観劇・鑑賞・エンタメ

2016年12月26日 (月)

含みがある終わり方

31日まで仕事なので、早めに新年の準備をスタート。今日、生ものの買い出し以外すべて完了。これで準備OKです。

なにせ若いときみたいに時間ギリギリにササッと素早くできないのでね。時間がかかるから、歳を取ったら余裕を持って何事も早め早めにやらないと。あわてるとロクなことがないからね。



今夜はSMAP×SMAPの最終回を見ました。少しだけでも見られたらいいなと思っていたけど、最初から最後まで5時間全編見ることができました。

生出演が無くて、逆に良かったと思いました。含みがあるから。可能性が感じられるから。これにて終了、とは思われず。大晦日にサプライズとか?

もし何も起こらなかったとしても、「あともう少し見たい」と思わすぐらいのあっさりした終わり方、余韻があって良いですね。大人です。

2016年12月11日 (日)

クールビューティな女優

昨夜はドラマ「漱石悶々」を観ました。サブタイトルに「夏目漱石最後の恋 京都祇園の二十九日間」とあるように、夏目漱石(豊川悦司)が京都祇園のお茶屋の女将(宮沢りえ)の魅力に翻弄された日々を描いた物語でした。

いやあ〜、恋に落ちるって本当におそろしい。理性が揺らいで、冷静で的確な判断を見失ってしまう。そりゃ、いつもと違う脳内物質が出てくるわけだから、はっきり言ってビョーキよね(笑)恋病とはよく言ったものです。

とりわけ怖かったのは、東京に帰った夏目漱石が京都の彼女に宛てた怒りの手紙の重いこと、重いこと。梅見に行く約束を彼女がすっぽかしたことを蒸し返して責める、責める。

男の人っていつまでも憶えてるんだね。執念深さにおののきました。女は意外と忘れてしまうから、相手も同じ感覚だと見くびってはいけない。



このドラマを観た最大の理由は、好きな秋山菜津子さんが出ていたから。しかもご主人の白井晃さんまで共演ということで、意味深。見るっきゃないでしょ〜。

ハンサムウーマン(古い表現)なんだけど、女の色気もしっかり持ってる秋山さんはすごくかっこいい。演技力も確かだしね。

まさにクールビューティ!吉田羊さんもそうですが、甘ったるくない顔の女優さんが好きだなぁ。


2016年11月 1日 (火)

クルマから降りられない曲

晩秋から初冬にかけての哀愁漂う雰囲気が大好きなんです。一年のうちで11月が一番落ち着きます。カーラジオから流れてくる曲も哀愁あるメロディーが多いので、もうたまりません!





昨日と今日、流れてきた好きな曲です。最後まで聴きたくて、目的地に着いてもなかなかクルマから降りられなくて困りました(笑)

2016年10月31日 (月)

観劇と丸福珈琲店

小さなことからコツコツと。毎日、断捨離しています。が、ゴミ袋に入れたはずの物が、なぜか元の場所に戻されてたりして。物を捨てたくない親との攻防戦が水面下で繰り広げられております。

そんなありふれた日常からの気分転換。今日は久しぶりに山田スミ子さんが出演なさっている新歌舞伎座のお芝居を観てきました。コロッケさんが座長の喜劇「神隠し⁉︎」です。



古典落語「死神」「文七元結」を合体させたお芝居。二つの演目が巧みに絡みあってるだけに物語が重層的で幹も枝葉も太く、最初から最後までグイグイ引き込まれました。抱腹絶倒の笑いの根底に流れている性善説も清々しく、ホント気持ち良かったです。

楽しかった。たくさん笑って明日への活力をチャージしてきました。



終演後、お友達と丸福珈琲店で、知る人ぞ知る名物メニューの珈琲ゼリーマリアージュを頂きました。昔から大好き!丸福でスイーツを頼むなら絶対コレだと思います。ボリュームがあるので二人でシェアできます。

あと丸福の珈琲は角砂糖もミルクも全部投入するのが正統な飲み方らしいのです。お砂糖苦手でブラック派の私も、こちらでは全部入れます。苦味も甘味も濃厚な珈琲が疲れを吹き飛ばしてくれます。リラックスできて一気に元気になりますよ!



2016年10月27日 (木)

食べて、作って、きちんと暮らす、きれいな私のための生き方

ねほりんぱほりん偽装キラキラ女子より。



やっとネイルチェンジ☆忘れちゃうから、今のネイルをポスト❤❤

#ネイル #pinklove #パワーストーン #パール #ジュエリー #美容 #表参道 #twinkle #女子の特権 #flower #ご褒美 #newnail



いるよね(笑)


2016年10月26日 (水)

ねほりんぱほりん

最初に生身の人間のトークを収録して、それに合わせて人形の動きを決めるんでしょうね。

赤裸々トークももちろん面白いけど、リアルで細かい人形の動きがすごいです。











ねほりんぱほりん気に入ってます。もしDVD出るなら買いたいぐらいです!



2016年10月 8日 (土)

高円寺 豊橋 宝塚

今、気に入ってる曲です。歌はロス・プリモス。

「さらば、高円寺」


「さらば、豊橋」


そして動画はありませんが「さらば、宝塚」というのもあります。同じパターンです。

「ロンドン ワルシャワ ニューヨーク」ならぬ「高円寺 豊橋 宝塚」(笑)ええなぁ〜!


2016年9月29日 (木)

おもしろい番組!

けっしてNHKの回し者ではありませんが、民放のハイテンションな音声がだめなので、チャンネルはほぼNHKに固定。最近はEテレ(教育テレビ)の柔軟性に注目しています。

特に水曜23時〜23時半の枠は、古民家カフェ紀行の「ふるカフェ系ハルさんの日記」、パリのおうちごはんを紹介する「レイチェルのパリの小さなキッチン」と、うっかり夜更かししてしまうほどおもしろかったです。

そして10月から、この枠でまたもやおもろ〜なトーク番組「ねほりんぱほりん」が始まるみたいです。

昨夜はパイロット版として、以前の再放送がオンエアされました。



聞き手の山里亮太とYOUがモグラの人形で、顔出しNGの訳ありゲスト(一般人)がブタの人形にふんして登場するんです。人形同士のやりとりだと、訳ありゲストの本音を引き出しやすいみたいで、とんでもない赤裸々なことを根掘り葉掘り聞き出してました。



昨夜の訳ありゲストは、スポーツ選手や著名人ばかりと付き合う「プロ彼女」と、「会社を潰した元経営者」でした。二人とも百戦錬磨のつわものだけに、言葉がいちいち深くて、感心するやら大笑いするやら。人生勉強になりました。

相手を乗せてどんどん話を引き出す、山里亮太くんとYOUさんの手練手管も見ものです。


2016年9月18日 (日)

はっきり言って主役を食ってます

「真田丸」の次週予告で草刈正雄さん演じる真田昌幸が九度山で最期を迎える映像が流れたのでビックリ!もう出番がなくなるなんてショック。草刈ロスになりそうです。清濁併せ呑む飄々とした大人の魅力にやられました。

小日向文世=豊臣秀吉が亡くなった時に続いて、魅力的なキャラクターが去ってしまうのは本当に寂しい限り。しかしさすが三谷幸喜脚本だと思います、人間の描き方が表も裏もあって重層的なんですよね。毎週楽しませてもらっています。

それにしても、今回の「真田丸」では草刈正雄さんの活躍が大きく目立ちました。昨年のドラマ10「美女と男子」を見たとき、(草刈さんって、こんなに演技が巧かったっけな?)と内心、驚いたんです。かつては長身、甘いマスクで一世を風靡したけど、今は最前線からちょっとご無沙汰の印象があってノーマークに近かったので。

それが今回の「真田丸」で主人公の父親=真田昌幸に抜てき(という表現はベテラン俳優にたいして失礼かもしれませんが)されて、しかもクレジットタイトル(名前の序列)が一番最後の「止め」! スマッシュヒットですね!

真に実力のあるベテランが正当に再評価されてるのを見て、思わず自分のことのように嬉しく思ったのでした。

2016年9月15日 (木)

年齢層も所得も高い

毎晩、Eテレの英会話番組を観ています。本当に観ているだけで、学習まで至っておりませんが、とりあえず英語に慣れることから始めようと。

ところで昨夜、10月スタートの語学講座の番宣番組をやってました。「旅するユーロシリーズ」と銘打ち、ヨーロッパ各地をナビゲーターが実際に旅しながら視聴者と共に語学を学んでゆくスタイルみたいなのですが。



「旅するドイツ語」熊川哲也
「旅するイタリア語」東儀秀樹
「旅するフランス語」常盤貴子
「旅するスペイン語」平岳大

はああ〜、芸術の誉れ高きメンバーですねぇ。星付きレストランでディナーしたり、老舗メゾンでスーツを選んだり、クラシックスポーツカーを運転したりと、ロケ内容もゴージャスみたい。



芸術性だけじゃなく、年齢層も所得も高いやん!エコノミークラスに乗せられないメンバーばかり(笑)

語学番組といえば、20代〜30代のアイドル、グラビア、お笑いタレントが主に出演してきたと思うんだけど、きっと視聴者と年齢層が合わなくなってきたんだろうね。語学は、若い人より中高年のほうに圧倒的ニーズがあるんでしょう!

年齢だけは高い私。10月からぜひ観たいと思います。


より以前の記事一覧

ランキング参加してます♪

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ