« 道明 道明新兵衛 違い | トップページ | リサイクルのにおいが消えた! »

2017年7月14日 (金)

和服美人だった松居一代に学ぶ男目線の着物

連日メディアを賑わせている松居一代さんの離婚騒動は、真相を知りたいとも思わないし、何の感慨も湧かないのですが。

ああ、せやったせやった、憶いだしました!松居一代といえば、何かと話題に事欠かないお騒がせ女優のイメージがすっかり定着してしまいましたが、芸能界デビューは往年の深夜番組「11PM」のカバーガールだったんですよね。

司会の藤本義一さんの隣で艶然と微笑む和服美人の松居一代。まだ23歳でこの色香。当時「11PM」はお色気番組だったから、10代だった私はチラッとしか見せてもらえませんでしたが、肌を露出した裸同然の女性たちより誰よりも、着物で静かに微笑んでいる松居一代のほうが遥かにセクシーだと思ったものです。

この女(ひと)何者? と思わせる謎めいた雰囲気が漂ってました。何もかも赤裸々にぶっちゃける今とは、対極になってしまいましたね。



なるほどねぇ・・・。11PM時代の松居一代の写真を見てしみじみ思いましたよ。

おそらく当時の松居さんの着物スタイリングは「男目線」を意識した装いのはず。100パーセント男性ターゲットの番組だったから。

そこには、女同士でつるむ着物好きにありがちな同性の目線を意識したコーディネートとは明らかに違う考え方が存在する気がします。着付けの巧拙、衣替えルール、本物ブランドを身につけてるかどうか、小物やバッグまで抜かりないか、高価か安価か、自分だけ浮いてないか。同性のチェックが細かく厳しいゆえに、とかく「女目線」を意識した装いは、

「木を見て森を見ず」

に陥りがちと思ったんです。その女性の魅力を引き立てるのが着物の役割なのに、本末転倒で着物や帯が主役になってしまう物質主義に傾きがち。

その点、11PM時代の松居一代さんは、

「男から見ていかに私が魅力的に映るか」

の一点集中で装っていたのだと思います。これ、実は大事なこと。男性から見たら、衣替えの正誤や、ブランドが本物かどうかは二の次、瑣末なことだものね。着物の奥に隠された、その女性が放つ色香のほうがよほど大切。コーディネートの真実は意外に男性のほうがよく知っているのかも・・・。

そう考えると、たまには男性の率直な意見を聞いたほうがいいかもしれません。むしろ着物の知識がないほうが良いかも。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

« 道明 道明新兵衛 違い | トップページ | リサイクルのにおいが消えた! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/71140814

この記事へのトラックバック一覧です: 和服美人だった松居一代に学ぶ男目線の着物:

« 道明 道明新兵衛 違い | トップページ | リサイクルのにおいが消えた! »

ランキング参加してます♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ