« 今年も寒冷ストレス | トップページ | 気持ちが萎えるとき »

2016年1月22日 (金)

SMAPについての私見

今回のSMAP解散の騒動を知ったとき、真っ先に思い出したのは27年前の「吉本新喜劇やめよっかなキャンペーン」でした。関西人しか知らないと思うけど。

「吉本新喜劇やめよっかなキャンペーン」とは、当時マンネリになって鮮度が落ちていた吉本新喜劇をいったん解散させて、座長も作家も一新して再編成。そのうえで期日までに目標の動員数に届かなければ、本当に解散させるという一大キャンペーンでした。この解散騒動をマスコミが連日報道したことによって、世間の注目を集め「辞めないでほしい」という機運が高まり、結果的に吉本新喜劇の人気が復活したんです。もちろん解散せず、今も連日上演されてます。

そういう意味では、今回のSMAPの解散騒動も人気の活性化になったのでは? あまりにも安定していて空気のような存在になっていましたよね。

というのも、この解散騒動の二日前かな。たまたまNHKのど自慢全国大会を見てたんだけど、ゲストが天童よしみさんとSMAPだったんですね。正直、おや?と思いました。のど自慢は良い番組だと思うけど、SMAPが全員揃って出るなんて、ずいぶん敷居を低くしてるなと。しかも昨年一年間、SMAPのメンバーがレギュラー出演者として地方にまで行ってたみたいなんだよね。え、なんでSMAPが?と思いました。

まぁ、国民的アイドルグループだから、「みなさまのNHK」の伝統ある歌番組には相応しいのかもしれませんが、なんとなく寂しい気持ちになりました。今から思うと、SMAPのテンションもこころなしか低かったような気がします。のど自慢で、民謡がめちゃくちゃ上手い中学生の男の子に中居くんが「おじさん、歌うの自信なくしちゃったよ〜」って苦笑してたけど、マジで言うてると思いました。

ただ、そのときSMAPが「世界にひとつだけの花」を歌ったんですよね。どのパートを誰が歌って、ポジションがどう変わって、振付はどうなのか、あらためてSMAPというグループをじっくり見ていたんだけど、性善説だし、酸いも甘いも噛み分けてきた大人の魅力と分別があって、いいよな〜としみじみ思いました。特別ファンというわけじゃないけど、心からそう思った。

今回の騒動で、居て当たり前、空気のようになってしまったSMAPの存在価値があらためて見直されたことは良かったんじゃないかなと私は思います。

スマスマの5人の生出演メッセージを私は見てないけど、翌日のNHKニュースで映像を見ました。「木村くんがジャニーさんに謝る機会をくれた」というコメントをわざわざ抜粋して流していて、NHKがジャニーさんに気を遣ってるなと思いました。ジャニーズ事務所のモラハラとかパワハラとかネットで書かれてますが、私はそっちのほうが気になりました。

これからSMAPはどう出るのかな。解散騒動が茶番劇になるか、飛躍の起爆剤になるかは、これからの出方次第ですよね。今のモヤモヤした空気を払拭して、爽やかに再出発してほしい。

私は思いきって森くんを復活させたらいいと思う。オートレーサーのSMAPがいたっていいと思いますよ。ジャニーさんの懐の深さを見せてほしい。

« 今年も寒冷ストレス | トップページ | 気持ちが萎えるとき »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/63591684

この記事へのトラックバック一覧です: SMAPについての私見:

« 今年も寒冷ストレス | トップページ | 気持ちが萎えるとき »

ランキング参加してます♪

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ