« 「貧乏人はきらいだ!」 | トップページ | 一人暮らしの気ままな夕餉 »

2015年3月16日 (月)

宝塚と大相撲

数年前、「黒蜥蜴」を観に行ったとき、開演前に、

「観劇中、咳をするときは必ずハンカチで口元を押さえるようお願い致します。必ずハンカチをお使いください」

と何度も何度も繰り返して場内アナウンスが流れていました。しかもそのアナウンス、おそらく座員の若手俳優さんの担当と思いますが、まったく声を張らず、ささやくような低い声で「必ずハンカチを」と何度も言うのです。客席内にただならぬ空気と緊張感が走り、ピーンと張りつめた雰囲気のなか、静かに幕が開きました。

そうそう、大阪の劇場はここまで言わんと静かにならないんですよね。本当にマナーが良くないと思う。某劇場なんて、開演前に「携帯電話の電源をお切りください」と場内アナウンス+注意書きの看板+係員が客席を歩き回って声掛けまでしてるのに、まだ開演中に鳴らす人がいるのでめちゃくちゃ腹が立ちます。

私も毎回、その劇場に行ったらムカムカするので、イエローカードを自分で作って持参しようかと思うぐらい。

「携帯電話の電源は切りなさい!」

「画面の光が漏れてるぞ!」

「開演してからカバンのなかをゴソゴソするのはやめなさい!」

「ビニール袋のシャカシャカした音!」

「財布にぶらさげてる鈴の音!」

「帽子をとるのがマナー!」

「隣とおしゃべり、うるさいんじゃ!」

「飴ちゃんを食べたいなら、開演前から口に入れとけ!」

こんなところでしょうか(笑)。

せっかくお芝居に集中したいのに、あまりにも気が散ることが多すぎて……。その点、宝塚大劇場の観客は素晴らしいです。キャパ2500席が満席状態なのに、開演と同時にまるで誰もいないかの如く無音になります。お行儀が良い。

宝塚を観るときは、いつも心穏やかですわ。

あと、大相撲もね。もともとおしゃべりしようが、携帯で写真撮ろうが、電話しようが、酒を飲もうが、出たり入ったりしようが、自由な雰囲気だからね。大相撲観戦なら私だってイライラしませんヨ。

« 「貧乏人はきらいだ!」 | トップページ | 一人暮らしの気ままな夕餉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/59292314

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚と大相撲:

« 「貧乏人はきらいだ!」 | トップページ | 一人暮らしの気ままな夕餉 »

ランキング参加してます♪

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ