« 着物はもっと自由なもの | トップページ | 嫉妬されないように »

2018年6月 5日 (火)

一つ紋の重圧たるや

水色の単衣の付下げに、八つ橋の名古屋帯を合わせました。今日もコーリン和装締めと衣紋抜きで長襦袢を着てみたんだけど、衣紋がうまく抜けるし、お腹まわりの紐の苦しさから解放されていいと思いました。



帯まわりはこんな感じ。八つ橋に合わせて、杜若と流水を描いた漆の帯留め。帯締めはイエローの唐組。で、帯揚げは杜若を意識して紫にしたかったのですが、手持ちの淡い紫だとボンヤリしてしまうので、錆納戸色の絽にしました。



昨日「水色の着物は帯合わせが難しい」と書きましたが、訂正したいと思います。帯合わせに苦労した原因は着物の色ではなく、「格」の問題なんだと気付きました。

そう!この付下げ、染め抜きの一つ紋がついてるんです。同時に入手した袷も薄物も同じ紋がついていて、どうやら前の持ち主さんは茶道をなさっていたようです。



リサイクル着物あるある。紋がじゃまー(笑)

紋がついてるゆえに、私が持ってる軽〜い帯ちゃんたちが全然合わせられないです。えらいものでポチッと小さな紋がついてるだけで、着物の格が上がってしまい、緊張感がみなぎってくる。この一つ紋の威光と重圧たるや、おそるべし。



こうなれば選択肢は3つ。

1、紋をとってもらう。

2、紋を気にせず、軽い帯もジャンジャン合わせちゃう。どうせ羽織もので隠せるし。

3、いやいや、やはり紋付きには格上の帯を合わせなくてはおかしいでっしゃろ!

こんな時、皆さんならどうされますか? 私は、意外かもしれませんが、3です。羽織ものを着ても一つ紋の着物に半幅帯とか合わせる勇気は、まだまだ出来そうもありません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



« 着物はもっと自由なもの | トップページ | 嫉妬されないように »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/73628231

この記事へのトラックバック一覧です: 一つ紋の重圧たるや:

« 着物はもっと自由なもの | トップページ | 嫉妬されないように »

ランキング参加してます♪

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ