ファッション・ビューティ

2018年11月12日 (月)

冬支度〜たまには洋服の話

今週はグッと気温が下がって季節が進みそうですね。いよいよ冬がやってきます。着物沼にはまってしまい、洋服にはあまり興味がなくなってしまった私ですが、いちおうシーズン初めには普段着るものの方向性を考えます。


といっても、ここ10年ぐらいは冬になると同じセーターばかり。私にとってすっかり定番化した無印良品の「首のチクチクをおさえた・洗えるタートルネックセーター」2,990円。サイズはL。


ウール100パーセントですが、タートルネックの部分だけ綿ポリなのでチクチクしないし、洗濯にも強い。いろいろなメーカーのタートルネックセーターを試したけど、プチプラなのに一番着やすいと思います。





毎シーズン10色以上、カラー展開されますが、定番の黒以外は毎年ちょっとずつ色が変わるんですよ。今年はダークグリーンがあったので、昨日買ってきました。


ここ数年、パンツやガウチョを合わせてましたが、今シーズンは久々にスカートを合わせたい気分♪


ダークグリーンのセーター & ジャガード織のタイトスカート





黒のセーター & カラフルストライプのタイトスカート





ホワイトグレーのセーター & エスニックスカート





これらの上に黒かオリーブ色のダウンベスト。足元は黒タイツにスニーカー。寒い日はカシミヤシルクのストールも。

もう少ししたらコートの出番。柔らかいラム革、トレンチ、ウール、ダウンと、その日の気温と気分で組み合わせています。ブーツに手袋に帽子にファーも!冬は小物合わせも楽しいですね。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年11月 8日 (木)

和装ヘアスタイルのポイント!

前回紹介させていただいた『浅草でそろう江戸着物』を読んで「すごい!」と膝を打ったことのひとつ。著者・富田里枝さんのご友人のヘアメイクアップアーティストさんが、こうおっしゃったそうです。


和装ヘアスタイルのポイントは「髪の面」をつくること


なるほどなー、なるほどなー。その通りだよ。なんで気付かなかったのかな。


和装ヘアのポイントは「髪の面」をつくる、つまり髪の毛の流れを見せるのが大切なのだそうです。ショートロングにかかわらず、髪がそそけてパサパサしていると、疲れた人に見えてしまうので、ヘアクリームやワックスを使ってポヤポヤさせないことが大事なんですって!


そういえば「髪の面」を最大限に活かしている代表格がこのお方ですわ。紀香さんの和装ヘア、いつも華やかなんだよな〜。やっぱりこの方、よくわかっておられる。


藤原紀香さんのブログ「☆気愛と喜愛でノリノリノリカ☆」


ショートヘアだって負けてません。由紀さおりさんのスタイルも最大限に髪の面を活かして、エレガントに仕上げてらっしゃいます。





私のグレイヘアのお手本、堀越希美子さんも手入れされたショートで、毛流れがとても美しいんですよね。





ショートヘアでもカットとスタイリングで「髪の面」をつくるようにすれば、けっしてアップスタイルに引けをとりませんね。そのためにはやはり、ショートでもある程度長さがあったほうがいい。


残念な例 (笑)↓





「髪の面」がない!短すぎて毛先がポヤポヤ。髪がそそけてパサパサ。せっかくピンクの付け下げを着てるのに、髪が残念で似合ってない。われながら可愛くないっつーの💢


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村









2018年10月19日 (金)

グレイヘアと着物のお手本

近藤サトさんが白髪染めを止めたり、グレイヘアの有名ブロガーさんがシャンプーのCMに出たり、関連の本が相次いで出版されたりと、ますますグレイヘアに関心が高まってきたのを感じます。私が行きつけの美容室でも「今年に入ってから白髪染めを止めたお客さんが増えてきた」と聞きました。


かくいう私もグレイヘアにして一年以上経ちましたが、なかなか気に入ってます。白髪が増えてるとすごく嬉しい。これからどんどん白くなると思うと、ワクワクするんです。普通と真逆ですよね。精神的に解放されました。


だからといってお友達に強要する気は毛頭ありません。なぜなら、グレイヘアにすると老けることは否めないし、主義主張の強い女性に見られることもあるかと思います。それを望まない方もいて当然。黒だろうが、栗色だろうが、グレイだろうが、その方が一番気に入っている髪色にしたらいいんです。


ところで私のグレイヘアのお手本は断然この方!市川團十郎夫人の堀越希実子さん。海老蔵さんのお母さんと言ったほうがわかりやすいかな。(お写真お借りしました)





梨園の家の方だから、もちろん上品なんだけど、ちょっとアバンギャルドな匂いがして好きです。都会のかっこよさが漂っていて、憧れています。


「堀越希実子の着物ごよみ」に学ぶ


着物に関しても影響を受けてます。堀越希実子さんの本で「帯揚げは白に決めている」「衿、帯揚げ、足袋の三点を白に統一する」というポリシーを読んで、雷に打たれるが如く衝撃を受けました。おかげで最近は白の帯揚げしか目に入らなくなり、若干困っています(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2018年8月14日 (火)

白髪染をやめて似合うようになった色

今日は最寄りの警察署で運転免許証更新手続きをしてきました。免許更新といえば必要になるのが最近の顔写真。

実は前回5年前の更新時、交通センターに持参した写真が前々回と同じ写真であることがバレて(笑)急遽その場で撮影してもらう羽目になったのですが、なんとその日に限ってスッピン。メイク道具も持参しておらず、泣く泣く素顔で撮影してもらいました。出来上がった免許証の腑抜け顔のひどいことったら!免許証の写真がいやでいやで、ゴールド免許の5年間が苦痛でたまらんかったです。あれはほんまに痛恨のミスやった・・・。

同じ轍を踏まないよう、今回は心して事前に写真撮影して持参しました。街角によくあるスピード写真撮影ボックスで、一番高い「美白スーパー」で撮りましたですよ。もちろんレフ版効果を狙って、白い服を着用。髪を整え、きちんとメイクしたのは言うまでもありません。

おかげで前回よりは、遥かに写りはマシ。ただ5年前より「老けたな〜」と思ったのが第一印象。やはり白髪染をやめてグレイヘアにすると老けることは否めないです。どんなにオシャレなスタイリングを心がけても、カラーリタッチのストレスから解放されても、白髪染をやめるということは、「私はおばあさん」と宣言することと一緒だと私は思うんです。私自身、今のグレイヘアはとても気に入っていますが、若く見せたい方はやはり白髪染をやめないほうがいいかと。

私もまたいつか髪を黒く染める日が来るやもしれません。自分を縛らず自由でありたいと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


しかしながら白髪染をやめてグレイヘアにしたことによって思わぬ副産物が生じました。今まで似合わなかった色、抵抗があった色が、すんなり着られるようになったんです。

私の場合は黄色でした。それも玉子色ではなく、バナナ色。絶対無理だと避けてきた色でしたが、グレイヘアにしてから「あれ? 黄色は案外自分に似合ってるよね」と思えるようになりました。



今のマイブームカラーは黄色。イエローがとても気になる今日この頃、手持ちの白生地を黄色に染めてもらおうかと考えていた矢先、未使用の黄色の色無地をネットで見つけてポチリしました。



一つ紋がついています。一つ紋の色無地は茶人以外はあまりニーズがないのか、安く出回ってますよね。私も紋がじゃまーと思ってましたが、リタイアしたら茶道を再開しようと決めたとたん、オッケーオッケー♪(笑)

ちなみにリサイクルだと他所様の紋になってしまいますが、なぜかそこは全然気にならず。もちろん自分でつくった色無地は家の紋を入れています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年7月25日 (水)

美容院で気分一新

昨日、咳き込んでいる人とエレベーターで一緒になった時からいやな予感がしていたのです。案の定、夜になって全身筋肉痛。これは夏風邪の予兆だと思い、風邪薬を飲んで就寝。今朝6時に起きて朝食を食べた後もなんだか熱っぽいので、もう一度風邪薬を飲んでから二度寝。いや二度寝というより気絶していました(笑)

正午きっかりに起きて、昼食を食べる頃には快復。暑さに体力を奪われ疲労がたまっていたんでしょうね。たっぷり睡眠時間をとったおかげで夏風邪をなんとか食い止められて良かったです。

午後からは予約していた美容院に行ってきました。少し髪型に変化が欲しくなり、若い男子がよくやってるツーブロック(トップを長くして、耳の上や後ろの毛は刈り上げる)にチャレンジしようかと思いましたが、ちょっと勇気がなくて断念。

その代わりにヘアスタイリストさんの提案で、サイドの内側だけ染めるインナーヘアカラーに挑戦してきました。



白髪染をやめて一年半。おしゃれなグレイヘアーを目指していまだ試行錯誤中です。いつもは明るめの茶色のメッシュをところどころに入れてもらっているのですが、より立体的に見せるために今日は顔まわりに黒を入れてもらいました。その結果、顔が引き締まって見えて、印象が変わりました。



着物を着るということで、襟足もギリギリまで短くしてもらいましたが、いっそ刈り上げてもいいかもしれませんね。そだね〜、いつかツーブロックにも挑戦しようなぁ。

美容院で気分一新してホクホクして帰宅後、着付けの稽古。調子に乗って絽の付下げに絽綴れの袋帯にチャレンジしてみましたが、手先をとりすぎて帯の尺が足りなくなる大失態。もちろん写真はありません(泣)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2018年6月 2日 (土)

無地感覚の着物に走る理由

先日、お友達が抽選を当ててくれて内部公開中の太陽の塔に行ってきました。1970年の万博開催当時、私は小学生。万博の近くに住んでいたこともあり、何度も足を運びました。半世紀近くの時を経て、太陽の塔の中に入りましたが、本当に懐かしかったです。塔内に入った瞬間、(空気の匂いが当時と同じだ)と思い、一気に小学生時代にタイムスリップしました。嗅覚の記憶ってすごいですね。



内部に入って一階から上階を見上げたとき、動線の階段(当時はエスカレーター)が見えないように設計されているなど、今見ても斬新な建造物だと感心しました。すっかり忘れてましたが、なんと当時の出口は左腕だったんですね。(開催時は大屋根があったので、エスカレーターが大屋根とつながっていた)



貴重な内部公開に連れていってくださり、ありがとうございました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


70年代といえば・・・。

何を隠そうワタクシ、70年代ファッション(特にポリエステルの柄物ワンピース)が大好きで、40代の頃に買い集めてました。昭和のおばあさんが夕涼みに着ていたようなアッパッパから、ダイアン・フォン・ファスティンバーグのラップドレスまで、70年代テイストの昭和ワンピースが死ぬほど好きだったんです。(今も好き)


こんな感じのワンピース。



ポーズが痛い40代の頃の写真も出てきました。70年代風味ですわね。




70年代は、ポリエステルなどの化学繊維がめざましく発展普及した時代で、当時は化繊のほうがオシャレだったみたいです。とにかく柄、柄、柄のオンパレードで、当時のワンピースの主流は総柄。日本では着物(総柄小紋)の影響がかなり大きかったのではないでしょうか。

私が100枚以上持っている70年代テイストのワンピースもオール柄物。もともと総柄が好きなのですが、どうやら柄物を着たい欲求は洋服で充たしてしまったようです。反動で、着物にかんしては無地感覚を好んでいます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村











2018年5月 7日 (月)

ピンク着るなら灰桜

明日は少しあらたまったランチ会にお招きいただいてるので、端午の節句コーデで伺おうと考えていたのですが忘れてた!その前に病院で胃カメラ検査があることを。投薬治療中の胃潰瘍の経過観察なのです。さすがに着物は無理だ。

ということで急遽、洋服に変更することになり、慌てました。たまたま昔パリで購入したスーツを実家に置いていたから良かったものの、このスーツに合うピンクのインナーと靴は離れた自宅に保管したまま。取りに帰る時間がないので、今日仕事が終わってから、ショッピングモールにインナーを探しに行ってきました。

はっきり言ってピンクのインナーなんて、そこらへんのショップでどこでも買えるだろうとたかをくくってたんだよね。ユニクロやGAP、無印だってあるんだし。ところがいざ、ピンポイントで探すとこれまた無いんですよねぇ。長袖、薄いピンク、できたらストレッチ素材がいいと思ってたんですが、どのショップもすっかり夏仕様に変わっていて長袖がないんですよ。

10軒ぐらい見て無かったので、もうあきらめようと帰りかけたとき飛び込んできた「しまむら」の看板。期待せず入ったら、なんとドンピシャで理想に近いインナーがありました。しかも安心価格でありがたや。

家に帰って試着がてら、写真を撮ってみました。靴はしょうがないから有り物で。本当はキャメル色のバッグストラップの5センチヒールが履きたかったです。



寄ってみました。黄緑とピンクのツイードなんて、ちょっと日本には無い色ですよね。別名、キャベツ畑(笑)



そして、しまむらで購入したピンクのインナーは灰桜色。これこれ、このピンク。照明の具合でわかりにくいけど、グレーがかった薄ピンクなんです。

ピンクにもいろいろありますが、私が着るなら灰桜色に限ると思っています。いかんいかん、灰桜色の紬が欲しくなってきましたよ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2018年4月26日 (木)

人生短し ガシガシ着よう!

シーズンごとに必要最低限の洋服を持ってきて、実家で親と暮らしています。今日はようやく自分の宅に戻り、春夏物の洋服をピックアップしてきました。

お恥ずかしい話、一時洋服を欲望の赴くまま買いまくった時代がありまして、売るほど持っています。足りないものはありません。もう一生買わなくていいぐらい。高価なもの以外、何でもあります。どんな流行が来ても対応できます(笑)

今シーズンは久しぶりにデニムのワイドパンツが履きたくなったので二本ほど持ってきたのです。肉体労働頑張ってるし、たぶんサイズダウンしてるはずだから、すんなり入るだろうと思っていたのにショック。ウエストがパツンパツンできついです。中年体型あなどるなかれ。しょうがないから四六時中着用して、サイズを伸ばしております。く、苦しい。

もうひとつショックなことが。数年前に購入して、あまりにも気に入っているので、履かずに大事に保管していたコンバースの白のハイカットを見たら。

これです。フランス国旗のトリコロールがポイントになってて、可愛いのです。



なんと経年汚れで、ポツポツと茶色のシミがついているではないか!あーあー、ショックだわ。白だから汚れたらもったいないと思って履くのを我慢して先延ばししてアホらしい!それやったら、ガシガシ履いて自分で汚したほうがどれだけ良かったか!

そうなんだよね〜。

洋服にしても、着物にしても、靴やバッグなどの小物にしても、いつかのためにと思って大事に保管している間、きっちり経年劣化していってるんだよね。だから出し惜しみしたらダメですわ。本当は着たくて着たくてたまらないのに、 「いつかのためにとっておこう」とか、「汚れたらもったいないからやめておこう」と我慢するのはダメだと痛感しましたよ。

着ないで経年劣化させるほど、服にとって残念なことはないわけで。

長いようで短い人生だもの。自分が着たいものを惜しみなくガシガシ着ようではないか!と思った次第です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2018年4月13日 (金)

オトコは裏切っても美容は裏切らない

悉皆の文字さんとラインでやりとりしている時、おかんさんの話題になりました。「お化粧を頑張ってるとブログに書いてはったけど、メキメキとお綺麗になってますね。驚きました。完全に女優肌ですやん!」「本当に綺麗になられる気合いが違いますね。私たちも頑張りましょう」と楽屋雀の如く噂しておりました。

私も触発されてスキンケアを頑張ろうと、いつもの無印良品のオーガニックラインに加えて、エイジングケア高保湿ラインも注文してみましたよ。



旅行用のミニボトルを買ったことをきっかけに、無印良品の化粧水と化粧液を愛用しています。一番左の化粧水を最初につけて肌をならしてから、その日のコンディションに合わせて保湿液か美白液にするか決めています。化粧水と化粧液をふんだんに使うので、乳液はつけません。肌が乾燥ぎみのときに保湿クリームをつけるぐらいかな。

今のところ調子がいいし、買いやすいので、ずっとこれらを使ってますが、おかんさんを見習っていろいろチャレンジしたいと思います〜!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「美容」ほど、努力を裏切らないものは無いと思う。努力すればするほど、手間ひまかければかけるほど、お金を使えば使うほど、きちんと成果にあらわれて、どんどん綺麗になれるのが美容。私はそう思います。

これが恋愛だったら、そうはいかない。努力すればするほど、手間ひまかければかけるほど、お金を使えば使うほど、相手にうざがられたり、重い女と思われたり、ナメられたり、逃げられたり(笑)

美容は努力を裏切らないけど、オトコは努力を裏切る!

だから意中の男性を振り向かせたいからといって、相手の気を引くためのプレゼントを買ってはいけないのですよ。女性から男性に貢ぐのも御法度です。そのお金は彼女自身が綺麗になるために使うべき!

相手を振り向かせたい時は相手に投資せず、自分に投資する。これ、恋愛成就の鉄則なんですって。(30年前に知っとけば良かったのにね 笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村















2017年12月29日 (金)

厳冬用のコートとシルバーフォックス

介護のため実家に住んでいますが、クルマで1時間強の場所に自分の住まいがあり、時々着替えを取りに帰ります。

今日も帰って自宅のクローゼットをごそごそしてたら、着物に合わせられそうな厳冬用のコートとショールが出てきました。

女優さんからカナダ土産にいただいたボアのロングコート。ずしっと重みがあり暖かいことこの上なし。でもかさばるので、相当寒さが厳しいシチュエーションでしか出番がなさそう。

一度、大晦日のカウントダウンイベント〜初詣に、小紋の上にこのコートを着たら、バッチリでした。また着たいな〜。



そして出た!シルバーフォックスのでっかいショール。SAGA FOXのタグがついていて、とにかく派手、バブリーで、ゴージャスを演出するには最強のアイテムと言えるでしょう。こちらもいただきものです。



ただし、動物愛護の機運が高まって久しい平成の時代に、毛皮のショールを堂々とはおって街を闊歩するには相当勇気がいります。実際、私の友達が街で愛護運動されてる方に声を掛けられ、「その毛皮は本物?フェイク?」と厳しく質問を受けていました。



毛皮こそ、もはや昭和の遺物と化してしまったかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




より以前の記事一覧

ランキング参加してます♪

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ