書籍・雑誌

2018年5月 9日 (水)

禁忌の花だとしても

土佐出身の着物好きの作家・宮尾登美子の自伝エッセイ「花のきもの」を読みました。小説のタイトルに「寒椿」と名付けるなど無類の椿好きで、少女時代、椿を自分のシンボルマークに決め、ノートの裏などにしるしを描いていたそうです。

そんな椿狂いの宮尾さん、女学校卒業の年にお父様が晴れ着を作ってくれるというので「椿の模様を」と所望するも「だめだ」と即座に一蹴。なぜなら家業が花街の芸妓紹介業だったため、首が落ちるように散る椿は忌むべき花として、固く禁じられていたらしいです。



それでも椿が好きでたまらない。宮尾さんが30すぎの頃、椿模様の羽織を着て市電に乗っていたところ、隣の席のおばあさんから
「こら、こら」
と呼びかけられ、
「あんた、まだ若い身空やのに椿の花模様なんぞを着ちゅうかね、縁起が悪いきにそんなもんは着んほうが身のためぞね」
とずけずけ言われ、そして下りぎわにもう一度、
「椿の模様のもんを身につけると、早死にするというきにね」
と念を押されたそうです。

宮尾さんは、椿を忌み嫌うというのは花街だけでなく、極めて一般的だったことを知り、ショックを受けました。実際、昔のきもの業界にもそういった思い込みがあったようで、訪問着や付け下げなどの格の高い着物には椿模様はほぼ見当たらなかったようです。

「早死にする」というおばあさんの直言はいつまでも宮尾さんの心に引っかかり、早死にこそしなかったけれど、この時以降、結婚生活の破綻、大きな借金を背負い10年以上お金のやりくりに苦労するなど、よくないことが身の上に起こります。

そして苦しい時代から脱して、作家として成功して余裕ができたとき、友人の女流書家に力を貸してもらい、自分の死出の衣裳にもしたいほど惚れ込んだ椿の着物をつくります。新品ではなく、友人の黒大島を洗い張りし、その上に椿の図案を付け下げのようにぽつぽつと20輪ほど置き紅糸で刺繍したもので、少女時代からの長い長い悲願が達成して感慨無量だったとのこと。

忌みものと言われ続けた椿模様について、自分自身の気持ちの持ち方がしゃんとしていれば、お祝いの席でも格別かまうことはない、と宮尾さんは書かれています。(つづく)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年4月27日 (金)

東京の着物、京都の着物

実はゴールデンウィークに上京しようと目論んでいたのですが、都合でキャンセルになってしまいました。ライブに行って、友人の舞台の楽屋見舞いに行って、美術館に行ってとひそかに楽しい予定を組んでいたのに残念!

(結局行けなくなりましたが)久しぶりに浅草にも行き、着物や和装小物のお店を巡ってみたくてね。でも知ってるお店は博多帯を購入したことがある帯源さんのみ。浅草や東京全域の着物まわりのお店を紹介したガイドブックがあればいいのにと探していたら、ありましたありました🎵

『東京きもの案内』(光村推古書院)雨宮みずほ編著


昨日届いたのでサッと目を通してみたのですが、着物好きに重宝する本だと思いました。東京の歴史ある呉服店、人気着物ショップ、和装小物店、履物店などがエリア別にマップ付きで紹介されてるんです。

たとえば銀座エリアなら、銀座もとじ、衣裳らくや、銀座むら田など。表参道、青山、六本木エリアなら、青山八木、壱の蔵というように。もちろん浅草のお店もたくさん載ってました。
巻末には近郊の川越、鎌倉、秩父の着物散策マップや、都内の骨董市情報なども。



こんな感じの京都バージョンのガイドブックもあればいいのにと思っていたら、ありましたありました🎵なんと同じ出版社から出てました。

『京都きもの生活』(光村推古書院)佐藤千絵&ワークルーム編著


こちらも、祇園、河原町、室町、寺町、西陣と、エリア別に着物屋さんが紹介されていて、親切な編集になっています。ぎをん齋藤、ゑり萬、むら田、おか善、ゑり善、に志田など憧れの老舗をきっちり網羅。巻末には手描き友禅や織物の教室情報も載ってました。

関西人なのに京都に疎い私。いつかこのガイド片手に、一泊で着物屋さん巡りをしてみたいな。

二冊とも初版は古いですが、確かなガイドブックだと思います。おすすめです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年4月12日 (木)

お金持ちのアイコン

近所の書店に茶道関連の書籍を置いてるコーナーがあり、よく立ち読みしています(ごめんちゃい)。というのも茶道の月刊誌には着物のことがちょくちょく載ってるんだよね。

発売中の淡交社「なごみ」4月号は帯の大特集。 龍村美術織物の龍村社長のインタビュー、有職組紐道明の道明社長の寄稿文、茶道家の北見雅子氏による「お太鼓結び徹底解剖」、その上イラストが岡田知子さん!豪華な内容で今回はさすがに購入しました。

淡交社「なごみ」4月号



そして表紙のお写真が、龍村の威毛錦(おどしげにしき)かっこいい!!!

私、威毛錦が大好きなんです。なんといっても帯の最高峰だと思うな。お金持ちのアイコンでもあるよね。もちろん庶民の私が持てるわけもなく、お人が締めてらっしゃるのを見るだけで眼福です。威毛錦の帯を拝見した日にゃ、富貴なお品を見せてもらったな〜とすっごく得した気分になる。

最近はパーティーなど華やかな場とは縁遠くなってしまって、なかなかお目にかかれなくて残念。大阪では任侠界の親分の奥様もよく威毛錦を締めてらっしゃると思います。衣紋を背中が見えるほど抜いて威毛錦を締めると、鎧だけに武闘派そのもの。猛々しい「動」のイメージ。泣く子も黙らせるすごい迫力です。

そんないかつい威毛錦と思いきや、普通のお金持ちの奥様が締めると、いかつさはなりを潜め、端正な「静」のイメージになるんですよね。

締める人によって表情を変える、変幻自在なパワーを持つ不思議な帯だと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2018年3月15日 (木)

泥・藍・白をセンスアップ

札幌日和のamiさんが「七緒」の最新号を紹介されている記事を拝読し、私も購入しました。(リンクさせていただきます)

「七緒」の着付けムックは持ってますが、本誌を買うのは私は初めて。なにせJJが好きだったからJガールと勝手に名乗っている光文社好きですからね。光文社系の女性誌を読んできた着物好きは、なんとなく「七緒」の方向に向かわないような気がします。個人的には「七緒」って、ananとかオリーブとかクロワッサンのマガジンハウス系のイメージです。(七緒の発行元はプレジデント社ですが)



今回、購入した理由は、読みたい記事がたくさんあったから!興味あるワードが目白押しだったんです。

・大島紬おしゃれ計画
・私の㊙︎雨支度
・天草更紗の赤い糸(天草は母の故郷ですので)
・ショートと着物
・白髪と、あのひと

全部興味あることばかり。めったに着物雑誌を買わない私も、これは買うっきゃないっしょ!と思いました。

七緒のサイトより、目次見本。



今日、届いたのでさっそく読みました。特集記事の大島紬おしゃれ計画が特に良かったです。「泥・藍・白。たんすの1枚をセンスアップ」と題して、大島紬を今風にモダンにコーディネートする法則や、大久保信子先生による「すっきり着るコツ」など、実のある内容でした。

たんすの中に眠らせている泥・藍・白の、ひんやりした感触が懐かしくなり、早く着付けの稽古がしたい!とテンションが上がってきましたよ。

amiさん、教えてくださりありがとうございました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村








2017年12月19日 (火)

婦人公論良かったです

今日は父を病院に連れていくため、仕事を早退しました。業務を午前中に終わらせるために2時間早く出勤したのですが、私がやるべき仕込みがほとんど終わっていてビックリ。みんなで手分けして、前日のうちにやってくれたそうです。本当にありがたい。泣きそうになりました。

病院では待ち時間が長かったので、売店で婦人公論を買って読みました。紫苑さんがブログで紹介なさっていた佐伯チズさんのインタビューが読みたかったのです。(リンクさせていただきます)

72歳で!全財産失っていたのね、佐伯チズさま



佐伯チズさんのインタビューも良かったし、100年を生きるためのお金特集も為になりました。作家・宮尾登美子についての林真理子さんの評伝もおもしろいです。

なんと付録まで!「折ってつくる招福ポチ袋」という折り紙キットが付いてました。婦人公論に付録って珍しい気がするけど、ポチ袋とは実用性があって婦人公論らしいと思いました。



姪っ子甥っ子のお年玉用に、ポチ袋を折ってる最中です。簡単だろうとたかをくくっていたのですが、とんでもない!結構凝ってて、難しいんです。作りがいがあります。頭の体操になるかも。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年11月29日 (水)

「黄昏流星群」に見る老いらくの恋と着物のリアリティ

病院の待合室に置いてあった一冊のコミック。今も連載が続いている弘兼憲史「黄昏流星群」は、題名は知っていたけど読むのは初めてでした。

シニア世代の恋愛と人生を描いた短編漫画集なのですが、心揺さぶられ、身につまされました。はい、きっちりハマりましたので、図書館で借りて全巻読破しようと決意。



老いらくの恋が主軸の物語なので、着物姿の女性がよく出てくるのですが、さすが弘兼憲史、着物の描写も抜かりない!

温泉旅館の仲居と元国民的スターの恋を描いた「君こそスターだ」(黄昏流星群50巻)より。関西人の仲居さんのお太鼓が、ちゃんと関西巻きになってます。



趣味の俳句で結ばれた70代と80代の運命の恋を描いた「星光耿耿(せいこうこうこう)」(同50巻)より。未亡人になっても一人で初詣に行く女性の着物コーディネートに、律儀で真面目な人柄があらわれています。そんな慎ましい女性だけに、涙なしでは読めない作品でした。



着物ひとつとってもディテールが的確でリアリティがあるので、物語自体もさもありなん。老いらくの恋のリアルな事情がバンバン伝わってきます。たとえば遊園地にデートに行ったときに、コースターに乗ることを提案されて(尿もれ大丈夫かしら?)と気にするシーンとか。

もっともリアルだと思ったのは、二人が出会ってから深い仲になるのがとにかく早いんですよ。女性側がもはや若い娘のように焦らしたり駆け引きしたりしないからでしょうね。男性から求められたら結構あっさりと(笑)

恋愛事情にすっかり疎くなってしまった私にとっては、男と女の機微を知る良い勉強になります。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年11月25日 (土)

清野恵里子さんの新刊

「樋口可南子のきものまわり」などをお書きになった着物に詳しい文筆家の清野恵里子さん。樋口さんがお召しになっている白いお着物と帯も清野さんのコーディネートなんでしょうね。うっとりします。(問い合わせが凄かったそうです)

いろいろな着物に目移りして頭が混乱してわからなくなったときに、私は必ず清野さんの着物本を手にとってリセットするようにしています。お手本だから。



その清野恵里子さんの新刊「咲き定まりて 市川雷蔵を旅する」(集英社インターナショナル)が12月5日に発売されるそうです。




以下、amazonの内容紹介です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「咲き定まりて 市川雷蔵を旅する」

かつて、これほどまでに魅力的な男優がいただろうか!
あなたは、市川雷蔵を知っていますか?

日本映画の黄金期に、152本の映画作品に出演し 燦然と輝く足跡を残した俳優、市川雷蔵。 それはたとえば『眠狂四郎』『炎上』『忍びの者』『陸軍中野学校』・・・。

37歳で惜しまれながら早世した美貌の俳優は 今尚、多くの人の心を捉えて離さない。

この本は、文筆家である清野恵里子が
市川雷蔵の主演映画、島崎藤村原作の『破戒』を観てよりその魅力にとりつかれ、雷蔵その人の魅力と雷蔵映画を丹念に読み解いた まったく新しい雷蔵論である。

きものに造詣が深い著者の審美眼が捉えた雷蔵の衣裳やメイクの話も実に興味深く思わず引き込まれてしまうおもしろさ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


いま、なぜ清野さんが市川雷蔵論を?
市川雷蔵のどんなところに惹きつけられて、一冊の本をお書きになったのだろう? そこが知りたい。師走の楽しみが出来ました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年11月11日 (土)

西郷どん! 来年は大島紬の年⁈

来年の大河ドラマの原作小説「西郷(せご)どん!」(林真理子著)が今月1日に発売されました。週刊文春の林真理子さんの連載エッセイに、出版プロモーションで鹿児島を訪れたと書いておられました。講演会、サイン会、取材と分刻みのスケジュールのなか、鹿児島市からの要請で大島紬をお召しになったそうです。

「西郷どん!」早く読みたい。装丁もいいですね!



そういえば林さん、以前の週刊文春に大島紬の応援サポーターを引き受けたというようなことを書いてらっしゃいました。素敵な大島紬をお持ちですもんね。

林真理子 あれもこれも日記
素晴らしい大島紬

銀座の志ま亀さんを一躍有名にしたのは林真理子さんの功績だと思いますし、影響力大きな方ですよね。「西郷どん!」効果で、ぜひ大島紬も盛り上がってほしいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年10月 4日 (水)

「堀越希実子の着物ごよみ」に学ぶ

十二代目市川團十郎夫人で、長男が十一代目市川海老蔵丈の堀越希実子さん。「堀越希実子の着物ごよみ」という本を2005年に出版されたものの、直後に海老蔵さんの暴行事件が起きて、ほどなく絶版。今やamazonでも高額でしか買えず、あきらめていたのですが、灯台下暗し、なんと市立図書館に置いていたのでさっそく借りて読みました。

歌舞伎の名門・市川宗家を支える妻、母として、またご自身も成田屋由縁の着物ブランドのデザイナーとして、センスを磨いてこられた希実子さんの12カ月のコーディネートを紹介している本です。長女の市川ぼたんさんも希実子さんのお若い頃の着物をお召しになって登場しておられます。



名門の奥様なんだけど、銀髪ショートヘアで、颯爽としていて都会的で、ほんのすこし不良の匂いもして・・・かっこいい女性だと思います。それでいて上品。そんな堀越希実子さんの装いにたいする考えをまとめますと、

◯客を迎える立場なので「出ず入らず」で仰々しくなく、品良く見えて、地味からず派手にならないように。そして自分が着たい色を。

◯着物と帯と小物は、全体に色数を抑える。

◯衿元の白、帯揚げの白、足袋の白。3つの白で全体の印象をすっきり見せる。衿元からつま先まで、白のバランスを意識した着こなし。

◯着物が主役の時は帯を脇役に。帯が主役の時は着物を脇役に。引き算をする。

希実子さんの着物の色選びは、歌舞伎座の定式幕である柿色、黒色、濃緑色を意識した渋い色が中心なんだそうです。お仕事柄もありますが、ご本人も渋好みでいらっしゃいます。



特筆すべきは、希実子さんが年間を通して、どの着物と帯でも「帯揚げは白のみ」と決めておられることです。すべて白の帯揚げでコーディネートされてましたし、帯締めもほとんど白系か薄い色なんですよ。

なるほどな、と思いました。私なんぞはすぐに帯締めや帯揚げで「色を挿す」ことを考えますが、逆に白で抑えることが、洗練と格上げに繋がるということですね。

それにしても、白の帯揚げに決めているなんて、なんて潔くてキッパリしているんでしょう。ハンサムウーマンだわ。よく考えてみたら、白の帯揚げさえあれば他はなくても大丈夫かもしれませんね。京都の花柳界の方が、ほぼ白の飛び絞り一枚で通しているのと同じ。

白の帯揚げ、買う! 影響されるの早っ!(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2017年8月20日 (日)

60代独女のリアリティー

にほんブログ村のこちらのランキングにも参加しています →50代 おひとりさま

桐野夏生「夜の谷を行く」を読みました。1972年の連合赤軍事件の元女性兵士の現在を描いた小説です。あさま山荘での警官隊との銃撃戦が収束した後に発覚した、メンバー12人の「総括」という名のリンチ殺人。グループから脱出して逮捕、服役、出所、現在は目立たぬよう独りで暮らしている60代女性の半生を通じて、一連の事件を今までにはなかった切り口で描いています。



この作品を読むにあたっては、連合赤軍事件について、ある程度知っておいたほうがいいと思いました。作者は読者に知識があること前提に書いていると思います。もちろん知らなくてもわかりますが、知っていたほうが理解が深い。

ということで、連合赤軍事件についてあまり知識がないまま読んでしまった私の「夜の谷を行く」を読んだ感想です。

主人公の女性は若い頃の傷を抱えて封印したまま、独りでひっそりとつつましく暮らしています。5年間の服役後に塾を自営し真面目に働いてきたおかげで、60代の現在は贅沢しなければ年金と貯蓄で女ひとり一生暮らしていけるぐらいの財力は持ち合わせているようです。

古いアパートに住み、月曜から木曜の昼間は近所のスポーツジムの廉価なクラスに通い、金土日は図書館で本を借りて読書三昧。唯一の楽しみはささやかな晩酌。特に親しくしている友人はいない。両親はすでに他界していて、唯一交流があるのが実妹と姪で、ときどき会っている。

という状況なのですが、なんだか私には他人事とは思えなくて。60代独女のリアリティーが随所に描写されていて、自分の未来予想図を目の当たりにした感じ。主人公女性は早々にリタイアして淡々と穏やかに暮らしているのだから、節約しつつも悠々自適と言えないこともない。

でも私がこの小説を読んで切実に思ったこと。

出来るだけ長く働きたい。年金をもらっても働きたい。70歳が目標だったけど、75歳、いや80歳前夜まで働きたいと強く願う。体力もなくなるしストレスもあるだろうけど、少しでいいから働き続けたい。お金じゃない。内向きになるのが怖い。

あと、小綺麗に。歳をとればとるほど小綺麗に。老婆然と無化粧で白髪を晒していると、他人からいきなり怒鳴られたり、尊大な物言いをされることが増えると書いてありました。それも怖いです。

あと3年。健康に留意して、心して60代を迎えよう。

作品が訴えたかったこととは全然違うところに感応してしまいましたが、気付かされたこと多々で読んで良かったです。さすがです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




より以前の記事一覧

ランキング参加してます♪

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ