« 同世代の活躍は頼もしい | トップページ | 若い子には出来ないこと »

2016年11月14日 (月)

意思表示して良かった

先月から今月にかけて、父と母が相次いで体調を崩し、バタバタしておりました。特に先々週〜先週は最悪。私も暗い気持ちで過ごしましたが、どうやらトンネルを抜けられたようです。今週になって二人の体調が落ちついてきたのでホッとしています。

実は仕事も三度ほど休みました。いずれも、前日か当日朝に連絡のドタキャン休みにならざるを得ず、職場にも迷惑を掛けてしまいました。

出勤した時、周囲からなんとなく、

(この人、大丈夫かな。もうすぐ辞めるんじゃないかな)

と思われてるような気がしました。無理もないです。今の部署に異動してまだ一年も経ってないのだから、私自身にまだ信用がありません。いくら身内の看病という止むを得ない事情とはいえ、突発的な欠勤が何度も続くと、さすがに不安定な人のイメージがつきますよね。

(辞めそうな人に思われたらいやや!)

と考えた私は、一度上司にきちんと今後のことを話したほうがいいと考え、さっそく、

「私自身の今後のことについてお話ししたいので、お時間作っていただけますか?」

と申し出ました。この時点で上司は、

(進退のことやな。やっぱり辞めるんやな。来月いっぱい?それとも年内かな?)

と予想していたに違いありません。

ところが私が、

「親の介護でたびたびご迷惑をおかけしてたいへん心苦しいのですが、私は会社を辞めたくないんです!できるだけ長くこの会社に勤めたいんです!なんとか家のことと仕事を両立させたいので、これからも末長くよろしくお願いします!」

と真逆のことを言ったので、おそらく上司は心の中で「すってーん」と転んでいたと思います。吉本新喜劇みたいに(笑)

でも、きちんと自分の考えを言葉にして意思表示できたこと、本当に良かったです。気のせいかもしれないけれど、あれから私に少し信用がついたのか、上司も先輩も一歩踏み込んだ態度で接してくれるようになりました。技術的なことも以前より教えてくれるしね。

今までは私、何考えてるかわからない人に映っていたのかもしれませんね。他人に心を開いてもらうためには、まずは自分からだと痛感した出来事でした。

« 同世代の活躍は頼もしい | トップページ | 若い子には出来ないこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/68429006

この記事へのトラックバック一覧です: 意思表示して良かった:

« 同世代の活躍は頼もしい | トップページ | 若い子には出来ないこと »

ランキング参加してます♪

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ