« 着物は面倒だから価値がある | トップページ | 秋一番にやりたいこと »

2018年8月 7日 (火)

手がきれいな人

調理の仕事をしているのですが、仕事場でたびたび聞こえてくるフレーズとして、

「あの人は手がきれい」

という言い回しがあります。これは、手洗いして手が清潔であるという意味ではないんです。ハンドケアしてネイルした美しい手の持ち主という意味でもありません。

調理場における「手がきれいな人」とは、仕上がりがきれいな人ということ。調理、盛り付けが美しいことは勿論、誰がやっても同じはずの簡単な仕事(たとえばソースをボウルから瓶に移し替える、食材をラップで包む)ですら、凡人とは明らかにきれいさが違うんです。

雑然としていたものも「手がきれいな人」が触ることによって、美しく端正に整うんです。まるで魔法の手!同じように「手が早い」というフレーズもあり、これは作業が早いという意味です。

不思議なことに「手がきれいな人」は「手も早い」んですよね。一連の動きに無駄がない。まさに熟練の技です。これは調理に限らず、どんなお仕事でも、どんなお稽古事でも、当てはまるんじゃないでしょうか。

手がゴツゴツしていてお世辞にもきれいな手とは言えない私ですが、せめて仕事場では「手がきれいな人」になれるよう努力したいと思います。着物の着付けもな!(笑)



「手がきれいな人」といえば、思い出しました。私は若い頃、あの横山やすしさん(漫才師・故人)とお仕事した事があります。ご存知の通り、お酒が大好きで破天荒な方でした。打ち合わせで居酒屋に呼び出されるたびに、武勇伝に事欠かず、毎回ヒヤヒヤすることばかり。

はっきり言って横山さんは酒癖は悪かったです。にもかかわらず、どういうわけか綺麗好きで、常にダスターでテーブルを拭きながら呑んでおられました。

それとテーブルの上のおしぼり、グラス、お料理、お箸等は、すべて方角を直角に揃えて整然と並べ直しておられました。少しでも歪んでいたらダメ。ビール瓶のラベルもきちんと正面が自分に向くように置いてましたね。

そういえば、横山さんにスポーツ新聞を渡すと、読んだあとは四隅を揃えてピシッと畳むので、買ってきた時よりも新聞が綺麗になって返ってきましたっけ。

横山さんの手にかかれば、すべての物が美しく整うという、意外すぎるギャップが印象的でした。間違いなく「手がきれいな人」だったと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


« 着物は面倒だから価値がある | トップページ | 秋一番にやりたいこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/73995484

この記事へのトラックバック一覧です: 手がきれいな人:

« 着物は面倒だから価値がある | トップページ | 秋一番にやりたいこと »

ランキング参加してます♪

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ