« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

観劇と丸福珈琲店

小さなことからコツコツと。毎日、断捨離しています。が、ゴミ袋に入れたはずの物が、なぜか元の場所に戻されてたりして。物を捨てたくない親との攻防戦が水面下で繰り広げられております。

そんなありふれた日常からの気分転換。今日は久しぶりに山田スミ子さんが出演なさっている新歌舞伎座のお芝居を観てきました。コロッケさんが座長の喜劇「神隠し⁉︎」です。



古典落語「死神」「文七元結」を合体させたお芝居。二つの演目が巧みに絡みあってるだけに物語が重層的で幹も枝葉も太く、最初から最後までグイグイ引き込まれました。抱腹絶倒の笑いの根底に流れている性善説も清々しく、ホント気持ち良かったです。

楽しかった。たくさん笑って明日への活力をチャージしてきました。



終演後、お友達と丸福珈琲店で、知る人ぞ知る名物メニューの珈琲ゼリーマリアージュを頂きました。昔から大好き!丸福でスイーツを頼むなら絶対コレだと思います。ボリュームがあるので二人でシェアできます。

あと丸福の珈琲は角砂糖もミルクも全部投入するのが正統な飲み方らしいのです。お砂糖苦手でブラック派の私も、こちらでは全部入れます。苦味も甘味も濃厚な珈琲が疲れを吹き飛ばしてくれます。リラックスできて一気に元気になりますよ!



2016年10月29日 (土)

やる気スイッチ入った 親の家の片づけ

「捨てる」という単語が辞書にない、わが親。実家はマンションなんですが、もう凄いです。押入れ、納戸、クローゼットに箪笥、ありとあらゆる収納スペースにギッチギチに入っている品物は私から言わせれば、すべて不用品。そして必要なものは全部外に積み上げている状態です。

昭和の時代に買った物で溢れていて、典型的な昭和ハウスなんです。悪い意味で。

正直、親が生きてる間は片付けは無理だとあきらめていたのですが、この半年で父のみならず母まで自宅で転倒してしまって、さすがにこの混沌とした状態はまずいと危機感を覚えました。

年明けに介護休業させてもらって、まとめて一気に片付けようと目論んでいたのですが。

いや、そうじゃなくて、一日一個でいいから、毎日コツコツと捨てていく方法でやってみようと思い直しました。イベント的に一気に片づけるんじゃなくて、日々さりげなく捨てるクセをつけて、片付けを習慣化しようと。

早速今日から実行するべく、仕事から帰宅してすぐに台所の棚に載せていた、もう10年ぐらい使ってない寿司桶をゴミ袋に投入しました。とりあえず今日はこれ一個でOK。

そしたら急にやる気スイッチが入ってしまった。断捨離が止まらなくなり結局、台所の不用品が45リットルゴミ袋12袋出ました。不用品の個数にしたら、おそらく百個は超えてるはずです。

だが、おそるべし。こんなに捨ててもまだまだ序の口。台所だけでも不用品千個ぐらいあると思う!家全体なら、一万個ぐらい?(笑)

もし私が業者だったら、片づけ代50万の見積もり出しますね。いや、ベッドや箪笥など大物も処分するから、本物の業者さんにお願いしたらもっと高くなるはず。自分でやったら、時間と労力はかかるけど、費用は浮くよね。タダ!!!

この冬は、家族の安全安心プラスお金儲け(節約)にもなるんだと自分を叱咤激励しながら、片付け頑張ります。


2016年10月27日 (木)

サイズダウンと万能感

最近、気分がいい理由。

去年の秋冬ものを今年も着まわしてるんですが、着た感じが全然違う!キチキチパツパツだったサイズ感が、今年はユルユルになって余裕が出来て何を着てもストンと落ちる感じ。気持ちい〜い!!!

かつて70キロ、15号までいった身としては涙モノ。痩せて体調も気分もいいし、自信も芽生えました。人生が変わったと言っても過言ではない。

服を選ぶときに、「サイズを気にしなくても何だって入る」という前提は、選択肢が拡がり、万能感につながるので、メンタルに及ぼす影響は計り知れないと思います。入るサイズがなくて長年オドオドしてきたので、よけい実感します。こんなに気持ちが解放されるんだと。

UNIQLO、gu、しまむら、ZARAなどのプチプラコーデを公開している人気ブログの人たち、みんな痩せてますよね。悔しいけれど、痩せてるだけで安物もスタイリッシュ、エレガントに着こなせることは事実。

服に大金を掛けるなら、そのお金を丸々使って自分の身体作りに投資したほうが、コストパフォーマンスも圧倒的に高いと思います。私も悩みの下半身デブを何とかしたいです。

ちなみに私が昨年よりサイズダウンした理由は体力仕事をしていることもありますが、もっとも大きな理由はお酒を飲まなくなったからだと思っています。親と同居してライフスタイルが変わり、お酒を飲む機会が激減。思えば一番太っていた時代は週5日飲んでました。

食べて、作って、きちんと暮らす、きれいな私のための生き方

ねほりんぱほりん偽装キラキラ女子より。



やっとネイルチェンジ☆忘れちゃうから、今のネイルをポスト❤❤

#ネイル #pinklove #パワーストーン #パール #ジュエリー #美容 #表参道 #twinkle #女子の特権 #flower #ご褒美 #newnail



いるよね(笑)


2016年10月26日 (水)

ねほりんぱほりん

最初に生身の人間のトークを収録して、それに合わせて人形の動きを決めるんでしょうね。

赤裸々トークももちろん面白いけど、リアルで細かい人形の動きがすごいです。











ねほりんぱほりん気に入ってます。もしDVD出るなら買いたいぐらいです!



2016年10月25日 (火)

BEAMSの40周年ムービー

BEAMS 40周年記念プロジェクト
世界初、TOKYOファッション40年軌跡を5分に完全アーカイブ
第一弾『TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)』ムービー公開



これを見れば、1976〜2016の40年間のファッション、音楽、カルチャーが一目瞭然でとても興味深いです。

大好きな南佳孝さんも出てます!


2016年10月24日 (月)

断捨離しないと死ぬ

先日、自宅で転倒してしまった母を整形外科に連れていきました。かかりつけの先生から紹介状を書いていただいた先はいつもの大病院ではなく、初めての病院で不安だったのですが、予想外に綺麗でスタイリッシュな建物だったので驚く。

働いている人も素敵な女性が多くて、なかでも釘付けになったのはレントゲンルームの受付にいらっしゃった60代と思われる方。背筋がピンと伸びて患者さんをテキパキと誘導し、快活に笑う加藤タキ似の白髪の麗人。自信に満ち溢れて素敵でした。齢をとってもあんな風に働けたらいいなと思いました。

看護師さんたちも颯爽としていて、良い印象を持ちました。何より、病院内も無駄な物が置いてなくて、きちんと整理整頓されてスッキリ!



それとは対照的に非スタイリッシュな我が実家。長年捨てられないまま溜まっていく一方の不用品の山、山、山。

断捨離してスッキリ暮らそうと何度も提案するも、物のない時代を生きてきた昭和ヒトケタ世代の親には、まったく通じなくて、いつも大ゲンカ。もう実家にいるかぎり、スッキリ暮らすのはあきらめていた私ですが、半年の間に父が転倒して、母も転倒するとは。

お恥ずかしい。これはもう明らかに、物であふれた家の動線の問題ですね。一念発起して来年は介護休業してでも断捨離を断行して、家族が安全に暮らせる家に改革しようと思っております。

お父さん、お母さん。断捨離しないと死ぬよ!本気で危機感を抱いています。




2016年10月23日 (日)

吉本ばなな「下北沢について」

私が30代で東京に住んでいた頃、下北沢が当時の関西出身者の東京で住みたい町ナンバー1だったように思います。別格でした。しもきたに住んでると言うだけで尊敬の念を抱かれると言いますか。

その頃私は同じ沿線の代々木上原に住んでいたのですが、下北沢のほうが都心から遠くて庶民的なのに、人気も家賃も高く高嶺の花でした。ちょうど、若い人のあいだで下北沢がブームになってたのかもしれません。私も一度だけ休みの日に下北沢を隈なく歩き回ったことがあるのだけど、とにかく若者が多くて賑やかで、毎日が文化祭のような町だと感じたものです。



この本は、吉本さんが40代で越してきた下北沢での生活を綴ったもの。出合えて良かった力強い本です。生きる意欲を高めてくれます。ゴチャッとした頭のなかを一晩眠った翌朝みたいに整理してくれる感じです。

ちょっとインターネット上ではお目にかかれない、さすがにお金の取れる文章だなと。さすが、さすがです。当然ですが吉本ばななの名語録の数々に打ちのめされっぱなしでした。

生活者の視点から見た下北沢の空気もよく伝わってきて、表玄関でとどまっていた私を町の一歩中に入れてもらったような錯覚を覚えました。とても楽しかったです。




2016年10月22日 (土)

ボブ・ディランの気持ち

朝日新聞デジタルより引用

 今年のノーベル文学賞の受賞が決まった米国のミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)が沈黙を貫いていることについて、同賞を選考したノーベル委員長のペール・ベストベリィ氏が21日、「無礼で傲慢(ごうまん)だ。でもそれが彼ってものだ」と苦言を呈した。
 スウェーデン公共放送SVTのインタビューに応じたベストベリィ氏は、ディランさんの公式ウェブサイトから「文学賞受賞」の文言が21日までに削除されたことも認識しているとして、「予想していなかったが、彼は気難しいようだから驚きはしなかった」と語った。
 12月10日にストックホルムで開かれる授賞式前には、受賞者による記者会見や講演も予定される。だがディランさんが受賞するつもりがあるかも不明だ。授賞を発表したスウェーデン・アカデミーはディランさんに直接連絡することを断念している。「我々は待つ。彼が何と言おうと彼が受賞者だ」とベストベリィ氏。「これは非常に特異な状況。おそらく彼は式典ぎりぎりまで返事を引き延ばすかもしれない」と話した。(渡辺志帆)



いや、無礼とか傲慢とか気難しいとか一方的にキレられても(苦笑)

反戦のメッセージソングを歌ってきたボブ・ディランが、ダイナマイト発明で巨万の富を築いたノーベル財団の賞を受け取るなんて。

ありえへんわ!!!

本人も「はあーーー?」って困惑してるんじゃない?(笑)

贈るほうも贈るほうですね。ちゃんと相手を見ないと。

もしボブ・ディランがノーベル賞受賞をヤッホー♫って快諾してたら、ファンから見てもめちゃくちゃイメージダウンやわ。連絡取れない状態というのが彼の答えでしょう。最後まで沈黙という美学をかっこよく貫いていただきたいと私は思います。

それより、ボブ・ディランさんは日本のこの名曲の存在を知ってるのだろうか?



知ってはったらいいのにな。誰か教えてあげる人が彼のまわりに居たらいいのだけど。気になって仕方ない。




2016年10月21日 (金)

母の転倒

うちの母81歳は夕食後には就寝して、夜中12時ぐらいにいったん起きてゴソゴソ片付けや簡単な家事をしてテレビを見て、午前2時頃また寝るんですが。

昨日の深夜、台所から母の叫び声と共にガラガラガッチャーンと大音響が聴こえてきました。驚いて大急ぎで駆けつけてみると、台所で母が仰向けになり転倒していました。

「どうしたん!どうしたん!大丈夫?大丈夫?お母さん!お母さん!」

「あ、いたたた、痛い、痛い」

食洗機からお皿を取り出して食器棚に収納しようとして、皿を持ったままよろめいて転倒したみたいでした。皿が割れないようかばったみたいで無事でしたが、本人はちっとも無事じゃない。その日に限って私が収納するのを忘れたので、後悔の念にかられる。

しばらく台所で仰向けで倒れたまま、動けない状態で、私もなす術がなく途方に暮れていました。

幸い頭を打ってなく、どうやら骨も折れてないようなので、介添しながら自力でベッドに戻ってもらいました。

今朝になって母の様子を見に行くと、骨は折れてないし病院に行くほどではないけれど、全身が打ち身で痛くて動けないようでした。午前中は父も通院で不在になり、精神的にも独りは不安だと言うので、急遽私も仕事を休ませてもらうことにしました。

しかし正直迷いました。仕事、休まなくてもいけるんじゃない?って。今日は新メニューのプレゼンに加え、人手もギリギリの日だったので、できるだけ職場に迷惑は掛けたくない。というか、借りを作りたくないという気持ちが強かったですね。

頭を打ったとか、骨折したとか、救急車を呼んだとか、はっきりとブラックだったら迷わず休むのだけど、打ち身で動けない程度なら・・・グレーな状態です。母には申し訳ないけれど、とりあえず様子見で安静にしてもらって、出勤することも頭によぎりました。

どうしようどうしよう。1分ぐらい悩みましたが、苦しそうな母の顔を見て、やっぱり休んで一日傍にいようと決めました。職場では私の代わりは誰でも出来るけど、母にとっては私の代わりがいないから。第一、今の職場を選んだいきさつは、親を看るために戻ってきた実家の近くにあったのでね。

家族 > 仕事なんです。今は絶対に。



母が好きなお菓子を買ってきて枕元に置きました。子どもの頃、風邪引いて学校休んだときに母がしてくれたことと同じことをしました。おかげさまでだいぶ痛みもやわらいできたようです。

心が晴れない一日だったけれど、私も家でゆっくり休養できました。

2016年10月20日 (木)

伊調馨さんの着物

五輪4連覇レスリングの伊調馨さんが今日、国民栄誉賞を受賞したニュースを見ました。

「和装文化を伝えたい」とのご本人の希望で、オリンピック4連覇にちなんだ金色の模様をあしらった西陣織の帯が記念品として贈られたそうです。

伊調馨選手が着物? いかつくなるのでは?と老婆心ながら心配していたのですが杞憂でした。

めちゃくちゃ似合ってます!素敵です!お振袖のチョイスも今の季節にぴったりでセンス抜群だと思います。(写真は首相官邸ホームページより)



ご本人が心から和装好きなのがにじみ出てます。堂々と着こなしておられ、まったく着物に負けてないですよね。

美しいキモノ、きものサロンなど、着物雑誌のグラビアに登場しそう。どんどんお召しになってほしいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

2016年10月19日 (水)

バレエストレッチやりたい!

今夜のガッテンは、快尿・おしっこトラブルがテーマでした。それによると、三大不快尿と呼ばれる頻尿・尿漏れ・残尿感の原因は、ズバリ膀胱が硬くなっているからなんだそうです。番組では、5秒お尻を絞めたり緩めたりを繰り返して、膀胱を柔らかくするお尻体操を紹介していました。

それを見ていた私が思ったこと。

やっぱり下半身を柔らかくするべきだ!すべての不調は下半身を柔らかくすることで改善されるに違いない!

と確信しました。

私の仕事は肉体労働なので運動不足ではないはずですが、いかんせん身体がカチンコチンに固まって柔軟性ゼロ。肩こりもひどい。

ということで、先日から気になっているバレエストレッチの教室に絶対に通いたい!と思いました。月に一度か二度でもいい、無理しない範囲で長いスパンで通えたら・・・。

下半身デブを解消させて、心身ともに健康で若々しくなればいいな!今は無理だけど、スキニーが似合うおばあさんになれたら嬉しいな!妄想が膨らみます。

そして、まだ問い合わせも見学もしてないというのに、何着ていこう〜とチャコットのサイトでウェアやトゥシューズを物色中。ミーハーだわ。形だけで終わったらあかんよ!

2016年10月18日 (火)

方向は間違ってない、たぶん

仕事場でいろいろありましたが、明日は休みなのでホッとしています。来月は担当替えがあるみたいで、なんとなく状況が良くなりそうな予感。

このまま頑張って続けていけば、きっといいことあるような気がしています。どんな仕事だって最初の一年はしんどい。歩いている道は平坦ではないけれど、方向は間違ってないような気がするんだよね、たぶん。

というか他に行く道がないし(笑)



先日、旅先で食べた海鮮あんかけ焼きそばを作ってみたけど、あんが塩辛くなってしまい失敗しました。野菜が多い八宝菜、長崎皿うどんと違って、海鮮メインの焼きそばの場合は、海老、イカ、ホタテから出る旨味が強いから、味付けを引き算しないとヤバイ。

こちらは大間違い!今も喉が渇いて仕方ありません。




2016年10月16日 (日)

職場で泣くということ

今日は人手が足りなくて、忙しい一日でした。一人あたりの仕事量がいつもより多いので、予定通りに業務が進まず職場内の雰囲気もちょっぴりカリカリしてました。

そんななか、私も休んでいる人の代わりに不慣れな仕事をしていたのですが、いくら不慣れでもありえない凡ミスをしてしまいました。イレギュラーな落とし穴があって、いつもならかわせるはずなのに勘が狂って失敗してしまったのです。

上司が首をかしげながら、

「Jガールさん、本当にわかってる?」

と言われました。まわりも馬鹿にして笑ってました。

いや、本当に悔しい。情けない。自分に猛烈に腹が立ってしまって・・・。

昼休み、いろんな思いがこみあげて誰もいないロッカーで泣いてしまいました。

調理の世界は縦社会で、現時点では私が一番下っ端。他の人は担当が決まっていて、毎日同じ仕事を繰り返しているんですが、一番下の私は決まった担当を与えられなくて、その日休んでいる人や忙しい業務の代わりを務めているんです。いわば遊軍。

毎日あちこち行かされて、しょっちゅうレシピもルールも更新されてるので、覚えが悪いから四苦八苦。まぁ修行中の身だから、いろいろな経験を積ませてもらえるのはありがたいと思いますよ。でも今日みたいな日は、他の子は毎日同じ仕事でラクでいいよね〜と、ひがんでしまいます。

そうなんですよ。私がロッカールームで涙を流した本当の理由は、仕事が出来ない自分に悔しいからではなくて、

「みんなよりつらい仕事をけなげに頑張っている可哀想な私」

に涙したんです。悲劇のヒロインになって(笑)

あー、あかんあかん、アホすぎる。どうせならもっと賢くなって本物のアホに徹するぐらいの器量がなくっちゃ!

明日は笑顔で・・・。

それにしても職場で泣くなんて何十年ぶりだろう。それだけ今の仕事に対して真剣に向き合っていると言えるかも。良いほうに取りましょう。

2016年10月15日 (土)

衝撃、そして触発

いつも拝読している同世代の素敵なブロガーさんが、バレエストレッチを始められたそうなんですが。

衝撃です!!!たった一カ月あまりで開脚前屈をマスター。なんて身体が柔らかいお方(スタイルも美しい)なんでしょう。奇跡の50代だわ!

アラフィフの生き方ブログ | 50代を丁寧に生きる、あんさん流

この方の開脚のお写真を見て、雷に打たれたような衝撃を受けました。しなやかボディでうらやましいかぎり。バレエストレッチをなさったあとは体調も気分もスタイルもスッキリなんだって!

さっそく自宅近くにバレエ教室がないかどうか検索しました。あるわけないじゃん、と思っていたのに、なんとありました。バリバリの名門教室、うわ〜無理だ!と思ったけど、大人向けのストレッチバレエのクラスもあるみたいです。

自慢じゃないけど、めちゃくちゃ身体硬いし、開脚なんて90度しか開かないよ。もちろん前屈も10センチがやっと。トホホです。

自分で思うに、太腿の外側に脂肪がつく下半身デブの原因は、股関節が硬いからじゃなかろうか。スタイルが良くなって、心身ともに健康になれるなんて、バレエストレッチ最高やん!

勇気を出して一度体験に行ってみようか。心動いています。

2016年10月14日 (金)

上空からの景色

旅行記を引っ張ってスミマセン。これがラストです。

私は飛行機に乗るときは何が何でも窓際派。トイレが近くならないよう飲み物を我慢してでも窓際にこだわります。せっかく窓際なのに一度も外を見ず居眠りをしている人、多いですよね。乗り馴れてるふりして格好つけてるのかな。もったいない。

今回も上空からの景色を堪能しました。まず往路(関空→羽田 JAL220便)は、毎回楽しみの富士山を眺めて満足。富士山を囲むように旋回するので長い間見ることが出来ます。



そして復路(羽田→関空 JAL225便)もスマホを機内モードにして写真を撮りました。後から見ると位置情報が表示されるので便利になりました。

離陸してすぐ。横須賀市平成町。


この日は曇天だったので、しばらく雲の上を飛行。下の景色は見えませんが、どうよこの神々しい紺碧の空。宇宙に繋がる神秘を感じます。



約50分のフライトだから、あっという間に紀伊半島。高度が下がるにつれ眼下の景色も間近に見えてきます。

海南市且来


海南市冷水


有田市箕島町


この海岸沿いの丸い石油タンク群が一際目をひきました。有田みかんで有名な山深い地にこんな大きな工業地帯があったんですね。

ちなみにその石油会社のホームページにこんな写真がありました。



綺麗ですね。工場夜景も好きなんです。いつか夜のフライトで確認したいと思います。

2016年10月13日 (木)

カヤバ珈琲でモーニング

東京二日目。昼便で帰阪するので午前中に美術館に行こうと思っていたのですが、三連休の翌日であいにくどこも休館。

なので一度行ってみたかった谷根千(谷中・根津・千駄木)を散策してきました。団子坂(江戸川乱歩のD坂ですね)からスタートして根津神社〜ギャラリー猫町〜いせ辰〜下町風俗資料館〜谷中霊園〜谷中銀座を歩いてきました。

一番のお目当はカヤバ珈琲!テレビで見て一度行ってみたかったんです!



建物は大正5年築の2階建てを改修したもの。めちゃくちゃ好みのお店です。



中に入ると「2階もありますよ」と言ってくださり、見せていただきました。そうそう、テレビで見たのはこの座敷でした。



角地で陽当たりがいいから、店内も明るいです。雰囲気も明るい。椅子はコンパクトな昭和サイズ。



名物の谷中ジンジャーとたまごサンドをオーダー。モーニングサービスの時間帯だったので、ミニサラダとスープが付きました。



ショウガがピリッと効いた谷中ジンジャーも、ふわふわの厚焼き玉子をはさんだサンドも美味しかった〜♩



看板も可愛い。グッズが売ってたらきっと買ってたと思いますが、グッズなんて無いところがいいのかもしれません。

2016年10月12日 (水)

東京で食べたもの

今回、東京で食べたものです。

大阪で朝食を済ませてきたのに、口寂しくなり、東京都庁近くのローソンで買い食いしてしまった。4種のナッツキャラメルタルト、ブラックコーヒーと共に。めちゃ美味しい。



ランチは、とんかつまい泉青山本店の茶美豚ヒレ膳。柔らかくて美味。キャベツとご飯のお替り無料ということでキャベツを2回もお替りしてしまいました。今、野菜が高いからね(笑)

まい泉本店は、学生時代(35年前!)に友達に連れてきてもらい、銭湯を改装した店内にいたく感動した思い出があります。今回、久しぶりに訪問して(あれ?こんなに狭かったっけ)と思ってしまった。若い頃の記憶では体育館のように広い印象があったのですが。これって大人になって小学校の教室を訪れた時に(小っさ!)と思う現象と同じなのかな。



そしてデザートは千疋屋総本店のマスカットのパフェ。友達はマロンパフェ。コーヒーも飲みたかったので、パフェはハーフサイズにしてヨーグルトソースにカスタマイズしてもらったんだけど。

うーん、デリシャス!さすが千疋屋だと唸りました。女同士でスイーツを食べに行くと、味見で互いに交換したりするけど、今回あまりにも美味しすぎて一口たりとも相手にやらんという感じ? いや違うな、交換するのも忘れるぐらい味に集中していたって感じです。



そしてライブをご一緒した友達と終演後に行ったのが、南国酒家ラゾーナ川崎店の五目焼きそば。

これもとても美味しくて、自分のメニューに加えて親に食べさせようと思いました。職場の先輩いわく、あんかけ物は食べる人の満足度がグッと高くなるそうです。

同じものを今週中に再現してみます。



そして、東京に行ったら絶対行きたいと前々から願っていたお店に、ついに行くことが叶いました!その続きはまた明日。


2016年10月11日 (火)

東京都庁の展望室へ

一泊二日で首都圏へ。早朝便で羽田に着いたのでどう過ごそうと思っていたら、話題の東京都庁が45階の無料展望室を開放していることを知り、友達も誘って行ってきました。



新宿副都心のホテルに泊まることはあっても、東京都庁に行くことはなかったので初訪問です。第一庁舎、第二庁舎、都議会議事堂があり、まるで要塞のよう。巨大です。



テレビニュースでおなじみの都庁玄関には、東京オリンピック、パラリンピックのシンボルマークがしっかりと。

第一庁舎に北展望室と南展望室があります。カフェもレストランもショップもあるし、なんと夜10時半までやっているそうなので夜景も楽しめますね。

詳しくはこちらの方の記事を↓
東京都庁は都心の絶景スポット



都議会議事堂が真下に見えます。



プリクラ?まで撮りました(笑)。私たちの前には同世代の女性が8人ぐらいで撮影してましたが、人数が多すぎて背景が隠れてしまい、たんなる集合写真になっていたとか。



日本全国の物産や東京土産、博品館のショップまでありました。「百合子せんべい」とか「盛り土まんじゅう」とか売ってたらいいなと期待していたのですが、残念ながらまだでした。



代わりにクリアケース、東京オリンピックのキーホルダーを購入。あと朝霞浄水場の東京水も。意外ですが東京の水は本当に美味しいんですよね。

北展望室も南展望室もどちらも昇りました。次は夜景もぜひ見てみたいです。




2016年10月10日 (月)

南佳孝さんリクエストライブ

南佳孝さんのライブで川崎まで行ってきました。今回はファン投票によるオールリクエストのセットリストで、普段のライブでは聴けないレア曲、ご本人も忘れていた曲など貴重な楽曲が満載。竹田元さんのピアノも聴かせてくださいました。

南さんの最初の歌声を聴いたとき、感動して不覚にも泣きそうになりました。



セットリスト

波止場
夏服を着た女たち
地上の虹
ナイトムーブ
忘れられた夏
グラスの中のブルーノート
デ・ジャ・ブー
回転扉
愛・素直に
壊れたラブストーリー
桜の花よ
PEACE
曠野へ
静かな昼下がり
ジョンとメリー
羅針盤
葡萄色の町
ブルースでも歌って
これからもアイラブユー
素敵なパメラ
Girl(アンコール)

南さんの曲は人気投票したら、必ず割れる。いい曲が多いから。いろんな曲にまんべんなく票が入るから、今日はどうなるんだろう〜と楽しみにしておりました。

個人的には、ナイトムーブ、葡萄色の町が特に嬉しかったですが、今日のライブで聴いて改めて良さがわかって好きになった曲も多数!ハッと目が覚めた。とても新鮮!



ところで会場はラゾーナ川崎のなかにあるホールだったのですが、この商業施設、予想外に規模が大きくて立派でビックリ仰天。近くに仲良しのブロ友さんが住んでおられて思いを馳せておりました。

心が柔らかくなった良き一日。


2016年10月 9日 (日)

ご機嫌取りの日々

なんとか繁忙期を乗り切りました。

ところで明日から一泊二日(一日半)のプチ旅するんですが、これがもう大変!何が大変かというと、一日半家を空けるというだけで、じいや、ばあやがギャアギャアギャアギャアうるさいったらなんの!

「何しにいくんや」
「何のために?」
「誰と会うの?」
「日帰りにはできなかったのか?」

挙げ句には、
「万が一うちらが倒れたら誰に助けを呼んだらええんや」

はいごもっともです。それを言われると私もつらい。いちおう今二人とも体調いいから、一日半なら大丈夫だろうと空気を読んだつもりなんですけど、やっぱりダメですか・・・(泣)



何とか行くのをあきらめさせようと、あの手この手で攻めてくるし、ここ数日は二人ともずーっと不機嫌で本当に大変やったわ〜。

私のほうもあきらめたくないから毎晩好物のおかずを作ったり、ピオーネ、メロン、柿、梨、蜜柑と、手を替え品を替えご機嫌取りに終始しました。

旬のフルーツ攻めが功を奏したのか、少し機嫌が直って、

「気分転換やな。でも気をつけないといかんよ」

と言ってもらえてホッ。疲れました。

だけど泊まりの旅はこれが最後かなと思ってます。親の介護が本格的に始まったら、もう無理。

私のブログは40代の読者さんが多いみたいなんですが、その方たちに声を大にして言いたい。旅をするなら今しかない!親が元気なうちですよ!

2016年10月 8日 (土)

高円寺 豊橋 宝塚

今、気に入ってる曲です。歌はロス・プリモス。

「さらば、高円寺」


「さらば、豊橋」


そして動画はありませんが「さらば、宝塚」というのもあります。同じパターンです。

「ロンドン ワルシャワ ニューヨーク」ならぬ「高円寺 豊橋 宝塚」(笑)ええなぁ〜!


2016年10月 7日 (金)

やめないことが大事

昨日は「もっとラクでお給料のいい仕事もあるだろうに、何が悲しくて今の仕事をしてるんだろう」てなことを吐露するほど疲れておりましたが、一転して今日は元気!

というのも今までやったことのない仕事をふってもらい、刺身の引き方を教わったんです。最初は下手くそだけど、繰り返していくうちにだんだんコツがわかってくる感じがエキサイティング!まわりの上手な人のテクニックを見てるだけでも楽しいし。

技術職っていいな〜と思います。口が上手くなくても、世渡り下手でも、包丁一本使えるようになれば、とりあえず仕事にはありつける。50過ぎて調理の仕事を始めたけれど、コツコツ努力して技術を身につけ、できるだけ長く働きたいと思いました。

昨日より今日。今日より明日。一ミリでも成長できるよう頑張らねば!

毎日いろいろあって、上がったり下がったり気持ちの変化がめまぐるしいけれど、とにかく続ける。やめないことが大事。

2016年10月 6日 (木)

何が悲しくて

今月から急に仕事量が増えて、残業しても追い付かないので、1時間早い午前7時に出勤しています。

朝7時からスタートしてお昼休憩を取れるのが2時半ぐらい。大急ぎでお弁当を食べて、一息つく間もなく再び現場。ずーっとバタバタしてるので、終わったあとはグッタリ。疲れます。

世の中にはもっとラクでお給料のいい仕事もあるだろうに、何が悲しくてこの仕事を選んだのだろう〜と泣きたくなる時もありますが。

いえいえ!!!

そんな時は思い出すことにしている。失業して苦しかった地獄のような時代を。

どんなに忙しくても、仕事がきつくても、職場に苦手な人がいたとしても、

仕事を失った苦しみに比べたら、全然マシ!!!仕事したくても受け入れてもらえなかったやり切れなさに比べたら、居場所のある今はめちゃくちゃ幸せだ!

忙しいことはありがたい。求められていることに感謝。私はそう捉えるようにしています。できるだけ(笑)



2016年10月 4日 (火)

長年不安だった後遺症

今日は先日、MRIで撮影した脳の検査結果を主治医に聞きに行ってきました。50代半ばで初めて脳の検査を受けたので、ドキドキしてました。憂鬱でもありました。

でも何か病気が見つかった時に、自分から積極的に検査を受けて良かったと前向きに捉えられるはずだからと腹をくくりました。

結果は異常なし!

とても綺麗な脳ですよ、と言われてホッとしました。

脳梗塞、脳腫瘍なども心配でしたが、もっと不安だったのが、ズバリ脳内の海馬が萎縮してるのではないかということ。実は過去に極限のストレスで、頭がオーバーヒートしたあとコルチゾールが増えて鬱になっちゃったことがあるのでね。その時の後遺症で今も海馬が縮んだままかもしれない、ひょっとしたら脳内が損傷しているかもしれないと、ずっとず〜っと気がかりだったんだよね。

奇しくも今夜、テレビで脳のキラーストレスの特集が放映されてました。

認知症にならないためにも、ストレスには要注意ですね。これからは、無理しない、できないものはできないと言う、重く深刻にならない、いやなことは水に流す、ストレスの元凶に近付かない・・・・脳内がオーバーヒートしないように身を守らなくてはと思います。



2016年10月 3日 (月)

続・セーターなら無印良品

天候不順で蒸し暑い日もありますが、なんと言っても10月!あっという間に冬がやってくると思うので、早めの冬支度です。

もはや私の冬の制服と化している無印良品の「首のチクチクをおさえた洗えるタートルネック」が、先行予約で2682円(税込)なので、まとめて予約しました。

セーターなら無印良品だと思った件

オフ白


オートミール


オレンジ


ブルー


ネイビー


ブラック


スモーキーブルー


バーガンディー


サイズはL。好きだからどうしても同じようなネイビー系が多いです。

少なくとも5年は着ると思うので(丈夫だし、私も物持ち良い)全12色のうち8色を購入します。

えっと、2,682円 × 8=21,456円ですね。

2016年10月 2日 (日)

ストレス爆発中

iPhoneのソフトウェアを10にアップデートしたら、

「アップルIDのパスワードを入力してください」

というメッセージが、2分に1回出てくるようになりイライライライラ〜!ストレスなので、スマホを触るのもイヤになってます。

次の休日にアップルのコールセンターに電話して解決策を教えてもらおうと思ってるんだけど、つくづく私は機械に弱いです。せっかく慣れた操作が変わってしまうソフトウェアのアップデートなんて大嫌い!もちろん機種変更も大嫌い!

携帯だけじゃなく、家電製品も新しく買い替えるの、ちっとも嬉しくないです。最新式で機能がいっぱい付いてる製品が本当に苦手。スイッチひとつポンと押せば動く簡単なのが好き。家電は安物が好きだ!!!

私の家電適応能力は昭和で止まっているようです。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

ランキング参加してます♪

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ