« 続・ファンファーレが聞こえる | トップページ | 半衿反物と体調のこと »

2017年12月 2日 (土)

お太鼓の柄の出し方を変えてみる

帯結びの際、お太鼓の柄の出し方をいつもと変えて、違う印象にするテクニックを教えてもらいました。

昨日購入した泥大島紬を、八掛と同じ色の塩瀬の名古屋帯で置きコーデしてみました。(証紙無しと思ってたのに、袖の裏に縫いつけられているのを発見。嬉しい)

通常はお太鼓柄が中心に綺麗に収まるように結びますよね。100パーセント柄を見せる状態です。



あえて柄の見せ方を50パーセントとか70パーセントに調整して、無地場を増やすと、控えめで大人っぽくなると思いません?(写真の帯ではあまり成功してませんが、植物文様などに有効かも)

たとえば派手な花模様のお太鼓柄を、全面バーンと出すのはちょっと気分的に重たいなと思ったときに、模様を引き算するのは良い方法だと思いました。



ただし、柄の見せ方を80パーセントぐらいの微妙な割合にしてしまうと、たんに柄の出し方を失敗した人に見られるかも(笑)「柄が上すぎるわよ」と指摘されるので注意が必要です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


« 続・ファンファーレが聞こえる | トップページ | 半衿反物と体調のこと »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お太鼓の柄の出し方を変えてみる:

« 続・ファンファーレが聞こえる | トップページ | 半衿反物と体調のこと »

ランキング参加中♪

  • ランキング参加中♪
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ