« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

痩せて人生が変わった話

今日はハロウィンで街は盛り上がっているようですが、高齢者の集合体のわが家は、夕食にかぼちゃの煮物を静かにいただきました。

手持ちの着物でハロウィンらしいコーディネートが出来ないか考えてみたのですが、叶わず。なので代わりに中村美律子さんの、かぼちゃの花の着物のお写真を貼らせていただきましょう。このお着物、好きなんです。帯のかぼちゃの実も素敵だわ〜。

中村美律子さんのかぼちゃの着物


中村美律子さんといえば・・・。

実は私、40代前半まで太ってまして。当時、身長169センチ、体重は70近くいきました。洋服のサイズは上半身13号、下半身15号で本当に大きかったんです。

合う服がない、身体が重い、体力がない、体調も悪くて困っていたときに、個人指導の体操教室があることを知り通うことにしました。一回1時間、柔軟〜ダンベル〜腹筋〜背筋〜ランニングといったシンプルなメニューでしたが、週2〜3回、2年間真面目に通った結果、体重が15キロも落ちて、服のサイズも9号になったんです。

本当に人生変わりました。指導してくださった先生には、言葉に尽くせないほど感謝しています。

太っているときは、(どうせ痩せても大して変わらないだろう。わざわざしんどい思いして痩せなくても)と思ってましたが。実際に痩せてびっくり。何もかも変わります。

体重が落ちるだけ、身体がサイズダウンするだけ、じゃないんです。頭も小さくなるし、顔も小さくなる。足のサイズも細くなりました。

洋服はそれまで、デパートのクイーンサイズコーナーじゃないとダメでしたが、9号になってからは若向きの店、敷居の高いショップにも堂々と躊躇なく入れるようになりました。サイズ的に何でも入るという自信が、万能感に近い感覚につながったのだと思います。

そして着物も着易くなりました。太っていた時は、身丈に合わせるとおはしょりが出ない、おはしょりを出すと身丈が足らないというジレンマに悩まされてました。裾ははだけてくるし、帯もどんどん上に上がってくるし、着崩れるのが当たり前で苦痛で。痩せてから初めて着物を着たとき驚きましたもん。着物が身体をすっぽり包んでストンと落ちる感じがこんなに心地よいとは。

何より、運動で痩せたので、心身ともに前向きになり、それまでより性格も明るくなったと思います。

で、その体操教室に中村美律子さんも通っておられたんですね。美律子さんはダイエットではなく、ステージにのぞむ体力作りのため。その関係で最後のランニングのBGMは毎回、中村美律子さんの最新曲を先生が流すんです。演歌でランニングです(笑)

最後のランニングがめちゃくちゃきつくてしんどくてね。中村美律子さんが新曲を出されるたびに(どうか短い曲ですように)と祈ってましたっけ。でもそのおかげで痩せられたのだから、美律子さんにもとても感謝しています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年10月30日 (月)

着物とヤンキー

着物のセルフドライクリーニングに、おかんさんリピートなさったのですね。更衣さんもよろしければぜひ^^

私が前回、きらりさんに行ったとき28本ほど帯を洗ったのですが、その中でもっとも綺麗に洗い上がり、劇的によみがえった袋帯を使って、今日は着付けの稽古をしました。



アンティークの帯でどうにもこうにも汚れていて、もう捨てようかと思っていました。ドライクリーニングで丸洗いしたぐらいでは無理やろうとあきらめていたのですが、まさかの逆転ホームラン。ピカピカになってよみがえりました。



眩しいぐらいの輝かしいブルー。ティファニーブルーです。志ま亀ブルーです。言い過ぎ(笑)



しかし着付けがまだまだですわ。この江戸小紋、重くて、滑って、未熟な私には着付けしにくいんです。それと身丈も長い。だらだらだら〜となってしまいます。

袷から単衣に直していただく予定です。両面型染めで今は鮫小紋を表に着てますが、単衣にするときは裏面の万筋を表に出そうかな。

胴裏を少し解いて、万筋をチェックしてみました。



うーん。万筋かぁ・・・由緒ある伝統の型には違いないけど、縞だから「粋」ではあるよね。

粋な縞のイメージ ↓ (古い着物雑誌より)



私の勝手な思い込みですが、縞→粋→ヤンキーのイメージがありまして。

若い頃からヤンキーの要素が一ミリもない私には、万筋は似合わないんじゃないか?と懸念しております。正直言ってヤンキーこわい(笑)でも美人が多いのは、圧倒的にヤンキー出身者が多いことは認めます。

縞 → 粋 → ヤンキー → 美人

なんだ、ますます私から遠のいたではないか(笑)机上であれこれ悩んでも詮無いので、着物を解いて身体に当ててから考えてみます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年10月29日 (日)

母は可愛くないといかんのか

仲良しのたくませいこちゃん。「すいか」「野ブタ。をプロデュース」「夫婦道」などに出演、今も映画、ドラマ、舞台、新宿ルミネの吉本新喜劇などで活躍中の女優さんです。



せいこちゃんには5歳になる娘さんがいます。先日、せいこちゃんが髪の毛をバッサリ切ってきたら、それを見た娘さんが大号泣して大変だったそうです。「ママが可愛くなくなった」って(笑)

たくませいこオフィシャルブログ :「断髪!」

子育てをしたことのない私は驚いた!ママが可愛くなくなったら子どもは泣くんか? へぇ〜へぇ〜ビックリだわ。それにしても大号泣って、娘さん可愛らしいねぇ。

半世紀前(笑)に遡って、自分が子どもの頃を憶い出してみたよ。そうだね、泣きこそはしなかったけれど、当時20代後半の母が長い髪をバッサリ切ってパーマをあてたときは、確かに寂しい気持ちになったような。母がとうとうおばさんになってしまった、これでもうおばさん確定だと、子ども心に嘆き悲しんだ記憶がよみがえってきました。

子どもにとっては「おばさん → おばあさん」よりも、「おねえさん → おばさん」のほうがショックが大きいみたいね。幼いお子さんがいらっしゃる方は、できるだけ長く、若くて可愛いママでいられるよう頑張ってください(笑)

ところで、たくませいこちゃんが、コメディエンヌのコンテストの予選を勝ち抜いて、このたび本戦グランプリに出場されるそうです。

エミィ賞グランプリ2017


グランプリは11月20日(月)近鉄アート館にて開催です。娘ちゃんのためにも、頑張ってほしいなぁ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年10月28日 (土)

着物好きに読んでほしいサイト

なぜか帯芯が入ってない袋帯を2本持ってます。帯自体は気に入ってるんですが、ふにゃふにゃ、ふにゃふにゃ(笑)



どうしたものか。あえて帯芯を入れない仕立て方、着方があるのかな? ネットで検索して調べてみましたら、

袋帯には必ず帯芯を

という記事にヒットしたので、さっそく読みました。なるほどなるほど、よーく理解できました。ぜったい帯芯を入れようっと!

というか、ふにゃふにゃ帯のおかげですごいサイトを見つけたものです。こちらの「着物レクチャー」めちゃくちゃわかりやすいです。着物にかんする深い知識、お役立ち情報が満載!悩んだり、迷っているとき、こちらを読めば、きっと解決策が見つかるのではないかと思いました。

読み応えあります。ぜひ読んでほしいです。

あらた工房 着物レクチャー

東京友禅の腰原新一氏のお嬢様、あらた工房の染色家の佐藤節子さんが執筆なさっています。さすが説得力があります。

私もブログにこんな花も実もある良質な文章が書けたらどれだけいいか、と思いました。レベルが違うっちゅーの。憧れます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2017年10月27日 (金)

皇室御用達の草履店、菊之好(きくのこのみ)さんに行ってきました

知る人ぞ知る、皇室御用達製品を扱う大阪の草履店「菊之好」(きくのこのみ)さんに行ってまいりました。小売ではなく、問屋さんなので一般消費者向けのホームページなどは作っておられません。



今日と明日は年に一度の「せいもん払い」で、このあたりの履物問屋さんが消費者向けの売り出しをなさっています。菊之好さんに開店直前にうかがうと、すでに何人かのお客さんが店舗前に並べられた売り出し品を選んでおられました。



サイズありきの私は、すかさず「Lサイズのお草履を見せてほしいのですが」とお願いしましたら、なんと三階の倉庫に案内してくださいました。

ズラリと並んだ草履の台が壮観。(ブログ掲載の許可を頂いています)



こちらは、せいもん払いの売り出し品ではないですが、実はいつ行っても問屋価格なので、上質でセレブなお草履が市価より、かなり、かなりお安いです。



お値段は書けませんが、本当に驚きました。礼装用、おしゃれ用、あらゆる素材、サイズのお草履が箱に入れられ整然と並んでいます。



鼻緒コーナーです。台と鼻緒を選んで、店内ですげてもらえます。



さすがに鼻緒も上品なお品ばかり。ちゃんとトレンドを押さえておられるので、古くささは皆無。こちらも問屋価格です。



利休バッグなど、和装バッグもたくさんありました。



畳表か夏のパナマがあればと思っていたのですが、あいにく今日は畳表の在庫がなく、パナマにかんしては受注生産になるそうです。今日は、せいもん払いの大売り出しでお客さんが多いので、オーダーするならもっとゆっくりした時のほうがいいと思いまして、日を改めることに。

草履を新調するならこちらでと、心に決めました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年10月26日 (木)

庶民派 私のヘアケア

せっかく上等で素敵なお召物なのに、日頃のヘアケアをおざなりにして、コーディネートを台無しにしている方々のことを先日書きました。

優先順位が違います

強い語調で書いているのは、自戒を込めて、我が身にも向けてるからですわ。髪が大事なことを解っていながら、すぐに手を抜いてしまいバサバサでも平気になる。元々、髪を触ったり、手入れするのがあんまり好きじゃなくてね。

そんな私がおススメするヘアケア製品ですから、あまり説得力がないですが(笑)とりあえず今、髪の調子が最高に良いので紹介させていただきますね。

まずはシャンプーとコンディショナーは、もうかれこれ5〜6年ダヴです。

庶民派 私が好きなシャンプー

そして、シャンプー、コンディショナーの後に、同じくダヴのトリートメント(左)を使い始めて、劇的に髪質が改善しました。洗い流すタイプです。バサバサの硬い髪なんですが、手触りが柔らかくなり、艶も出てきました。うっとりしています(笑)



そして毎朝のスタイリング(および寝ぐせ直し)は、あらゆる製品を試してああでもないこうでもないと試行錯誤した結果、ついに運命の一本に出合いました!

スティーブン・ノルのヘアクリーム(右)です。私はストレートヘア用を使っていますが、艶が出てスタイルも簡単に作れて、めちゃくちゃ気に入ってるんです。クリームだけどべとつかず、さらっとしてます。香りもきつくなく、さっぱりと洗練されてます。甘い香りが苦手な人にはいいかも。もちろん私が勧めるぐらいだから安い!900円ぐらいで買えます。

コーセー化粧品の製品です。ドラッグストアで最初に見た時は何て書いてあるのかわからなくて、「クノールかな?」と思いました(笑)今も覚えられなくて「クノール」と呼んでいます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2017年10月25日 (水)

盛らない、足さない

今は新しい物を求めるより、手持ちの着物をとことん活かす工夫をしろということなんでしょうかねぇ。

ということで30代によく着ていた訪問着を、50代〜仕様にするにはどうしたらいいか、考えてみたいと思います。

まず長めの袖丈を短くして、1尺3寸に直したいです。これは必須。



義母が選んでくれた四季花の唐織の袋帯は、この着物には若々しすぎるので、新たな袋帯を探そうと思います。

無地の着物が多い私には、こういった多色使いの着物のコーディネートに慣れてないので、挙動不審になりそうなのですが、堀越希実子さんのセオリーにのっとり考えますと、着物を主役にして、帯は脇役に徹してもらうのが良かろうかと。となると帯は主張しない単色か、無地に近いものということになります。爪綴れのぼかしの帯なんて素敵ですよね。

地色は、春なら白ベース、秋冬なら焦げ茶〜濃鼠といったところでしょうか。やわらかめの墨黒もありかもしれません。訪問着に締めるので、少し金糸や銀糸が入っていたほうが良いかな。いづれにしても「赤み」と「暖色」は、ここには入れたくないと考えています。



帯揚げは、これも堀越さん流に白で。帯締めは実際に帯を選んでから考えるつもりですが、私が好きな冠組では弱いので格がある礼装用を探そうと思います。

コーディネートのキーワードは「引き算」。ただでさえ身体が大きく目立つ私なので、「大袈裟にならない」「たいそうにならない」「迫力が出ない」ことが大事。ちょっと寂しいな、あと一つ足りないなと思うところで止めたほうがうまくいくような気がします。

この着物に限らず、どんな着物の時も「引き算」はいつも私の頭の片隅にあります。奇天烈で派手な名古屋帯は締めても(笑)、決して盛ったり足したりしないんです。半衿は白、足袋も白、帯留めはしない、根付もつけない、髪飾りもつけない。そのほうが気持ちが落ち着くんですよ〜。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年10月24日 (火)

返品送料にご注意

例の大島紬ですが、最後の最後まで悩んで考えた末、返品することに決めました。たとう紙を開けて着物を見てしまうと気持ちが揺らいでしまいそうで、最後のお別れもせず、そのまま箱へと戻す。そして気が変わらぬうちに宅配会社に持っていきました。

しかしアレですね、送料が値上がりしていて、ちょっとびっくりしてしまった。箱が長いから1600円でした。購入した時は送料無料で送ってもらったので、送料のことがあまり頭になかっただけに、こんなに値上がりしたのか、と思いました。というか、これが普通なのかもね。配達員さんのご苦労を考えると、今までが安すぎたのだと思います。

しかしながら今回返品したことにより、購入時の送料無料も反故になるので、そっちの代金も私が持つことになります。1600円×2=3200円、痛いわ(笑)

お勉強代ですね。

今後は、実店舗に買いに行けるのに、何でもかんでもネット通販で安易に注文することは慎もうと思った次第です。



用事で郵便局に寄ったら、大阪名物551蓬莱の豚まんと餃子のサンプルが置いてました。なんと郵便局の方がフェルトで作ったんだって!可愛い。

手芸ができる人って本当に素敵だわ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年10月23日 (月)

阪急マルーンの帯を締めてみた

大島紬を返品するかどうか、まだ迷っております。今日は着付けの自主練の日なので、本当はその着物で練習したいところですが、結論出すまで触っちゃダメなので我慢。いつもの白大島にしました。

こちらも置いておくか手放すか、迷っている阪急マルーンの名古屋帯を締めてみました。



ええっと、昭和くさいけど悪くないかも。本当は粋を目指していたのに野暮になってあいすいません、と帯がけなげに言ってるような気がしてならない。野暮で結構!このヒトを何とかしてあげたいと思ってしまいます。



先日、セルフドライクリーニングに持って行った時も、係のおねえさんがなぜかこの帯だけに興味を示していたのが、妙に心に引っかかっております。実は人気ある?



長さもちゃんとあるし、締めやすいので全会一致で(一人だけど)残留決定!というか、このヒトにはぜひ戦力になってもらいたいです。一緒にガンバロー!



そういえば最近、阪急マルーン色が入ったクレパスが発売されたそうですよ。

私もこの帯を締めて、いつか阪急電車の前で写真を撮らなきゃね。観光客のフリして(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年10月22日 (日)

似たような着物ばっか!

先日、嬉々として購入した大島紬が届きました。

大島紬の「陽」に救われて

うれちいな♪ うれちいな♪ 期待で鼻を膨らませながら、たとう紙を開けてみたのですが。

うっ! 違う、違うよ!黒じゃないじゃん! 商品説明には黒と書いてあったから買ったのに、黒じゃないよ!ガクッ。

<10月24日追記 = 返品したので画像を消去致しました>

いえいえ、遠目には確かに黒に近いんです。ただ、織り方を見ると、藍色×黒色なんです。だから真っ黒じゃないんですよ。私が欲しいのは純粋の黒だったんでね・・・。思い描いていたイメージと違いました。

これは私の知識不足だと反省。黒一色の大島紬が欲しければ、大島は大島でも大島を選ぶべきだったんだよね。知らなかった〜。勉強になりましたわ!

<10月24日追記 = 返品したので画像を消去致しました>

欲しかったイメージとはちと違いましたが、仕立ても丁寧でなかなか良い着物なんですよ。サイズも合うし、八掛の色も良い。自分にはとても合う着物だと思います。はっきり言って、どストライクの着物なんです。

それなのに「返品しようか、するまいか」を迷っている私。



というのも同じような大島をすでに持っているから。既存のほうが柄が多くて、黒より藍が勝っていますが、似たような感じ。

はああ〜、またか。同じような着物を選んでしまって、うんざり(笑)まぁ、それだけ自分の好みど真ん中ということなんでしょうけど。

今回の着物も好きは好き。片方を単衣に仕立て直せば、問題ないんじゃね?

でも、本当に欲しかったのは純黒。今なら返品も出来る。

どうしよう、どうしよう。迷っています。結論が出ません。

(もし返品することになりましたら、画像は消去します)

追記 : ちなみに1枚目の画像、布だけを写すと白く光って色が正確に出なかったのですが、紙(今回は証紙の切れ端)を布の上に置いたら、なぜか正確な色に写りました。SNSやってる方の参考になれば!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村









2017年10月21日 (土)

優先順位が違います

先日、呉服屋さんが主催する着物コンテストのビデオを見せてもらいました。出演者はそのお店で着物と帯を購入した顧客です。パリコレのランウェイよろしく、スポットライトを浴びながら一人ずつステージへと歩く、まさに晴れ舞台といった感じでした。

さすがにみなさん、ウン十万、もしくは百万越えの高価で素晴らしいお着物と帯をお召しになっていて、本当に素敵だったのです。着物と帯が。

(なぜ? なぜなの?)

わたしゃ、映像を見ながら心の中で思いっきり叫びましたよ。

(そんな素晴らしいお召し物なのに、なぜ髪だけおざなり?)
(身内の会といえどもファッションショーなのに、なぜ美容院でセットしてこない?)
(着物と帯の百分の一の予算でいいから、髪に回せば良かったのに)

せっかく素晴らしい着物と帯なのに、なぜか皆さん髪だけ普段のまま手抜きしてはるんです。あんまりだ!と思いました。ご自分でセルフアップしている髪の長い方はまだマシ。ひどいのはショートカットの方たち。寝ぐせがついたままに見えるボサボサヘア、いかにもトリートメントしてなさそうな艶のない髪、洗いっぱなしで乾燥したチリチリパーマヘア。

ひどい、ひどすぎる。高価なお着物と帯が台無しだ!見てるこちらが涙目になりました。やはり一髪、二化粧、三着物ですよ〜。ハレの場でいちばん力を入れないといけないのは髪!優先順位が違います!

美容院でセットするまでもないショートヘア(ショートでもここぞという日は行った方がよいと思うけど)なら、なおさら日頃のヘアケアをちゃんとして髪質に気を遣わないとね。ドラッグストアに行けば、800円ぐらいからトリートメントが買えますやん。一本買っとけばショートヘアなら20回ぐらい使えるわけでしょ。トリートメント一回につき約40円でっせ。

100万越えのお召し物を着てる方々が、なぜ髪のための40円を出さない? (笑)

本当に本当に残念でした。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村











2017年10月20日 (金)

大島紬の「陽」に救われて

親のプライバシーでもありますし、あまり介護のことをブログに書かないようにしているのですが、それはもう毎日いろいろなことが起こります。前日まで体調が良かったのに、急に具合が悪くなるという頻度がだんだん狭まってきました。

今週は特に体調がすぐれず、私自身の予定もすべてキャンセル。親の体調も、仕事もプライベートも、思い通りにいかないことばかりで落ち込んでました。

今日はケアマネジャーの訪問日でいろいろと相談できたことと、詳しいお友達がラインで神アドバイスをしてくださったことで、かなり気持ちが落ち着いてきました。ありがたいことです。

で、そんな暗めの一週間だったので、熟考したうえで自分を鼓舞するために着物を買っちゃいました〜。はああ〜。

もう着物は増やしたくないって、言うてたのは誰ですか?もう袷は要らないって、どの口が言うてましたっけ?苦笑しながら、自分にツッコミを入れております(汗)

<10月24日追記 = 返品したので画像を消去致しました>

ネットショップで純泥染の大島紬の仕立て上りを見つけました。黒地に飛び柄で源氏車が描かれています。

実は黒地の着物は、結城紬で欲しいと考えておりました。最近は結城紬にばかり目がいってしまい、大島紬の良さをすっかり忘れていたのですが。

いやいやいやいや。やっぱり大島紬ってすごくいいですよね!軽くて雨に強くてシュッとしてて扱いやすい。何より布から放たれる「陽」のオーラが素晴らしい。南国生まれだからでしょうか、大島紬をまとうと、気持ちが明るくなるような気が致します。陰鬱とした気持ちを吹き飛ばしてくれる、あっけらかんとした陽のパワーを持つ着物だと思います。

そういえば、数年前に鹿児島に行ったときに驚いたことがありました。鹿児島駅の中心地にいたのですが、晴れていて太陽が出ているのに、アッという間に雨(スコール)が降ってきたのです。傘を持ってなかった私は大慌てでうろたえたのですが、鹿児島の人たちは誰ひとり慌てないんです。多少、雨が降っても傘をささずに濡れながら悠然と歩いてるんですよ。

どうやら、晴れてる日でも突然スコールに遭うことは日常茶飯事のようで、みなさん慣れてはるみたいでした。誰も「天気予報はずれた」なんて言わない。晴れも雨も共存させ、丸ごと受け容れる大らかさを感じました。

そんな土地柄で生まれたから、強さと陽気に溢れた着物なんでしょうね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2017年10月18日 (水)

重要無形文化財伊勢型紙

先週、京都の文字さんのお店で開催された伊勢型紙の講演会に行ってまいりました。



当日の会場の様子です。染処古今 四代目の安江敏弘さんが伊勢型紙の語り部としてお話してくださいました。主題は伊勢型紙人間国宝三人衆(六谷梅軒、南部芳松、中村勇二郎)でしたが、染師の安江さん自身のお話が素晴らしかったです。15歳で島根から京都に来て、厳しい修行に耐え、幾多の苦労を乗り越えられた半生。胸を打ちました。

人間国宝伊勢型小紋の作品紹介

そして安江さんが図案を考え、中村勇二郎氏が型紙を彫った、伊勢型小紋の数々を拝見しました。

ご覧ください。細かい「母」と「父」の字が文様化されています。故郷の両親を想う安江さんの心がにじみ出ています。



皇室に献上された古代菊の柄です。左の小さな菊が皇后陛下、右の大きな菊が天皇陛下へ。精緻で端正な逸品にため息が出ました。



講演会を主催された文字さんのお召し物も、重要無形文化財伊勢型紙の四百選です。なんと一枚の着物に400の柄が彫られているそうです!



こんなに贅沢なのに、遠目だと無地に見えるところがクールですよね。大人です。かっこいい!

反物の地色も日本の風景にしっくり溶け込む色揃え。安江さんが過去100年間の人気色を独自に研究調査なさり、厳選したお色目ばかりだそうです。

何かと気忙しい余裕のない毎日ですが、良いお話、良いお着物を拝聴、拝見できて、豊かな気持ちになりました。ありがとうございました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年10月16日 (月)

雨の休日に想うこと

久しぶりに仕事の話をば。

出来るだけ長く働くため手に職をつけようと、50過ぎてから調理師免許を取りました。調理の仕事を始めて5年、今の会社で3年目です。親と同居するため実家に戻り、実家に近いからという理由だけで選んだ会社なので、長く勤めるつもりはなかったんです。いつかは独りになり、自分の家に帰ることになるだろうから。

食べ物を扱う仕事をしている方ならわかってもらえると思いますが、なぜか絵に描いたような意地悪な人が職場に必ず一人いるんです(笑)弱い立場の人間に目をつけ徹底的にいじめ抜きます。齢くってるのに新人の私はターゲットになりやすく、ずいぶんやられたものです。辛抱したり、時にはキレたりと、悩みながら、相手に対しての対処の仕方も覚えていきました。

この仕事をする限りは、辞めて次の職場に行っても同じ。どこに行ってもキツイ人は必ずいるものだとあきらめておりました。この4月に社内異動で新しいキッチンに移ったときも、うるさ型が多そうでかなり、かなり、警戒していたのですが。

ところが予想に反して優しい人ばかりで拍子抜けしました。この半年、一度も嫌な思いをしたことがなく、5年目にしてやっとストレスのない居場所を見つけることが出来たのはラッキーとしか言いようがない。奇跡だと思っています。上司や同僚に恵まれたこともあるのですが、5年目で自分自身がようやく及第点を取れるようになってきたからかなとも思います。今までは仕事が出来なさすぎた・・・。

今の職場は一時的のつもりだったのですが、出来たら一生おりたいとまで考え始めています。自分自身の住まいも売却して、こちらで終の住処を探そうかと。

日経ウーマンを読んでいると、これから日本女性の半数が90歳以上生きるそうです。長く生きるためにはお金が要ります。先は長い。フィナンシャルプランナーの方が「働き続ければ、老後は短くなる。定年後も働き続け、年金と今ある資産だけに頼る期間を、できるだけ短くして。どんなにお金があっても早期リタイアはおすすめしません」と書いてましたが、私もそう思います。

頼れる夫も子どももいません。一日でも長く働けるよう健康に留意しようと、改めて誓った雨の休日です。


月曜なので、着付けの稽古。



今日は茶色の十日町紬の気分。茶色=お金なんですって。やっぱり(笑)



名物裂の名古屋帯。文様を調べてみますと、伊予簾緞子(いよすだれどんす)でした。紺、萌黄、白、茶などの縞に、宝尽文が織り出されています。はああ〜打ち出の小槌が欲しい(笑)



最初は苦痛だった着付けの稽古も、週一でも続けていると、だんだん慣れてきて楽しくなってきました。仕事と一緒だ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年10月14日 (土)

来週の楽しみなイベント♪

とうとう田舎の我が家の近くにもカーブスがオープンしました。他にも中高年向けのスポーツクラブが続々と開業するもよう。やっぱりね〜。2年後には日本女性の半数以上が50歳超になるだけに、スポーツクラブ市場も完全に中高年ターゲットにシフトしたみたいですね。

私? 私は大丈夫。立ち仕事で重い食材をバンバン持つ肉体労働者だから。カーブスに行かなくても、仕事で運動してるから太らないもん。その証拠にお腹も縦に割れてるハズ・・・・・。

って、横に割れとるがなー!!!しかも三段!!!

はああ〜、すっかり油断してました。仕事で運動してるから食べても太らないと信じてたけど、そんなに甘くなかった。この腹の出方はおそらく3キロ増。そういえば最近身体が重くて、動くのが億劫になってたんだよね。

はああ〜、このお腹何とかしなきゃ。身体が重くて、気持ちもどんより。とりあえず、来週水曜日のこのイベントに行って刺激を受けてこよう!



吉本興業のアクロバット女性芸人、こっこさんのイベントです。同世代とは思えぬ、鍛え抜かれたナイスバディ!身体も軽やか、フットワークも軽く、性格もお金持ちのお嬢さまらしく能天気で天真爛漫で軽い(笑)本当にすべてがうらやましいです。



なんばグランド花月の爆笑王と言われた伝説芸人「Mr.ボールド」師匠の追悼イベントです。当日はお弟子さんのこっこさんが師の遺志を継いで、アクロバット芸を披露されます。

THE SHOW 芸人~Mr.ボールド15回忌追悼イベント~

会場 : YES THEATER(大阪市中央区難波千日前11−6)
日時 : 2017年10月18日(水)
時間:18:30開場 19:00開演

出演者:こっこ、めぐまりこ、松旭斎小天正、内海英華、桂あやめ、シルク、東村雅夫、矢野勝也、ほか
ゲスト : ミスター大久保
特別ゲスト:オール阪神・巨人

料金:指定席前売り4,000円  
お問い合わせ : 0570-550-100 チケットよしもと



われらが婦人会会長の、めぐまりこさんの構成、演出です。A型で何事にも全力投球、手を抜くことができないキッチリしたまりこさんが、真逆のこっこさんをどう料理するのか、楽しみです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年10月12日 (木)

着物は中高年女性の身を守る

昨夜、テレビの歌番組から「新宿は西口の間口五尺のポン太の店がとうとうつぶれて泣いてるヒロ子」というインパクトの強い歌詞が流れてきて、思わず家事の手を止めて画面に見入る。

ちあきなおみ「新宿情話」という歌らしいです。神野美伽さんと坂本冬美さんとでデュエットしてましたが、名曲にお二人とも力入ってるのが伝わってきました。



楽曲の魅力に引きづられ、お二人のお着物姿をまじまじと眺めてしまいました。色白で細面の坂本さん50歳、なで肩で姿の良い神野さん52歳、どちらも着物姿が板について本当にうらやましい〜。



そしてたまたま今日は、母のお供で坂本冬美さんのコンサートに行ってきました。

「あばれ太鼓」「祝い酒」「能登はいらんかいね」「火の国の女」「夜桜お七」「また君に恋してる」「白夜行」などのヒット曲を中心に2時間のステージ。振袖、ドレス、訪問着、振袖と4着のお衣装をお召しになってました。歌謡浪曲「梅川忠兵衛」(冥途の飛脚)に合わせた、雪持松の白い着物が最高にかっこよかったです。

坂本冬美さんも若いときより今のほうが綺麗ですよね。50歳になって、ますます女っぷりが上がってらっしゃいます。演歌の歌い手さんはみんなそう。年齢を重ねるにつれ、劣化するどころか、どんどん綺麗に見えてくる。年齢を重ねることが不利にならない着物って本当にいいですね。

かつて林真理子氏が「おばさんが若い娘に負けない唯一のアイテムは着物」というようなことを書いておられましたが、同感です。今さら若い娘に勝ちたいとは思いませんが(笑)、着物を着ることによって「いちもく置かれる」「大切に扱ってもらえる」「舐められない」って、すごく大切なこと。外に出るとおばさんというだけで傷つけられることが多いもん。着物って中高年女性の身を守るアイテム、防御服でもあるよね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年10月11日 (水)

帯をたたみ直しました

実は今日から三連休(珍しい)なのですが、旅行にも行けませんしね。いつもと変わらず、両親と過ごしています。

時間と気持ちの余裕が出来たらやりたいと思っていた、帯の整理(アイロンがけ、しわ伸ばし、たたみ直し)をやってみました。

実家にも桐箪笥がないので、帯は普通の箪笥に収納しています。今はたとう紙に入れてません。紙に包まずなるべく空気に触れさせたほうが、いいような気がしてるのですが、どうでしょう。



帯を一枚ずつチェックして、ヘンなところについてる折り皺を、スチームアイロン&あて布で伸ばしました。リサイクルで購入した帯の中には個性的なたたみ方をしている品があり、すべてスタンダードに直しました。

でもアイロンでは、たたみ皺はあまり伸びなかったです。熱で帯を傷めるとまずいので、完璧を目指さずそこそこにしておきました。



それでもバラバラだった、帯のたたみ方を一律にして揃えたので、ピシッとして気持ちい〜い(笑)

心なしか箪笥の中もスッキリ。数は同じなのに嵩が減って、隙間が出来ましたわ。自己満足。



引き出しひとつに帯が20本で、合計60本弱。私の自宅にあと10本程。

上に三つ並んでいる小引き出しには、帯締め、帯揚げ、長襦袢、下着類、小物類を収納しています。良く入ります。でも管理がたいへんになるので、なるべく増やさないようにしたいもの。物欲とのせめぎ合いです。

ちなみに着物は左の洋服箪笥の下段に収納しています。数は少ないものの着物の場合は引き出しひとつでは収まりきれず。今、メンテナンスに出している着物が戻ってきた時どうしよう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年10月 9日 (月)

男着物を女らしく

月曜なので着付けの稽古をば。

男性用の反物から仕立てた白大島紬。一匹あったので、着物と道行をアンサンブルで誂えました。



なんとなく今日は、紺の塩瀬帯で正統派になりたい気分でした。光悦垣とお花(菊にしとこう)の刺繍が施されて、女らしいですよね。質実剛健な男着物を女性らしくコーディネートできたと思います。



朱色の八掛も今日のコーデならオッケーですわ。

八掛の色、大失敗

というか、だんだん朱色の八掛で正解だったような気がしてきたよ(笑)



八掛の色も私には微妙だし、この白大島も単衣に仕立て直そうと目論んでいたのですがね。揺らいできましたよ。どうしよう。(ワンシーズン保留にして考えてみます)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


体育の日の今日は献血してきました。献血終わりに地元のロータリークラブのご厚意で、薄手の毛布と目覚まし時計をいただきました。自宅に持って帰ると、国産の質の良い毛布だと母が大喜び。

「もう一枚あれば、お父さんと私の分が揃ったのに」と母。
「そうねえ、目覚まし時計ではなく、もう一枚毛布くださいと言えば良かったかな。一瞬そう思ったんだ」と私。
「あたりまえやん。言えば毛布に替えてくれたに違いない。そういう時は咄嗟に機転を利かしてお願いしなきゃ!」
「えええ〜、でも他にも並んではる人いたし、そんなあつかましいこと、私よう言わんわ」
「いやたぶん言っても大丈夫だったと思うよ〜。あ〜あ、一瞬の判断、間違えたわね。チャンスを逃したね〜」

母にさんざん言われたあと、父なら私の味方になってくれると思い、

「ねえねえ、目覚まし時計より毛布二枚もらったほうが良かった? 」と言ってみたら、
「あったりまえやないか!そういう時は、毛布をもう一枚欲しいので買わせていただけませんか?と言うんや。そしたら、たぶんタダでくれるから」と父。
「でもあつかましいよ。タダは無理やわ」
「何言うてん、欲しかったなら、金出してもええやないか。もっと機転を利かさなきゃ。あ〜あ、一瞬のチャンス逃したな」

父も母と同じ意見でしたわ。

毛布と目覚まし時計をいただいて得したはずなのに、逆に損した気分になってるのは何故?(笑)それにしても父も母も言いたい放題だよね。二人とも身体が動かなくてヨボヨボなのに、なぜか口だけは達者なんです。喜んでいいのやら・・・。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年10月 7日 (土)

袷を減らして単衣にシフト

袷着物の季節になりましたが、今日みたいに気温が高い日は単衣か袷か迷うところです。

トルソーに着せるばかりの私が言うのもアレですが、年間を通じて気温が高い大阪では、袷の着物を着る期間がだんだん短くなっているような気が致します。

衣替えルールをまったく無視して、自分の感覚(大阪在)を書いてみますと、

1月〜3月 袷
4月 袷〜単衣
5月 単衣
6月 単衣〜薄物
7月〜8月 薄物
9月 単衣
10月 単衣〜袷
11月〜12月 袷

単衣着用期間は6月と9月の2カ月というのが通説なのに、私的には4、5、6、9、10月と5カ月にも膨らんでますがな!

なぜ4月、10月も単衣かというと、帯を締めるとお腹が温まりますからね。体感温度が2割増しになると思うんですよね。

あとね、羽織物との兼ね合いがあります。

薄物羽織 + 単衣着物
単衣羽織 + 単衣着物
単衣羽織 + 袷着物
袷羽織 + 袷着物

これに長襦袢(薄物、単衣、袷)が加わるから、さらに組み合わせを考えるのがややこしいんだけど。

寒さよりも暑さがこたえる私は、着脱が出来ない長襦袢と着物はなるべく軽くしておいて、羽織物で温度調整したほうがいいような気がするんです。となると出番が多いのは、袷着物より単衣になるはず。

というわけで、単衣着物が一枚しかない私は、今後、手持ちの袷の何枚かを単衣に仕立て替えしようと思うんですよね。



手始めはこの江戸小紋。共八掛のせいなのか重くてたまらん着物なので、単衣にして軽くしたいと思います。両面型染で表が鮫小紋、裏が万筋でして、どうせ解くなら万筋を表に出そうかな。

着物をなるべく増やしたくない。でも単衣は欲しい。そんな私にとって、いくらでも仕立て替えができる着物って本当に便利です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年10月 6日 (金)

義母のコーディネート

完全オフの今日は一日中雨がシトシト。疲れがどっと出たのか、朝も昼も寝てました。惰眠を貪り無為な一日だったのか、睡眠がとれて意義があったのか。とりあえずせめてもの着付けの稽古です。



二重太鼓をやってみようと思い、取り出したのが、お義母さんに結納のときつくってもらった辻が花の訪問着と袋帯。実は30代に6年間だけ結婚してました(笑)

夫とはうまくいかなかったけど、京都で華道と着付けの教室を開き、大勢のお弟子さんに慕われているお義母さんが大好きでとても尊敬していました。離婚のとき、お義母さんと別れることだけが辛かったです。



結納前にお義母さんがあらかじめセレクトした反物を6本ほど見せてくれて、最後は私に選ばせてくれました。帯合わせはお義母さんにおまかせしました。まさに義母のコーディネートですね。懐かしい思い出です。涙が出そう〜。



見れば見る程、凝った着物で今更ながらありがたく思います。



一ヶ所、絞りの糸を抜き忘れた箇所を発見(笑)ご愛嬌なので、あえてそのままにしています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年10月 4日 (水)

「堀越希実子の着物ごよみ」に学ぶ

十二代目市川團十郎夫人で、長男が十一代目市川海老蔵丈の堀越希実子さん。「堀越希実子の着物ごよみ」という本を2005年に出版されたものの、直後に海老蔵さんの暴行事件が起きて、ほどなく絶版。今やamazonでも高額でしか買えず、あきらめていたのですが、灯台下暗し、なんと市立図書館に置いていたのでさっそく借りて読みました。

歌舞伎の名門・市川宗家を支える妻、母として、またご自身も成田屋由縁の着物ブランドのデザイナーとして、センスを磨いてこられた希実子さんの12カ月のコーディネートを紹介している本です。長女の市川ぼたんさんも希実子さんのお若い頃の着物をお召しになって登場しておられます。



名門の奥様なんだけど、銀髪ショートヘアで、颯爽としていて都会的で、ほんのすこし不良の匂いもして・・・かっこいい女性だと思います。それでいて上品。そんな堀越希実子さんの装いにたいする考えをまとめますと、

◯客を迎える立場なので「出ず入らず」で仰々しくなく、品良く見えて、地味からず派手にならないように。そして自分が着たい色を。

◯着物と帯と小物は、全体に色数を抑える。

◯衿元の白、帯揚げの白、足袋の白。3つの白で全体の印象をすっきり見せる。衿元からつま先まで、白のバランスを意識した着こなし。

◯着物が主役の時は帯を脇役に。帯が主役の時は着物を脇役に。引き算をする。

希実子さんの着物の色選びは、歌舞伎座の定式幕である柿色、黒色、濃緑色を意識した渋い色が中心なんだそうです。お仕事柄もありますが、ご本人も渋好みでいらっしゃいます。



特筆すべきは、希実子さんが年間を通して、どの着物と帯でも「帯揚げは白のみ」と決めておられることです。すべて白の帯揚げでコーディネートされてましたし、帯締めもほとんど白系か薄い色なんですよ。

なるほどな、と思いました。私なんぞはすぐに帯締めや帯揚げで「色を挿す」ことを考えますが、逆に白で抑えることが、洗練と格上げに繋がるということですね。

それにしても、白の帯揚げに決めているなんて、なんて潔くてキッパリしているんでしょう。ハンサムウーマンだわ。よく考えてみたら、白の帯揚げさえあれば他はなくても大丈夫かもしれませんね。京都の花柳界の方が、ほぼ白の飛び絞り一枚で通しているのと同じ。

白の帯揚げ、買う! 影響されるの早っ!(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年10月 3日 (火)

羽織紐をどうしよう問題

先日、拝見した白洲正子展で知ったのですが、白洲正子さんのお母様もたいへんお洒落な方だったそうです。当時、羽織紐は綿入りの丸ぐけが当たり前だった時代に、お母様が「組紐で羽織紐を作ったらどうかしら」とアイデアを出されたんですって。それが爆発的人気を呼んで、現在に至るらしい。日本で組紐の羽織紐を身に付けた最初の人が、白洲正子さんのお母様ということですね。

そうか〜、羽織を仕立てに出してる最中の私も、そろそろ羽織紐をどうするか考えないとあるめえな、てやんでえ!・・・ということで考えてみました。

実は一つ持ってるんです。伊賀組紐の羽織紐。白系だけど黒羽織にいけるのだろうか? なんとなく黒っぽいほうがいいような気がするんだけど。



あと、羽織紐にも種類があるみたい。ゑり正さんのサイトによりますと、

◯女短(めたん)20〜25センチの一般的なサイズ。一重結び。(私が持ってるのがこれですね)

◯女中(めちゅう)35〜40センチ。長羽織向き。蝶々結びなど飾り結び。

◯無双(むそう)天然石、とんぼ玉、小田巻などが中央についたもの。マグネット式もある。

これはもうダントツで二番目の女中がいいです、私は! 長いほうが結びやすそうですし。

でもね、本当はこれがいいんだけど(笑)↓



男性用の礼装の羽織紐、房がフサフサで可愛いと思いません? うらやましくて仕方ないんだけど。男性用の羽織紐で探してみようかな〜。さすがに白の房は礼装用なのでまずいと思うけど・・・。

あと、白洲正子さんのお母様とは逆に、丸ぐけの羽織紐もいいなと。むしろ今は新鮮だよね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年10月 2日 (月)

青いキモノ

着物には流行がないと言われてるし、私もそう思い込んでいたけど、とんだ勘違いでした。流行ははっきりありますね。赤い長襦袢、朱色の八掛、道行コート、綸子の総柄小紋・・・私が持っているものだけでも、ざっとこれだけ「今じゃない」物があります。

そしてもうひとつ、今のトレンドから外れているものをみっけ!それは青い着物。藍や水色は人気があってよく見かけるけど、青の着物ってあんまり見ないような気がする。明らかに今の主流から外れた色だと思います。

でも好きなんです。ときたま、無性に青い着物が着たくなります。今日もそんな気分でした。

光沢がある十日町紬に、



同色系の染帯を合わせて。



帯揚げも青、帯締めも茄子紺にして、徹底的に同色系で攻めてみました。



というか青の着物に合う帯は青系か白系しか私には思い浮かばないんですよ。青い着物に青い帯なんて、邪道かもしれないけど、ついやってしまいます。好みだから。



そして先日、吉澤暁子先生に習った帯揚げの結び方をやってみましたが大幅時短です。自己流の半分の時間で、ストレスフリーで出来ました。感激です!

どんな方法かここに書きたいけど、企業秘密かもしれないから控えますね。吉澤先生は雑誌「七緒」にも出てらっしゃるので、そちらで公開なさっているかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2017年10月 1日 (日)

阪急マルーンの名古屋帯

箪笥の中に70本ほど帯があるのですが、実はちょっとずつ数が減っていってます。今後締めないであろうと判断した帯は、なるべくお人に貰っていただくようにしています。

今、迷っているのが、この名古屋帯。



でもな〜でもな〜、帯の地色が阪急マルーンだからな〜。阪急マルーン、捨てがたい。

阪急マルーンというのは、阪急電車の車体の色名です。小豆のようなチョコレートのような、あのこっくりとした臙脂色を指します。

宝塚線の手塚治虫ラッピング電車。



神戸線のわたせせいぞうラッピング電車。



ちなみに2011年の映画『阪急電車』のなかで、南果歩さんがジャケット、戸田恵梨香さんがタイツ、宮本信子さんがストールと、それぞれ「阪急マルーン」色の衣装をさりげなく身に着けていたのを私は見逃さなかったぞ(笑)

今は介護で実家住まいですが、たまに自分の家に帰ったとき、駅で落ち着いた色の阪急マルーンの車体を目にすると本当にホッとするんですよね。とりたてて好きな色でもないのに。(もっと暗いほうが好き)

どうしようかな。一度、コーディネートを考えてみます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村












« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

ランキング参加してます♪

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ