« 衝撃、そして触発 | トップページ | 方向は間違ってない、たぶん »

2016年10月16日 (日)

職場で泣くということ

今日は人手が足りなくて、忙しい一日でした。一人あたりの仕事量がいつもより多いので、予定通りに業務が進まず職場内の雰囲気もちょっぴりカリカリしてました。

そんななか、私も休んでいる人の代わりに不慣れな仕事をしていたのですが、いくら不慣れでもありえない凡ミスをしてしまいました。イレギュラーな落とし穴があって、いつもならかわせるはずなのに勘が狂って失敗してしまったのです。

上司が首をかしげながら、

「Jガールさん、本当にわかってる?」

と言われました。まわりも馬鹿にして笑ってました。

いや、本当に悔しい。情けない。自分に猛烈に腹が立ってしまって・・・。

昼休み、いろんな思いがこみあげて誰もいないロッカーで泣いてしまいました。

調理の世界は縦社会で、現時点では私が一番下っ端。他の人は担当が決まっていて、毎日同じ仕事を繰り返しているんですが、一番下の私は決まった担当を与えられなくて、その日休んでいる人や忙しい業務の代わりを務めているんです。いわば遊軍。

毎日あちこち行かされて、しょっちゅうレシピもルールも更新されてるので、覚えが悪いから四苦八苦。まぁ修行中の身だから、いろいろな経験を積ませてもらえるのはありがたいと思いますよ。でも今日みたいな日は、他の子は毎日同じ仕事でラクでいいよね〜と、ひがんでしまいます。

そうなんですよ。私がロッカールームで涙を流した本当の理由は、仕事が出来ない自分に悔しいからではなくて、

「みんなよりつらい仕事をけなげに頑張っている可哀想な私」

に涙したんです。悲劇のヒロインになって(笑)

あー、あかんあかん、アホすぎる。どうせならもっと賢くなって本物のアホに徹するぐらいの器量がなくっちゃ!

明日は笑顔で・・・。

それにしても職場で泣くなんて何十年ぶりだろう。それだけ今の仕事に対して真剣に向き合っていると言えるかも。良いほうに取りましょう。

« 衝撃、そして触発 | トップページ | 方向は間違ってない、たぶん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/67982777

この記事へのトラックバック一覧です: 職場で泣くということ:

« 衝撃、そして触発 | トップページ | 方向は間違ってない、たぶん »

ランキング参加してます♪

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ