« リサイクルのにおいが消えた! | トップページ | 赤い長襦袢ってどうなん? »

2017年7月17日 (月)

お安い着物と帯でも堂々としていられるのは

着付けの稽古です。夏着物は白しか持ってないのでふたたび袷の大島紬で。

今日はお太鼓が小さくなるよう意識してみたのですがこれで普通? 今までが大きすぎた? あともう少し丸みが欲しいので帯枕を変えたいです。

カジュアルなベージュの紬帯。文様は有栖川になるのかな?



帯を替えて。ヤフオクで購入。ここにも鹿がいます。



いづれも帯揚げが青、帯締めが海老茶です。赤い八掛の大島紬を昭和コーデにならないようにすると、どうしても色数を抑えてしまいます。着せ付けながら焦げ茶の帯締めが欲しいと思いました。

大島といえば、長襦袢も琉球藍泥染なんですよ!曙色と薄緑の綺麗なぼかしです。



着付け教室でよく初心者の方がピンクや白のポリエステルのプレタ長襦袢を着ていますよね。私もそうでした。ポリエステルでもサイズが合っていればいいのですが、私の場合はLサイズでも裄と身丈が短くて、ずっと苦痛でした。

自分で着物を買うようになってから、真っ先に誂えたのがこの長襦袢。初めて長襦袢をつくった時はめちゃくちゃ嬉しかったです。着物をつくった時より感動しました!以降、長襦袢は必ずマイサイズに仕立ててもらっています。

お安い着物と帯でも(1円でも 笑)堂々としていられるのは、長襦袢だけは良いものを身に付けている自負と安心感があるからではないかと思っています。精神的自己満足で周りの人には全然わからないと思いますけどね〜。

洋服でも同じだと思います。上等な下着を身につけていると、上はどんなものを着ても気持ちが引かないはず。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




« リサイクルのにおいが消えた! | トップページ | 赤い長襦袢ってどうなん? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/71163002

この記事へのトラックバック一覧です: お安い着物と帯でも堂々としていられるのは:

« リサイクルのにおいが消えた! | トップページ | 赤い長襦袢ってどうなん? »

ランキング参加してます♪

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ