとても若くてキレイ」

という印象にとどまっていました。

幼少の頃のことを知って、びっくりしました。「豚の残飯、腐ったおにぎり、弁当のおかずは道端の草。汽車のタダ乗りで一家揃って大阪へ。堤防の下のバラック小屋生活」すっごい苦労人だったんですね!

ご両親にラクをさせたい一心でがむしゃらに働き続けて、手に入れた阪神間の高級住宅地の邸宅が、奇しくもお父さんが単身大阪に出てきたときに造成した土地だったという逸話も泣けました。

なんか久しぶりに……ストレートに感銘を受ける(笑)。

あと、シンコさんのお母さんが言った言葉がすごく良かったので書いておきます。信じていた人に裏切られたときの心の持ちようです。

「人にだまされても怨んだらいかんよ。灰汁が抜けたと思いなさい。知らないうちに人生に溜まっていた汚い灰汁のようなものを、その人が引き受けてくれたんや。すっきりしたやんか。新たな気持ちで出直したら、必ずいいことがやってくるわ」。

« 叶匠寿庵の寿長生の郷へ | トップページ | プチ模様替え »

コメント

私もマダムシンコさんに対してはJガールさんと同じように
思っていました、違うのですね~!!
やっぱり成功した方にはそれに見合う苦労や時間を費やして
きているんだなって痛感しますね。
私もボーっとしているだけじゃダメだわぁ・・・^^;

あの派手な服装や若いご主人・・・・
私もどれだけ派手な生き方をしていた人なのかと誤解していました
シンコさん、すみません (^^ゞ

お母さんの言葉もすばらしいですね
私も、だまされるより、だます人の方が
先々恐ろしい「業」を背負うと思います

☆チョコレーゼさま

マダムシンコって、とにかく手に入りにくい、
セレブなイメージが先行していた時期がありましたよね。
だから信子さんもセレブな育ちの方だと思い込んでいて、
意外でした。

旅から無事に帰還、おかえりなさい~♪
お土産話が楽しみです^^

☆トリテンさま

実は私もそう思ってました。やっぱり人は見かけだけでは
わからないんだな~と反省です。

お母さんの言葉を借りれば、私をだましたやつらは、
今頃、灰汁だらけじゃ~!(笑)

またもや、良い情報をありがとうございます。
この本、是非読んでみます。

☆おくいちさま

この本と併せて、「やまない雨はない」という自叙伝を読まれたらいいと思います〜!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/58194232

この記事へのトラックバック一覧です: 成りあがりマダム お金の教え:

« 叶匠寿庵の寿長生の郷へ | トップページ | プチ模様替え »

ランキング参加してます♪

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ