« 椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」 | トップページ | ボヘミアン・ラプソディー »

2019年1月 4日 (金)

ピンクの色無地をどうしよう

仕事終わりの疲れた顔で着物を着たので、お目汚し失礼します。今日やっと着付けの練習が出来ました。


新年なので珊瑚色の色無地。一つ紋が入っているので、本当は袋帯を締めてみたかったけど、疲れていて軽いほうに流れました。


松の刺繍が入った染め名古屋帯です。





どうだろう、この珊瑚色の着物。古い感覚で言えば娘時代の派手な色かもしれませんが、羽織を着ればどうってことなさそう。むしろ初老だからこそ、華やかにしたほうがいいかもしれませんね。





しかし、派手とか地味とか、年齢的にどうだろうだとか、そういう一般論はさておいて。


写真を見て思いました。あんまり似合ってないね(笑)自分自身も着ていてワクワクしないのです。ということは、好きな地色ではないということですね。


やっぱり自分がワクワクする色に染め替えることを検討しよう。希望は深みのある紫です。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


« 椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」 | トップページ | ボヘミアン・ラプソディー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2016534/74887576

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクの色無地をどうしよう:

« 椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」 | トップページ | ボヘミアン・ラプソディー »

ランキング参加してます♪

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ