« 目がちいさくて美人 | トップページ | 着物警察なんか怖くない »

2018年10月 6日 (土)

カーテン地を帯にしたい

日本の技術を学ぶため、海外留学生が職場に入ってきました。二十歳そこそこの若い子たちで、どんなきつい仕事もいやな顔ひとつせず一生懸命やってくれて本当に可愛いんです。しかも彼ら彼女たちは、本国の労働法が適用されるので月に4日しか休日がないんですよ。本当に働き者で頭が下がります。


「応援したいのでランチぐらい、ごちそうしてあげたい」と同僚に話したら「何言ってるのよ」と一笑に付されてしまいました。「あの子たちのほうが私らよりお金持ちよ」


同僚いわく、留学生の本国の物価は日本の10分の1。つまり日本の貨幣価値が10倍になるらしいのです。


「仮にあの子たちの月給が15万円だとしたら、本国では150万円相当になるわけよ。年収180万だとしたら、本国では1800万もらってるのと同じ」
「えーーーっ!二十歳そこそこで年収1800まんえん?」
「そうよ。日本で3年働けば、帰国したらキャッシュで家を買えるんだって!」
「ううう、うらやましすぎる」


以上、ランチをごちそうしてもらいたいのはこっちのほうだったという話でした(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて先日、難波の生地屋さんに行ってきました。総柄小紋に合わせる白の帯を自作しようと思ってまして。自作といっても、既存の名古屋帯の上に縫い付けるだけですけどね。


希望はふくれ織、ジャガード織りなどボリュームがある白い生地。秋冬に締めたいので、こってりしてるマテリアルのほうが良いと考えまして。


それがね〜、大きな生地屋さんだから選択肢がたくさんあるかなと思ってたんだけど、意外に無かったんです。洋服向けだからかな?

唯一、良いと思ったのがコレ ↓





なんとカーテン地(笑)ダマスクジャガードって言うんだって。


店内をくまなく三周ぐらい見て回ったんだけど、どう考えてもこのカーテン地ぐらいしか候補がなくて。一択ではらちがあかないので、今回は保留しました。


しかしカーテン地って光沢があるし、厚みもあるし、織りがゴージャスだったりするので、帯として仕立てるのに向いてるのでは、と思ってしまいました。北欧製のカーテン帯なんて、いいんじゃない?


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


« 目がちいさくて美人 | トップページ | 着物警察なんか怖くない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/74345332

この記事へのトラックバック一覧です: カーテン地を帯にしたい:

« 目がちいさくて美人 | トップページ | 着物警察なんか怖くない »

ランキング参加してます♪

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ