« きっつい初心者の着付け | トップページ | 私は脇役でありたい »

2018年9月10日 (月)

都会的やんかいさ〜的な

今日も着付けの稽古。昨日と同じ浜紬に帯を替えてみました。



オークションで1円で手に入れた、最初見たとき「うっ」となったインパクトの強い塩瀬ですが、締めてみるとなんか良いでしょ(笑)



山と渓谷を描いて、力強く捨てがたい魅力があるのです。



羽織りを主役にするため仕立てた着物なので、長羽織を羽織ってみました。単衣着物に単衣羽織なので軽いです。



昭和の絵羽織の反物を、長羽織に仕立てていただいたのです。PTAに見えないよう丈を長くしてもらったのですが、ちょっと長すぎた? 応援団の学ランにも見えます。悉皆の文字さんのご意見を聞いておけば良かったかな。




しばらくこの丈で着てみて、やっぱり長すぎると思ったら調整をお願いしようと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ところで今は特定のブランドや呉服屋さんを決めずに、自分が好きだと思った着物や帯を手当たり次第に集めているノンブランド派の私ですが。

一つのブランドやお店に心酔し、全幅の信頼を寄せて、そちらの顧客になって一枚ずつ増やしていく買い方にすごく憧れます。

ではもし自分が若い頃に戻ってやり直せるなら、どこのお店を勧めるかと考えたとき、私なら着物屋くるりさんだな、と思ったんです。センスも価格も好みなので。

「Tokyoの街並みに馴染むスタイリッシュな着物を表参道から世界に発信します」が、くるりさんのコンセプトですね。うん、好き好き。

そうなんや〜、私ってば実は都会的やんかいさ〜のアスファルト派かもしれんな〜、とちょっと思った次第。買ったことないのにあつかましいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

« きっつい初心者の着付け | トップページ | 私は脇役でありたい »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/74187738

この記事へのトラックバック一覧です: 都会的やんかいさ〜的な:

« きっつい初心者の着付け | トップページ | 私は脇役でありたい »

ランキング参加してます♪

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ