« 伊達静の爪掻本綴織帯 | トップページ | 伊達静の帯を締めてみました »

2017年11月19日 (日)

プロに撮影してもらうすすめ

はあああ〜、おかんさんのお写真のポージングの記事、すごく勉強になりました。素晴らしい。(リンクさせていただきます)

おかんさんのブログ
恥ずかしながらビフォーアフター

おかんさんの記事に触発されて、恥ずかしながら私も思いきって出します。

実は9月に、プロのカメラマンのスタジオで写真を撮ってもらう機会がありました。オーディション写真を撮影する若い友人の付き添いでした。カメラマンさんから「せっかくだから撮りましょうか」と言ってもらい、記念だと思って少しだけ撮っていただいたのですが、たいへん良い経験になりました。

生まれて初めて白バックの前に立つ。視線の向こうには姿見(鏡)があるので、自分のポージングや表情が確認できるようになっています。(そんな余裕なかったけど)

1枚目。直立不動です。1枚撮るごとに目の前にセットされているパソコンで、写真を確認できます。あー、なんじゃこりゃー、棒立ちやん。



2枚目。サイドの髪が重くて顔が大きく見えるので、両耳にかけてみました。「少し笑いましょうか」と言われて笑うも、ひきつり笑い。



5枚目。ポージングに挑戦。「顔は正面、身体は斜めにしてください」「こうですか? 」「はいはい、いいですよ」



10枚目。「手を腰に当てて。はい、顔だけ正面。そうそう笑って笑って」



プロのカメラマンさんがポージングを教えてくれるのと、パソコン画像で1枚撮るごとに写真を確認しながら、あ〜でもないこ〜でもないと試行錯誤しているうちに、ベストショットで写るコツが掴めてきます。(逆にワーストショットに写ってしまう表情、角度、ポーズもよ〜くわかります。あちゃ〜!)と同時に、気に入っていたこのワンピースの色がさほど似合ってないことにも気付かされました。

精神的なものも大きいと思いました。(私は写真映り悪いから)と気持ちが引いてしまったら、それなりになってしまうといいますか。嘘でもいいから(私は素晴らしい。かかってこんか〜い)とカメラに立ち向かう気持ちが大事ではないかと(笑)

あと、やっぱり場数をこなすと、どんどん写り方が上手くなります。1枚目と10枚目、全然違いますよね。もちろんカメラマンさんの腕前と照明に助けられてます。

思いがけずプロに撮っていただいて、貴重な良い経験になりました。一度、着物で撮ってもらおうかな。昔ながらの写真館で肖像写真を撮るのもいいけど、最近は気軽にオーディション写真や宣材写真をリーズナブルに撮ってくれるスタジオがあるみたいです。己を知ることができて、おすすめです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







« 伊達静の爪掻本綴織帯 | トップページ | 伊達静の帯を締めてみました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/72257203

この記事へのトラックバック一覧です: プロに撮影してもらうすすめ:

« 伊達静の爪掻本綴織帯 | トップページ | 伊達静の帯を締めてみました »

ランキング参加してます♪

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ