気になること

2018年9月23日 (日)

#あなたに合う和の色

結城花音さんのtwitterに、名前を入力して、似合う和の色を診断してくれるツールを載せてらっしゃいました。(結城花音さん、リンクさせていただきます)

#あなたに合う和の色
shindanmaker.com/827243


おもしろそう!さっそく私もやってみました。私は何色が合うんだろう。はんなりした優しい色かな、それともクールで都会的な色? あるいはポップで元気な色かしらん? いやいや落ち着いたシックな雰囲気かもね。あー、ドキドキしてきた。

診断結果は・・・。





うええええ〜、小鹿色って何!聞いたことない色なんだけど!

読んで字の如く、小鹿(子鹿)の体毛の色だって!うええええ〜、はんなり、クール、ポップ、シックは何処へ? 子鹿のバンビーは可愛いな〜♩って歌ってる場合? わしゃ野生動物。やっぱり保護色ですかい!(笑)





いやいやいやいや、当たってますよ!絶対当たってる。だって私のブログの背景色(パソコン版)、まさに小鹿色やもん。

それに持ってる着物と帯、茶系が多いんです。ベージュ〜茶色〜こげ茶が占める割合が高いです。似合うかどうかはともかく、茶系は着ていて落ち着くんです。自分自身が一番フラットになれる色というか。

気に入りの紬も茶色! 帯も茶系!





そういえば昔、一度結婚式を挙げたことあるんですが(笑)、婚礼衣装の打掛の地色もこげ茶やった。「こげ茶の花嫁さん初めて見たわ」と友人たちからずいぶんと笑われましたっけ。

だって衣装合わせで打掛を試着して、10枚以上着たにもかかわらず、唯一似合う色がこげ茶だったんですもん。(その場にいた親族の意見、全会一致でこげ茶に決定した)

私が合う色は小鹿色! はい了解しました。研究のため一度、奈良公園に行って子鹿ちゃんと遊ばなあかんな〜。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年8月25日 (土)

いけずに見えない京おんな

今日は朝からお墓まいりに行ってきました。台風一過でお天気に恵まれ、山深いお墓から見える山と空の色がはっきりくっきり。美しかったです。



ただ残暑が厳しく、ちょっと頭痛が。軽い熱中症かもしれません。帰宅して久しぶりに着付けの練習をしたかったのですが、無理せず休むことと致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


こんな時は、着付け動画を見てイメージトレーニングをしましょう。お友達から「おすすめ! わかりやすい!」と教えてもらった着付け動画が、きものんこと、女優のこばやしあきこさんのYouTube。着付け動画を検索すると必ず上位に出てくる方なので、ご存知の方も多いかと思います。

京都出身のこばやしあきこさん。自ら、いけず女優と名乗っておられますが、全然いけずに見えない(笑)それどころか、はんなりして優しそう。ヘアメイクもあまり女優女優してなくて、ナチュラルで親しみやすい方なんです。

が、最近いつもと違う動画を見つけました。こばやしさん、珍しく髪をバッチリとセットして、メイクも隙の無いフルメイク。やはりそこは女優さん、大化けです。圧倒的な美しさを放っていると思いましたね。



ね、本当に綺麗よね。ファンになってしまいましたわ。

あとね、こばやしあきこさんは毎年きもの文化検定の合格者表彰式とパーティーの司会をなさっていることも有名ですよね。

こばやしさんのアメブロに、今年2月のパーティーのスナップ写真がアップされてたんだけど。(リンクさせていただきます)

京おんなのいけず こばやしあきこオフィシャルブログ
第12回きもの文化検定合格者表彰式・記念パーティー ファッションアルバム

もうね、すごいと感服しました。何がすごいかって、こばやしさんのお着物姿のポージングの素晴らしさ!もちろんプロの女優さんだから、写真を撮られることは慣れてらっしゃいます。場数と本気度が違いますよね。

そう!逆に言えば、素人のわれわれでも場数さえ踏んでいけば、どんどん写真映りが良くなっていくということ。こばやしさんのポージングや表情の作り方もぜひとも見習いたい!着付けだけじゃなく、そちらもかなり良いお手本になると思った次第です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年8月18日 (土)

空調温度にうるさい女

昨夕から急に気温が下がり、エアコンのスイッチを消しました。久しぶりに窓を開けて寝たのですが、夜風がひやりとするので風邪をひかないよう長袖に着替えました。

今日から一泊で出かけるので、事前に考えていたコーデをいったんリセット。目的地が暑いのか寒いのか涼しいのか、行ってみないことにはわからないので、すべてに対応できるようにインナーで調整することにしました。基本は半袖の麻ブラウスの下にエアリズムの半袖Tシャツを着てカーディガンを羽織っていますが、暑ければカーディガンを脱ぐ。寒ければインナーをヒートテックの長袖Tシャツに替えるつもりです。

もしこれが着物だと外出先でインナーを着替えることができないので、羽織もので調整するしかないですよね。これからの季節、寒い場合はコートや羽織を着たり、襟巻き、ショール、手袋で調整したらいいのだけど、問題は暖房が効いていて予想外に暑かったという場合。これは地獄です。気分が悪くなって倒れてしまうかもしれません。

なので私は、着物の場合はできる限り長く単衣を着て自衛したいです。補正して帯を締めると単衣でも結構暖かいと思うので。もちろん羽織やショールは持っていきます。

なんなら亜熱帯の大阪は年中単衣でもいいのでは?とすら思います。まぁ、実際寒い季節になったらそうは言ってられないかもしれませんが。

ちなみに私はアバウトで大雑把な性格ですが、空調の温度については神経質でうるさいほうだと思います。公共交通機関(電車、バス、新幹線、飛行機)や劇場で、冷房や暖房がきつすぎると感じた時は、周囲の人の様子を観察した上で判断して、必ず係の人に言うようにしています。これは断られてもいいから言うべきだと思っています。

なぜかというと、かつて自分が仕事で劇場イベントの主催者だった時に、開演前は特にバタバタするので、客席の空調温度が適切かどうか再確認する余裕が無いときがあったからです。働いている人と座っている人とは体感温度も違いますしね。そんな時にお客さんから「館内が暑いよ」「客席に暖房を入れてほしい」とひとこと言ってもらえると、本当に助かりました。(もちろん開場前に適切な温度で空調は入れているのですが、お客さんが入ってみないことにはわからないこともあるのです)

皆さん、乗り物や劇場で明らかに寒かったり暑かったりしたら、我慢せずに言いましょう!



取り止めのない内容になってしまいました。では行ってきます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



2018年7月22日 (日)

白い着物と丑の刻参り

オールホワイトコーデの素敵な着物ブロガーさんの影響をモロに受けて、私も白い着物が好きになりました。実は以前は、真っ白の着物=極道の妻のイメージを持っていたのですが。

(参考画像)サラリーマンNEO「実録 社宅の妻たち」(極道の妻のパロディーコント)



このコントの再放送を見て、思わず膝を打ちました。極妻ならぬ社宅のボス役の麻生祐未さんのお着物、やっぱり白だよね〜。白い着物って、めちゃくちゃいかつい。貫禄ありますわ。

が、これは主にやわらかものの事なんですね。同じ白でも、かたもの(紬)なら、いかつくならないのがおもしろいところ。(もちろん全ての白のやわらかものが極妻っぽいわけではないです)

私も白い着物を品良く着られるようになりたいなー。昔は白が大の苦手で避けてました。くすんだ肌色に純白は、負けてしまうようで気後れするし、抵抗感も大きかったんです。

でも最近は平気になりました。というのも仕事の制服が白衣なんです。全身真っ白で何年も仕事しているうちに、えらいもので慣れるものですね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


白い着物と言えば、思い出すのは、20年前の出来事です。

前職でとある地方に泊まりの出張に行った時のこと。仕事と打ち上げを終え夜中の1時すぎにスタッフと共にタクシーで宿泊ホテルに向かっていました。途中、山越えをしてすごく寂しい道を走っていたのですが、ふと横を見ると小さな神社があったんですよ。石段があって、鳥居が見えて。

「ええっ⁈」
「白い着物の女の人、見た?」
「見た見た、一人で石段を登ってた」
「うっそー、幽霊?」
「まさか。でもなんでこんな夜中に」

タクシーの車中から一瞬、見えただけなので、わけがわかりません。「幽霊かも〜」と大騒ぎしていたら、運転手さんが「丑の刻参りだと思いますよ。あの神社はここらへんでは丑の刻参りで有名なんです」と教えてくださり、驚愕。平成の世でも丑の刻参りする人がいるなんて!しかも作法にのっとって、ちゃんと白い着物まで着るなんて!


(参考Wikipedia)丑の刻参りの服装について

「白装束を身にまとい、髪を振り乱し、顔に白粉を塗り、頭に五徳(鉄輪)をかぶってそこに三本のロウソクを立て、一本歯の下駄(あるいは高下駄)を履き、胸には鏡をつるし、神社の御神木に憎い相手に見立てた藁人形を毎夜、五寸釘で打ち込むという。五徳は三脚になっているので、これを逆さにかぶり、三本のロウソクを立てるのである」


ここで疑問が。えっと、帯は白じゃなくてもいいのかな? 丑の刻参りの時は、オールホワイトコーデしなくてもいいのかしらん?

ちなみに、居内商店さんが、歌川国芳の浮世絵作品「丑の刻参り」を名古屋帯にしちゃってますが。



この絵によりますと、白い帯でなくてもいいみたいですね。ていうか、この居内商店さんの帯を締めたら、バッチリかもね。万が一、人に目撃されてしまったら「そのままやん!」「ベタベタやがな!」と突っ込まれそうですが。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村











2018年7月14日 (土)

着物ブロガー失格だ

今日は梅田で中学時代の同窓会でした。3年ごとに1クラスで集まっていたのですが、今回は人数を増やして3クラス合同の開催になりました。

会場は毎日新聞社ビルの中のお店だったのですが写真がないので、クルマを停めたコインパーキング周辺の写真を。(駐車場所を忘れないよう目印を撮影)



さて同窓会といえば、女性なら誰でも(何を着ていこうかしら)と考えるのではないでしょうか。

会場の雰囲気は居酒屋の座敷なので、セミフォーマルでも、ちょっと頑張りすぎ? 休日なのできっと男子はポロシャツにチノパンみたいな感じよね。女子も普段着より少しオシャレなワンピースとか、きれいめカジュアルぐらいでちょうど良さそう。

でもね、でもね。

せっかくだから着物を着ていこうかな、とも思った。ある意味、非日常的なイベントの同窓会に、着物はうってつけだと思うもん。

もちろん会場が居酒屋だから、カジュアルな着物ね。私の手持ちで言えば、本麻着物に博多八寸か麻の帯。あー、どうしよう。せっかくだから着て行こうかな。

結論は、さんざん悩んだあげく、やっぱり洋服で行きました。なぜ着物をやめたかといいますと、

目立つから?
頑張ってる感じがするから?
暑いから?
苦しいから?
災害が起きた直後だから?

いやいや、違うな。説明が難しいんですけど、

「いつも着物を着てないのに、同窓会だからといって唐突に着物を着る自分が気恥ずかしくてイヤ」

かな。

自分の中ではいまだ、着物を着ることを特別な事ととらえていて、唐突感があるようです。いつでもどこでも、もっと自然に着物を着たいのに、まだまだ精神的ハードルが立ちはだかっている。克服するためにはもっと着て、自分と着物の距離を縮めるしかないと思うんだけど。

こんなんで、着物ブログをよう書いてるな〜。あつかましい。

(追記)麻着物ではなく、麻ブラウスになりましたとさ。下はグレーのサブリナパンツ、白スニーカー。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年7月 3日 (火)

日本人の口は汚くて臭い

きもの雑誌「七緒」つながりで、同じ出版社のメルマガ「PRESIDENT Online」を配信してもらっています。このメルマガ、無料なんですが、毎回有意義な記事を読めるので、ビジネスパーソンでなくても、かなりお勧めです。

先日もこんなショッキングなタイトルの記事が配信されてきて、思わず何度も読み返してしまいました。大事なことが書いてあるので、ぜひ読んでいただきたくシェアします。


PRESIDENT Online
日本人の口は「人糞より汚い」そして臭い



私も今年初めに重度の歯周病になってしまい、ドクターから「次の検査で改善されてなければ、親知らずを抜くしかありません」と宣告され、恐怖のあまりそこから先は必死のパッチ。今までテキトーだった歯磨きのやり方を変えて、ちゃんと歯ブラシが歯にあたるように意識しながら磨いたり、苦手な歯間ブラシを使ってみたり。努力が功を奏したのか、先日の検査では劇的に改善。なんとか正常値に戻しました。

何度も書いていますが、うちの父が誤嚥性肺炎で亡くなってしまったので、口腔ケアがいかに命とかかわっているのか身にしみて解りました。実は口の中は細菌だらけらしいんですね。

上のメルマガにも書いてありますが、日本人は口腔ケア後進国。その理由として、欧米人みたいに日常的にキスやハグをする習慣がないこと、国民皆保険で医療費が安いので悪くなったら歯医者に行けばいいやと日頃のケアを怠っていること、を挙げています。

歯医者さん自体を軽んじているところもありますよね? 内臓系の診察で大病院を予約したらば、仕事を休んででも最優先で病院に行きますよね。ところが歯医者さんに関しては、平気で予約変更したり、なかにはドタキャンも少なくないと聞きます。良くない傾向だと思います。

口腔ケアを軽く見てはあかんです!!!

あと、うちの職場の人たちを見ていても、昼食後に歯を磨いている人が本当に少なくて驚愕しています。一割にも満たないんじゃないかなぁ。あまりにも意識が低すぎます。

私は食後だけじゃなく、緊張した後や、気持ちが沈んでいるときに、歯を磨きます。口の中がさっぱりして、気持ちもリフレッシュしていいですよ。歯磨きセットはいつも持ち歩いてます♪

と思いきや、続編はこんな記事。

PRESIDENT Online
"食後すぐは逆効果" 歯磨きの正解教えます


はああ、勉強します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年6月 9日 (土)

趣味がいい紀香さんの着物

あいかわらず水色の着物を持て余している私です。キレイ色とかパステルカラーに慣れてないんだよなぁ(苦笑)

みんなどうやって水色の着物をコーディネートしてるんだろう。ネットでいろいろ画像を検索しておりますと、やはり出てきたこのお方。

紀香さん!!!

さすが、さすがよ。白地の帯に、白の帯締め、赤の飛び絞りの帯揚げ。このコーディネート、非の打ち所がない。完璧だと思います。



画像は愛之助さんのブログからお借りしました。この日は愛之助丈の舞台「ジキルとハイド」の千穐楽だったようで、紀香さんの帯に描かれている絵もお芝居にちなんで洋風です。ひょっとしてジキルとハイドが描かれてるの? 後ろ姿も見せてほしい!

はっきり言って紀香さんのお洋服はトゥーマッチでやり過ぎなのに、お着物にかんしては華やかさと奥ゆかしさのバランスが絶妙で、いつも抜群に趣味がいいと思います。髪型も素敵だしね。

紀香さん、着物本を出版してくれないかなぁ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年6月 7日 (木)

嫉妬されないように

遅ればせながら、63歳の若さで早逝された西城秀樹さんのご冥福をお祈り申し上げます。

告別式の生中継を見ることが叶わなくて、後のニュースで断片的な映像を拝見しました。少し見ただけで、とても心ある素晴らしい告別式だと思いました。

何が素晴らしいかって、全国から弔問に訪れたファンを一番に大切にしてましたよね。斎場の外に設けられた異例のスリーショットの遺影も、告別式の会場内に入れない新・御三家時代からのファンに向けての配慮だと思いました。(写真は日刊スポーツより)



他に感心したのは、喪主の奥さまのご挨拶。これもわざわざ外に出てきて、ファンの前で挨拶されたことに感動しました。しかも奥さまが、

「秀樹さんのこと、忘れないでください」

と身内の夫のことをなぜか「さん」付けで呼んでましたよね。ものすごく賢い女性だなぁ〜と思いましたよ。

「西城のことを忘れないでください」
「秀樹のことを忘れないでください」
「主人のことを忘れないでください」

普通はこれでいいと思うんですが、あえて「秀樹さん」と呼んで、妻の立ち位置を消したのも、ファンの気持ちを慮ってのことですよね。

あと、この奥さま、五つ紋の黒の第一礼装のお着物をお召しになってましたが、なぜか髪のアップをセルフでなさっていて。はっきり言って喪主なのにあまり構ってない感じでした。なぜ美容室に行かなかったんだろう?とニュースを見て私は思いました。

もちろん夫の秀樹さんが亡くなって、精神的にも肉体的にも憔悴なさっていたでしょうし、通夜告別式のご準備でお忙しく、美容室に出向いて髪をセットしてもらう時間的余裕がなかったのかもしれません。でもその気があれば、夫が懇意にしていたヘアメイクさんを呼んで、10分で髪を綺麗にセットしてもらうこともできたはずだと私は思うんですよ。

若くて可愛らしい奥さまなので、髪をセットして喪服を着たら、さぞかし美貌が際立ったのではないかと想像しますが、理由はわかりませんが奥さまはそれをしなかった。

仮に奥さまが、大切なファンの気持ちを慮ってそれをしなかったとしたら、稀にみる賢い女性だと私は思いますね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


本当に才能ある人、容姿が美しい人、豊かな生活に恵まれている人は、決して自分からひけらかさないと私は思うんだよね。なぜなら、他人が余計な嫉妬心を抱かないように、常に注意深く行動してるはずだから。

世の中には、他人から羨望されることに命を賭けている人や、他人を嫉妬させることに無上の喜びを感じる人がいますけど(マウンティングっていうの?)、そういう自分を立派に見せようとする心根自体、実は大したことがないという証拠ですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年5月 3日 (木)

写真加工に思うこと〜オールブルーコーデ

一月に父が亡くなった時、告別式の父の遺影をどうするか、私が葬儀社の方と打ち合わせしました。どこかのドライブインの店内でコーヒーを前に笑っている父のスナップ写真が良いと母が言い、私も同意でしたので、その写真を持参しました。

最近はSNSの世界でも美顔や美白の写真加工アプリを使うのが浸透していますし、遺影写真を見栄え良く修正してもらうことは良く聞く話です。私は疑いもせず当然のように、葬儀社の方に父の写真の加工をお願いしました。

・カジュアルなシャツから、ジャケット姿に変えて欲しい。
・ひたいの皺を取ってほしい。
・ごちゃごちゃした喫茶店の背景を消してほしい。
・その他、表情が柔らかく見えるように整えてほしい。

以上4点をお願いしました。その結果、出来上がってきた遺影は、優しく柔和で品があり、しかもナチュラルで、とても満足のいく仕上がりとなりました。親戚からの評判も上々。本当に最近の写真加工の技術ってすごいですね。その遺影は持ち帰って、自宅に飾っています。

ところがですね。遺影を見るたびに母が悲しそうにこう言うんです。「お父さんじゃない。お父さんはこんな顔じゃない。もっとゴツゴツして、怖い顔してるのが、本当のお父さん。修正なんかしてほしくなかった。ひたいの皺もそのままがよかった。服も背景も自然のままにしてくれたらよかったのに。なんだかお父さんじゃないみたいで私は寂しい」

雷に打たれるようなショックを受けました。なるほどなー。加工技術で確かに父の写真は美しく整ったかもしれないけれど、代わりに大切なもの(個性)を失ってしまったのかもしれないなと。良かれと思って修正してもらったけれど、そのままの父を出してあげれば良かったと今はすごく後悔しています。背景だって、別にごちゃごちゃしてても臨場感があって、かえって遺影らしくなくオシャレで良かったんじゃない?

以上、写真加工のやりすぎには注意しましょうというお話しでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、やっとこさ休めましたので、着付けの稽古をしました。子どもの日を意識して、おもちゃ箱みたいな宝物文の青い帯です。

私みたいな大柄なヒトは、お太鼓柄はやや下目に見せたほうがいいらしいけど、技術的にようやりませんでした。



青の十日町紬に青い帯というオールブルーコーデです。青に青、私はよくやります。青い帯に一番合うのは、青い着物だと信じてやまないんだよね。



青尽くしやん!と言われそうですが、安心してください。着物を単衣に直して、白のレース羽織を合わせて、このコーデを完成させる予定なんです。ま、青尽くしでも平気だけど。



帯揚げと帯締めはオールホワイトで。半衿〜帯揚げ〜帯締め〜足袋を白に統一して一貫性を持たせるのも、コーデのうち。

今日は衣紋が程よく抜けました。たぶん、職場の更衣室の姿見で自分の横から見た体型を観察したから? 顔と肩が前に出てる(要は猫背ぎみ)と気づいたんよね。これはよっぽど抜かないと抜けないぞと。



あー、加工アプリで、もっと首を長くして、顔を小さくして、色白にしたいわ〜(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村






2018年3月28日 (水)

着物とサンドイッチ

6連勤を終え、ホッとしたところで着付けの練習をば。

青の十日町紬に辛子色の名古屋帯。着物も帯も自分らしく馴染んでいて、気負いなく着られます。



前回、衣紋が詰まってしまったので、今日はちゃんと抜けるよう意識しました。



帯揚げは卵色、帯締めも黄味がかった白です。



背中のしわ、裾のシルエットなどまだまだやな〜。これはもう、どんどん自分で着てみて場数を踏むしかない!習うより慣れろ。



仕事場でも同じ。今月から朝一番の仕事としてサンドイッチを作っています。鴨肉やローストビーフをふんだんに使ったちょっと高級なサンド10種を、パンをスライスするところから始めて、完成させ、片付けるまで1時間で終えないといけないのです。込み入った細かい作業もあり、このゴツゴツした手で四苦八苦しながら作っておるわけですが(笑)

最初は2時間もかかった上、見た目も悪くさんざんでしたが、何度も繰り返しているうちにスピードアップしてきて、今ようやく1時間半。綺麗に仕上げるコツもわかってきて、かなり良くなってきました。

目標は1時間以内で、綺麗に美味しく作れるように。ストイックに反復するのみ。繰り返しているうちに、ある日突然出来るようになるはず。

毎朝、サンドイッチを作りながら、着付けも同じなんやろうね〜と考えています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

ランキング参加してます♪

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ