« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

良いお年をお迎えください

あと数時間で平成30年も終わり、新しい年を迎えますが、いかがお過ごしでしょうか。


大晦日の今日は、高島屋に買い物に行き、お友達と焼肉をたらふく食べてきました。2時間後に帰宅すると、家で待ち構えていた母から「早く年越しそばを食べよう」と催促され、無理して食べてお腹パンパン、く、苦しいです(笑)


皆さまも年末年始、ごちそう続きだと思いますが、食べすぎにご注意。どうぞ良い年をお迎えくださいませ。


今年も弊ブログを読んでくださり、ありがとうございました。新しい年も穏やかで健やかな一年となりますよう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


一年の最後に、手持ちの着物の覚え書き。前回(7月)より、袷2枚と反物1本を増やしてしまいましたが、気に入ってるのでまぁ満足です。


来年は長着より羽織ものに力を入れようと思います。あと、今後単衣をつくるなら、秋単衣ではなく春単衣で。よこその大島紬は手放さずに雨コートに仕立てる? (←完全に自分向けのメモになってますね 笑)


<着物 袷>

・訪問着 辻が花
・江戸小紋 萌葱
・色無地 珊瑚
・大島紬 白
・大島紬 藍
・大島紬 茶
・真綿結城紬 クリーム色 梅柄
・真綿結城紬 黒
・付下げ 灰桜色
・付下げ 香色 白樺
色無地 黄色 NEW
・総柄小紋 茶色 NEW






<単衣>

・濱紬 生成色
・十日町紬 青
・十日町紬 利休茶
・江戸小紋 濃鼠
・付下げ 水色





<夏物>

・本麻 白
・ポリエステル小紋 白地小花柄
・駒絽付下げ 薄緑
・紗 付下げ 濃紺





<羽織物>

・白大島の道行
・朱色の道行
・黒の長羽織 袷
・黒の長羽織 単衣





<未仕立て>

・雨コート反物 茶色
・ポリの反物ブルーストライプ
・黒の紗の羽尺
・クリーム色の羽織 仮絵羽
・グリーンの振袖 仮絵羽
・黄色&グレーの着尺
・刺繍の白生地
・横双の白大島
・ボタニカル柄の着尺
グレイホワイトの着尺 NEW





目指せオールホワイトコーデ!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2018年12月29日 (土)

ちた和の長襦袢

思いがけず旧知の方から、お母様がお持ちの長襦袢の反物を頂戴しました。日本舞踊のお師匠をなさっていたお母様に、ある女優さんから贈られた貴重なお品だそうです。ご著書に続いて着物関連の書籍も添えてくださり、お心遣い本当にありがとうございます。


礼装用の白の長襦袢は持ってなくて、いつかつくりたいと願っておりました。将来、茶道を習いに行く予定ですが、お茶事やお茶会の時に白の長襦袢じゃなきゃだめな先生だったらどうしよう〜と今からビクビクしてたんですよ(笑)助かりました。





のし紙に「ちた和謹製」と書かれています。女優さんのお名前はここに書けませんがお着物に造詣の深い方です。銀座ちた和の顧客でいらっしゃったのはさすがだと思いました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


奇しくもここ数日、長襦袢の記事を書いておられるブロガーさんが何人かいらっしゃったので、私も。


何を隠そう、私が和装で一番力を入れている(お金をかけている)のが長襦袢です。数は少ないですけどね。


着付け教室に行くと、よく初心者の生徒さんがポリエステルのプレタの長襦袢でお稽古をなさってますよね。私もそうでした。


ポリでもサイズがピッタリならまだ良いのですが、身体が大きい私にはLサイズでも裄が短くて、いやでいやでたまりませんでした。しかもツルツル滑るので、着崩れしやすい。せっかく良い着物を着た日も、長襦袢が気になって心が晴れないんですよ。コンプレックスだったんでしょうね。


なので初めて自分で長襦袢を誂えた時は本当に嬉しかったのです。着物を誂えた時より、数倍嬉しかった。自分のサイズにピッタリの上質な絹をまとう心地良さを知ってしまった今は、もうプレタには戻れません。


精神論になりますが、たとえリサイクルで買った5千円の着物でも、長襦袢が上質だと気後れせず胸を張って着られるんです、私は。誰にも見えないけど、自分自身の心の持ち様が変わってきます。


長襦袢はすごーく重要だと思っているので、長襦袢ありきの考え方です。手持ちの着物の裄と袖丈は、すべて長襦袢に合わせて調整してます。長襦袢のサイズも統一して全部同じです。


長襦袢に重きを置くなんて、たんなる自己満足なんですけど、見てる人は見てるんですね。袖からチラリとしか見えないのに、知らない方から長襦袢を誉められることがよくあります。


あ、そうか。他に誉めるところがないからかもしれませんね(笑)えらいすんません。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年12月27日 (木)

新春を寿ぐ名古屋帯

平成最後の年の暮れも押し詰まってまいりました。寒いし、気忙しいし、何かと落ち着かない日々を過ごしております。あと4日で年が明けるなんて、全然実感がありません。


喪中なので新年のお祝いも致しませんし、お節料理も用意しないので、なおさらです。おまけにお正月は1、2、3、4日と仕事なんですよ。我ながらよく働くなぁ(苦笑)


お正月らしいことは致しませんが、せめて着付けの稽古はお正月の装いにしようと思います。





手持ちの新春を寿ぐ帯はこの二本。父が喜んでくれる明るい色の着物を合わせてみたいです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年12月25日 (火)

着物上級者のコート

友達からハートのこもったクリスマスプレゼントをいただき、嬉しくて心がポカポカしています♪ 年末年始の繁忙期もがんばろうと思います。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



さて先日、未仕立ての反物を整理している時、雨コートの反物に目が留まりました。





そうなんだよね〜、雨コートも仕立てなきゃ。将来、お茶を習いに行きたいと思っているので、雨コートは必須。「雨だから着物は着られない」という言い訳は無しにしたいんです(目標)。


あと「寒いから着物は着られない」と「暑いから着物は着られない」も自分的に無しにしたいので、今からコツコツとワードローブを集めておるのです。


というか、私はフルレングスの雨コートをお召しになっている女性がだ〜い好き!!!着物上級者のオーラが、めちゃくちゃかっこいいじゃん! はっきり言って雨コートって化繊だったりして、誂えてもそんなに高価じゃないですよね? にもかかわらず、たいへんお高い女性に見えますよね。


雨コートほど費用対効果の高いものはない


ということで、上の茶色の雨コート地をいつかは仕立てたいと考えてるんですが、実は下の青のストライプのコート地も気に入ってるんですよ。





うーん、どちらかといえば青のほうが自分の雰囲気に合うかな、と思って反物を拡げてみたら、こんなラベルが付いていてビックリ!





なんじゃこりゃホームコート? えらい短いコートです。ご丁寧に裁断図まで載っているけど、よく読んでみたら、この反物5メートルしか無いのね。フルレングスのコートなんて全然無理ですやん。


さすが昭和の反物!この短いホームコート、祖母が普段に着ていたことをうっすら憶えています。まるで石井ふく子先生の舞台に登場する山岡久乃さんみたいですわね。こなれてますわ。


ある意味、雨コートよりホームコートを着ているほうが、上級者かもしれません。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

















2018年12月23日 (日)

道明の冠組でクリスマスコーデ

クリスマスモチーフの帯や着物を持ってないけど、手持ちの物でなんとかクリスマスを表現できないか考えてみました。


牡丹の綴れ名古屋帯。牡丹といえば初夏に咲く花なのに、この帯地ったらぽってり厚みがあって、とてもじゃないけど単衣の時期には締められそうもない。しかも地色がシャンパンゴールドで冬の雰囲気。そう、矛盾帯なんです(笑)


でも、冬牡丹、寒牡丹というのもあるらしいので、そういうことにしておきました。





で、帯締めをクリスマスカラーの赤か緑にしようと思ってどちらにするか迷っていたのですが、それぞれ単独ではクリスマスカラーにならないことに気付く。ならば二本とも使ってみる? 実験してみました。





使った帯締めは、道明の冠組の松葉色と海老茶です。二本まとめて締めてみたらばボリュームが出て「クリスマスでっせ〜」と強調できるので、たいへんわかりやすくて良いですね。





帯締めを変わり結びできるスキルがあれば、二本を駆使してもっと華やかに結べるでしょう。でも大人は普通に締めるだけでもシンプルでいいかも。


横姿からチラ見えするクリスマスカラーも可愛いです。





道明さんの冠組は、やや細めで伸びがいいので、二本使いがやりやすいと思いました。そうか、ハロウィンの時も、オレンジと黒の冠組を組み合わせてみたら良かったな〜。来年はぜひやってみよう。(憶えていたら 笑)


着物は泥大島紬でした。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年12月21日 (金)

羽織候補の反物

さっそく手持ちの反物の中から、どれを羽織にしたいか考えてみました。


候補その1。グレージュの絵羽織。千切屋さんのモダンなお品で気に入ってます。てろんと落ち感が大きい生地なので袷で。





候補その2。黒の紗羽織。夏物だから当然単衣ですね。





候補その3。なんかその1と似てるけど、こちらのグレージュは単衣に。濃い色の着物に合わせたい。





候補その4。寿光織の長着の反物(白生地)があるので、暗い紫に染めてもらって羽織に仕立てるのはどうだろうか。





候補その5。訪問着に仕立てようと思って購入した辻が花の反物(実は振袖の反物)でしたが、ビリジアングリーンと思っていたらエメラルドグリーンだったのでイメージと違いました。この色目で長着は私にはきついので羽織にしてみたらどうかな、と思いついたものの、羽織でもきついかも。色を掛けて落ち着いたグリーンになればいいのですが。





候補その6。ジャーン、花柄でございます。なんか普通のお宅の庭に咲いてる花壇みたい。エメラルドグリーンは派手で、この花柄を派手だとは思わない私は感性がおかしい? 冒険して仕立ててみたい気がします。





長着は無地が好きだけど、羽織は柄物が好きみたいです。反動なんでしょうか。上から3枚は、ぜひ仕立てたいと思います。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村








2018年12月20日 (木)

来年は長着より羽織

今年もどういうわけだか着物熱は全然衰えませんでした。もう着物の数は増やさない、帯も手持ちで充分、と何度も戒めているにもかかわらず、暇があれば何かええもんないかな〜とネットショップを覗いてしまいます。我ながら際限のない物欲に辟易(笑)


そこで個人的な来年の方向性をば。


強化するなら長着、帯より羽織もの


羽織、道中着、道行のなかで、羽織が一番好きです。年中、羽織を着るのが私の理想なので、各季節に対応できる羽織をじっくり選びたいですね。未仕立ての羽尺も来年は仕立てていきたいです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


昨日はお友達と久しぶりに会って、ランチ忘年会をしました。積もる話が面白すぎて大笑い。いや〜、本当に楽しかったです。





お店は、一度行ってみたかった憧れの南海グリルで鉄板焼きを。お肉が美味しいのはもちろん、ザ昭和の風情満載の店内がめちゃ楽しかったです。マジョリカお召しが似合いそうなドメスティックな雰囲気、好きだなぁ。





ステーキといえば、トップブロガーおかんさんご推奨の神戸ステーキランドにも、ぜひ伺ってみたいのです。そちらもおそらく昭和感満載なのでは?と期待を膨らませています。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村












2018年12月18日 (火)

袋帯の稽古、再び

昨年春に1クールだけ通った着付け教室は、呉服チェーン店が運営している教室でした。通っている生徒さんのほとんど(私以外全員)が、その呉服店で着物を購入した若い顧客の方でした。


ある日のレッスンの時、私がリサイクルで買った名古屋帯を取っ替え引っ替え締めていたら、その場にいらした生徒さん達が目を白黒させて、


「名古屋帯ですか!? かっこいい」
「本当だ。名古屋帯、すごい!」
「名古屋帯を持ってるなんて、上級者って感じですねぇ〜」


と、口々に誉めてくれるので、ビックリしました。


「はーっ? 皆さんの袋帯のほうが締めるの難しいし、格も高いし、よほど上級者ぽいですよ〜」


と答えながら(ひょっとしてリサイクルだから、からかわれてる? )と怪訝な表情の私。でも変わらず皆さん、


「名古屋帯、かっこいい」
「いつかは名古屋帯。憧れます」
「たくさん名古屋帯持ってて、いいな〜」


と、どうやら本心で誉めてくれてるようなので、ますます狐につままれたような気分になりました。


あっ、そうか。この呉服屋は若い初心者に袋帯と訪問着ばかり勧めてるんだな、とすぐに気付きましたけどね。皆さん、ものすごく立派な礼装用の袋帯をお持ちになってました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


という過去の出来事を思い出しつつ、苦手な袋帯を締める稽古をしました。私も袋帯からスタートしたら、名古屋帯は楽勝だから、もっと早く上達できたかもしれないのに、と思ってしまいました。(たぶん変わらん 笑)





黄色の色無地に、チロリアンテープ風の袋帯。幼くならないよう帯締めも帯揚げもこげ茶にして、全体の色数を抑えました。





たたみ皺がお太鼓の中央に出てしまいました。お太鼓とタレの柄合わせなんて、まだまだ出来ません。





が、えらいもので少しずつ、苦手意識が薄れてきました。袋帯を好きになれますように。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2018年12月16日 (日)

気後れしたパーティー

跳ねうさぎさん、先日はクリスマスコーデの記事をリンクさせていただき、ありがとうございました。その上、嬉しいお言葉まで! 感謝しております。


素敵なクリスマスコーデについての記事は、一年前から書きたいと思っていたので、12月になるのを心待ちにしておりました。私も嬉しかったです♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今夜は、近所のお金持ちの奥さんからお誘いいただき、ホテルの宴会場で催されたクリスマスパーティーに行ってきました。奥さんのご家族をはじめ、親しいお仲間が大勢集まり、盛大ながらも心温まるパーティーだったのです。呼んでいただき感謝しています。が、しかし。





それがねぇ〜、私がうっかりパーティーの日時を失念していて「今夜だ」と気付いたのが今朝のこと。会社に出勤するため、玄関の扉を開けた瞬間に思い出したのですが、時間がなくてそのまま家を飛び出したんですね。


出勤途中、クルマを運転しながら、猛烈に後悔しました。やっぱり着替えたらよかった。せめてスカートだけでも変えるべきだった。いや、足元だけでもパンプスに履き替えたら良かったのに。もう〜私のバカバカバカバカ!


よりによって今日のいでたち、バリッバリの普段着。セーターにプチプラの巻きスカート、毛玉こそ出てないものの、はき古した黒タイツ、足元はスニーカー。仕事が終わってから、こんな失礼な格好でホテルの宴会場に直行しないと行けないのか、と想像するだけで頭をかきむしりたい気分。


もう欠席しようかと思いましたが、ドタキャンのほうが失礼にあたると考え、忸怩たる思いのままパーティーに行きましたよ・・・。まぁ、内々の会だろうし、雨天だから、カジュアルなスタイルの方もいらっしゃるだろうと期待して。


ところが予想以上に皆さんドレスアップなさっていて。さすがお金持ちの奥さんのお知り合い、類は友を呼ぶっていうやつですね。ロングドレスにリッチなジュエリーを身につけたデヴィ夫人みたいなゴージャスマダムがわんさか。


こんな場に近所の万代スーパーにおかずを買いに行くような格好で参加している私ったら。ヒーーーーーッ!!!恥ずかしい!!穴があったら入りたいというのはこういうことね。もちろん善男善女の集まりだから、私のことを非難めいた目で見る人は誰もいないよ。みんな親切で楽しいパーティーでしたわ。お料理も美味しくて。


でも、私自身が気後れして全然ダメでした。せっかくお誘いいただいたパーティーの日時を失念したために、おしゃれもせずに参加してしまった自分がまったく許せない。もし私が主催者だったら、本当に悲しいと思います。自分に腹立たしい。


帰りのクルマでうなだれながら運転して帰ってきた私です。今も落ち込んでます(笑)


ちなみに今日のパーティーでお着物の方は一人だけでしたが、やっぱり着物は良いですね。ロングドレスやジュエリーに、決して引けを取りません。来年呼んでもらえたら、会社を休んででも訪問着に袋帯だわ。フンガーッ!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2018年12月15日 (土)

ストレス発散しました

今日は和歌山までロングドライブして、南佳孝さんのライブに行ってきました。はあああ〜楽しかった。ライブが終わったあとは、パンパンに張っていた肩もいつのまにかほぐれて痛みが消えてました。





CDにサインしていただき、握手してもらって幸せ気分で帰宅しました。来年もがんばるぞー!





今日は洋服でしたが、先日、和装用にゲットしたヘルメットバッグを持っていきました。差し入れを紙袋ごと入れるのにピッタリでしたので(笑)






なかなか使えるバッグで、洋服でもしょっちゅう持ちあるいています。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年12月13日 (木)

記憶に残るクリスマスコーデ

師走の寒さにやられたのか、右の首から肩がパンパンに張って痛いのなんのって。連日ストレス満載です。歳をとるって本当にいやですね。


さて、もう一本クリスマスっぽい帯が家にあります。建物の上に十字架を描き足して、キリスト教会にしてしまえば完璧ではなかろうか。これもホワイトペンで十字架を描いちゃえ!とトライしたものの。





試しに帯裏の目立たないところで描いてみたけど、あきませなんだ。帯地が白インクを吸収して、まったく色が出ませんでした。素人が調子に乗ったらあかんと早々にあきらめた(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


クリスマスコーデの着物といえば、まさに理想の、記憶に残る、これ以上素晴らしいコーディネートは無い!と私が個人的に(一方的に)絶賛しているブロガーさんがいらっしゃいます。跳ねうさぎさんのクリスマスコーデ、ええわぁ〜!(ぜひリンクさせてください)


跳ねうさぎさんのブログ
クリスマスコーデ♪


深緑の色無地に、シャネルのスカーフをリメイクなさった華やかな帯、グリーンの帯揚げ、帯締めもお草履もバッグも、すべて素晴らしい。着姿がまたかっこいい。(お召しになってる記事もリンクさせていただきます)


長楽館でランチ♪ 〜クリスマスコーディネイトの着物で〜


ええわ〜、ええわ〜、本当に素敵。私も深緑の色無地が欲しい。私もシャネルの同じスカーフを探して帯にしたい。私も京都のきねやさんに行って、女将さんに帯揚げと帯締めを選んでもらいたい(笑)


なにより、お母様の形見のスカーフを帯に仕立てられたというストーリーがハートウォーミングで素敵ですよね。お母様から譲られたバッグとお草履が、偶然同じお色だったというのも愛を感じます。ハレルヤ!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年12月11日 (火)

クリスマス会の装い

着付けの先生をしているお友達から、クリスマスのランチ会にお誘いいただき、着物で行ってきました。


窓から朝日が差し込んで写真がうまく撮れませんでしたが、いつもの白大島です。





昨夜、蛮行シミ隠しした名古屋帯を締めました。至近距離でしげしげ見つめられない限りはバレへん、バレへん、たぶん(笑)





帯周り。クリスマスを意識してグリーンの縮緬の帯揚げ。帯締めは意外と何にでも合う貝ノ口浮舟。





念願の艶消しの黒草履を履いていきました。鼻緒は川島織物。





美味しいランチコースをいただき、ひと足早くクリスマス気分を満喫してきました。お隣の席の方も大島紬で素敵でした。







遠近法にのっとり、一歩後ろに下がっております。大きなオンナの小さな浅知恵です。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村












2018年12月10日 (月)

良い子はマネしないでね

先日、ふくれ織の白の袋帯を自分で切って、名古屋帯に縫い直しました。

左が完成した名古屋帯。右がカットした残布。





なかなかうまくいったと悦に入っておったのですが、世の中そんな甘くなかった。なんとお太鼓の中央にたたみ皺がクッキリ!嗚呼、知らなかった。単純に袋帯の手先を短く切って名古屋帯にしたらば、寸法的にお太鼓の中央にたたみ皺が来るなんて!


たたみ皺がお太鼓に出ないように無理やり締めてみたけれど、体感的に不自然で気持ち悪いったらありゃしない。お太鼓の大きさも自分の好みじゃないし。





どうしよう。帯のたたみ皺を伸ばすために、アイロンをかけては絶対にダメ!プロに任せましょう!と書いてあったよ。第一、深く刻まれた帯のたたみ皺はアイロンぐらいでは取れないだろうし。


と思いつつも、試しに帯裏からアイロンを当ててみました。水で濡らして固く絞った手ぬぐいを帯裏の皺の部分にのせて、高温アイロン(スチームにしない)でプレスするように押し当てたら・・・。


ウッソー! 裏からアイロンを当てたら、なんと一発で皺が取れました。下の写真は表地ですが、まったく皺がわからなくなりました。ありがたやありがたや。





たまたまこの帯がうまくいっただけかもしれませんので、金糸銀糸の刺繍や箔が施された高価な帯は、アイロンNGと思いますので、くれぐれもご注意ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


皺の次はシミの悩み。(なんか自分の顔みたいだな 笑)


赤、緑、金とクリスマスカラーが入っていて、クリスマスツリーのオーナメントを彷彿とさせる模様の黒い名古屋帯。気に入っています。





ところがね〜、お太鼓の右下部分に目立つ茶色のシミが。綿棒にベンジンを染み込ませて、汚れを取ってみたものの全然取れないんです。ひょっとして水性のシミ?と思い、水で固く絞った手ぬぐいでなぞってみたら、アワワワ、輪ジミが出そうになったので、あきらめました。





いや、これこそプロにシミ抜きをお願いするべきだと思いましたが、実は急遽、明日この帯を締めて出掛けることになり、できたら今日中になんとかしたい。


ということで蛮行に走りました。油性の白のマジックペンで、シミの上をなぞってみました。





うっ! シミは消えたけど、逆に白くなりすぎました。明らかに周囲と色目が違うやんか。でも茶色のシミよりは、はるかにマシ。決してベストな方法ではないけれど、とりあえず明日は着られそうです。





良い子は真似なさりませんよう。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年12月 8日 (土)

バイセルで半額の袋帯&珍道中

先日、白の袋帯を自力で名古屋帯にリメイクしましたが、やはり袋帯も欲しくなり、バイセルオンラインの半額セールで購入しました。白地に銀糸の小さな御所車が刺繍されていて、遠目には白無地に見えるかと思います。





あと少しお買い物すれば、送料無料になる上、1500円も引いてくれるというので、必死のパッチで選んだのが右の樹木模様の袋帯。パープル系はあまり持ってないので良かったです。


しかし私が若い頃は着物や帯を買うのは一大決心が必要で、清水の舞台から飛び降りるような気持ちでドキドキしながら購入してましたが、リサイクル全盛の今は本当にお手軽になりましたね。着物を着始めるには良い時代になったとも言えるし、半面、リサイクルとはいえ、こんなに安くて良いのだろうかと一抹の寂しさも感じます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


父が亡くなり元気がなくなった母を励まそうと企画した「母と一緒に月イチ遊ぼ」。たまには都心も良かろうと、今月は梅田(大阪駅)にショッピングに行ってきました。というのも梅田は母にとって10年ぐらいご無沙汰のはず。再開発されて立派になった大阪駅もグランフロントもルクアも阪急百貨店も未だ行ったことなく、ぜひ見せてあげようと思いまして。


阪急百貨店の祝祭広場でお買い物とお茶したり。





三番街で、ひつまぶしを食べたり。





まぁ、結果的には楽しく過ごしてきたわけですが。


それがねぇ〜、最初ひともんちゃくありまして。実は再開発後の梅田(大阪駅)、私もよくわからないんだよね(笑)


事前にいろいろ調べていたら、阪急百貨店で買い物しても駐車券が出なくなったことが判明。それで大阪駅に近い某パーキングが一日1200円ぐらいで停められることを知り、さっそく予約決済したものの。


そのパーキング、交通量の多い場所にあるらしく、一発で入り口を見つけてスムーズに入れるかどうか、めちゃくちゃ緊張してたんです。もちろんカーナビに住所も入力して臨みました。


ところがカーナビの情報が古くて、再開発後の地図が出てこない。アワワワワ、画面に道がない!と大慌て。右車線か左車線か直進か、咄嗟に判断せねばならず、ええい右じゃあ〜とハンドルを切ったら、これが大失敗。はい、そのまま十三大橋を渡って十三まで行ってしまいました(笑)


迂回して再び梅田に戻ってきて、もう一度パーキングの入り口を探すも、またもやわからない。ええい今度は左じゃあ〜とハンドルを左に切ったら、そのまま阪神高速道路の梅田入口に進入してしまい、あああ、やっちまった。後戻りもできないのでそのまま仕方なく高速を走って、北浜出口で降りました(涙)


最初は「都会をドライブしてると思えば楽しいわよね」とフォローしてくれていた母も、トイレを我慢していて機嫌が悪くなり「やっぱり電車にすれば良かったのに。今日はエライ目にあった」とプリプリするので、私も腹が立ってきて、


「そんなん、お母さん電車無理やん。お母さんのためを思ってクルマにしたのに」
「安いからってそんなややこしい駐車場にするから、時間もお金もよけいかかって損してからに」
「そんなこと言わんといてよ、こっちも必死やねんから」
「あー、トイレ行きたい。やっぱり今日はやめといたらよかった」
「もう〜、うるさい!私かてトイレ我慢してるんや。運転中なんだから静かにしてよ」


と大げんか(笑)


トホホ。珍道中の末、三度目の正直でパーキングの入り口を見つけ、やっとの思いで駐車することが出来ました。クルマのエンジンを切るのももどかしく、二人してトイレに駆け込んだのは言うまでもありません。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2018年12月 6日 (木)

演歌歌手の小紋 〜 小股の切れ上がったいい女

昨夜、BSの演歌番組を見ていたら、素敵な着姿のお二人に目が釘付けになりました。坂本冬美さんと神野美伽さん。坂本さんはお顔が小さいし、神野さんは肩のラインが綺麗で均整がとれていて、お二人とも本当に着物が似合う。





特に注目したのが、神野さんの小紋。えっ、演歌のステージに小紋? めちゃくちゃ珍しいのでは? 女性演歌といえば訪問着に袋帯が定番ですよね。他にも多数の歌い手さんが出演なさってましたが、みなさん訪問着でした。





そんな中で意表を突いて小紋をお召しになってる神野さん、素敵〜!と思いました。この赤いお着物、可愛いわ。帯も好きなタイプで、ガン見してしまいました。





今年リリースなさった新曲のジャケット写真も同じ小紋ですね。ジャケ写のお衣装に採用するぐらいだから、よほどお気に召してるんでしょうね。





どちらのお着物だろう、なんか記憶にある小紋なんだけど・・・じーっと考えてみて思い出しました。8年前、はごろもさんのブログで拝見した神宮前kosodeさんの着物だ!(記事をリンクさせていただきます)


着物暮らしはごろも
着物ショップkosode(小袖)


はごろもさんと並んでらっしゃるkosodeの店主の杉浦さんも、神野美伽さんの色違いの小紋をお召しになってますね。この柄「入りこ菱」って言うんだ。元ワイズのデザイナーさんだけあって、どこかモダンなんだよね。好き好き。


下のお写真の神野美伽さんの小紋と帯もkosode謹製のようです。





こちらの帯もkosodeさんですね。可愛い。





来週、大阪高島屋でkosodeさんが出店するようだから、ぜひ見に行きたいな〜。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


番組の後半、神野美伽さんが訪問着に衣装チェンジなさってましたが、こちらも素敵でした。この方、本当に着姿が美しいと私は思うんです。実は演歌歌手のなかで一番、姿が良いのでは。





足を広げてエネルギッシュに男唄を熱唱なさるし、ヘアスタイルもショートで性格的にもボーイッシュに見えるけれど。実はとても女力の高い方なのではないかと私は睨んでいます。小股の切れ上がったいい女とは、神野美伽さんのことかと。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2018年12月 4日 (火)

黒の草履が今の気分

先日、自宅に戻った時、黒の艶消しの草履を持ってきました。10年以上前に購入したものの、一度しか履いていません。というのも当時は黒っぽい着物を持ってなかったからだと思います。


背は高くても姿がええことないんで、なるべく着物と足元は同色系にして繋げて、少しでもスラッと見せたいのですよ(笑)


黒の着物を手に入れたので、ようやく出番がやってきました。今はこの黒の草履をバンバン履きたい気分です。





私が持っている草履は4足。左から、セミフォーマル向けのエナメルのクリーム色(本当はもっと白っぽかったのに、経年劣化で黄ばんできたのが悔しい)、畳表、茶色の布台、そして黒。





今のところ、手持ちの着物はこの4足で事足りるので、物欲は抑えられています。


しいていえば、夏用のパナマ、ダークブラウンの畳表が欲しいかな。雨用草履(下駄)も憧れですね。


セミフォーマル向けの白の草履を買い替えたら、左のエナメルに雨カバーをつけて、雨の日専用草履にしてもいいかも。


カレンブロッソのカフェ草履は絶対に好きになると思うのですが、なぜか縁がなくて。何度かお人に贈ったことはあるんですが。いつか自分に贈ろうかな。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年12月 2日 (日)

黒の絵羽織、キター!

朝香沙都子さんが「このところ、黒の絵羽織のカチッと感が気に入っております♡」とお書きになっていて、ヤッター \( ˆoˆ )/ と、勝手に喜んでいるJガールです。朝香さんの大彦の黒の絵羽織、とってもクールだわ!(記事をリンクさせていただきます)


きものカンタービレ♪
大彦と大羊居 / 鳥尽くしのコーデ / 大彦の絵羽織と南雲織物の本塩沢にれえすの花の刺繍帯


朝香さんをはじめ、何人かの着物ブロガーさんが黒の絵羽織のことに触れておられるのを拝見して、ひょっとして黒絵羽が再びキテルのでは? と感じています。昭和40年代、おかあさんがたがこぞって入卒式に小紋と黒絵羽織をお召しになって一世を風靡しましたが、あっという間に下火になってしまい、長い間「流行遅れ」扱いを受けてきました。





あれから半世紀。昭和の遺物と揶揄されてきた黒の絵羽織が、逆に新鮮! 紋をつけずにジャケット感覚で羽織れば、少し改まった場所にも行ける素敵なオシャレ着になるのではないでしょうか。





私も昨年、昭和のリサイクル羽尺で、袷と単衣の黒絵羽織を仕立ててもらいました。その時の経緯はこちら↓


初めての羽織 仕立てに出しました

良い悉皆さんとの出会い





黒の絵羽織、どんな着物にも合わせやすいし、シックだけど華やぎもあって本当に使えると思います!





昔の短い羽尺でも、折りかえしを短く仕立ててもらえば、着丈が伸びます。(私は念のため羽尺を二本用意しましたが、結局一本だけで長羽織に仕立てていただけました)それに最近は一時の長羽織より丈が短めになってきているようなので、昭和の黒絵羽織をそのまま着ても古くさくならないと思います。


黒の絵羽織、大好きです!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

ランキング参加中♪

  • ランキング参加中♪
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ