« 濃紺の紗着物にベージュの紗帯 | トップページ | 手持ちの着物(覚え書き) »

2018年7月 7日 (土)

補正を疑う

記録的豪雨に地震と天変地異が続いています。引き続き、気を引き締めたいと思います。

天候が悪い上に湿度が高く、ジメジメして蒸し暑いです。私が仕事に行ってる間、母が熱中症にならないか心配です。高齢で暑さを感じないようで、なかなかエアコンをつけてくれないんです。また喉の渇きにも鈍感みたいで、あまり水分も摂りたがらないのです。

ということで、アイスキャンデー作戦を挙行。冷凍庫にガリガリくんなどを常備して、暑いときに食べてもらうようにしたら、これは好んでよく食べているようです。



さて、夏着物のシーズンで、たくさんのブロガーさんが、最新の汗対策や夏のしつらえの工夫を紹介してくださっていて、とても勉強になります。

私はといえば、今は自宅で着付けの稽古をしているだけなので、本当に昔ながらのオーソドックスなしつらえです。

よくあるガーゼ半襦袢に、よくある裾除け。今はベンベルグを使ってます。



補正その1。着付け教室の初日にタオル二枚合わせて作った前身頃用。まるでプロテクターみたいですね。私は上半身が貧弱でデコルテが凹んでいるので、胸まわりだけ、もう一枚布を足しています。



補正その2。ウエスト用です。これも着付け教室でタオル二枚に紐をつけて作りました。



補正その3。これも着付け教室で製作。お尻の上の凹んだ部分用です。こちらは面倒なので、今は使っていません。



体型に難ありで補正は必須だと思い、今まで1と2は必ず身につけてきたのですが。

先日の稽古では、あまりの暑さに辟易して補正1(上半身用プロテクター)をやめてみたのです。はい、手抜きしました。



そしたら、逆に着付けがうまくいったような気がしたんです。補正1を付けないほうが胸がパカパカ緩んでこなかったし、衣紋も簡単に抜けた。ということは、この補正は自分には合ってないのかもしれません。

下着と補正。着物の下のしつらえ、要再考です。こればかりは体型や感覚に個人差があるので、自分自身で試行錯誤しながら着地点を見つけるしかないですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





« 濃紺の紗着物にベージュの紗帯 | トップページ | 手持ちの着物(覚え書き) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/73819171

この記事へのトラックバック一覧です: 補正を疑う:

« 濃紺の紗着物にベージュの紗帯 | トップページ | 手持ちの着物(覚え書き) »

ランキング参加してます♪

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ