« 今の自分が好きだ | トップページ | 久しぶりの助手席 »

2015年6月 5日 (金)

かしこいスマートフォン

温かいコメントをいただき、心から嬉しく思います。お返事は自宅に戻ってパソコンから書きます!本当にありがとうございました!

病院の待ち時間に読んだ日本語の本です。知ってると一目置かれそうな漢字、慣用句、四字熟語、カタカナ言葉を集めた本で、なかには(そんな言い回しダサいだろう〜)とクスッとするものもありましたが、ぜひとも使いこなしてみたい言葉も多々ありました。

以下は、私自身の覚え書きです。



◯「屋上屋を架す」屋根の上に屋根を作ることで、不用で無駄なことをするたとえ。

◯「久闊(きゅうかつ)を叙す」久しぶりに会って挨拶を交わすこと。

◯「人口に膾炙(かいしゃ)する」人々の話題にのぼって、もてはやされること。

◯「鼎(かなえ)の軽重を問う」人や国家の実力を問うこと。

◯「愁眉を開く」心配がなくなり、ほっとすること。

◯「可及的速やかに」できるだけ早く。

◯「畢竟(ひっきょう)」要するに。

◯「ひねもす」朝から晩まで。

◯「ルビコンを渡る」重大な決意をすることのたとえ。

◯「陥穽(かんせい)」落とし穴、罠。

◯「忖度(そんたく)」他人の気持ちを推し量ること。

◯「敷衍(ふえん)」意見を押し広げながら、より詳しく説明すること。

◯「嚆矢(こうし)」物事の最初のこと。

◯「正鵠(せいこく)を得る」物事の急所をつくこと。

◯「韜晦(とうかい)」才能や地位、身分を包み隠すこと。

あと、カタカナ語は「サスティナブル」「コンセンサス」「プライオリティー」「パラダイム」「スキーム」「ソリューション」「エピゴーネン」「ポテンシャル」「シズル感」「ドラスティック」「ギミック」って、良く聞く言葉だけど、ちゃんとした意味知らんわ!(笑)

ところで今、これらの漢字を入力してて、つくづくスマホってかしこいと思いました。こんな難しい漢字や慣用句もスラスラスラ〜ッと一発で出るんですね。見直したよ!

« 今の自分が好きだ | トップページ | 久しぶりの助手席 »

コメント

漢字も慣用句も、知っているのは「愁眉を開く」「ひねもす」の二つだけでした(^^ゞ
「鼎」・・・確かにPCでも出てきますが、読み方も知りませんでしたよ。
「けん?」って思いそう。

鼎で検索したら「鼎の問」が出てきました。
東日本震災のドキュメンタリー映画だそうです。
「国家に問う」という意味でしょうか?
テーマ曲には歌詞もあって、なんだか胸がジンとします。

☆トリテンさま

二つ知っておられるなんて、さすが!

私がメモした漢字と慣用句は、最近新聞などで
見かけて目についていたもの。
ということは、結構使われているのかな~と思いました。

ひねもす……さっそく使いたいですね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/60266747

この記事へのトラックバック一覧です: かしこいスマートフォン:

« 今の自分が好きだ | トップページ | 久しぶりの助手席 »

ランキング参加してます♪

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ