« as soon as possible | トップページ | 結婚運がない 男を見る目もない »

2015年3月12日 (木)

歌舞伎×ワイン×幕の内弁当

上京するたび歌舞伎座で幕見したいと思いつつ、タイミングが合わずじまい。先月はせっかくお友達から松竹座に誘っていただいたのに、まさかのインフルエンザで行けず。(実は生まれて初めてインフルになりました)

なので今年初めての歌舞伎鑑賞です。先日、京都・南座の「三月花形歌舞伎」の昼の部に行ってまいりました。20代の若手花形役者が演じる歌舞伎十八番の「矢の根」「鳴神」に舞踊劇「流星」。

何度か観ている馴染みの演目ですが、若さっていいよね~! 活きがいいよね~! 体力があるからピチピチしてるんだよね。青くて、溌剌としてて、明快でわかりやすい。

いつも歌舞伎を観たあとは、舞台にエネルギーを吸い取られたような感じで少々グッタリくるんだけど、今回は逆に若いエキスを吸い取ってきました(笑)。

話題の尾上松也さん。いいね~! 声もいいね~! 悪(ワル)の色気があるのもよい! 大器を感じました。

幕間には美濃吉のお弁当を客席で食べたのですが、お友達がなんと赤ワインの小さなボトルを私の分まで持ってきてくださったのです。

「ええ~っ!昼間からワイン? 歌舞伎にワイン?」

と驚いた私。今飲んじゃうと芝居中に居眠りしそうだから、と最初は口をつけなかったのですが、「やっぱ、ひと口だけ」とテイスティングのつもりで飲んでみたら……。

これがもう、めちゃくちゃ美味しかった(笑)。

赤ワインが、なぜか幕の内弁当と合ったんだよね。歌舞伎の劇場空間とも良く合う。

あまりの美味しさに「もうひと口」「あとひと口だけ」と飲んでいるうちに、とうとう全部飲んでしまいました。

おかげで観劇特有の緊張感がほどけて夢心地の歌舞伎鑑賞と相成り、これがまたなかなかのものでした。

歌舞伎×ワイン×幕の内弁当。 最高です! 味をしめた(笑)。

« as soon as possible | トップページ | 結婚運がない 男を見る目もない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/59244092

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎×ワイン×幕の内弁当:

« as soon as possible | トップページ | 結婚運がない 男を見る目もない »

ランキング参加してます♪

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ