« 大久保信子さんの着付け | トップページ | 職場で舐められなくなった理由 »

2017年6月24日 (土)

ドレスコードが厳しいほうが楽しい

数年前にお知り合いから「良かったらもらってちょうだい」と裁断済みの反物をいただきました。色も柄もとても好きなので、たびたび取り出しては布を眺めています。

長襦袢地ですね。海松色のグラデーションに棗が手描きされていて、渋いけど可愛いと思います。



すでに裁断済みでサイズが合わないと思うので、長襦袢には仕立てず、羽織の裏地にしようと目論んでます。羽裏にしては大人しいけど、うるさくなくていいかなと。

ちなみに棗など茶道具が描かれた着物や帯は、本物と重なるので、お茶会にはご法度だそうです。抹茶色の着物もお茶と重なるのでタブーという説もあります。

そういう縛り、意外と好きです。何でもOKより、ドレスコードがあってルールが厳しいほうが燃えません?(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




« 大久保信子さんの着付け | トップページ | 職場で舐められなくなった理由 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/70957468

この記事へのトラックバック一覧です: ドレスコードが厳しいほうが楽しい:

« 大久保信子さんの着付け | トップページ | 職場で舐められなくなった理由 »

ランキング参加してます♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ