旅行・街あるき

2018年8月21日 (火)

六本木に住んでいた頃

先日、逗子のライブに行って都内で一泊しました。帰りのフライトが午後1時でしたので、2日目の午前中は東京ミッドタウンのサントリー美術館に足を運びました。

お目当ては、はい!「琉球美の宝庫展」です。すでに何人もの着物ブロガーさんがご紹介なさってますね。紅型や絣などの染織の他、琉球絵画、琉球漆器、琉球王家の継承品、関係史料が展示されていました。もちろん着物を拝見するのを楽しみで伺ったのですが、今回、漆器に施されている螺鈿の美しさに魅了されました。あまりキラキラ光るものは好きではなく、今まで螺鈿の良さがわからなかったのですが、遅まきながら理解することが出来たと思います。



そして展覧会を見たあと、私も参加しました!体験型ミニレクチャー「はじめてひらく 美のとびら」シリーズ紅型の巻。



紅型のシールを着物に貼り付ける作業、楽しかったです。童心にかえりました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


サントリー美術館に行く道中、麻布十番駅から麻布十番商店街〜鳥居坂〜ロアビル〜六本木交差点〜東京ミッドタウンまで、歩いてみました。

十番の洒落たカフェで朝食をいただこうと思っていたのですが、早朝なのでどこも開いてなくてマクドナルドへ。せっかくだから、ソーセージマフィンもホットケーキもハッシュドポテトも全部ついてる豪華なマックモーニングにして、お腹パンパンにしときました(笑)



マクドを出たあと、十番商店街をぷらぷら散歩。といってもまだどこもオープンしてないので、24時間営業のダイエーに入ってみました。懐かしい!当時は店名がセイフーでしたが、中身は少しも変わってなかった。私は40代の頃、5年間すぐ隣の六本木5丁目に住んでいたので、このスーパーでしょっちゅう買い物してました。



鳥居坂下の交差点。左端は六本木ヒルズ、右端はシンガポール大使館。右上に伸びる坂道「鳥居坂」の途中にあるマンションに住んでいたのです。

鳥居坂を外苑東通り方面に上ってみます。



下の写真の左の建物です。現在築45年ぐらいでしょうか。古い分譲マンションでしたが、外観を見て(ここに住みたい)と直感。外から見て空き部屋があったので、麻布十番の不動産屋さんに飛び込みでお願いしてオーナーさんと交渉してもらいました。家賃は1LDKで月額11万。六本木でこの家賃は破格でした。当時、人気の下北沢や三軒茶屋より安く貸していただけたと思います。

ああ、懐かしい。涙が出そう。



六本木に住んでいることを言うと、みんなからギョッとされましたが、この鳥居坂界隈は緑が多くて静かで、とても落ち着いていたのです。というのも江戸時代にはお屋敷街だったそうで藩邸が立ち並び、明治以降も宮家、華族、そして岩崎家などの大富豪のお屋敷が並んでいたらしいのです。

住んでいる時はそんな歴史ある場所だなんて全然意識してませんでした。仕事に追われてましたし、休日は疲れて寝てましたから。

でも住んでみて、マンションの駐車場に軽自動車が一台もないなとは思いました。全部外国の大型車でした。私はママチャリね(笑)

東洋英和女学院のお向かいにスヌーピーの博物館ができたんですね!



そうそう、東洋英和女学院を始め、シンガポール大使館、国際文化会館、川崎財閥のカワサキハウス、三井倶楽部、日銀鳥居坂分館とご近所に素敵なスポットがいっぱいあったのに、一度も入ったことなかったです。知らんくて(泣)

唯一、知ってたのは、B'zやZARDや倉木麻衣の事務所があったことかな。←ミーハー。

あと同じマンションに、日本を代表する女優さんの事務所があって、エレベーターでご一緒したりして嬉しかったです。隣のマンションには大作家や元首相も住んでましたし、普通に有名人が普段着で犬を連れてゴロゴロ坂道を歩いてましたね。

東京タワーも燦然と輝いていました・・・。



東京ではつらいこともたくさんあったけど、振り返れば本当に良い社会勉強ができたと思います。代々木上原、桜新町と住んだあと、最後に華やかな六本木に住めたことは自分にとっては世界が広がる稀有な経験となりました。幸せでした。

もちろん、実家に帰って親と平凡に暮らしている今も幸せです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年8月19日 (日)

湘南のテラコッタマダム

昨夜は毎年夏のお楽しみ、神奈川県逗子海岸のサーファーズ(カフェレストラン)で行われる南佳孝さんのライブに行ってきました。いつものように都内で一泊して、今日昼過ぎに帰阪しました。



ライブはもちろん、お店のロケーションも雰囲気もお料理も最高。おしゃれな大人の海の家という感じで居心地がいいんです。何度行っても飽きない。何度でも行きたい。



お天気にも恵まれました。フォトジェニックなシーンが満載で、今回もたくさん写真を撮りましたよ。ライブが始まるのは夕方ですが、いつもお昼すぎに行ってひたすら海を眺めています。



終演後。気温が読めなかったのであれこれ用意してきて良かった。やはり晩夏の夜の海辺は風が肌寒く、カーディガンとショールが活躍しました。



はあああ〜、楽しみにしていたライブも終わって、私の夏も終わりました。つかのまの非日常は終了、明日からまた日常に戻って仕事に生活にがんばります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ところでこのお店に行くたびに、さすが湘南だと思う。テラコッタ色に陽灼けして、リッチなジュエリーを身につけたスポーティーエレガントなマダムがたくさんいらっしゃってて、同性から見ても目の保養になります。

林真理子氏の言葉を借りれば、「憧れの茶おばさん」というやつですね。氏によると「茶おばさん」の特徴として、

一年中ほどほどに焼けた肌、素脚にパンプス、胸もほどよく露出させ、曲線の目立つお洋服を着ている。髪は当然長く、大きなウェイブがついている。日本人ばなれした美しさと迫力。白おばさんよりはずっと体型をシェイプしているが、黒おばさんのように無理している感じではない。女性の豊満な魅力を充分知り抜いているおしゃれなのである。相当のお金とセンス、それも国際的なセンスが必要とされる。

なんだそうです。なるほど。

いや〜、茶おばさん、もとい、湘南のテラコッタマダム、ゴージャスで本当にかっこいいです。きっと60代になっても70代になっても素脚にパンプスなんだろうなぁ。私より年上であろう彼女たちには、「もう歳だから」とか「派手すぎて着られない」といったネガティブな言葉はナンセンス、笑止千万なんでしょうね。

憧れのテラコッタマダムを見ていると、おばさんだからとウジウジしている場合じゃない、歳を重ねても堂々とおしゃれしよう、と凡人の私にまで勇気と刺激を与えてもらえます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2017年12月14日 (木)

着物で行くと楽しいスポット

このブログは昨年までは着物ブログではなく、日々の身辺雑記を綴っていました。当時、コメントのやり取りから親しくなり、実際にお会いしたブロガーさんがいたのですが、今年初めにブログを休止されてしまったのです。淋しくてね。

が、なんと彼女が昨日からブログを復活なさったんです。めちゃくちゃ喜んでます!ブログって凄いですよね。リアルでお会いしたのは二回だけなのに、旧知の友のように身近に感じられて。いや、旧知の友よりも精神的距離は近いかもしれません。

ということでブログ復活を祝して、私が上京した際、彼女と一緒に出かけた東京のスポットを過去記事から紹介したいと思います。着物で行くと、もっと楽しくなる場所でもあると思いますのでね。


2014年11月27日
日本橋三越本店の店内ツアー


現在は店内歴史ツアーは、小中高生、学校からの申し込みしか受け付けていないようです。でもツアーでなくても充分楽しめると思います。あと三越劇場もレトロゴージャスで本当に素敵です。歌舞伎座に負けないぐらい着物がとても似合うスポット。


2015年2月25日
がんこ新宿 山野愛子邸


がんこ寿司は関西ではメジャーで有名ですが、首都圏ではまだ少ないので、ひょっとしたらいまだ穴場なのでは?と思いまして。フォトジェニックでリーズナブルで楽しいです。新大久保にも近いので、食事のあとはコリアンタウンを散策するのもいいかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







2017年9月29日 (金)

梅田で着物ざんまいの充実した一日

今日は休日でした。急遽、私の自宅に戻る用事ができ、残念ながら松竹座の観劇は叶いませんでしたが、帰りに梅田に寄って念願のあれこれを拝見してきました。

まずはグランフロント大阪のパナソニックで開催中のハイヒールモモコさんの「好きなものに囲まれる宝石箱リビング」を見てきました。



モモコさんの貴重な私物が展示されていて、私が見たいのはもちろんお着物関係!

さすがモモコさん。シャネルのテキスタイルでおつくりになったお着物、帯、お草履です。



左上から、グッチの帯とバッグ、エルメスの帯とバッグ、フェンディの帯とバッグ、そして右下はロエベのお草履とバッグですわね。ブランド尽くしでいかついわ!(笑)迫力あります。



ただこれは、モモコさん=海外ブランド好きというキャラクターを期待されてのファンサービスでしょうね。普段のモモコさんのお着物は正統派でシックです。きっと海外ブランドより高価なはず・・・。

趣味がいいモモコさんの着物

そして左下のこっぽりを描いた染め帯。なぜ、こっぽりかというと、ハイヒール(モモコ)だからなんですって!



ハイヒール=こっぽりということで、モモコさんの和装の「おしるし」はこっぽりだそうです。こっぽりが描かれた和装小物を集めていたら、本物の舞妓さんのこっぽりをプレゼントされて(いつ履くねん!)と笑ってしまったそうですよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そして阪急百貨店に移動。特別展「白洲正子ときもの」を見てきました。いや〜良かったです。写真で目にしたことがあるお着物ばかり。間近で見られて眼福でした。

地味派手の極みですね。卓越したセンスです。間違いなく昭和を生きた人なのに、昭和の流行にまみれてないのが凄いと思いました。当時は前衛で庶民には理解されにくかったのではないでしょうか。むしろ平成の今のほうが、すんなりフィットしそう。時代がやっと白洲正子に追いついたのでは? なんて思いました。



個人的には、ロートン織が気になりました。ものすごく勉強になりました。白洲正子さんみたいに財力はないけれど、せめてセンスだけでもあやかりたいものです。



お着物で行くとなんと無料です。書籍やグッズも豊富でした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最後は阪急百貨店の同じフロアの祝祭広場で開催中のPLAY KIMONOイベントの公開講座にも参加してきました。吉澤暁子きもの着付け教室の吉澤先生が帯揚げの結び方を教えてくださるというので、楽しみにしていました。



ミルクティー色の羽織と紬のお着物が似合う、すごい綺麗な先生でした。講座のアシストをされていたお弟子さんも綺麗で、こんなに綺麗になれるなら私この先生に習いたい!と本気で思いましたもん。

帯揚げ講座も受講して本当に良かったです。30分という短時間ながら、目から鱗が7枚ぐらい落ちました。なるほどと膝を打つことの連続でした!教えていただいたことを忘れないうちに稽古したいと思います。

ということで駆け足でしたが、今日は梅田で着物ざんまい。充実した時間を過ごしてきました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年8月14日 (月)

銀座6丁目から7丁目へ

引き続き旅行記です。

上野から有楽町に移動して、昨夜のメンバーと合流。まずは歩行者天国の銀座をぶらぶら。やっぱり銀座はゆったりして余裕がある大人の街でいいですね。

GINZA SIXにも行ってきました。お約束の撮影ポイントです。



さすがに屋上もスタイリッシュ。子ども達の水遊びスペースにまで、ヴォーグのロゴが入ってましたよ。



GINZA SIXでランチをする予定でしたが、お蕎麦が食べたくなって急遽7丁目に移動。草履のぜん屋さんのお向かいにある木屋というお店に入りました。

美味でした。やっぱり蕎麦と天麩羅は東京だと思います。



資生堂パーラーに寄ったあと、いよいよその日のメインイベントへと向かいました。

行き先は再び上野。そう、上野動物園です!



「真夏の夜の動物園」と銘打ち、お盆の期間だけ夜8時まで開園しているので行ってまいりました。なんて妖しいんでしょう、わくわくドキドキしました。(続く)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2017年8月13日 (日)

不忍池の蓮、道明、おにぎり

旅の続きです。

お目当のライブが中止〜延期になり、ショックでワインを飲みすぎて酔っ払ってしまいました。ホテルに戻って顔だけ洗ってバタンキュー。明日は二日酔いかもしれないと思いながら、そのまま朝まで泥のように眠る。

が、意外にも翌朝は気分爽快。いつもと同じ6時にバチッと目が開いて、二度寝もせずに飛び起きた。珍しい(笑)友達のおかげで楽しいやけ酒だったからでしょうね。

10時にチェックアウトして行動開始。向かった先は上野の不忍池。これこれ、久しぶりに不忍池の蓮が見たかったんです。うわぁ〜、圧巻です。都会の真ん中に、こんな巨大な蓮池が存在すること自体、おもしろすぎます!大好きなんですよ、不忍池の蓮。



そして上野といえば、帯締めの道明。こちらも圧巻。冠組だけで170色あるらしく、なんと全色持ってる方もいらっしゃるそうです。



道明さんでは目移りしてなかなか色が決まらない私ですが、今回は迷わず1秒で決めました。はい、焦げ茶でございます。自分には必要な色なのに、気付くのに年月がかかりました。



お盆の最中でお客さんがいらっしゃらなかったので、他の商品もゆっくり拝見できました。眼福。

そういえば、道明に行くすがら思わずクスッとしたことがありました。いつもと違う道で向かったので、迷ってしまったんです。確かこのへんだよなぁ・・・と裏道をウロウロしてたら、ちょうど目の前の軒先にお着物をお召しになった30代ぐらいの女性が立っておられたので(この人なら絶対に道明知ってるはずや!)と確信して、「すみません、道明さんはどっちですか?」とお訊きして、道を教えてもらったんです。

その方にお礼を言って別れたんですが、なんとその方、綺麗なお着物で髪もセットして上品な装いなのに、人目を避けるように立ちながらおにぎりを食べてたんですよ。

わかるわー。
わかるわー。
本当にわかるわー。

きっと朝から着物を着るのにバタバタしてご飯を食べる暇がなかったんだよね。取り急ぎ、おにぎり握ってラップに包んでバッグの中にしのばせたんだろうね。ほいで約束の時間の前に、人目のつかない場所でこっそり食べてたんだろうね。(そんな時に声を掛けて申し訳なかったです)

立ちながらこっそりとおにぎり。思わずクスッとしてしまいましたが、私もやったことあります。着物を着る人あるあるだったりして?

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年8月12日 (土)

雨にけぶる横浜に想う

学生時代から南佳孝さんのファンです。親の体調もあってしばらくライブ行きを自粛してたんですが、夏開催の逗子サーファーズのライブだけは参戦しようと楽しみにしてたんです。→ 逗子サーファーズ 去年の様子

ああ、それなのにそれなのに。荒天のため当日になり、まさかの中止、延期。往復の航空券もキャンセルできず上京することに。ぽっかり空いた予定をどうするか機内で考えていて(そうだ!結城紬の里を訪ねてみよう)と一人盛り上がっていたのですが、羽田空港のどんよりした空を見て気持ちが萎えてしまい、とりあえずホテルにチェックイン。ゆっくり過ごしました。

さすがに寝てばかりはもったいないので横浜に出かける。雨天なので「赤い靴バス」に乗って、市内を周遊。車内から、雨にけぶる横浜のトワイライトを楽しみました。



その後、ファン友達と合流して、予約が取れない人気のチーズ専門店で食事しました。チーズカフェというお店です。



コースを頼みましたが、すごくボリュームがあって食べきれないほどでした。めちゃ美味しいのに、もったいなかった。



名物のパルミジャーノパスタ。お味もパフォーマンスも最高でした。



ライブがなくなった寂しさをうめるようにワインを飲んで酔っ払いました(笑)おしゃべり楽しかったです。



それにしても連休だからかインバウンドだからか、横浜の人出の多さもすごいことになってますね。どこに行っても人、人、人。お店は行列、駐車場は満車、ピタリと動かない大渋滞。競争が激しいな・・・。

大阪や京都も人出が多くなってきたけど、首都圏の比じゃないと感じました。東京、横浜はやはり規模が大きいです。いつ行っても駐車場タダで停め放題のユルユルな大阪の片田舎に住まう者としては、久しぶりの都会の競争の烈しさにめまいを覚えました。

かつては住んでたんですけどね。都会でよく頑張ったな。あの頃はまだのんびりしてたんでしょうか。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村








2017年8月 3日 (木)

憧れの長岡花火

毎年、インターネット中継で長岡花火を観ているのですが、今年はテレビの生中継を観ました。

本当に素晴らしい!何度観ても感動します。大規模なんだけど、とても温かいんですよ。感動で胸がいっぱいになる。



白菊、スターマイン、正三尺玉、この空の花、ナイアガラ、フェニックス・・・名物花火の名前、もう覚えたし。笑



初めて中継を観たときは、都会の花火大会とはまったく違う独特の構成、テンポに驚いてしまって。突っ込みどころ満載で笑ってしまいましたが、今では

(どうして私、長岡で生まれ育たなかったんだろう)

と本気で残念に思うぐらい、長岡花火の魅力にハマっています。



解説者の女性が花火を見ながら感極まって滂沱の涙を流してましたが、わかります。

いつか現地で二日間たっぷり、この目で拝見したいです。私の夢の一つです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年6月28日 (水)

ちゃくちゃくちゃくとかハードオフとか

今日は母を美容院に連れていきました。母が施術してもらう2時間ちょいの間、いつも私は自宅に戻っているのですが、晴れてきたし何となく今日は出掛けたい気分。

とりあえず海を眺めに行きました。



海を見ながら考えた。そうだ!リサイクルショップに行ってみよう!ブログ村の着物・和服カテゴリーの着物と猫とカネコ系のあすかさん御用達のお店ちゃくちゃくちゃく(着着着?)に私も行きたくて仕方ない!だっていつもかっこよくてお買い物上手なんだもん。

さっそく近くにちゃくちゃくちゃくがないか調べてみたのですが、残念ながらなくて(泣)

ならば、同じくセンスが良くてお買い物上手の四十代で楽しむ普段着物の結城花音さんが紹介なさってたハードオフが近隣にないかと調べてみたら・・・。

ラッキー。クルマで15分の場所に泉南店がありましたので、さっそく向かいました。

ブックオフは知ってるけどハードオフは初めて。着物も扱ってるんですねぇ。着物コーナー、浴衣コーナー、帯コーナー、七五三コーナー、小物コーナー、高額品をディスプレイしたショーケースと、予想以上に大きかったです。



なんと結城花音さんと良く似たテイストの浴衣を見つけましたよ!買おうと握りしめてたら、他のお客さんから「素敵な大人浴衣ね〜」とほめられました。

残念ながらサイズが合わなくて、迷った末に断念しました。他にも可愛いな〜と思った小紋やしっかりした丹後ちりめんの白反物などがあり、心惹かれました。

しかしこういう場にいたら、時間が経つのもあっという間。母を迎えに行く時間になってしまったので後ろ髪引かれながら店を後に。ホント何時間いても飽きない。

何も買わなくても楽しかったです。ネットと違って、質感や仕立てをチェックして試着できるのが実店舗のいいところですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2016年10月14日 (金)

上空からの景色

旅行記を引っ張ってスミマセン。これがラストです。

私は飛行機に乗るときは何が何でも窓際派。トイレが近くならないよう飲み物を我慢してでも窓際にこだわります。せっかく窓際なのに一度も外を見ず居眠りをしている人、多いですよね。乗り馴れてるふりして格好つけてるのかな。もったいない。

今回も上空からの景色を堪能しました。まず往路(関空→羽田 JAL220便)は、毎回楽しみの富士山を眺めて満足。富士山を囲むように旋回するので長い間見ることが出来ます。



そして復路(羽田→関空 JAL225便)もスマホを機内モードにして写真を撮りました。後から見ると位置情報が表示されるので便利になりました。

離陸してすぐ。横須賀市平成町。


この日は曇天だったので、しばらく雲の上を飛行。下の景色は見えませんが、どうよこの神々しい紺碧の空。宇宙に繋がる神秘を感じます。



約50分のフライトだから、あっという間に紀伊半島。高度が下がるにつれ眼下の景色も間近に見えてきます。

海南市且来


海南市冷水


有田市箕島町


この海岸沿いの丸い石油タンク群が一際目をひきました。有田みかんで有名な山深い地にこんな大きな工業地帯があったんですね。

ちなみにその石油会社のホームページにこんな写真がありました。



綺麗ですね。工場夜景も好きなんです。いつか夜のフライトで確認したいと思います。

より以前の記事一覧

ランキング参加してます♪

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ