« 八掛を替えたい病 | トップページ | リタイア前にやるべきだった3つの後悔 »

2018年1月11日 (木)

黒の真綿紬のコーデを考える

年末に古布の店で手に入れた黒の真綿紬。本結城じゃないけれど、黒い着物が欲しかったので、とても嬉しいです。



黒だから、どんな色の帯でも受けとめてくれるんでしょうけどね。いちおう置きコーデを考えてみました。

お正月らしく、百人一首&梅柄の名古屋帯で。帯締めは紅白の冠組。



伊達静の爪綴れ帯で。白地の帯揚げには金の松葉が描かれています。



辛子色のモダンな名古屋帯も、まぁいけますよね。帯締め(青)、帯揚げ(焦げ茶)の色はこれでいいのだろうか・・・自信がない。いつもワンパターンのような気がしてならない。



実はこの着物の八掛も赤系なんです。が、こちらの赤はスモーキーで落ち着いているのでオッケーです。気に入ってます。



まだ紬が硬いので、たくさん着て柔らかくしたいものです。しばらく寝巻きにする?

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






« 八掛を替えたい病 | トップページ | リタイア前にやるべきだった3つの後悔 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/72669255

この記事へのトラックバック一覧です: 黒の真綿紬のコーデを考える:

« 八掛を替えたい病 | トップページ | リタイア前にやるべきだった3つの後悔 »

ランキング参加してます♪

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ