日々の暮らし

2018年1月 3日 (水)

波乱の幕開きでした

こんばんは。新年早々体調を崩し、一日更新が空いてしまいました。

実は年も押し迫った頃、89歳の父に右脚の大腿骨骨折が判明しました。年末にバタバタと入院させたものの、病院が正月休みに入ってしまい、手術は年明けとなってしまいました。年末年始さえ挟んでなければ、すぐにでも手術してもらえたのにというタイミングの悪さに忸怩たる思いです。

それに加え、父は11月中旬頃から脚の痛みを訴えていたにもかかわらず、真っ先にがん細胞の骨転移を疑い、整形外科ではなく他の科を受診したことも、骨折の判明を遅らせてしまいました。私の痛恨のミスだと思っています。父も痛いまま一ヵ月半も我慢を強いられ、相当なストレスです。

年末年始で何も処置しないまま、寝たきりの入院生活が不憫で、主治医の許可をもらって二泊三日で自宅に一時帰宅させたものの。父の身体が以前より動かなくなってしまっていて、介護度がかなり進んでしまい、本当に大変でした。たった二泊三日ではありますが「壮絶な」という形容詞がつく介護を初めて経験したのではないかと思います。世の中には重い在宅介護をもう何年も、なかには十年以上続けてる方もいらっしゃいますが、本当に頭が下がるとしか言いようがありません。

痛恨の判断ミスをおかした後悔の念やら、介護度が重くなってしまったショックやら、体力的にもきつかったりで、今朝起きたら私自身の体調もやられていました。めまいと吐き気がひどく立ってられなくて。ストレスによる自律神経失調症の一環だと思います。

先ほど、ようやく父を病院に送り届けてきましたので、今は一段落ついているところです。早く自分自身も元気にならなくちゃ!と思います。まずは自分が元気じゃないと、身内を支えることは出来ませんからね。

そんなこんなで今年のお正月は、お正月らしいこともあまり出来ませんでした。というか、私自身、年が明けてからほとんど何も食べてない状況です。食べる気もしなくて。しめしめ、2キロぐらい痩せてるかな、と期待してたりしますが、たぶんそうでもないでしょうね(笑)

ところで昨秋、札幌の知人から所望されて、こんなお菓子を送りました。「白い恋人」ではなく「面白い恋人」です。商標権の裁判にもなりましたよね。さすがに「面白い恋人」は北海道では販売できないようです。

札幌の方々に大ウケだったそうです。



その返礼品として、年末に六花亭のお菓子の詰め合わせを送ってきてくださいました。やった!海老で鯛を釣った気分です。(さすがに「白い恋人」だとストレートすぎると思われたんでしょうか)



父を無事に病院に送り届けた安堵から、先ほど母と二人で六花亭のお菓子を貪り食べました。ああ、なんて美味しいんだろう。生き返りましたわ。

というわけで、波乱の幕開きとなってしまいましたが、できるだけストレスを溜めないようコントロールして、自分も家族も大切にしたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年12月24日 (日)

☆Merry Christmas☆

クリスマスイブの今宵は、クリスチャンの友人が招いてくださり、プロテスタント教会の礼拝に参列してきました。

静かで厳かな時間を過ごすことが出来ました。食欲、物欲抜きの本来のクリスマスの意味が、やっとわかった?



そして大切なお友達が、今年も心のこもったクリスマスギフトを贈ってくださいました。心がほっこりと温まっています。



仕事も繁忙期を乗り切り、精神的に充ち足りた良き一日でした。皆さまも楽しいクリスマスをお過ごしください。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




2017年12月 3日 (日)

半衿反物と体調のこと

一昨日うかがった古布のお店で、おもしろいものを見せていただきました。なんと半衿の反物です。ハサミでカットして使うんですって!

菊と桔梗の柄です。一枚、いただきました。



土日は仕事でした。久しぶりに会社に行ったら、「声がかすれている」「痩せたんとちゃう」と言われました。きっとやつれて見えるんでしょう。自分が思っているより、先週のアクシデントが身体にこたえているようです。

珍しく胃が痛むのです。奥歯を強い力で噛み締めていたのか、アゴがだるいです。そしてやたらと眠い。

今週は体調を整える週に致します。何はなくても健康が一番大切。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年11月15日 (水)

初めて知って驚いたこと

日に日に冬の気配が濃くなってきました。とりどりの落ち葉を踏みしめながら、去りゆく秋を惜しんでいます。



今日は父の肌着を買いに、母と二人で買い物に行きました。ひととおり必要な品を選びレジに行こうとしたら、「ついでにあなたも肌着を買ったらどう?」と母に言われ、パンツ(ショーツ)をすべて新調することに。親からパンツを買ってもらうなんて、子どものとき以来で、なんか嬉しかったですね。小学生に戻ったみたいで(笑)

パンツといえば、先日放送の「あさイチ」を見て、初めて知って驚いたことがあります。ご覧になった方も多いと思いますが、女性が用を足したあとの正しいトイレットペーパーの使い方です。

前から拭くか、後ろから拭くか、ではありません。

すべて性ホルモンのせいだった!〜女性ホルモン〜編

本当に驚き!全然知りませんでした。てか、こんな肝心なこと、50過ぎてから知るって遅いわ!って感じです。子どもの頃に知りたかったわ。

今さら遅いよと嘆きつつ、やらないよりやったほうがいいので、さっそく実行しています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







2017年11月 4日 (土)

何もない三連休でも佳き一日

昨日、弟家族が来たので、ちらし寿司を作ったとき、母にご飯を炊いてもらったんです。お米を三合、いや四合でいいよと頼んでいたのに、母がなんと八合も炊いていたので、ビックリ!炊飯器すり切り一杯、ご飯が炊きあがっていて卒倒しそうになりました。

その時点で半分を白飯として冷凍することを私が提案したのですが、「全部酢飯にする」と母が頑として主張するのです。ちらし寿司を大きな寿司桶に盛り付けて豪華に見せたいと。

案の定、ちらし寿司が五合も残ってしまい、今朝から母と大げんか(笑)

「だから言ったでしょう、四合で充分だって。何で言うこと聞いてくれへんの」
「食べたらいいんでしょう、食べたら。食べきるよこのぐらい」
「無理やん、五合なんて!お母さんもお父さんも食べへんくせに。二合でも余らせてるのに。おかしいわ、認知症になったんちゃうか」
「もうこの娘(こ)は最近本当に意地が悪い。年寄りにいやなことばかり言う」

こんな調子で朝っぱらから言い合いして、ムシャクシャした気持ちで出勤したのですが、時間が経つに連れ(言い過ぎたかな、かわいそうだったかな)と反省。腰が痛いのに、頑張ってお米を研いでくれたのにね。ちょっと癪だけど昼休みに母に電話して、謝りました。母は「何にも気にしてないよ」と平静を装ってましたが、私が素直に謝ったのが嬉しかったみたいです。

謝れて良かった(笑)

そして夜は、満月だったので、父と母と一緒にベランダからお月見をしました。月を眺めながら嬉しくて、不覚にも涙が出そうでした。

何が嬉しかったというと、最近また体調が悪くてベッドで過ごしていた父が、久し振りに歩行器を使ってベランダまで歩いて来てくれたから!夕食も久々に食卓で食べてくれました。三人揃って食卓を囲める日が再び来るなんて夢みたい。少しずつ父の食欲も戻ってきて、こんなに嬉しいことはない。

三人で満月を観て、夕食を囲んだ今日という日を忘れないようにしよう。

何もない三連休ですが、私にとっては佳き一日。もちろん今夜のメニューもちらし寿司。(明日の朝も 笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年9月24日 (日)

頑張らない。無理するな。ラクなほうを選べ。

学生時代からファンの南佳孝さんが大阪に来られたので、ライブに行ってまいりました。

9月の海辺の風景を歌った南さんの名曲「simple song」(作詞=松本隆、作曲=南佳孝、編曲=坂本龍一)を中心に、夏の終わりをテーマにした心に沁み入るライブを堪能。良かった〜!



最後にお友達と一緒にお写真も撮っていただき、最高でした。(私が前に出てるのは興奮して慌てていたから 笑)



はりきってワンピースを着ていきましたが、雨だったのでハイヒールはやめてスニーカーにしました。若い時のようにはいかない。無理したら転倒するからね・・・。

最近は無理すると事故ったり、失敗することが多いので、頑張りすぎないようにしなきゃ!と自分を戒めています。

この日もせっかく大阪市内に出るというので、南さんのライブの前に用事を四ヶ所詰め込んでました。半日しかないので、効率よく回らないと全部回れないから、もう必死!一分一秒たりとも無駄に出来ないと言わんばかりに、せかせか動いておりました。

が、二ヶ所目から三ヶ所に地下鉄移動している時、うっかり一駅乗り過ごしてしまいました。あーあ。

さぁどうしよう。一駅引き返せば、ギリギリだけどまだ間に合う。せっかく四ヶ所行こうと思っていたのに、ここであきらめたら悔しいではないか。そう思って最初は一駅引き返すつもりだったのですが、

(あかんあかん。私が無理したらロクなことがない。頑張りすぎは良くない。一駅乗り過ごしたのも「頑張らずに自然に任せておけ」という天からのメッセージかも)

と思い直し、そのままライブ会場に直行。早めに着いたので雰囲気の良いカフェでゆったりした気持ちでお茶を飲みました。後から思えば、その日行けなかった残り二ヶ所の用事は、むしろ行かなくて良かったかもと思いました。

決して頑張り屋というような良いものではないのですが、私自身、イキリ(大阪弁)なんでね(笑)すぐにカーッとして、必死になるほうだから。我ながら暑苦しい性格なんです。でもいつも必死なわりには空回りで、全然大したことはない。

頑張らない。必死になるな。流れに任せろ。無理するな。ラクなほうを選べ・・・座右の銘です。実は私も心屋仁之助さんの本を頼りにしています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







2017年9月 8日 (金)

セルフドライで帯を丸洗い

念願のセルフドライクリーニングで帯を丸洗いしてまいりました!

お店はセルフドライクリーニングきらり(大阪府門真市深田町24-17)さんです。ドライクリーニングは係の人がいる時間帯に出来ます。

まずは持参の帯を計量してもらいました。名古屋帯25本、袋帯2本、半幅帯1本で合計17キロでした。



シミ抜きを希望したら、染み抜き剤を持ってきてくれます。洗濯機に投入する前に自分で塗り塗り。(強力なので色抜けしないか慎重に)



いよいよドライクリーニングがスタート。一回につき10キロまで洗えるので、今回は二回に分けて洗いました。汚れがひどかったり、色落ちした時は、投入直後に溶剤が濁るらしいです。



約20分でドライクリーニングが完了。すぐに左の乾燥機に移してくださいます。セルフなのに何から何まで、お店の方がやってくれて親切すぎます。



そして残りの帯も投入。乾燥機(左)とドライクリーニング機(右)が同時に稼働しているところ。ぐるぐる回ってるのを見るの楽しい。



乾燥機の窓越しでも、明らかに綺麗になっているのがわかり感激!ぼんやりくすんでいた帯が、本当はこんなにクリアな色だったなんて!

出来上がり。ふんわり軽くなって、気になっていた古布のにおいはすっかり消えました。溶剤のにおいもほとんどなし。シミは7割ぐらい消えたかな。(和服のシミは経年の場合が多いので完全にとるのは難しいようです)



風に当てつつ、畳んで並べてみました。本当にスッキリ!古い帯が再生できて大満足です。型崩れもなく、帯の場合はアイロンも不要だと思いました。

急遽、黒っぽい帯も持っていって一緒に洗ってみましたが、色移り、色落ち、一切ありませんでした。

料金は17キロで5千円でした。帯一本あたり、178.5円ですね。本当に行って良かったです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





2017年9月 1日 (金)

何でもないような事が幸せだったと思う

はあああ〜(ため息)

お天気も良く、吹く風も爽やかなドライブ日和の今日、やっちまいました。阪神高速で追突事故を起こしてしまいました。

高速道路上で警察を呼んでいる間、かなり動転してたんでしょうね。なぜ財布を握りしめてたんだろう。スマホにこんな乱れた写真が残ってました。



人身事故にならなかったことは不幸中の幸いですが、相手方の車両後部と自分のクルマのボンネットが凹んでしまいました(泣)保険のありがたみを痛感しています。

でも今も落ち込んでいます。久々にカータンさんのブログを読み返しました。私の脳内にも高橋ジョージ「ロード」の曲がグルグル回っております。

カータンブログあたし・主婦の頭の中 : 車を修理しました!

思えば、最近ちょっと調子こいてたみたいです、自分。日々の感謝の気持ちを置き去りにして、ふわふわと次のことばかり追っていました。

落ち着こう。
地に足をつけよう。
何でもない日々に感謝しよう。

好事魔多し。今日の出来事は、天が鳴らした警鐘なのかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

2017年7月15日 (土)

リサイクルのにおいが消えた!

私が最初にキモノにハマったのは今から十数年前のアラフォー時代。当時は数こそ少ないけれど、呉服店とデパートでマイサイズの着物をコツコツ誂え、帯も一緒に購入していました。

久しぶりにキモノ熱が再燃した今、リサイクルショップやオークションで着物や帯がめちゃくちゃ安く買えることを知り、物欲が炸裂! ヤフオクで名古屋帯を一気に10本買ったりして、気がつけば、部屋中リサイクル帯だらけ(苦笑)

恐ろしくてちゃんと数えてないのですが、おそらく中古帯だけで50本近くあると思います。オークションであまりにも安価(1円とか)で買えてしまうので、止まらない物欲、増える一方の名古屋帯に、一時はどうなるかと心配していたのですが、安心してください、ある日突然、ピタリと物欲が止まりました(笑)

もうしばらくオークションやリサイクルはいいわ〜。

その理由はズバリ「におい」。リサイクル品の独特のにおいに閉口してます。ひとつひとつはそんなにキツくないけど、50枚もあるとかなり来るんですよ。神経質じゃない私でも、すっかりリサイクル臭恐怖症になってしまいました。

このにおいを消すためにセルフドライクリーニング店に持っていきたいんですけど、遠いので延び延びになってしまって・・・。

ところがですよ。部屋に充満していたリサイクル臭が、簡単に消える方法を発見したんです。それはエアコン!!!

我が家は年寄りがおりますので熱中症回避のため、一日中エアコンをフル稼働させています。私の部屋のエアコンも常に18度の強冷、風力MAXにして、冷気を隣の部屋に送っている状態。北極なみの寒さなんです。

ある日、たまには帯にも風を当てようと思い立ちました。箪笥の引き出しをすべて開け、押入れの襖も開けて、エアコンの強風がリサイクル帯にも届くようにしてみたら、なんとあの特有の匂いがどんどん薄くなってきたんです。部屋にこもっていたリサイクル臭もあっけなく一掃してしまいました。あまりに激しい冷気に、においも吹っ飛んだ?

このままエアコンで臭いが完全に消滅しないかな〜と淡い期待を抱いている私です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


2017年7月12日 (水)

親の家を片づける時は慎重に

今日も暑いです。この酷暑があと2カ月は続くと思うと、今はまだ序の口。中盤、終盤に備えて、今から体力温存するべくよく眠っております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ところで私には、三年来、心に重くのしかかっていることがありました。話は三年前、母が急性の心臓病で倒れて意識不明になり、入院した時のことに遡ります。幸い手術がうまくいき、意識も戻り、2カ月間の入院生活を送ることになりました。この母の入院を機に両親と同居生活することを決意。前職を辞めて、とりいそぎ着替えだけを持って私は実家に戻ってきました。

さて実家に住んでみて閉口したのが、物の多さ。昭和ヒトケタ生まれの両親には「捨てる」という概念がまったくなく、決して広くない4LDKのマンションに半世紀は蓄積されてきたであろう荷物がビッシリ埋め尽くされていました。

入院中で不在の母の部屋も凄かった。足の踏み場もないほど物が溢れていて発狂しそうになりました。

キーーーーーーーー!!!

ひどい、ひどすぎる!こんなに物が溢れてるから病気になるんやんか!退院してもこんなに物が多かったら、治るものも治らんよ!つまづいてケガしたらどうすんのよ!

そう、私自身、少しおかしかったかも。母の病に気が滅入ってましたし、これからどうなるんだろうという先の見えない不安でいっぱい。ずっと内に抑え込んでた自分の感情が、荷物だらけの母の部屋を見たことにより、怒りとなって大爆発してしまいました。

「もう何もかも捨てる!こんなゴミ部屋に戻ってきても、また病気になるよ!今から私、おかあさんの部屋の断捨離をするから!」

父に宣言した瞬間から、狂った勢いで母の部屋の整理を始めました。母に断りもなく私の独断で不用品を処分。2日間かけて母の荷物の7割ほどを処分したおかげで、部屋が見違えるほど綺麗になりました。2カ月後、退院して自宅に戻った母も部屋を見て「ずいぶんスッキリしたわねぇ。ありがとう」と心から喜んでくれたようでした。良かった〜。

ところがしばらく経ったある日のこと、突然母が言い出しました。
「○○ちゃん、私が大事にしていたバッグはどこ? ほら、お父さんとイタリアに行ったときに買った革のバッグと、伯母さんから貰ったワニ皮のハンドバッグ。いくら探してもないのよ」

青ざめました。その2つのバッグは一瞬迷ったものの、かなり古いし、高齢の母がこれから使うことはもうなかろうと判断して、ゴミ袋に入れたことをはっきり記憶していたからです。

「ねえ○○ちゃん、私の2つのバッグはどこ?2つともすごく思い出があって大事にとっておいたのに。命の次に大事なバッグよ。あのバッグが見つからないから困ってるんだけど」

しまった・・・100パーセント捨ててる。でも本当のことは、今はまだ言えない。言うとショックを受けて大変なことになる、と判断した私は咄嗟に嘘をつきました。

「ああ、あのイタリアのバッグとワニ皮のバッグね。あれ、オシャレでいいなぁ〜と思ったから、勝手に私が貰っちゃった。私の自宅に保管してるよ。ごめんね」

そう言うと、心から安堵したのか母の表情が和らいで、
「良かった。あるんならいいの。安心したわ。いつかまたこっちに持ってきといてね」と言いました。

困った。私のバカバカバカ!母が命の次に大事にしているようなバッグをなんで捨ててしまったんだろう。どうして置いといてあげなかったのか。本当に私は悪い娘だ。後悔と自責の念で何度も何度も落ち込みました。

いっそ正直に告白して謝って、母に新しいバッグを買ってあげようかと何度も思いましたが。いやいや、新しいのを買えばいいという問題ではない。母の思い出を捨ててしまったのだから・・・。

母も常にそのバッグのことを覚えているわけではないようで、このまま忘れてくれたらいいのにと何度思ったことか。でも半年に一回ぐらい、思い出して言うんです。「あの、バッグ持ってきてね」と。母が思い出すたびに「うん、次に私の自宅に戻ったときに持ってかえるからね」と口先だけで誤魔化してました。そんなことを三年間ずっと繰り返してきました。

ところがとうとう先日、母がキレてしまったんです。
「今度こそ持ってきてちょうだい」
「わかりました」
というやりとりがあったのですが、結局私が持ってかえらなかったので、母も何かを察知したようです。悲しそうな顔をしただけで、何も言いませんでした。

あああ、もう誤魔化せない。正直に言おう。そしてちゃんと謝ろう、とようやく私も腹をくくりました。その日は母がデイサービスに行く日だったので、母が帰宅して気持ちが落ち着いた頃を見計らって、謝るつもりでした。私にとっても誤魔化し続けて本当に心苦しかった三年間でした。それも今日で終わりにしようと。

朝、母をデイサービスに送り出した後、母の部屋に掃除機をかけました。掃除しながら、なぜか唐突に頭によぎるものがありました。(もしや、もしかしたら・・・あの時バッグを捨ててなかったのでは?)

すぐに掃除機を止めて、押入れの上部の天袋を開けてみました。

なんとあったのです。イタリアのバッグとワニ皮のバッグが。

力が抜けて、ヘナヘナになってしまいました。100パーセント捨てたものだと思い込んでいたのに、私の完全な思い違いでした。この三年間、ずっと苦しんでいたことはいったん何だったんだろう(笑)

ともあれ、良かった。母が喜んだのは言うまでもなく、私にとっても今年最大に嬉しかった出来事と言えます。

しかし本当に参りました。親の家を片づけるときはくれぐれも慎重に気をつけましょう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





より以前の記事一覧

ランキング参加してます♪

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ