« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

雑誌のコーデそのまんま

今日は綿絽の浴衣を夏着物としてトルソーに着せ付けてみました。

「美しいキモノ」だったか「きものsalon」だったか記憶が飛んでしまいましたが、10年ほど前の雑誌のグラビアのコーディネートに雷に打たれたように一目惚れ。当時、東京に住んでましたので、切り抜き持参で竺仙さんの展示会に飛んでいき「すいません、これと同じ浴衣と帯お願いします、ハァハァ」と一も二もなく注文(笑)



当時の竺仙は沖縄ものも扱っていて(今も?)こちらの八重山ミンサーの九寸帯もゲットしましたが、色も綺麗だし素朴で締めやすいです。その後、ミンサーの半幅帯も欲しくなって沖縄に行ったときに赤いのを買いました。なんで赤だったんだろう(遠い目)



何を隠そう、私が竺仙の浴衣で一番好きな柄が千鳥と流水。同柄の藍地の綿絽、白地のコーマも持っています。



さすがに50代半ばで、千鳥は可愛らしすぎるかしらん、と箪笥の中に寝かせたままでしたが、久しぶりに取り出してみて、

やっぱり可愛い♡好きだわ♡

と再確認致しました。いつ着るねんな?笑 いや、着るぞ!



引き算になればと思い、帯を博多紗献上の白にチェンジしてみましたが、少しはオトナになったでしょうか?

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年7月29日 (土)

大きな女の希望の星 紀香さん

片岡愛之助さんとの婚約時代から、私は藤原紀香さんのお着物に注目しています。

藤原紀香さんの着物

もちろん紀香さんのブログも毎日チェック。最初の頃こそ、着物が派手だとか目立ちすぎるとかさんざん叩かれていたけど、どんどん着姿やコーディネートが洗練されてきて、梨園の奥さんが板についてきた感じ!

藤原のりか「☆気愛と喜愛でノリノリノリカ☆」より

「季節柄☺︎」

「魯山人の月」

「和髪の好み♡」

いや〜、いいわぁ。季節感や物語性を取り入れて工夫がある。華やかで奥床しい。しかしいったいどこで誂えてらっしゃるのだろう? コーデで意識していることは? 着付けのこだわりは? お手入れは? 紀香さんの着物のこと、もっと知りたいです。本を出版してくれないかなぁ〜。

一番知りたいのは、171センチという着物を着るには大きすぎる身長をどのように克服しているか、ですね。最近の紀香さんは全然いかつくなくて、自然で羨ましい。

紀香さんが、着物好きの大きな女の希望の星になりますよう、引き続き私は応援します!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年7月28日 (金)

着物バッグに転用

今年は丸っぽいフレームのサングラスが流行してるんですってねぇ。それなら20年以上大昔に買ったブランドサングラスがまた日の目を見るかもしれないと、自宅に戻ってゴソゴソ。他にも帽子や食器もピックアップしていたら。

おお!ありがたやありがたや。これまた大昔に購入して仕舞い込んだままの、HIROFUのバッグたちが出てきました。これもちゃんと使わなきゃと思っていたところでした。



というのも大好きな「きもの*BASICルール 植田伊津子&樺澤貴子&佐藤文絵のおしゃべりブログ 幸福にきものを着るために」の佐藤文絵さんのHIROFUのバッグと色違いだったから!

そうかそうか、着物でも持てるよね!容量的にも利休バッグぐらいでちょうど良さそう。着物のちゃんとしたバッグ持ってないから、山葡萄の籠バッグが欲しいと思ってたのですが、このバッグたちが着物チームに入ってくれたら助かりますわ。

でも山葡萄は別腹なんですよね〜。

憧れ → はごろもさんの山葡萄の籠バッグ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年7月26日 (水)

着物にハマると気をつけないといけないこと

今日も暑かったですね。夏バテなのか両親の体調が良くなくて私も家を空けられず、インドアの休日でした。

久しぶりに桐野夏生「ハピネス」を再読。都心のタワーマンションに暮らすママ友たちの序列世界、女同士のマウンティング、見栄と虚飾を描いた興味深いお話です。

誰もが羨望する恵まれた女性とて、裏では他人に言えない事情を抱えているものだから、むやみやたらに相手を羨む必要はないということ。私はそう読みました。



特に着物を好きになった女性は気をつけないといけないことがある。買い物依存。着物は高価だからね。

自分で納得して幸福感に充たされて買うならいいけれど、他者との競争意識や同調圧力、見栄、義理、断れなくて・・・など負の感情が少しでもあるなら、今一度立ち止まりクールダウンさせたほうがいいと再認識しました。

呉服屋さんがローンを組んでくれるから、着物のほうが買い物依存症になりやすいみたい。実はあなたや私が羨ましいと思っている、あの人もこの人も、ローンまみれなんです(たぶんね 笑)

惑わされないように。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年7月25日 (火)

買わずにはいられなかった

サーセンm(__)m

もうオークションはしばらくいいわ〜と言い放った舌の根も乾かぬうちに・・・。

どの口が言うとるねん。買うてまいましたわ、この浴衣地。ヤフオクで2反で4000円也。



絶対着ないと思う。仕立てもしないと思う。

ではなぜ買ったかと問われると、そこに万博浴衣があったから、としか言いようがございません(−_−;)

70年大阪万博グッズのコレクターでもないんですけどね。しいて言えば、

万博マークが好き

なんでしょうねぇ(笑)

とりあえず満足。持ってるだけで満足しております。

それにしても「府婦協」と「市婦協」の浴衣とは、おそらく開催期間中にお祭り広場で盆踊り大会があって、大阪府の婦人会と大阪市の婦人会が踊るために揃えた衣装だと推察しているのですが。

47年前の担当者に文句を言いたい(笑)どうして両方とも白地なん? 片方は藍地にしてくれたら良かったのに!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年7月24日 (月)

小千谷縮じゃねーよ

暑中お見舞い申し上げます。

週末は母が体調を崩し救急病院に運んだり、追い討ちをかけるように私自身も暑さと疲れでグッタリしていました。繁忙期なのに仕事も休んでしまい落ち込む。ようやく今朝、どん底から脱した感じです。まだまだ厳しい暑さが続きますが、皆さまも体調管理には気をつけてくれぐれもご自愛ください。

さて月曜なので着付けの稽古です。いつもの麻の着物を取り出しました。私てっきり小千谷縮だと思い込んでいたのですが、他の方のブログに載ってる小千谷縮とは全然違うことに今さらながら気付く。

アレェ⁉︎

全然シボがないよね。シボが無いものを縮とは呼ばないんじゃね?

でも購入したときは「新潟の麻」と聞いたような記憶があるんです。新潟の麻といえば、小千谷縮か越後上布ですよね。お値段的に小千谷縮と近いので、私はそうだと思い込んでたんですが。

まさか越後上布? いやいや違うと思う。自分なりに推測した結果、布に張りと艶があるので「能登上布」ではないかと。新潟ちゃうし(汗)今度、自宅に戻ったら証紙を確認してきます。



ややグレー寄りの白でグレーのストライプがあります。遠目から見たら、白地の着物に見えます。そう!私は真っ白な麻の着物に憧れてたんです。

この着物をつくったのもアラフォー時代です。当時、仕事をご一緒した大御所の落語の師匠が、真夏の高座でお召しになっていたのが純白の麻のお着物でした。マクラが終わって黒の紗羽織をふわりと脱いだときに現れた、白の涼しげで眩しいことったら!衝撃でした。

さっそく師匠のお弟子さんにお店を聞いて、似たような感じの反物で仕立ててもらいました。(お値段は全然違う)そういえば今思い出したけど、男性用の反物だったと思います。見た目も涼しいし、着ても涼しいです。



帯は桔梗を描いたベビーピンク絽綴れ。タレは広いほうが好きなので、今回オランダ線をわざと出しています。

ベビーピンク。色黒の私には似合わないと長年決めつけ、もっとも避けてきた色ですが、意外とフィットするかもしれないと最近思うようになりました。

というのも、ちょいワルオヤジみたいな陽灼けした男性が、よく薄いピンクのワイシャツやネクタイを身につけてるけど、遊び人の浅黒い肌にはピンクは違和感なく似合うよね。

なので私も!ちょいワルおばさんじゃないけどね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年7月21日 (金)

趣味がいいモモコさんの着物

実は歌舞伎ツウのハイヒールモモコさん。歌舞伎座、松竹座、南座などで見かけた方も多いと思います。

そして知る人ぞ知る、お着物好きでいらっしゃいます。私は以前からモモコさんのお着物の趣味の良さに注目してるんです。

そのキャラクターゆえ、初めての呉服屋さんに行ったら、演歌歌手のステージ衣装のような大胆な着物を必ず勧められるそうです。「えっ、こんなにおとなしいのが好きだったんですか」と意外性に驚かれるそうです。

無地場の多いお着物に帯と小物で遊ぶモモコさんのコーディネートは、華があるのに過剰にならず洗練されていて、とても勉強になります。子どもの頃から茶道をたしなんでこられたからかな?



そしてモモコさんが凄いと思うのは、ものすごーく高価な京都の逸品や作家物をいっぱい身につけておられるのに、全然自慢しないんだよね。ネットで画像検索しても、お着物の画像があまり出てこなくて苦労しました。上のお写真は、モモコさんのブログと愛之助さんのブログから転載させてもらいました。

なんか「見て見て!スゴイでしょ私!」って言いそうなのに、言わない。絶対言わない(笑)

実はええもんたくさん持ってはるのにちっともひけらかさない方なんですよね。もっとモモコさんの持ち物をネットで公開してくれたら嬉しいのにと思ってたら、こんなイベントが開催されるそうです!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ハイヒールモモコです!

この度、グランフロント大阪南館2階、パナソニックセンター大阪にてハイヒール・モモコのいつか住みたい憧れの部屋を展示します!

「好きなものに囲まれる宝石箱リビング」と題しまして、なんと私物のブランド品、着物など300点以上を展示!その他モモコオススメのお取り寄せグルメや美容グッズ、最新家電など盛りだくさんです!子供たちが、巣立った後、こんなマンションに住みたいと夢が、いっぱい詰まってます!

入場無料!期間は7/21(金)から10月まで!リフォームを考えている方、いない方も是非見にきて下さい!お待ちしてます!

○お問い合わせ先
パナソニックセンター大阪
http://panasonic.com/jp/center/osaka/
TEL: 06-6377-1700(受付時間 10時00分~20時00分)
住所:大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 南館2階
開館時間:10時00分~20時00分
休館日:無し

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

貴重なイベントだわ!お着物だけじゃなく、お洋服もインテリアも家電にも興味津々! 梅田に出たらぜひ拝見したいと思っています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年7月18日 (火)

赤い長襦袢ってどうなん?

マイサイズの長襦袢をつくるのが楽しかった頃、どうしても欲しかったのが真紅の長襦袢。当時、すでにアラフォーでしたので、赤い長襦袢なんて娘さんしか着られないんじゃないかな?と躊躇してたんですが、そのことを親しくしていた舞台女優さんに相談したら、

「何言ってんのよ、貴女。赤い長襦袢は何歳でもいいの!昔のおばあちゃんは70歳でも80歳でも真っ赤な長襦袢を下に着てたのよ! 地味な着物の下からチラリと見える赤が本当にかっこいいんだから!」

と一喝され、背中を押してもらい、赤の長襦袢をつくることにしました。でもこれまた有りそうで無くて、反物探しに苦労しました。朱色はたまにあるけど、真紅はなくてね〜。ようやく船場センタービルのみしなさんで見つけて仕立ててもらった時は小躍りしました♪

しかしですよ。あらためて考えてみたら、当時(十数年前)も現在も、今どき真っ赤な長襦袢を着てる人なんか居る? なんか居ないような気がする。真っ赤な長襦袢をつくるなんて、ずいぶん的はずれな仕業だったのかしらん?

というのも今年春に通っていた着付け教室で、生徒同士がこんな会話をしていたのを小耳に挟んだのです。

「昔あったよね〜、赤い長襦袢」
「あったあった、ひいおばあちゃんが着てた」
「しかし、赤なんてキョーレツよね。古臭くて今時誰が着るのかしら」

おいおい!ワシや!ワシや!(ショック)

本当のところ、どうなん、赤い長襦袢の現在の評価は? そういえば着物雑誌でも、まず見ないよね〜(汗)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

でも、赤い長襦袢を持っていたおかげですごく助かったことがありました。

前職(制作とマネージャー業。芸能の裏方を20年やっていた)で、ショートムービーを撮影することになったんです。脚本に、能舞台で舞う鬼女のシーンがありまして、予算がないから役者さんにお願いできなくて、私が鬼女の役をやることになりました。

その時の衣装もやはり予算がないから自前だったのですが、ちょうどつくったばかりの真っ赤な長襦袢の地模様が鱗文で、まさしく鬼女の装束とドンピシャリ!笑

白い着物の片身に、鱗文の赤長襦袢を出して鬼女を表現。打ち合わせが左前になってるのは死者の設定だったからか、あるいはたんに着付けを間違えた?笑



撮影地の地元の能楽振興会さんから、ものすごーく値打ちのある般若の面をお借りしました。ありがたかったです。

撮影前に、摺り足を指導していただいたのですが、本当に難しかったです。あたりまえですが下手すぎて、穴があったら入りたかったです。



恥ずかしい思い出ですが、大勢の方に助けていただき、能舞台に立つという貴重な経験をさせてもらいました。すごく楽しかったです。

やっぱ、赤い長襦袢着よう!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年7月17日 (月)

お安い着物と帯でも堂々としていられるのは

着付けの稽古です。夏着物は白しか持ってないのでふたたび袷の大島紬で。

今日はお太鼓が小さくなるよう意識してみたのですがこれで普通? 今までが大きすぎた? あともう少し丸みが欲しいので帯枕を変えたいです。

カジュアルなベージュの紬帯。文様は有栖川になるのかな?



帯を替えて。ヤフオクで購入。ここにも鹿がいます。



いづれも帯揚げが青、帯締めが海老茶です。赤い八掛の大島紬を昭和コーデにならないようにすると、どうしても色数を抑えてしまいます。着せ付けながら焦げ茶の帯締めが欲しいと思いました。

大島といえば、長襦袢も琉球藍泥染なんですよ!曙色と薄緑の綺麗なぼかしです。



着付け教室でよく初心者の方がピンクや白のポリエステルのプレタ長襦袢を着ていますよね。私もそうでした。ポリエステルでもサイズが合っていればいいのですが、私の場合はLサイズでも裄と身丈が短くて、ずっと苦痛でした。

自分で着物を買うようになってから、真っ先に誂えたのがこの長襦袢。初めて長襦袢をつくった時はめちゃくちゃ嬉しかったです。着物をつくった時より感動しました!以降、長襦袢は必ずマイサイズに仕立ててもらっています。

お安い着物と帯でも(1円でも 笑)堂々としていられるのは、長襦袢だけは良いものを身に付けている自負と安心感があるからではないかと思っています。精神的自己満足で周りの人には全然わからないと思いますけどね〜。

洋服でも同じだと思います。上等な下着を身につけていると、上はどんなものを着ても気持ちが引かないはず。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年7月15日 (土)

リサイクルのにおいが消えた!

私が最初にキモノにハマったのは今から十数年前のアラフォー時代。当時は数こそ少ないけれど、呉服店とデパートでマイサイズの着物をコツコツ誂え、帯も一緒に購入していました。

久しぶりにキモノ熱が再燃した今、リサイクルショップやオークションで着物や帯がめちゃくちゃ安く買えることを知り、物欲が炸裂! ヤフオクで名古屋帯を一気に10本買ったりして、気がつけば、部屋中リサイクル帯だらけ(苦笑)

恐ろしくてちゃんと数えてないのですが、おそらく中古帯だけで50本近くあると思います。オークションであまりにも安価(1円とか)で買えてしまうので、止まらない物欲、増える一方の名古屋帯に、一時はどうなるかと心配していたのですが、安心してください、ある日突然、ピタリと物欲が止まりました(笑)

もうしばらくオークションやリサイクルはいいわ〜。

その理由はズバリ「におい」。リサイクル品の独特のにおいに閉口してます。ひとつひとつはそんなにキツくないけど、50枚もあるとかなり来るんですよ。神経質じゃない私でも、すっかりリサイクル臭恐怖症になってしまいました。

このにおいを消すためにセルフドライクリーニング店に持っていきたいんですけど、遠いので延び延びになってしまって・・・。

ところがですよ。部屋に充満していたリサイクル臭が、簡単に消える方法を発見したんです。それはエアコン!!!

我が家は年寄りがおりますので熱中症回避のため、一日中エアコンをフル稼働させています。私の部屋のエアコンも常に18度の強冷、風力MAXにして、冷気を隣の部屋に送っている状態。北極なみの寒さなんです。

ある日、たまには帯にも風を当てようと思い立ちました。箪笥の引き出しをすべて開け、押入れの襖も開けて、エアコンの強風がリサイクル帯にも届くようにしてみたら、なんとあの特有の匂いがどんどん薄くなってきたんです。部屋にこもっていたリサイクル臭もあっけなく一掃してしまいました。あまりに激しい冷気に、においも吹っ飛んだ?

このままエアコンで臭いが完全に消滅しないかな〜と淡い期待を抱いている私です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年7月14日 (金)

和服美人だった松居一代に学ぶ男目線の着物

連日メディアを賑わせている松居一代さんの離婚騒動は、真相を知りたいとも思わないし、何の感慨も湧かないのですが。

ああ、せやったせやった、憶いだしました!松居一代といえば、何かと話題に事欠かないお騒がせ女優のイメージがすっかり定着してしまいましたが、芸能界デビューは往年の深夜番組「11PM」のカバーガールだったんですよね。

司会の藤本義一さんの隣で艶然と微笑む和服美人の松居一代。まだ23歳でこの色香。当時「11PM」はお色気番組だったから、10代だった私はチラッとしか見せてもらえませんでしたが、肌を露出した裸同然の女性たちより誰よりも、着物で静かに微笑んでいる松居一代のほうが遥かにセクシーだと思ったものです。

この女(ひと)何者? と思わせる謎めいた雰囲気が漂ってました。何もかも赤裸々にぶっちゃける今とは、対極になってしまいましたね。



なるほどねぇ・・・。11PM時代の松居一代の写真を見てしみじみ思いましたよ。

おそらく当時の松居さんの着物スタイリングは「男目線」を意識した装いのはず。100パーセント男性ターゲットの番組だったから。

そこには、女同士でつるむ着物好きにありがちな同性の目線を意識したコーディネートとは明らかに違う考え方が存在する気がします。着付けの巧拙、衣替えルール、本物ブランドを身につけてるかどうか、小物やバッグまで抜かりないか、高価か安価か、自分だけ浮いてないか。同性のチェックが細かく厳しいゆえに、とかく「女目線」を意識した装いは、

「木を見て森を見ず」

に陥りがちと思ったんです。その女性の魅力を引き立てるのが着物の役割なのに、本末転倒で着物や帯が主役になってしまう物質主義に傾きがち。

その点、11PM時代の松居一代さんは、

「男から見ていかに私が魅力的に映るか」

の一点集中で装っていたのだと思います。これ、実は大事なこと。男性から見たら、衣替えの正誤や、ブランドが本物かどうかは二の次、瑣末なことだものね。着物の奥に隠された、その女性が放つ色香のほうがよほど大切。コーディネートの真実は意外に男性のほうがよく知っているのかも・・・。

そう考えると、たまには男性の率直な意見を聞いたほうがいいかもしれません。むしろ着物の知識がないほうが良いかも。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年7月13日 (木)

道明 道明新兵衛 違い

ブランドにはこだわらないけど、帯締めは道明の冠組が好きです。

ノンブランド派だけど帯締めは道明

その道明の帯締めなんですが、最近のリサイクル市場を眺めていますと、「道明新兵衛」ブランドの商品が急にたくさん出回り始めたような気がしています。私も中古で「道明新兵衛」の冠組を買ったことがありますが、中央に「道明」のロゴラベルがついてないんですよ。そして「道明」の冠組より若干組み方が太く、尺も短いように思います。

今さらですが「道明」と「道明新兵衛」ってどういう関係? ひょっとして暖簾分けした別ブランドかな? ネットで「道明 道明新兵衛 違い」と検索しても答えが出てこないので、自分で調べてブログの標題にしてみました(笑)

道明の帯締めに詳しい方に電話して教えていただきました。

・現在の道明の当主は11代目。ロゴラベルがついた「道明」ブランドを扱っている。

・リサイクル市場で出回っている「道明新兵衛」は7代目当主が扱っていたブランド。したがって30年前の品物である。

ヘーッ!そうだったんですね!てっきり「道明新兵衛」のほうが新しいと勝手に勘違いしてました。バーバリーとバーバリーブルーレーベルみたいな関係かなと。30年前のお品だったとはかなりの年代物だったのですね。昔も今も変わらないって本当に素晴らしい!

しかし今、リサイクル市場にたくさん出ているお品は、ちょうど我々の親世代が使っていたのかと思うとちょっと複雑。世代交代の大波が来てるんですね。

そういえば今週の週刊現代を読んで驚いています。なんと2020年には日本の女性の2人に1人が50歳以上になるそうです。2020年ってあと3年しかないですよ!高齢化もついにここまで来たかって感じです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2017年7月12日 (水)

親の家を片づける時は慎重に

今日も暑いです。この酷暑があと2カ月は続くと思うと、今はまだ序の口。中盤、終盤に備えて、今から体力温存するべくよく眠っております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ところで私には、三年来、心に重くのしかかっていることがありました。話は三年前、母が急性の心臓病で倒れて意識不明になり、入院した時のことに遡ります。幸い手術がうまくいき、意識も戻り、2カ月間の入院生活を送ることになりました。この母の入院を機に両親と同居生活することを決意。前職を辞めて、とりいそぎ着替えだけを持って私は実家に戻ってきました。

さて実家に住んでみて閉口したのが、物の多さ。昭和ヒトケタ生まれの両親には「捨てる」という概念がまったくなく、決して広くない4LDKのマンションに半世紀は蓄積されてきたであろう荷物がビッシリ埋め尽くされていました。

入院中で不在の母の部屋も凄かった。足の踏み場もないほど物が溢れていて発狂しそうになりました。

キーーーーーーーー!!!

ひどい、ひどすぎる!こんなに物が溢れてるから病気になるんやんか!退院してもこんなに物が多かったら、治るものも治らんよ!つまづいてケガしたらどうすんのよ!

そう、私自身、少しおかしかったかも。母の病に気が滅入ってましたし、これからどうなるんだろうという先の見えない不安でいっぱい。ずっと内に抑え込んでた自分の感情が、荷物だらけの母の部屋を見たことにより、怒りとなって大爆発してしまいました。

「もう何もかも捨てる!こんなゴミ部屋に戻ってきても、また病気になるよ!今から私、おかあさんの部屋の断捨離をするから!」

父に宣言した瞬間から、狂った勢いで母の部屋の整理を始めました。母に断りもなく私の独断で不用品を処分。2日間かけて母の荷物の7割ほどを処分したおかげで、部屋が見違えるほど綺麗になりました。2カ月後、退院して自宅に戻った母も部屋を見て「ずいぶんスッキリしたわねぇ。ありがとう」と心から喜んでくれたようでした。良かった〜。

ところがしばらく経ったある日のこと、突然母が言い出しました。
「○○ちゃん、私が大事にしていたバッグはどこ? ほら、お父さんとイタリアに行ったときに買った革のバッグと、伯母さんから貰ったワニ皮のハンドバッグ。いくら探してもないのよ」

青ざめました。その2つのバッグは一瞬迷ったものの、かなり古いし、高齢の母がこれから使うことはもうなかろうと判断して、ゴミ袋に入れたことをはっきり記憶していたからです。

「ねえ○○ちゃん、私の2つのバッグはどこ?2つともすごく思い出があって大事にとっておいたのに。命の次に大事なバッグよ。あのバッグが見つからないから困ってるんだけど」

しまった・・・100パーセント捨ててる。でも本当のことは、今はまだ言えない。言うとショックを受けて大変なことになる、と判断した私は咄嗟に嘘をつきました。

「ああ、あのイタリアのバッグとワニ皮のバッグね。あれ、オシャレでいいなぁ〜と思ったから、勝手に私が貰っちゃった。私の自宅に保管してるよ。ごめんね」

そう言うと、心から安堵したのか母の表情が和らいで、
「良かった。あるんならいいの。安心したわ。いつかまたこっちに持ってきといてね」と言いました。

困った。私のバカバカバカ!母が命の次に大事にしているようなバッグをなんで捨ててしまったんだろう。どうして置いといてあげなかったのか。本当に私は悪い娘だ。後悔と自責の念で何度も何度も落ち込みました。

いっそ正直に告白して謝って、母に新しいバッグを買ってあげようかと何度も思いましたが。いやいや、新しいのを買えばいいという問題ではない。母の思い出を捨ててしまったのだから・・・。

母も常にそのバッグのことを覚えているわけではないようで、このまま忘れてくれたらいいのにと何度思ったことか。でも半年に一回ぐらい、思い出して言うんです。「あの、バッグ持ってきてね」と。母が思い出すたびに「うん、次に私の自宅に戻ったときに持ってかえるからね」と口先だけで誤魔化してました。そんなことを三年間ずっと繰り返してきました。

ところがとうとう先日、母がキレてしまったんです。
「今度こそ持ってきてちょうだい」
「わかりました」
というやりとりがあったのですが、結局私が持ってかえらなかったので、母も何かを察知したようです。悲しそうな顔をしただけで、何も言いませんでした。

あああ、もう誤魔化せない。正直に言おう。そしてちゃんと謝ろう、とようやく私も腹をくくりました。その日は母がデイサービスに行く日だったので、母が帰宅して気持ちが落ち着いた頃を見計らって、謝るつもりでした。私にとっても誤魔化し続けて本当に心苦しかった三年間でした。それも今日で終わりにしようと。

朝、母をデイサービスに送り出した後、母の部屋に掃除機をかけました。掃除しながら、なぜか唐突に頭によぎるものがありました。(もしや、もしかしたら・・・あの時バッグを捨ててなかったのでは?)

すぐに掃除機を止めて、押入れの上部の天袋を開けてみました。

なんとあったのです。イタリアのバッグとワニ皮のバッグが。

力が抜けて、ヘナヘナになってしまいました。100パーセント捨てたものだと思い込んでいたのに、私の完全な思い違いでした。この三年間、ずっと苦しんでいたことはいったん何だったんだろう(笑)

ともあれ、良かった。母が喜んだのは言うまでもなく、私にとっても今年最大に嬉しかった出来事と言えます。

しかし本当に参りました。親の家を片づけるときはくれぐれも慎重に気をつけましょう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2017年7月11日 (火)

経験則からとしか言いようがないですが

炎天下の中、野暮用で歩き回っているうちに汗だくになってしまいました。

ふと目の前を見ると、アメリカンカジュアルの古着屋さんがあるではないか。あああ、ちょっと冷房で涼んでいこうと迷わず入店。

ふらふらと店内を徘徊していると、好みの色のTシャツをみっけ!色も素材もサイズもバッチリ。おまけに500円!(笑)



うわー、久しぶりですわ、洋服買うの。半年ぶりちゃうかな? すっかり興味の矛先が「着物」に向いてしまい、洋服が欲しいとは全然思わなくなりました。はっきり言って、洋服方面はおざなり状態になっております。

はあああ〜、やっぱり私はオシャレな人とは言い難いようです。

あくまで私見ですが、

洋服がお洒落な人 → 和服を着てもお洒落

和服がお洒落な人 → 洋服を着てもお洒落とは限らない


と思っていますので。どう違うの?と言われても、今までの経験則からとしか答えられません。すみません。私は和服もまだまだ(*´Д`*)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年7月10日 (月)

はんなりではない

お暑うございます。

せめて週一回は着付けの稽古をしようと、月曜の午前中を稽古日にあてています。が、今朝はクルマの故障関係の用事で時間がなく、とりあえず30分で着付け〜片付けまで終えようと超特急で臨みました。

後で写真を見て、ウッとなってます(笑)上前の衿先、こんなに出るのおかしいよね。



他にも不満な点がいくつか・・・まぁ、着付けの不出来はさておいて、コーディネートを見てください。写真では見えないですが、着物はグレーの縞が入った小千谷縮です。船場センタービルの四季の花でつくりました。白地だから、どんな帯でも合いますよね。



帯は日本橋高島屋で買った作家もの。黒と青のツートンカラーの帯揚げは人形町・明治座の小間物屋さんで。帯締めは上野の道明(たぶん)。



あらためて自分のコーデを眺めてみますと、関西人でありながら京都の色が全然ないなと。どちらかというと、お江戸寄り。京都製品もほとんど持ってないし、どうやら私には「はんなり」の素養が無いみたいです。

それは最初に着物を好きになったとき、東京に住んでいたからかもしれません。初めて自分で購入した呉服屋さんが竺仙(浴衣、江戸小紋)だったので、そこで方向性がお江戸寄りに傾いたかもしれませんね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年7月 9日 (日)

さんざんな週末

昨日の朝、スマートフォンを見たら画面が真っ黒になってフリーズしてました。あちこち触ったり、充電をし直したり、いろいろやってみたけどピクリとも動かない。今のiPhoneにして2年半、とうとう壊れちゃったのかしら。先日も落としてしまったしな〜。

さっそく仕事が終わってから、docomoショップに駆け込むべく、国道をすっ飛ばしてました。が、土曜の夕方であいにくの渋滞。トロトロ走っている間、なぜか愛車のエンジン音が弱々しい。ひょっとしてエンストするってか?でもこの前、バッテリー替えたばかりじゃん。

胸騒ぎと同時に最悪の事態が発生。なんとクルマのエンジンがいきなり止まった。ちょっと〜勘弁してよぉ〜!

ガァーーーーーーーーーン!!!

夕刻の大渋滞のなか、エンストって大迷惑。左車線で止まっていたのだけど、後ろのクルマが舌打ちしながら続々と追い越していくのがわかりました。恥ずかしーーーーー!!!

ふと左横の建物を見ると、ちょうど自動車のディーラーだったのです。助けて〜〜!!!泣きながら駆け込みました。国産オンボロ軽自動車が高級外車Bのディーラーに駆け込むの図(笑)

「実は電話もクルマも壊れました〜」(号泣)
「それはそれは。ささ、どうぞこちらへ」

高級外車Bの方々は本当に親切で、私がロードサービスの手配をしている間、お茶とお菓子を出してくれたり労わりの言葉をかけてくれたり、ホスピタリティの高さはさすが!

クルマの修理の手配がついたものの、修理工場が月曜しか開かないから困っていたら、高級外車Bの方が「その日までお車をお預かりしますよ。よろしければウチで代車もご用意します。どうぞどうぞ、乗って帰ってください」とおっしゃってくださり、まじっすかー!ううう、助かります。感涙ものでした。

お言葉に甘えて、高級外車Bの新車を一泊二日お借りして、今日も運転して仕事に行ってきました。ちょっとビックリ、やはり軽自動車とは何もかも全然違う。運転というより、まるで動くコンピュータを操作してるよう。はああ〜夢みたいに贅沢な乗り心地でしたわ。非日常すぎて記憶も飛んだ。

というか、万が一クルマを擦ったりしたら、どうしよう〜とヒヤヒヤものでした。フリーズしていたスマートフォンもいつもと勝手が違うのでビックリしたのでしょう。丸一日動かなかったのに、いつのまにか電源が入って直ってました・・・。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年7月 8日 (土)

アムウェイの思い出〜中年女あるある

女子会改め、婦人会の飲み会に行ってきました。お店はリーダー御用達の通天閣そばの韓国料理屋さんにて。



野菜たっぷりのお料理に、黒ラベル、赤ラベル、焼酎の水割りと、久しぶりにお酒を飲みました。



韓国の鍋なんですが、最後はトマトとチーズを足してリゾットにしてもらえるんです。コクがあって美味しかったですよ〜。



楽しく飲んでおります。しかし、すっかりお酒が弱くなりました。介護中の身ゆえ、夜出掛けることが難しいので酒場の雰囲気は長い間ご無沙汰です。えっと、お酒を飲む人たちってこんなテンション高かったっけ? ついていけない(笑)



たまには息抜きをということで、スタート時間を早くして、楽しい席に連れ出してくれた三人の女友達にとても感謝しています。

ところで女同士が集まると、誕生日でもないのに、なぜかプレゼント交換会が始まりますよね。申し合わせしてないのに4人ともプレゼント(手土産)を用意してきて、さながら物々交換会。行商のおばさんか(笑)

私は昔、アムウェイの友達からいっぱい買って自宅の押入れで眠ったままのストッキングを持っていったら、アムウェイ話で盛り上がりました。

「アムウェイ、買わされたよね〜」
「化粧品も買ったし」
「鍋も持ってるし」

なぜかアムウェイやってる友人がいて買わされた思い出を持ってるのも、中年女あるあるだな。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村









2017年7月 6日 (木)

中年女あるある〜自戒を込めて

昨日、病院の待合室のテレビで、今ワイドショーを騒がせているらしい松居一代さんのYouTube映像を観ました。

?????

何を言ってるのか私にはさっぱりわからなかった。松居さん言わく、彼女に攻撃を仕掛けてくる「敵」がいるみたいで、おそらくそれはご主人のことを指しているのかと推測されますが、あるいは週刊文春の記者やもしれず、ワーワー喚くわりにはちっとも要領が得ず、思わせぶりだし、女優さんなのにノーメイクで鬼の形相でなんかガッカリしました。

真意を知りたいとも思わなかったです。

何がいやだと思ったかというと、コミュニケーションが成立してないところ。相手が白紙状態なのに、順を追って説明せずに、いきなり100パーセントぶつけてくるあの感じ。相手も理解している体で、飛躍して話し始めるのはなぜ?(笑)

そんな人、私の周りにもいます。中年女あるある。私も自戒しよう。



先日、お友達と甘いものを食べてきましたよ。スッとしました。イライラした時はやはり甘いものが効きますね。

(追記)その後、詳細をアップされたようですが、、、、つかみで謎を吹っかけて興味を引いて徐々に真相を明らかにしていく手法が作為的で、、、女優さんだからどうしても芝居ががって見えるし、、、すでにお腹いっぱいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年7月 5日 (水)

ニュートラが流行ってほしい

月々400円+消費税で180冊の雑誌が読み放題のdマガジンに登録してから、雑誌は買わなくなってしまいました。本当に便利な世の中になったものですが、出版業はますます大変ですね。

ところでdマガジンが期間限定(8月末まで)で、雑誌の創刊号を配信しているので一部ご紹介!

婦人画報 1905年


週刊文春 1959年


クロワッサン 1977年


ESSE 1986年


日経ウーマン 1988年


STORY 2002年


STORYは比較的記憶に新しい。それでも15年前ってどうよ。ニュートラが少しだけリバイバルブームになった年ですね。

今でもニュートラが好きなんですよ。また流行らないかなぁ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年7月 4日 (火)

気が乗らない着物を手放そう

着物好きにしてはキモノの所有枚数は少ないと思います。覚え書きを見ると未仕立てが目立ち、実際にすぐ着られるキモノは袷11枚、単衣2枚、夏物2枚にとどまっております。

そして、少ない枚数の中でも、着ていて楽しい物とそうじゃない物に分かれていることが、最近だんだんわかってきました。

ではどんなキモノを着ていると楽しいのか。私の場合はサイズです。どんなに上等なキモノでも、好みの色柄でも、サイズが合わないキモノは体型にコンプレックスがあるだけにストレスを感じます。着付けの技術がないから余計に。

オークションやリサイクルで手に入れたものの、裄や身丈をこれ以上出せないキモノが3枚ありますが、無理に着てもどうも気持ちが乗らなくて。なので思いきって手放すことに決めました。(傍線で引いたもの)

<着物 袷>
・訪問着 辻が花
・江戸小紋 濃鼠
・江戸小紋 萌葱
・色無地 珊瑚(未着用 染め替えしたい)
小紋 白(洗い張りか丸洗いして裄出ししたい)
・大島紬 白
・大島紬 藍
結城紬 ベージュ
・十日町紬 青
・十日町紬 利休茶
草木染の紬 グリーン

<単衣>
・結城紬 グレー
・ポリエステル小紋 うす紫

<夏物>
・麻の無地着物 ベージュ
・ポリエステル小紋 白地
・絽の付け下げ 水色 (未仕立て)
・紗の着物 濃紺(未仕立て)

<はおりもの>
・白大島の道行
・朱色の道行(裄出ししたい)

<未仕立て>
・黒の羽尺×2(2反で長羽織に仕立てたい)
・黒の羽尺(単衣の羽織に仕立てたい)
・ベージュの羽尺(単衣の羽織に仕立てたい)
・黒の紗の羽尺(夏羽織に仕立てたい)
・雨コート反物 茶色(未仕立て)
・ポリの反物 ブルーストライプ(未仕立て)
・黄色&グレーの着尺(未仕立て)
・ボタニカル柄の着尺(未仕立て)
・刺繍の白生地(未仕立て)

キモノは少数精鋭にして、帯や小物で変化をつけて楽しもうと思います。単衣はもう少し欲しいですけどね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村








2017年7月 3日 (月)

浴衣をパタパタ結び

夏到来!トルソーもさぞかし暑かろうと今日は浴衣を着せつけてみました。浴衣の帯結びといえば文庫か貝の口か吉弥結びだと思っていたのですが、最近はパタパタ結びがトレンドなんですってねぇ。

パタパタ結び、可愛いと思います♪三重紐を持ってるので、ひめ吉半襟・デザイン日記さんの解説を見ながらチャレンジしてみました。とてもわかりやすいです。ありがとうございます。

まずは紺の博多半幅帯で。長くないので羽根を小ぶりにしましたが羽根数は稼げず。というよりタレ先が中途半端に余ってしまい内に折り込んだのがもったいなかったですね。



もう少し長めの博多半幅帯でやってみるとボリュームが出ました。羽根の起点が中央で重なるようにしなくちゃね!ひめ吉さんみたいに綺麗に結べるよう頑張ろう。



最後に博多九寸でお太鼓結び。博多帯はいくらでも締まるのでギューギューになってしまった。トルソーも気のせいか苦しそう。



黒地で献上柄が横段になっています。浴衣は竺仙の綿コーマ。帯揚げは井澤屋の絽絞り、帯締めは道明の冠組。



ああ、やっぱり齢55(56だったっけ? すでに自分の年齢がわからなくなってきたよ)には、お太鼓があったほうが落ち着くわ〜。背中を守ってくれるような気がするんだよね。コルセット代わり、防弾チョッキ代わり(笑)。でも暑そう〜^_^;

私は半幅帯こそ上級者の帯だと思っています。半幅帯を自由に繰れる人は本当にかっこいい!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年7月 2日 (日)

庶民派 私が好きなシャンプー

繁忙期に入り残業続きで疲れ気味です。急に蒸し暑くなりましたが、皆さまもご自愛くださいませ。

さて、私が好きなシャンプー&トリートメントについてです。といってもサロン仕様の高級品とか、オシャレなノンシリコンではございません。ドラッグストアに置いてある普通のシャンプーです。

私はダヴのシャンプーとトリートメントが合うので、かれこれ5年ぐらい使っています。最近ちょっと浮気して他のメーカーの製品を使っている間にリニューアルしてパッケージとスペックが変わったみたいです。

再び、ダヴに戻って(ああ、やっぱり落ち着く)と感動しています。スペックが変わったせいなのか、私がヘアカラーを止めて髪質が変わったせいなのか、理由は定かではないんですが、ますますこのシャンプーの具合がいいんです。

ちなみにスーパートライアルが私が知る限り最安値。消費税込みで安いよね(笑)



白髪頭だとパサパサになるだろうと心配して、洗髪後はヘアオイルをつけてたんだけど、新しくなったダヴのモイスチャーケアシャンプーとトリートメントはそのままで充分しっとりします。乾燥気味の髪質の私にはホントありがたい。最近、髪が調子いいので気分いいです。

夏になって、もう少しサラサラした感触を欲しているので、ダヴの別のタイプも試してみようかなと思っています。以上、個人的なシャンプーの好みの話でした。ユニリーバのまわし者ではありませんよ〜。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

ランキング参加してます♪

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ