« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

着ること自体がメンテナンス!

今日は奥さま方と大阪草履買いツアーに行く予定で楽しみにしていたのですが。

なんと奥さま、いつもお着物を購入されている呉服屋さんの催事にお出かけされたところ、低反発の履きやすい草履に出合ってたいそうお気に召したそうです。わざわざ購入する前に「買いたいと思っています」とメールをいただきました。「もちろん、どうぞどうぞ^^」と返事をしたのは言うまでもありません。

というわけで、今回の草履買いツアーは見送りとなってしまいました。残念な半面、ホッとしたりして(笑)お友達と一緒に買い物に行ったら、つられて自分も買ってしまいそうでこわかったのです。ただ今、買い物は自粛中なので。



結局無くなりましたが、まだまだ暑いので、本麻着物と麻帯のこのコーデで行くつもりでした。今、一番気に入ってる組み合わせです。9月になるともう着られないのかな〜(泣)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


一日予定が空いたので、午前中は着物、帯、小物の棚卸し、整理ができました。

というか、実家に多数の着物類を勝手に持ち込んでいるため、実は収納場所がなくて困っているのです。箪笥のスペースを空けるために親の衣類を勝手に断捨離するわけにもいかないので。

小さな整理箪笥を一棹使わせてもらっていて、帯類、小物類はそちらに収納していました。着物はたとう紙に入れて押入れに積んでいた状態(汗)

やはり着物こそ箪笥の中に入れたほうがいいと思って、今朝から箪笥に移し替えました。一部をのぞいて、たとう紙はほとんど外しました。

では帯はどちらへ? ジャーン!



押入れに積みました。トホホ。決して良い方策ではないことは承知の上だけど、今は仕方ない。

おびただしい着物や帯を広げて畳みながら、痛感しましたね。本当に着ないと、しまっているだけでは着物や帯が劣化していく一方だ。どんどん着ること自体が風を通して虫干しになる、着物にとってメンテナンスになりますよね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







2018年8月29日 (水)

観劇に持つバッグのサイズは

上本町の新歌舞伎座で上演中のコロッケさんのお芝居を観に行ってきました。



終演後、楽屋に寄せてもらったり。



美味しいトンカツを食べたり。楽しい一日でした。



コーデは濃紺の紗着物にベージュの紗名古屋帯。朝から猛暑でしたので、大汗かくこと覚悟(私は汗っかき)で出かけましたが、意外にもそんなに暑いと思わなかったんです。

終演後、かなり炎天下を歩いたんですけどね。やはり衣紋がちゃんと抜けてると全然涼しさが違うと初めて知りました。初めて抜けたので(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今日の観劇には右端の山葡萄のバッグを持っていきました。本当は左3つの山中塗りのカゴバッグのどれかを持ちたかったけど、どうも観劇には大きすぎるような気がしてね。せっかく気に入って購入したのになかなか出番がない。正直言って、小さいサイズを買うべきだったと後悔してたんです。



観劇ぐらいなら、財布とハンカチ、スマホと最低限のメイク道具ぐらい入ればいいと薄い山葡萄バッグにしたのですが。

それがね〜、友人からお土産をもらったり、楽屋見舞いの返礼をいただいたり、番附やフライヤー、ペットボトルと現地でどんどん荷物が増えてしまって。

とうとう近鉄百貨店で布バッグを買いました。



もちろん気に入ったから買ったんですけどね。色が可愛いでしょ。友人はパープルかグレーにしたほうがいいと言ったんだけど、着物が地味な私にはこのぐらい派手なバッグで色を挿したほうがいいかと思って。



でも私にとってバッグの二個持ちはNGなんです。必ず片方忘れてくるから。メインバッグとサブバッグを分けて持つのは、あわてものの私にはたいへん危険でして。

二個持ちをしないなら山中塗りのバッグ、大きいほうにして正解だったかも。次はそちらを使ってみよう。



山中塗りのカゴバッグを持った過去写真を見ても、大バッグのはずなのにそんなに大きく見えませんね。むしろちょうどいい。私が大きいからだね(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年8月27日 (月)

コーデ実験 失敗したけれど

今年仕立てた濃紺の紗着物にベージュの紗名古屋帯。あっさりした幾何学文の帯で気に入っています。



この帯、色違いで黒もあります。こちらも好き。



久しぶりに着付けの稽古をしたのですが、ワントーンコーデって呼ぶんですかね? 濃紺の紗着物に黒の紗帯を締めたらどうなるんだろうと思い、コーデの実験をしてみたものの。

即撃沈。やっぱり、だめだ(笑)



夏も終わりになると秋を意識して、ダークカラーや濃い色を取り入れたほうが良いかなと思ったんだけど、紺と黒の組み合わせではまるで喪。

精一杯頑張って、帯締めと帯揚げに明るい色を持ってきても、やはり難しいですねぇ。失敗でした。



ただ、着付けはうまくいったと思います。ようやく、衣紋がちゃんと抜けました。衣紋を抜くコツも掴めた。きものんさんの動画でイメージトレーニングしたおかげです。



着付けのコツがわかってくると、俄然着物を着るのが楽しくなります。できない時は苦痛だったのにね(笑)

明後日、お芝居を観に行くので着物にしよう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年8月25日 (土)

いけずに見えない京おんな

今日は朝からお墓まいりに行ってきました。台風一過でお天気に恵まれ、山深いお墓から見える山と空の色がはっきりくっきり。美しかったです。



ただ残暑が厳しく、ちょっと頭痛が。軽い熱中症かもしれません。帰宅して久しぶりに着付けの練習をしたかったのですが、無理せず休むことと致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


こんな時は、着付け動画を見てイメージトレーニングをしましょう。お友達から「おすすめ! わかりやすい!」と教えてもらった着付け動画が、きものんこと、女優のこばやしあきこさんのYouTube。着付け動画を検索すると必ず上位に出てくる方なので、ご存知の方も多いかと思います。

京都出身のこばやしあきこさん。自ら、いけず女優と名乗っておられますが、全然いけずに見えない(笑)それどころか、はんなりして優しそう。ヘアメイクもあまり女優女優してなくて、ナチュラルで親しみやすい方なんです。

が、最近いつもと違う動画を見つけました。こばやしさん、珍しく髪をバッチリとセットして、メイクも隙の無いフルメイク。やはりそこは女優さん、大化けです。圧倒的な美しさを放っていると思いましたね。



ね、本当に綺麗よね。ファンになってしまいましたわ。

あとね、こばやしあきこさんは毎年きもの文化検定の合格者表彰式とパーティーの司会をなさっていることも有名ですよね。

こばやしさんのアメブロに、今年2月のパーティーのスナップ写真がアップされてたんだけど。(リンクさせていただきます)

京おんなのいけず こばやしあきこオフィシャルブログ
第12回きもの文化検定合格者表彰式・記念パーティー ファッションアルバム

もうね、すごいと感服しました。何がすごいかって、こばやしさんのお着物姿のポージングの素晴らしさ!もちろんプロの女優さんだから、写真を撮られることは慣れてらっしゃいます。場数と本気度が違いますよね。

そう!逆に言えば、素人のわれわれでも場数さえ踏んでいけば、どんどん写真映りが良くなっていくということ。こばやしさんのポージングや表情の作り方もぜひとも見習いたい!着付けだけじゃなく、そちらもかなり良いお手本になると思った次第です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年8月23日 (木)

黄色ブーム絶賛続行中

先日、黄色の色無地着物をゲットしたことをブログに書きました。

白髪染をやめて似合うようになった色

その後もイエローブームは続行中。やたらと黄色が目について仕方ない!先日行った「琉球美の宝庫展」でも、学芸員さんが「琉球王国では黄色は高貴な色で、王族しか着られなかったんですよ」とおっしゃってて、なぜか嬉しかったわ(笑)

なんとまぁ「美しいキモノ」最新号の表紙のお着物も黄色じゃん!



ほんでからに「きものsalon」秋冬号の表紙のお着物まで黄色じゃありゃーせんか!



おおお!二大着物雑誌が両方とも黄色の着物を表紙に持ってくるってことは、この秋のトレンド色はイエローってことでいいんでしょうか?

今までまったくスルーしていた色だけど、考えてみたら黄色って派手でもなく地味でもなく、季節も問わないし、年齢も問わない、とても便利なお助け色ですよね。

先日購入した色無地。袷から単衣に直すつもりです。



そして、どうしても黄色の麻帯が欲しくて反物を購入。仕立てて下ろすのは来年の夏ですね。



さらに、リサイクルの羽織までポチリしてしまいました。黄色の絞りが可愛いと思いません? ちょっと可愛いすぎるけど、羽織に派手なしって言うでしょ(言わへん言わへん)笑。



はっきり言って、今回の買い物でこの羽織が一番気に入ってます! 絞りじゃない黒い部分に紗綾形の地紋が入っていて、なかなか凝ってるんですよ。



しかしいつもの如く、裄が短すぎてこのまま着られませーん。着丈も短いので、これはもういったん全部解いて仕立て直しになるでしょうね。

悉皆貯金ガンバロウ!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村









2018年8月21日 (火)

六本木に住んでいた頃

先日、逗子のライブに行って都内で一泊しました。帰りのフライトが午後1時でしたので、2日目の午前中は東京ミッドタウンのサントリー美術館に足を運びました。

お目当ては、はい!「琉球美の宝庫展」です。すでに何人もの着物ブロガーさんがご紹介なさってますね。紅型や絣などの染織の他、琉球絵画、琉球漆器、琉球王家の継承品、関係史料が展示されていました。もちろん着物を拝見するのを楽しみで伺ったのですが、今回、漆器に施されている螺鈿の美しさに魅了されました。あまりキラキラ光るものは好きではなく、今まで螺鈿の良さがわからなかったのですが、遅まきながら理解することが出来たと思います。



そして展覧会を見たあと、私も参加しました!体験型ミニレクチャー「はじめてひらく 美のとびら」シリーズ紅型の巻。



紅型のシールを着物に貼り付ける作業、楽しかったです。童心にかえりました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


サントリー美術館に行く道中、麻布十番駅から麻布十番商店街〜鳥居坂〜ロアビル〜六本木交差点〜東京ミッドタウンまで、歩いてみました。

十番の洒落たカフェで朝食をいただこうと思っていたのですが、早朝なのでどこも開いてなくてマクドナルドへ。せっかくだから、ソーセージマフィンもホットケーキもハッシュドポテトも全部ついてる豪華なマックモーニングにして、お腹パンパンにしときました(笑)



マクドを出たあと、十番商店街をぷらぷら散歩。といってもまだどこもオープンしてないので、24時間営業のダイエーに入ってみました。懐かしい!当時は店名がセイフーでしたが、中身は少しも変わってなかった。私は40代の頃、5年間すぐ隣の六本木5丁目に住んでいたので、このスーパーでしょっちゅう買い物してました。



鳥居坂下の交差点。左端は六本木ヒルズ、右端はシンガポール大使館。右上に伸びる坂道「鳥居坂」の途中にあるマンションに住んでいたのです。

鳥居坂を外苑東通り方面に上ってみます。



下の写真の左の建物です。現在築45年ぐらいでしょうか。古い分譲マンションでしたが、外観を見て(ここに住みたい)と直感。外から見て空き部屋があったので、麻布十番の不動産屋さんに飛び込みでお願いしてオーナーさんと交渉してもらいました。家賃は1LDKで月額11万。六本木でこの家賃は破格でした。当時、人気の下北沢や三軒茶屋より安く貸していただけたと思います。

ああ、懐かしい。涙が出そう。



六本木に住んでいることを言うと、みんなからギョッとされましたが、この鳥居坂界隈は緑が多くて静かで、とても落ち着いていたのです。というのも江戸時代にはお屋敷街だったそうで藩邸が立ち並び、明治以降も宮家、華族、そして岩崎家などの大富豪のお屋敷が並んでいたらしいのです。

住んでいる時はそんな歴史ある場所だなんて全然意識してませんでした。仕事に追われてましたし、休日は疲れて寝てましたから。

でも住んでみて、マンションの駐車場に軽自動車が一台もないなとは思いました。全部外国の大型車でした。私はママチャリね(笑)

東洋英和女学院のお向かいにスヌーピーの博物館ができたんですね!



そうそう、東洋英和女学院を始め、シンガポール大使館、国際文化会館、川崎財閥のカワサキハウス、三井倶楽部、日銀鳥居坂分館とご近所に素敵なスポットがいっぱいあったのに、一度も入ったことなかったです。知らんくて(泣)

唯一、知ってたのは、B'zやZARDや倉木麻衣の事務所があったことかな。←ミーハー。

あと同じマンションに、日本を代表する女優さんの事務所があって、エレベーターでご一緒したりして嬉しかったです。隣のマンションには大作家や元首相も住んでましたし、普通に有名人が普段着で犬を連れてゴロゴロ坂道を歩いてましたね。

東京タワーも燦然と輝いていました・・・。



東京ではつらいこともたくさんあったけど、振り返れば本当に良い社会勉強ができたと思います。代々木上原、桜新町と住んだあと、最後に華やかな六本木に住めたことは自分にとっては世界が広がる稀有な経験となりました。幸せでした。

もちろん、実家に帰って親と平凡に暮らしている今も幸せです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年8月19日 (日)

湘南のテラコッタマダム

昨夜は毎年夏のお楽しみ、神奈川県逗子海岸のサーファーズ(カフェレストラン)で行われる南佳孝さんのライブに行ってきました。いつものように都内で一泊して、今日昼過ぎに帰阪しました。



ライブはもちろん、お店のロケーションも雰囲気もお料理も最高。おしゃれな大人の海の家という感じで居心地がいいんです。何度行っても飽きない。何度でも行きたい。



お天気にも恵まれました。フォトジェニックなシーンが満載で、今回もたくさん写真を撮りましたよ。ライブが始まるのは夕方ですが、いつもお昼すぎに行ってひたすら海を眺めています。



終演後。気温が読めなかったのであれこれ用意してきて良かった。やはり晩夏の夜の海辺は風が肌寒く、カーディガンとショールが活躍しました。



はあああ〜、楽しみにしていたライブも終わって、私の夏も終わりました。つかのまの非日常は終了、明日からまた日常に戻って仕事に生活にがんばります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ところでこのお店に行くたびに、さすが湘南だと思う。テラコッタ色に陽灼けして、リッチなジュエリーを身につけたスポーティーエレガントなマダムがたくさんいらっしゃってて、同性から見ても目の保養になります。

林真理子氏の言葉を借りれば、「憧れの茶おばさん」というやつですね。氏によると「茶おばさん」の特徴として、

一年中ほどほどに焼けた肌、素脚にパンプス、胸もほどよく露出させ、曲線の目立つお洋服を着ている。髪は当然長く、大きなウェイブがついている。日本人ばなれした美しさと迫力。白おばさんよりはずっと体型をシェイプしているが、黒おばさんのように無理している感じではない。女性の豊満な魅力を充分知り抜いているおしゃれなのである。相当のお金とセンス、それも国際的なセンスが必要とされる。

なんだそうです。なるほど。

いや〜、茶おばさん、もとい、湘南のテラコッタマダム、ゴージャスで本当にかっこいいです。きっと60代になっても70代になっても素脚にパンプスなんだろうなぁ。私より年上であろう彼女たちには、「もう歳だから」とか「派手すぎて着られない」といったネガティブな言葉はナンセンス、笑止千万なんでしょうね。

憧れのテラコッタマダムを見ていると、おばさんだからとウジウジしている場合じゃない、歳を重ねても堂々とおしゃれしよう、と凡人の私にまで勇気と刺激を与えてもらえます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2018年8月18日 (土)

空調温度にうるさい女

昨夕から急に気温が下がり、エアコンのスイッチを消しました。久しぶりに窓を開けて寝たのですが、夜風がひやりとするので風邪をひかないよう長袖に着替えました。

今日から一泊で出かけるので、事前に考えていたコーデをいったんリセット。目的地が暑いのか寒いのか涼しいのか、行ってみないことにはわからないので、すべてに対応できるようにインナーで調整することにしました。基本は半袖の麻ブラウスの下にエアリズムの半袖Tシャツを着てカーディガンを羽織っていますが、暑ければカーディガンを脱ぐ。寒ければインナーをヒートテックの長袖Tシャツに替えるつもりです。

もしこれが着物だと外出先でインナーを着替えることができないので、羽織もので調整するしかないですよね。これからの季節、寒い場合はコートや羽織を着たり、襟巻き、ショール、手袋で調整したらいいのだけど、問題は暖房が効いていて予想外に暑かったという場合。これは地獄です。気分が悪くなって倒れてしまうかもしれません。

なので私は、着物の場合はできる限り長く単衣を着て自衛したいです。補正して帯を締めると単衣でも結構暖かいと思うので。もちろん羽織やショールは持っていきます。

なんなら亜熱帯の大阪は年中単衣でもいいのでは?とすら思います。まぁ、実際寒い季節になったらそうは言ってられないかもしれませんが。

ちなみに私はアバウトで大雑把な性格ですが、空調の温度については神経質でうるさいほうだと思います。公共交通機関(電車、バス、新幹線、飛行機)や劇場で、冷房や暖房がきつすぎると感じた時は、周囲の人の様子を観察した上で判断して、必ず係の人に言うようにしています。これは断られてもいいから言うべきだと思っています。

なぜかというと、かつて自分が仕事で劇場イベントの主催者だった時に、開演前は特にバタバタするので、客席の空調温度が適切かどうか再確認する余裕が無いときがあったからです。働いている人と座っている人とは体感温度も違いますしね。そんな時にお客さんから「館内が暑いよ」「客席に暖房を入れてほしい」とひとこと言ってもらえると、本当に助かりました。(もちろん開場前に適切な温度で空調は入れているのですが、お客さんが入ってみないことにはわからないこともあるのです)

皆さん、乗り物や劇場で明らかに寒かったり暑かったりしたら、我慢せずに言いましょう!



取り止めのない内容になってしまいました。では行ってきます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年8月16日 (木)

着物は重いほうがいい?

私の目標は、袷と単衣を同数にすること。現在、手持ちの袷着物の単衣化計画をゆっくりと進行中です。

長年お気に入りの十日町紬が袷から単衣になって和裁士さんから戻ってきました。秋単衣として活躍させます。



それにしてもずいぶん着物の重量が軽くなりました。はずしていただいた胴裏と八掛が意外にズシリと重いので、驚いてます。表地より裏地のほうが重いかもしれないですねぇ。



今暑い季節だから余計にそう思うんだろうけど、重量が軽い着物が好きですね。紬は軽いから好きです。

ちなみに、やわらかものに関しては重い生地のほうが良しとされてるんですよね? 呉服の仕事をしている京都の方から「良い着物とそうでない着物の見分け方は重量です」と教えてもらってからは、反物を手にとった時は真っ先に重さをチェックしてるんだけど。

それでもやっぱり私は重い着物は苦手。手持ちの色無地と江戸小紋が、共八掛でめちゃくちゃ重くて閉口してるんです。私は身体が大きいから、布の面積が大きくて余計に重い。これらも単衣にして軽くしたいです。

でも寒い季節になったら、重い着物が心地よくなるんでしょうね。今は暑すぎてまったく想像できないけど(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年8月14日 (火)

白髪染をやめて似合うようになった色

今日は最寄りの警察署で運転免許証更新手続きをしてきました。免許更新といえば必要になるのが最近の顔写真。

実は前回5年前の更新時、交通センターに持参した写真が前々回と同じ写真であることがバレて(笑)急遽その場で撮影してもらう羽目になったのですが、なんとその日に限ってスッピン。メイク道具も持参しておらず、泣く泣く素顔で撮影してもらいました。出来上がった免許証の腑抜け顔のひどいことったら!免許証の写真がいやでいやで、ゴールド免許の5年間が苦痛でたまらんかったです。あれはほんまに痛恨のミスやった・・・。

同じ轍を踏まないよう、今回は心して事前に写真撮影して持参しました。街角によくあるスピード写真撮影ボックスで、一番高い「美白スーパー」で撮りましたですよ。もちろんレフ版効果を狙って、白い服を着用。髪を整え、きちんとメイクしたのは言うまでもありません。

おかげで前回よりは、遥かに写りはマシ。ただ5年前より「老けたな〜」と思ったのが第一印象。やはり白髪染をやめてグレイヘアにすると老けることは否めないです。どんなにオシャレなスタイリングを心がけても、カラーリタッチのストレスから解放されても、白髪染をやめるということは、「私はおばあさん」と宣言することと一緒だと私は思うんです。私自身、今のグレイヘアはとても気に入っていますが、若く見せたい方はやはり白髪染をやめないほうがいいかと。

私もまたいつか髪を黒く染める日が来るやもしれません。自分を縛らず自由でありたいと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


しかしながら白髪染をやめてグレイヘアにしたことによって思わぬ副産物が生じました。今まで似合わなかった色、抵抗があった色が、すんなり着られるようになったんです。

私の場合は黄色でした。それも玉子色ではなく、バナナ色。絶対無理だと避けてきた色でしたが、グレイヘアにしてから「あれ? 黄色は案外自分に似合ってるよね」と思えるようになりました。



今のマイブームカラーは黄色。イエローがとても気になる今日この頃、手持ちの白生地を黄色に染めてもらおうかと考えていた矢先、未使用の黄色の色無地をネットで見つけてポチリしました。



一つ紋がついています。一つ紋の色無地は茶人以外はあまりニーズがないのか、安く出回ってますよね。私も紋がじゃまーと思ってましたが、リタイアしたら茶道を再開しようと決めたとたん、オッケーオッケー♪(笑)

ちなみにリサイクルだと他所様の紋になってしまいますが、なぜかそこは全然気にならず。もちろん自分でつくった色無地は家の紋を入れています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年8月12日 (日)

大阪草履買いツアー計画

お着物好きのお金持ちの奥さまから、
「ちょっとJガールさん、貴女いろいろと詳しいじゃない? あたくし、お草履を新調したいんだけど、おすすめの草履屋さんに連れていってくださらない? 歩き回っても疲れない履きやすい草履がいいわ」
とご依頼を頂きました。

「詳しいかどうかはさておき、大阪で人気の草履屋さんなら三軒ぐらい知ってますけど」
「じゃあ三軒とも行きましょう。クルマを出すから、ツアーを組んでくださいな。もう一人お友達もお誘いして三人で草履を買いに参りましょう」
「合点承知しました。まかせてください!」

ということで、今月末に大阪草履買いツアーに行くことになりました。私が組んだ行程は、

1、日本橋はきはきタウンの菊之好(宮内庁御用達の高級草履が問屋価格で買える)

2、菱屋カレンブロッソ本店(とにかく歩き回る人の草履ならここ)

3、船場センタービルの履物ちぐさ(ご存知、大阪の人気草履店)

南から北上するかたちで、この順番で回ろうと考えています。あえて船場センタービルを最後にしたのは、他にも着物屋さんがアホほどあるので半日居座って足止めされる懸念がありますので(笑)

果たしてお金持ちの奥さま方が、どんな草履をお気に召すのか、興味津々。楽しみです。もちろん気合いを入れて、三人とも着物で行く予定です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年8月11日 (土)

もう一度茶道を習いたい

気にかかっていた夏の袋帯を締める稽古を。はあああ〜、難しい。長くて扱いにくい。帯が浮いてひどい出来ですが、記録としてアップします。現実を見つめるために。

ミントグリーンの絽付下げは前の持ち主さんが茶道をなさっていたらしく、一つ紋がついています。縫い紋なので、自分で取っちゃおうかと思いましたが、準礼装になる夏着物も一枚はあったほうがいいかもしれないですしね。なんとか袋帯をクリアしたい。

帯締めにも金糸が入っています。



帯は船場センタービルの四季の花さんでつくった荒磯の絽綴れです。この帯、裏地にも透かし模様が入っていて、なかなか素敵なのでテンション上がるはずなんです。着付けさえ上手くいけば(苦笑)



袋帯が締められるようになったら、また茶道を習いに行きたいな。実は20代前半の頃、裏千家のお教室に通っていました。当時からガサツで常識がなかった私でしたので、畳のヘリを平気で踏んだり、目も当てられないほどひどかったのです。はっきり言って、毎週お菓子目当てで通ってました。子ども並み(笑)

でも茶道は楽しいから大好き!大人になった今なら、人生経験を積んでたくさん恥をかいてきた分、お点前も少しはマシにできるような気がするのですが。

ああ、そうですね。茶道を始めたら、紋がついてる着物を活用できますよね。紋がじゃまー、なんて言わなくなるに違いない。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村








2018年8月 9日 (木)

秋一番にやりたいこと

8月に入ったばかりというのに、立秋の声を聞いたとたん、秋の気配が。少しずつ陽も短くなってきました。今年は暑さのスタートが早かったゆえ、また7月の酷暑が厳しかったために、ずいぶんと夏が長く感じられます。といっても薄物の季節も残りわずか。あっという間に秋になるんでしょうね。

すでに私の気持ちも秋に向かっています。秋単衣のコーデを考えるの楽しみだな♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今年5月に、古布の店で見つけた付下げ4枚を母に買ってもらいました。

母が付下げを買ってくれた


袷二枚、単衣一枚、薄物一枚です。リサイクルですが、ほぼジャストサイズでお直し不要だと思っていたのですが。

でも、ほんのわずか裄が短いんですよね。長襦袢の両袖を少しつまめば、問題なく着られることは着られるんだけど。縫い代があるので、裄を出してもらおうか迷っていることを友人に相談したら、

「貴女、それぐらいでちょうどいいわよ。全然出す必要なし!裄が長すぎるのは野暮ったいわ」

と言われました。うーん、そうなんやろか・・・。手持ちの長襦袢より寸法が短いのは、とても気持ちワルイんだけど。ひょっとして長襦袢の裄が長すぎる? つくった時は一番太っていたし。

ということで、一度持ってる着物や長襦袢のサイズを全部測って、正確な数値を把握してみたくなりました。さっそく鯨尺のメジャーをポチリ!

和裁や着物の採寸に便利な「鯨尺メジャー」


お直しをするかしないかは、まだ判りませんが、とりあえず今までアバウトにしてきたサイズをちゃんと知ることから始めようと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2018年8月 7日 (火)

手がきれいな人

調理の仕事をしているのですが、仕事場でたびたび聞こえてくるフレーズとして、

「あの人は手がきれい」

という言い回しがあります。これは、手洗いして手が清潔であるという意味ではないんです。ハンドケアしてネイルした美しい手の持ち主という意味でもありません。

調理場における「手がきれいな人」とは、仕上がりがきれいな人ということ。調理、盛り付けが美しいことは勿論、誰がやっても同じはずの簡単な仕事(たとえばソースをボウルから瓶に移し替える、食材をラップで包む)ですら、凡人とは明らかにきれいさが違うんです。

雑然としていたものも「手がきれいな人」が触ることによって、美しく端正に整うんです。まるで魔法の手!同じように「手が早い」というフレーズもあり、これは作業が早いという意味です。

不思議なことに「手がきれいな人」は「手も早い」んですよね。一連の動きに無駄がない。まさに熟練の技です。これは調理に限らず、どんなお仕事でも、どんなお稽古事でも、当てはまるんじゃないでしょうか。

手がゴツゴツしていてお世辞にもきれいな手とは言えない私ですが、せめて仕事場では「手がきれいな人」になれるよう努力したいと思います。着物の着付けもな!(笑)



「手がきれいな人」といえば、思い出しました。私は若い頃、あの横山やすしさん(漫才師・故人)とお仕事した事があります。ご存知の通り、お酒が大好きで破天荒な方でした。打ち合わせで居酒屋に呼び出されるたびに、武勇伝に事欠かず、毎回ヒヤヒヤすることばかり。

はっきり言って横山さんは酒癖は悪かったです。にもかかわらず、どういうわけか綺麗好きで、常にダスターでテーブルを拭きながら呑んでおられました。

それとテーブルの上のおしぼり、グラス、お料理、お箸等は、すべて方角を直角に揃えて整然と並べ直しておられました。少しでも歪んでいたらダメ。ビール瓶のラベルもきちんと正面が自分に向くように置いてましたね。

そういえば、横山さんにスポーツ新聞を渡すと、読んだあとは四隅を揃えてピシッと畳むので、買ってきた時よりも新聞が綺麗になって返ってきましたっけ。

横山さんの手にかかれば、すべての物が美しく整うという、意外すぎるギャップが印象的でした。間違いなく「手がきれいな人」だったと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年8月 5日 (日)

着物は面倒だから価値がある

暑い日曜日、朝から毎年恒例のマンションの外壁丸洗い掃除でした。住民みずから外壁や階段、エレベーターホール等の壁をタワシでゴシゴシ磨いたあと、最後に上階からホースで水をまくという大胆な方法なので、全員水びたしになりながらの作業です。去年まではかろうじて母が出ていたのですが、さすがに高齢できついので今年は私の出番。朝起きた時から憂鬱でたまらなかったのですが。

終わったあとは古いマンションがピッカピカになり、達成感ハンパなく本当に気持ちい〜い。汗だく&頭から水をかぶるのも子どもの時以来で半世紀ぶり。なんと意外に楽しかったです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


シャワーを浴びてから、着付けの稽古。本当は絽綴れの袋帯を締めてみたかったけど、夏の袋帯はかなり勇気がいりますね。

ということで、帯結びがしやすいベビーピンクの紗の名古屋帯に逃げました。着物は今年仕立てた濃紺の紗です。白い長襦袢がしっかり透けます。



他の方のお写真を見ていると、衣紋をかなり大きく抜く人が多くてビックリしています。というか私が抜けてない? いつも精一杯抜いてるつもりが、まだ足らんか? なので今日は最大限に、背中が見えるぐらいに、芸妓さんみたいに頑張って抜いてみたんだけど。

・・・・・それでこれぽち?(笑)



首が長くないから? 首が太いから?繰越のせい? よくわかりませんが、すごーく衣紋を抜いたつもりでも、全然抜けて見えない体型なのかな。それとも、まだまだ抜き方が甘いのかな? (お悩み その1)



ベビーピンクに桔梗の夏帯は未使用リサイクル品です。ポイント柄のリサイクル名古屋帯を締めるとき、いつも思うんだけど、昔の人ってめちゃくちゃ腰が細かったんですね。いくら頑張っても帯の前柄が身体の正面まで来ないんですけど。(正面まで来なくてもいいけど、それでも足りない)私も以前よりたいがい痩せたはずなんですけど、昔の人より20センチぐらい背が高いから、やっぱりデカイんだろうね。

反面、お太鼓とタレの部分はやたら布が余ってしまって、困っています。(お悩みその2)

手先を短くして着ています。



はあああ〜、着付けって難しい。でも何度も反復して練習しているうちに、最初出来なかったことがある日突然出来るようになったりして、そんなときはすごく嬉しい。ひと通り、着付けの手順を覚えればあとはOKではなく、着物を替えるたび、帯を替えるたび、あらたな課題が出てくる出てくる。それを一つずつ乗り越えていく、攻略するおもしろさよ。

私は、着物が難しくて奥が深いから好き。もし着物がマジックテープで簡単にポンと着付けられたとしたら、こんなに夢中にならなかったと思う。着付けがたいへん、準備がたいへん、お手入れもたいへん、ルールもたいへん、お金もかかる、知識と教養とセンスも必要。本当にめんどくさい。

だからこそ、着物を着ている人は希少価値があって賞賛してもらえたり、大事に扱ってもらえたりするのだと思うんですよ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年8月 2日 (木)

安物買いの銭失い

一人暮らしのときはできるだけ食費を節約しようと心がけていたのですが、親と同居してからは止めました。節約よりも、新鮮で美味しいものを食べてもらうほうが大事だと考え、高くても買う、高いほうを選ぶというスタンスに変えたのです。

でも私自身元来、ケチな性分ですのでね。どうしても安いほうに心惹かれてしまうのです。いけないと思いつつ、つい出来心で値段につられてやっすい食品を何点か買ってしまいました。が、ことごとく大失敗。

まずいインスタントコーヒー
かたくてパサパサのスルメ
薬の匂いがする柴漬け
出汁にクセがある豆ご飯の素

後悔です。いつも買ってるのと全然質が違う。これぞ安物買いの銭失いというやつですね。やはり安さの裏には、それなりの理由があるのだと思い知ったアラカンの夏。長く生きてきていったい何を教わってきたの?(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


猛暑にばかり気をとられてしまいますが最近の夕焼け空が本当に美しくて、見惚れてしまいます。



それもそのはず。夕焼けは夏の季語なんだそうです。青と曙色のグラデーションがなんともいえず、綺麗です。こんな色のぼかしの着物、着てみたいな!まさに「色は自然に学べ」ですよね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

ランキング参加してます♪

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ