気になること

2017年1月14日 (土)

北新地ホステス心得帖

大阪の夜の街・北新地のホステスさんがバッグにしのばせているという「北新地ホステス心得帖〜おもてなしの条件〜」を読みました。

心得帖の構成は、

1、美しさの度合いと個性
2、お客様との対応
3、飲み方と飲ませ方
4、座持ちのテクニック
5、同僚からの評判
6、お客様との私的交際
7、貴女自身の私生活
8、経済生活の設計
9、プロとしての資格
10、べからず33カ条

この10項目のなかに、微に入り細にわたりホステスとしての心得が書かれていて、グッと迫りくるものがありました。私が特に印象に残った文章を抜き書きします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◯美人には2種類ある。黙っていると美人というタイプと、喋り出すと美人というタイプである。黙っていると美人というタイプは、3回で飽きる。

◯手が綺麗であること。手入れが悪いと、現実の生活が見えてしまう。顔や胸は整形できるが、手はできず、年令がハッキリ出る所でもある。

◯お客様の名前は一度で覚えること。一度覚えたら、3年間は忘れぬこと。
覚える工夫としては、

a、繰り返し名前を言いながら話すこと。
b、さりげなく名刺を頂くこと。
c、覚えるまで名刺をしまわないこと。
d、役職名を間違えぬこと。

◯お客様の服装・持ち物について、正確な値踏みができること。そして、それを少々オーバーに評価して見せること。但し、知ったかぶりはいけない。

◯酔った女は面白いが、可愛気はない。女は惚れた男の前(二人だけの)以外は酔わぬが花。

◯貴女自身のことは、訊かれるまで言うな。特に愚痴話は厳禁。

◯言いたくないことは言わなくてよい。しかし、ウソはだめ。

◯どんな些細なことでも、約束は必ず守ること。だらしのないことの代名詞が「水商売の女のような」であることは恥である。

◯お客様のお金だからといって、ムダなお金を平気で使わせないこと。気前のいいところを見せたがるお客様ほど、その使ったお金が幾らだったのか覚えておられるものである。使ったお金が多いほど、別れ話はもつれるものだ。気のない相手には、お金を使わせない配慮が必要。

◯男の最低の姿を見て、すべてを判断するな。男は、その人が思っているほど立派ではないが、ホステスが考えているよりは高級である。

◯商売は派手でも、生活は地味であること。

◯自宅はいつ来客があっても、恥ずかしくないようにしてあること。精神のだらしなさは、部屋の片付けに現れる。

◯食事はなるべく店屋物をとらず、手料理で食事すること。

◯今の収入は、一時的な特殊条件による、異常なものであることを、認識すること。それは主として"若さ"に基因することを忘れないこと。

◯スポンサーの援助を前提とした生活は、思ったより短く、そして必ず破綻がくる。今の彼氏は、貴女が50才になっても、優しく面倒を見てくれるわけではない。もしそうなら、呆れるほど惚れているか、バカであるか、10万人に1人ぐらいの立派な男である。

◯貴女が40才になった時、どうしているか、想像してみること。そして、その時のための準備を、今から心掛けておくこと。誰の力も借りずに、することも大事。多分、誰も助けてくれないだろうから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

くうううう〜、泣けてきませんか?北新地という魑魅魍魎の世界で生き抜いてきた先輩ホステスから後輩に贈る知恵と真理の数々。親心を感じます。

この心得帖、ビジネスの世界でも応用できるということで欲しがるお客さんが多いらしいです。ホステスさんじゃなくても、普通の若い女性だって役に立つと思いました。

心得帖の全文は以下のオフィシャルサイトのPDFからダウンロードできます。

北新地社交料飲協会のサイト

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



続きを読む "北新地ホステス心得帖" »

2016年12月19日 (月)

憧れの開脚女王

子どもの頃から身体が硬いのが悩みで、いつかはバレエストレッチやりたい!と考えていました。

でも「いつか」なんて言ってるとますます遠のいてしまうので、もう決めました!来月から近所のバレエ教室のおとなのストレッチコースに通うことにして、今日申し込んできました。

180度の開脚に憧れます。贅沢は言いません、せめて120度ぐらい開けたらいいのに・・・。(今は90度が精一杯)



そういえば今、開脚の本が大ヒットしてるんですよね。著者の泉栄子先生は大阪在住の女性。まさに開脚女王の名にふさわしい綺麗な女性だわ。

この本はまだ読んでないんですけど、身体が柔らかくなれば、ココロも柔らかくなって、なんとなく人生が好転していくような気がするんだよね・・・。希望的観測?



2016年12月 9日 (金)

結婚している女の寂しさ

今日は三歳下の弟が、休みを取って実家に来てくれました。

両親が自宅で転倒しないようバリアフリー工事&介護ベッドを導入することになり、それに伴い自宅の不用品を大々的に断捨離中です。私も休みのたびに細々と処分しているのですが、家具やベッドなどの大物は一人ではとても運べない。

ということで、満を持して弟が登場。大きなワゴン車、台車、工具、軍手のフル装備でやって来て、あっという間に不用品を積みこんで市のクリーンセンターに持っていってくれました。

私も日頃、力仕事をしてるので、少々重い物は平気なつもりだったのですが、こういう時はさすがに男手があると全然違うと痛感した次第です。

こんな時、私に夫がいたらいいのに、と思う(笑)

でもね、今日弟がこんなものを買って実家に持ってきたんです。



灯油ポリタンクの蓋です。実家のポリタンクの蓋がゆるゆるになっていて、灯油が漏れると危ないからということで、蓋だけ買ってきたんですよ〜。初めて知ったわ、蓋だけ売ってるってこと。

で、私は思ったんです。こんな風にまめまめしく蓋だけ買ってきてくれるのは、やはり肉親だからこそ。仮に私に夫がいたとしても、たぶん私の親のためにこんなきめ細かいことはしてくれないと思う。いや、世の中には本当に親切な男の人もいて、奥さんの実家のためにかいがいしく動いてくれる旦那さんもいてはるんやろうけど、そんな人は私のところには来てくれないだろうし、実際来なかった。

ていうか、私自身に問題があるのかな?笑

話は変わりますが、私が20代の頃、知り合いの夫婦が奥さんの不倫がバレて大揉めに揉めたことがありました。憔悴している旦那さんが気の毒でたまらなかったので、奥さんを呼び出して意見したことがあったんです。

「不倫はいけません」
「あんなにいい旦那さんがいるのに、なぜ?」
「どうしてそんなことするん」

正論を振りかざして、さんざん意見したあと、彼女がポツリ。

「独身の◯◯ちゃん(私のこと)には、結婚している女の寂しい気持ちがわからへんのや・・・」

エーーーーーーッ⁈ 結婚してる女の寂しさ? 理解できない! 私にはまったく理解不能!!!

と当時は思ったものですが、今なら理解できます。

独身はまぁ寂しいですよね。でも結婚したからって寂しさがなくなるわけではない。独身時代とはまた違う寂しさがやってくるんだよね。結局、みんな寂しい。

2016年11月18日 (金)

抜かりない 如才ない

次期アメリカ大統領のトランプ氏にさっそく会いに行った安倍首相。初会談と言ってもさほど重大な核心を突かず、お近づきになるためのほんのご挨拶といったところでしょう。しかし他国より先んじてトップで馳せ参じるなんて、さすが抜かりがないです。

2番でも3番でもなく、真っ先に会いにいったこと、人心掌握的にめちゃくちゃ重要だ。

おそらく、どちらが大統領になっても行くつもりで、かなり前からスケジュール調整してたんでしょうね。ペルーとアルゼンチン訪問の前か後ろでアメリカに立ち寄りましょうと。

うまいですよ。ペルーとアルゼンチンの「ついでに」ちょっとアメリカへという軽い感じに仕立ててるところ。本当はペルーとアルゼンチンがついでかもしれないのに(笑)

トランプ氏からは当初「食事をご一緒に」と声が掛かったそうですが、オバマ大統領との関係があるので、今回は遠慮したそうです。こういった気配りも如才ないですね。

首相官邸ホームページより。


安倍さんは外交にも目配りしていて抜かりない。フットワークが軽い。分刻みのスケジュールで超多忙なのに、海外出張へはしょっちゅう行く。

たぶん飛行機移動が好きよね。苦にならない。むしろ移動時間は貴重なリフレッシュタイム。心と頭を整理するのに最適なんだろうね。




2016年11月11日 (金)

気になるマンション

今は実家で親と同居してますし、自分の家(ちいさなハイツ)もあるので、どんなに魅力的な物件を見せられても新たに不動産を購入したいとは全く思わなかったのですが。

先日、たまたま外から眺めていた中古マンションが気になって仕方ない。病院近い、買い物便利、駅にも近い、幹線道路にも近い。なのに緑が多くて、陽当たり良くて、静かで環境抜群。何よりその建物が放つオーラが「陽」なんです、私にとっては。

このマンションなら、終の住処として明確にイメージできる感じなんです。私ここに住みたい!と強く思いました。

残念ながら今は空室はないようです。気になって仕方ないのでこれからも動向をチェックしていこうと思っています。

その前に、宝くじ当たらないかしらね〜(泣)




2016年10月22日 (土)

ボブ・ディランの気持ち

朝日新聞デジタルより引用

 今年のノーベル文学賞の受賞が決まった米国のミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)が沈黙を貫いていることについて、同賞を選考したノーベル委員長のペール・ベストベリィ氏が21日、「無礼で傲慢(ごうまん)だ。でもそれが彼ってものだ」と苦言を呈した。
 スウェーデン公共放送SVTのインタビューに応じたベストベリィ氏は、ディランさんの公式ウェブサイトから「文学賞受賞」の文言が21日までに削除されたことも認識しているとして、「予想していなかったが、彼は気難しいようだから驚きはしなかった」と語った。
 12月10日にストックホルムで開かれる授賞式前には、受賞者による記者会見や講演も予定される。だがディランさんが受賞するつもりがあるかも不明だ。授賞を発表したスウェーデン・アカデミーはディランさんに直接連絡することを断念している。「我々は待つ。彼が何と言おうと彼が受賞者だ」とベストベリィ氏。「これは非常に特異な状況。おそらく彼は式典ぎりぎりまで返事を引き延ばすかもしれない」と話した。(渡辺志帆)



いや、無礼とか傲慢とか気難しいとか一方的にキレられても(苦笑)

反戦のメッセージソングを歌ってきたボブ・ディランが、ダイナマイト発明で巨万の富を築いたノーベル財団の賞を受け取るなんて。

ありえへんわ!!!

本人も「はあーーー?」って困惑してるんじゃない?(笑)

贈るほうも贈るほうですね。ちゃんと相手を見ないと。

もしボブ・ディランがノーベル賞受賞をヤッホー♫って快諾してたら、ファンから見てもめちゃくちゃイメージダウンやわ。連絡取れない状態というのが彼の答えでしょう。最後まで沈黙という美学をかっこよく貫いていただきたいと私は思います。

それより、ボブ・ディランさんは日本のこの名曲の存在を知ってるのだろうか?



知ってはったらいいのにな。誰か教えてあげる人が彼のまわりに居たらいいのだけど。気になって仕方ない。




2016年10月15日 (土)

衝撃、そして触発

いつも拝読している同世代の素敵なブロガーさんが、バレエストレッチを始められたそうなんですが。

衝撃です!!!たった一カ月あまりで開脚前屈をマスター。なんて身体が柔らかいお方(スタイルも美しい)なんでしょう。奇跡の50代だわ!

アラフィフの生き方ブログ | 50代を丁寧に生きる、あんさん流

この方の開脚のお写真を見て、雷に打たれたような衝撃を受けました。しなやかボディでうらやましいかぎり。バレエストレッチをなさったあとは体調も気分もスタイルもスッキリなんだって!

さっそく自宅近くにバレエ教室がないかどうか検索しました。あるわけないじゃん、と思っていたのに、なんとありました。バリバリの名門教室、うわ〜無理だ!と思ったけど、大人向けのストレッチバレエのクラスもあるみたいです。

自慢じゃないけど、めちゃくちゃ身体硬いし、開脚なんて90度しか開かないよ。もちろん前屈も10センチがやっと。トホホです。

自分で思うに、太腿の外側に脂肪がつく下半身デブの原因は、股関節が硬いからじゃなかろうか。スタイルが良くなって、心身ともに健康になれるなんて、バレエストレッチ最高やん!

勇気を出して一度体験に行ってみようか。心動いています。

2016年10月 4日 (火)

長年不安だった後遺症

今日は先日、MRIで撮影した脳の検査結果を主治医に聞きに行ってきました。50代半ばで初めて脳の検査を受けたので、ドキドキしてました。憂鬱でもありました。

でも何か病気が見つかった時に、自分から積極的に検査を受けて良かったと前向きに捉えられるはずだからと腹をくくりました。

結果は異常なし!

とても綺麗な脳ですよ、と言われてホッとしました。

脳梗塞、脳腫瘍なども心配でしたが、もっと不安だったのが、ズバリ脳内の海馬が萎縮してるのではないかということ。実は過去に極限のストレスで、頭がオーバーヒートしたあとコルチゾールが増えて鬱になっちゃったことがあるのでね。その時の後遺症で今も海馬が縮んだままかもしれない、ひょっとしたら脳内が損傷しているかもしれないと、ずっとず〜っと気がかりだったんだよね。

奇しくも今夜、テレビで脳のキラーストレスの特集が放映されてました。

認知症にならないためにも、ストレスには要注意ですね。これからは、無理しない、できないものはできないと言う、重く深刻にならない、いやなことは水に流す、ストレスの元凶に近付かない・・・・脳内がオーバーヒートしないように身を守らなくてはと思います。



2016年9月24日 (土)

そっくりさん登場

自分にそっくりな人間は世界に3人いる、という俗説がありますが。

先日、同僚から、

「隣の部署にJガールさんに似た人が入ってきたよ」

と言われました。「最初見たときJガールさん、なんでこんな所で作業してるのかな?」と勘違いしたぐらい激似だそうです。制服と制帽だからよけい見分けがつかない。

その後も3人に言われました。

「本当にそっくり!体型も同じ!」
「間違えて話かけちゃったよ〜」
「そっくりどころか、まったく同じ。コピー人間だ」

そういえば最近、おかしなことがいくつか起こってたんですよね。先輩から、

「さっき頼んだことやってくれた?」

と聞かれて、

「いいえ。何も頼まれてませんが」

と答えると、

「何言うてんねん。さっき君に頼んだやんか」

「はぁ?ほんまに私に言いました?」

「あほな、君に言うたわ。なんか返事が曖昧やったけど」

「それってもしかして・・・」

そんなことが2度ほどあったり、

「あれ?今、食堂でみかけたのにもう食べ終わったん?」
「私まだお昼食べてませんよ」

等、トンチンカンなことが頻繁に起きるんです。

どんだけ似てるんやろう〜対面するのが楽しみでもあり、ちょっと怖い感じ。しかもなんと20代らしい。顔がほころんだわ。若い娘に間違えられるなんて、私もまんざらではないやんかいさ!!!

そして今日初めて対面したのですが、自分でも一目見てわかりました。確かによく似てる。切れ長の小さい眼。ガッチリした体型も。うわ〜、私って他人から見たらこんな顔してるんやな〜と、おもわず第三者の眼でしげしげと眺めてしまいました。

ほんとクリソツ。周囲が間違えるのも無理ないわ。男の子だったけどね(笑)


2016年9月14日 (水)

不幸に見られたくない

これといった目標もなく、淡々とした毎日を送っているところに届いた一通のメール。11月に行われる中学三年のクラス会のお知らせでした。

手前味噌になりますが、私が在籍していたクラスは本当に素晴らしいクラスでした。40数人で男女が半々。みんな仲が良くて、困っている子がいたら助け合う雰囲気が自然に出来上がってました。もちろんいじめは皆無。前向きだし自主性も強い。毎日笑って楽しく過ごしてました。今から思えば、成熟した大人の集団だったと思います。当時の担任も「あんなに手がかからない、よく出来たクラスは後にも先にもない」とおっしゃってました。

当然、成績優秀でスポーツも出来る子が多かった。大人になってからすごい仕事に就いて成功している人が多いんです。本当なら、そんな子たちが集まるクラス会に行くのは気が引けるんだけど、中学時代と変わらず優しい子ばかりだから、私も出来るだけ参加するようにしています。

今まではオリンピックの年と同じ、四年に一回開かれていたクラス会ですが、50代も半ばになったので三年に一回になりました。また還暦になった暁には、中学三年の時の修学旅行の再現ツアーをすることも決まってます。45年前と同じ日程、同じ行程、泊まる旅館もランチを食べる店も記念写真を撮る場所も同じ。夜は枕投げして・・・楽しそう。ぜひ参加したいです!

しかしまぁ同窓会というものは楽しみでもあり、ちょっと憂鬱でもあります。日が近づくにつれ、意識せずとも心のなかにじわじわ緊張感が占めてきます。

この年齢になると、何を着て行こう〜とか、美容院に行かなきゃ〜とか、そんな単純なことではないんだよね。みんなそれなりに相手の内面を見抜く力を身につけてきてるから、いくら着飾っても幸せかそうじゃないかは、パッと見ただけでバレてしまうと思います。

気になることは一点だけ。

ブサイクでもいい。劣化しててもしゃーない。どうか不幸に見えませんように!

より以前の記事一覧

ランキング参加してます♪

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ